霧中山歩

近くの山に自然観察をかねて登っています。
自然は新鮮な発見が一杯で、新しい感動が待っています。

葛城山と自転車

2018-10-28 19:37:32 | 自然観察

 家から自転車で伊豆長岡の葛城山に出かけました。

今日は晴れている時間が長くて日に焼けそうです。

 家の近くの大場川を狩野川合流点目指します。

狩野川の防波堤を赤いママチャリで遡って行きます。

 

 自転車は葛城山の登り口の小坂の林道脇に停めます。

小坂のみかん園では、観光のみかん狩りが賑やかでした。

 

トリカブトがようやく低地に降りてきました。

この花は毒があります。

 

ホトトギスの花も咲いていました。

 

葛城山山頂はロープウェイで登って来た観光客が多いので

少し離れたパラグライダーの出発地で昼食を獲りました。

ここは秋の日差しがいっぱいで、のんびり昼を楽しみます。

 

 いきなり私の帽子に体当たりしてきた昆虫です。

昆虫は種類が多いので名前はパスです。。。

 

 帰路の林道脇にあったゴンズイの実。

ゴンズイって防波堤釣りでは危険な魚なのでどうしてこの木が

ゴンズイって言うのかな。

 

 林道は少し前にはキノコがいっぱいだったのに、今日は

全く見えません。

暦はもうすぐ11月です。

花を楽しめる時期も、もうそろそろ終了です。

 

自転車の所に降りて来たのが午後2時を少し回った時間だったので、

帰りは大仁のアピタの近くまで出かけました。

家に帰ったのが午後4時過ぎ。

走行距離は35㌔ぐらいかな。

富士山は帰りに山頂部がようやく見えていました。

やっぱり大きな山です。

 

コメント

久しぶりの「関白宣言」

2018-10-27 20:18:22 | 日記

 夕方、久しぶりにテレビで さだまさしの「関白宣言」が

流れていました。

そういえば私の結婚式の時、友達が司会をしていたので

突然指名されて歌った唄でした。

あれからもう何年経ったのかな。

娘と息子はしっかり家庭人になって、孫が2人。

もうすぐ息子に孫が生まれて3人になります。

関白宣言 歌詞です。

もうすっかり私達夫婦もジジババになって、人生ってホント短いですね。

 

コメント

鷲頭山の岩場を訪ねる。

2018-10-21 20:19:41 | 自然観察

 近場の沼津アルプスの鷲頭山の岩場のゲレンデに出かけました。

足は狩野川沿いを沼津の大平の月ヶ洞まで自転車で出かけます。

 狩野川の堤防より、新城橋。

その背後に沼津アルプスが見えています。

 

 沼津市大平の月ヶ洞に自転車を停めて登りはじめます。

この蜘蛛はどこにでもいるジョロウグモ。

この登山道は人が歩いていないので蜘蛛の巣が多いです。

 

 ヒイロタケかな~。

登山道が東斜面で湿度が高いのでキノコが結構出ていました。

 

 沼津アルプスの志下坂峠から象山に登ります。

今日の最高点、徳倉山です。

低山なので山頂は草がまだまだ緑です。

 

 クサギの実はチョッと見には花みたいです。。。

 

 徳倉山から南に向かって鷲頭山を目指します。

鷲頭山の岩場は稜線から僅かに西側に下った所にあります。

もっとも縦走路には案内が全く無いので、知っている人以外は

訪れる人も無いようです。

正面壁には人がいましたが、北側の岩場には人がいないので

その下でのんびり昼食です。

大昔使ったような人口登攀の埋め込みボルトが数か所埋め込んでありました。

上の写真の私の腹の右側に、2個所ボルトが埋め込んであります。

 

 岩場を上部から見ると、静浦の防波堤で釣りをしている人が良く見えます。

この岩場を利用したのが1973年頃だったので、今みたいにフリーではあり

ませんでした。

靴が重登山靴だったからね。

ま、今でもフリーでは結構レベルが高いみたいです。

 

 帰り道から沼津の街を見下ろします。

沼津市の駿河湾の千本浜の松が綺麗に湾曲しています。

正面の川は狩野川です。

 

 帰りに大場川を家に戻っている時に、夕立に逢ってしまいました。

久しぶりに大雨の中、家に帰りました。。。

 

 

 

 

 

 

コメント

沼津アルプスと鷲頭の岩場

2018-10-20 22:17:13 | 自然観察

 沼津アルプスを歩いたついでに、久しぶりに鷲頭の岩場に立ち寄りました。

 登り口まで自宅から自転車で1時間程です。

娘の自転車なので変速機が3段ですが、狩野川の堤防なのでこれで充分です。

 鷲頭の岩場で私が登っていた頃は、まだフリーの各ルートが開かれていない

1973年頃からです。

昔のボルトがまだ残っていました。私の腰の右側2個所にあります。

もう45年も前の事で、当時の友人も故人となってしまいました。

詳細は後日です。。。

コメント

リニア新幹線ルート

2018-10-19 21:56:42 | 自然観察

 リニア新幹線のルートの静岡県部で静岡県と静岡市とJRとで

南アルプス南部のトンネルの流水でもめているようです。

私みたいな素人が考えられるのは、西日本と東日本を分けている

大山脈の下にトンネルを掘って大丈夫かな。。。って事ですが。

リニア新幹線のルートを見てみると、山梨県でグッとS字に曲がって

南アルプスの南部の椹島ロッジの北部を通ってるのも、なんかオカシイ。

右側の東京側から直線で荒川岳の北側を直線で繋げば良さそうなのにね。

上図の左側の緑の印が大井川の上流で右側の緑の印が富士川の上流で、

トンネルは大井川の方が高いみたいです。

で、水は富士川の方に流れるようで、静岡県としては毎秒2トンの水が

大井川から減るようで(華厳の滝が毎秒1トンかな)問題になっている

ようです。

ま、今日のニュースではその水も結局静岡県側に戻すようですが。。。

 南アルプス北部の白根三山を眺めると真ん中の間ノ岳の山頂部が陥没して

いるのを見ると、素人ながら心配です。

 丹那トンネルを掘っている時の北伊豆地震で動いた断層の記録が地元にあ

るのでホント心配です。

 

コメント