霧中山歩

近くの山に自然観察をかねて登っています。
自然は新鮮な発見が一杯で、新しい感動が待っています。

玄岳の落し物

2019-10-07 19:18:39 | 自然観察

 昨日の玄岳で2点おかしな落とし物がありました。

ひとつ目。

道路わきの金網にシカの角が針金で停めてぶら下がっていました。

道路わきの除草をした時に、見つけたのかな。

山の稜線ではシカの生息を確認していたのですが、民家に近い場所まで降りているのかな。。。

 

もう一点は登山道の見晴の良い場所に、大型犬とみられる糞がありました。

内容物をよく見ると、植物の種が入っています。

キツネは独特の匂いがして肉食だからこれとは違って、これはタヌキ?。

でもあまりに見晴の良い、テンが糞をしそうな場所。

飼い犬の大型犬???。

箱根には大型の野犬がいてもおかしくありませんが。

これでは箱根でも大型のナイフがいるのかな。

市街地でナイフを持ってて警察の厄介になっても命までは取られませんが、野外で野生動物

に襲われては武器が無いと戦えません。

無残に殺されても文句を言わない人ならいいんですけどね。

最近は見かけませんが、野犬はホント怖いですよ。。。

 

 

コメント

夏と秋の玄岳

2019-10-06 16:43:53 | 自然観察

 地元の箱根玄岳にでかけました。

いつもの場所に車を停めて空を見ると、箱根稜線部だけ雲に隠れています。

風は東風でいつもと反対です。

 のんびり登っていつもの氷ヶ池湖畔です。

秋の水が少ない時期なので湖面が狭いです。

正面に見えている富士山は今日は雲の中です。

 

 展望台でゆっくりします。

スカイラインから目と鼻の先ですが、直接登ってくるルートがありません。

何のために作ったのかな。。。

 

 熱海に下りる車道を2個所トンネルでくぐります。

正面の建物はロープウェイのものですが、だいぶ前に廃止されています。

 

 玄岳山頂は東からの風が非常に強くて、また寒い。。。

西側の斜面に逃れて昼食を獲ります。

今日のお楽しみです。

左から ハーモニカ ドレミファ笛 トランジスタラジオ オカリナ。

のんびり30分以上休憩です。


 山頂からスカイラインまでは刈り払いがしてありましたが、刈った草が

登山道の真ん中に積んであって滑り易いです。

注意しながら、ゆっくり下ります。

スカイラインからは全く刈り払いを行ってありません。

登山靴に目を付けて登山道を外れないように歩きます。

ここのルートは段差があまり無いので、登山道が見えなくても歩けます。

車の所まで降りたら、小雨が降って来ました。

午後の2時過ぎに終了の軽い半日コースです。

コメント

秋のお彼岸

2019-09-21 17:27:33 | 自然観察

 昨日出かけなかった私の家の菩提寺と妻の家の菩提寺に、秋のお彼岸にでかけました。

我が家の菩提寺にお彼岸の届け物をすると、お返しに今回はお線香が付いてきました。

お線香は切れていたので、買おうかなと思っていたところだったのでラッキーです。

Actというパンフをいただきますが、今回で49回になっています。

お線香は自作の線香入れに丁度入ります。

 

菩提寺は町中にあるので、自転車でお墓とは自宅から正反対の所にあります。

帰りに、途中のお寺の樹木を楽しんで来ました。

ここの土地は常緑広葉樹の森が広がりますが、今では神社か仏閣にしかありません。

この木は楠。樹齢が300年程なので、江戸時代の初めころか。

人間より長い時間を生きています。

宝永山の噴火はチョッと無理かな。。。

 

崖に生えてる樹は板根が発達しています。

板根は高い山にしか無いと思っていたら、結構近くにある物ですね。

 

その後は妻の両親のお墓に出かけました。

 

ようやくお彼岸の仕事?が終わりました。

お墓を巡って気が付いたのですが、最近は〇〇信士とかいう戒名では無くて、

本名が書いてあるお墓が増えているようです。

他人が付けた戒名より、親が付けた名前の方がこれからの時代にはふさわしいのかな。

親の戒名って皆さん知ってますか。。。

 

 

 

 

コメント

秋の彼岸入り

2019-09-20 17:01:27 | 自然観察

 今日から秋の彼岸入りになりました。

お墓の掃除にでかけてきました。

お墓が近くにあるので、自転車の前かごに掃除道具とお花を入れて出かけます。

我が家のお墓は風通した非常に良くて、お花を普通に飾ると風で飛んでしまいます。

で、根元に釣りで使った錘をお花と樒にそれぞれ付けます。

お墓が綺麗になって秋のお彼岸を迎えられます。

 家に戻って庭を見てビックリ。

大きなスズメが玄関に出ています。

スズメと言っても蛾の幼虫です。

長さが80㎜以上あり、たぶんセスジスズメかな。

もうすぐサナギで冬を越して、来年春に大きな蛾になるようです。

以前はクスサンの大きなサナギがあってビックリしました。

庭は夜には秋のコオロギが賑やかに鳴いています。

穏やかな秋になるといいな。

コメント

火雷神社の大地が動く痕跡。

2019-09-16 19:53:02 | 自然観察

 伊豆半島は昔は大きな島で、本州にぶつかって出来たって事は知識では分かっていても

なかなか実感が持てません。

地元の火雷神社で断層が約70センチ動いた痕跡をスケッチしてみました。

1930年に起きた北伊豆地震の痕跡です。

切削途中の丹那トンネルも大きな被害がでました。

正面の階段は右側が古くて、左側が地震後に新しく付けたものです。

この絵では断層がどこを通って、大地がどのように動いたのか分からないので

下の絵の様に解説を入れてみました。

鳥居が黒の線で書かれたもので、後方の赤の階段とのズレが約70センチあります。

断層を白い線で書いてみました。

大地が70センチも数秒で動くなんて、なかなか理解できません。

日本全国、どこにこんな断層があるか不明のようです。

わからない事が多いって、楽しいです。

コメント