霧中山歩

近くの山に自然観察をかねて登っています。
自然は新鮮な発見が一杯で、新しい感動が待っています。

雪山登山ルート集のグレード図

2016-03-29 17:45:36 | 登山

 図書館から 雪山登山ルート集 を借りてきて読んでみました。

グレードの高い上級者向けのルートは外して、我々のような万年中級登山者には

最適な参考書でした。

 表紙の写真が八ヶ岳赤岳の地蔵尾根。

先日息子と出かけた赤岳では安全を考えて文三郎尾根だったので、この写真は

来年の楽しみかな?。

来年は硫黄岳まで縦走かな。

 

雪山登山ルート グレード一覧図

 著作権があるので、エクセルで大体のコピーを掲載します。

自分が登った事が無い山は外してありますが、大体妥当なグレードかと思われます。

 私が技術で最高難度は、北穂高岳から奥穂高岳の滝谷上部のトラバース道かな。

体力は塩見岳が幕営場からの往復距離が長くて、辛かった思い出があります。

聖岳も林道歩きが長くて、泣きが入りました。

富士山が無いのは残念ですが、あったら登り地獄、下りは歩かないので別格かな。

 実際出かける時には、これに時間と費用と天候が重要項目として検討されます。

で、やっぱ楽しさで5月の富士山の右に出る山はありません。

 

コメント

フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界線を走る。

2016-03-27 16:50:23 | 散歩

わが町三島が乗っているプレートは、フィリピン海プレート。

その西端のユーラシアプレートとの境界線の富士の星山丘陵に自転車で出かけました。

出発地は、道の駅「富士川楽座」

富士川を下ってまず県道396号線の富士川橋を渡ります。

橋の下には大渕溶岩と思われる溶岩が見られます。

もちろん富士山から流れ下った溶岩です。

日蓮上人が「立正安国論}の草案を書き上げたという古刹。

広い境内は見るべく物が多いです。

ここから山頂の岩本山までは階段の道。

朝は寒かったが、階段を登ると汗が噴出しました。

この岩本山はフィリピン海プレートが沈み込み、大宮断層で隆起した場所。

今は標高193mの山も元は富士山の山麓の一部だったらしい。

その後、富士山から流れた土砂が堆積して富士宮市が出来たとの事です。

岩本山に向かう途中のこの岩石は、富士山から流れ下った岩なのかな。

次の目的地は明星山でしたが地図がよく分からず、星山放水路沿いに富士川まで

走って、県道76号線に合流してすぐの蓬莱橋に出ました。

この橋の下には、今から7000年ほど前に富士山から流れてきた北山溶岩が見えています。

富士川まで断崖になっているので、飛び込めそうです。

蓬莱橋からは、交通量の多くなった県道10号線で、出発地の道の駅に向かいます。

途中の馬坂トンネルは歩道が狭くて走り難いです。

自転車でトンネルを走ると、車の騒音が大きくて嫌です。

フィリピン海プレートの東の端の小田原と同じく、ここも活断層の活動が活発な地域です。

 

※ ※ ※

星山丘陵の山頂部は平坦地が多くて、茶畑が展開していました。

丘陵というより台地といった風景でした。

台地でも地形はアップダウンが激しくて、自転車を押して歩く場所が多くて、日ごろ

使っていない筋肉を使ったため、山より疲れました。。。

 

 

 

 

 

コメント (2)

古いカッターシャツ縫製補修。

2016-03-26 17:37:55 | 登山

 先日、古いカッターシャツの背中の折込の縁の補修を思いついて、

ようやくミシンの構造を理解して、本日縫製補修してみました。

マニュアル通りにジグザグにセットして針を動かしてみてビックリ。

針が左右に振れません。

ミシンのヘッドカバーを外して中を見ると、左右に振れなくてはならない

場所の動きが渋いです。(アナログな機械なので、動きを目で追えます。)

ミシン油をホンの数滴挿すと、ようやく動くようになりました。

カッターシャツの縁の折り返しが取れない所は、生地がほつれてきます。

接着剤って手もありましたが(ザック当の化繊地ではよくやります。)

今回はジグザグ縫いでほつれを抑えました。

ま、なんとか実用になるレベルに縫えました。

あと、10シーズンも使わないのでこれで充分です。

集中してミシンを動かしたので、肩が凝りました。

女性では初歩的な家事ですが、今まで出来なかった事が出来るって、

うれしいです。

コメント

春は忙しい!

2016-03-22 18:07:19 | 日記

ここ数日の仕事です。

 

もう雪道は走らないので、タイヤを冬用から夏用に付け替えました。

悪い癖で、ホイルハウスの中の錆への錆び止め塗装をするものだから、

時間が倍かかります。

 

先日、八ヶ岳赤岳へ着ていったカッターシャツの縁が解けていました。

さすがに畳縫いするわけにもゆかず、古いミシンを引っ張り出しました。

 

針が3種類ありますが、細い針に刻印してある文字が読めません。

拡大鏡で大きくして読み取ります。

11から16まであります。たぶん、直径だと思います。

11は薄物用、16はデニム用です。

 

説明書には標準11~14となっていますが、理工系なので、Φ11×75とか

書いてくれれば理解できるのに。

料理本と同じで、カップ一杯=200ccと書いてくれれば理工系でも理解できるのにね。

業界用語って、もっと素の単位を載せて欲しいです。

で、結局ミシンの機能を理解するだけで一杯一杯。

次回、時間がある時に本縫いする予定です。

しかし、ミシンってアナログで面白い機械ですね。

星型内燃機関と同じで、仕組みを知るのがワクワクします。

 

今日は午後から娘の自転車の塗装です。

ニップルが錆びてきているので、ニップル部を薄い銀色で塗装しました。

上の孫が今年卒園で、下の孫は来年入園です。

で、一年間は自転車を使用しないと思います。

錆びは大嫌いなので、我が家のママチャリで30分ほど離れた娘の駐輪所で作業です。

通りかかる住民が、挨拶して行きます。

自転車を塗装しているなんて、明らかに不審者扱いです。。。

 

我が家では、そろそろ屋根の補修の時季です。

春は忙しい季節です。

 

 

 

コメント

孫の幼稚園の絵 着色

2016-03-19 11:42:18 | 家族

 天気予報どおり外は雨。

寒冷前線が通過中で、午前中は外へ出られません。

何かしていないと落ち着かない霧中山歩。

宿題の昨年、デッサンした孫の絵を着色してみました。

 山の絵と違って肌色は難しいです。

水彩色鉛筆と顔彩で着色してあります。

水彩は水の量で色が全く違ってくるので広い範囲を塗る時は、注意が必要です。

自己満足が目的なのでこれで充分です。

外はようやく雨が上がりそうです。

休日はやっぱり晴れがいいね。

 

コメント (3)