霧中山歩

近くの山に自然観察をかねて登っています。
自然は新鮮な発見が一杯で、新しい感動が待っています。

本所深川ふしぎ草紙

2019-10-31 08:36:43 | 書籍

 図書館で半日ほど本を読む時間ができました。

本所深川ふしぎ草紙 宮部みゆきさんの短編で図書館で読むには丁度良いです。

1991年出版の古い本で「皆様へ 汚破損がありますが、絶版で買い替え不可能なため・・・」

と、張り紙がありますが、古い本になれているので気になりません。

新田次郎氏 森村誠一氏等男性作家の本が多かったですが、女性作家の優しい目線は楽しい

です。

図書館の本ですが、古い本は書庫にあるのでチョッと不便です。

伊豆の図書館に行くと、結構古い本がまだ本棚にあるのでこの点は便利です。

作家も古い人と新しい人、書き方も表現の仕方も違っていてなかなか面白いです。

 

コメント

玄岳と猪有害駆除?。

2019-10-27 19:09:33 | 自然観察

 午前中天気が良くなかったのですが、地元の裏山 玄岳に出かけました。

林道の最後の所で、50m程対岸で30㌔程のイノシシが警戒しながら歩いています。

変な時間にウロウロしているな と思ってやり過ごしてしばらくすると、対岸から

銃声が1発、しばらくしてから一発。。。

倒したのかな~ と確認しようかとしましたが、今頃銃声?。有害駆除かな?。

伊豆の山は、田舎の維持が難しくなって、どんどん昔の山に戻りつつあります。

ま、観光の案内書はそんな事は間違っても書いてありませんがね。。。

イノシシの足跡。緩い地面に付いていました。

林道脇にはミミズを探したのか、ラッセルの跡がくっきり残っています。

 

リンドウの花。この花で山の花もお終いかな。

 

サンショウの実。この実を粉末にすると蒲焼きに欠かせない香辛料になります。

 

午後から風が西風になったので、多くのパラグライダーが乱舞しています。

気持ちよさそうですね。

 

今日の収穫品。

最近のプラ袋の切れ端なんて可愛いですが、深田久弥さんの時代に残されたと思われる

古いプラ製品が大量に土に埋まっています。

当時の人はもうこの世にはいないのかな?。

山間部の住宅で住む人が亡くなって、お化け屋敷になっている所が沢山あります。

後処理はどうするのかな。

 

 

コメント (2)

図書館に行く 自転車のメンテ

2019-10-26 17:23:03 | 書籍

 午前中は天気が良かった今日は、図書館に自転車ででかけます。

午後から出かけたのですが、前から気になっていた自転車の異音を直しました。

リヤの車軸からピリピリと以前にもあった異音です。

内装の3段ギヤの自転車ですが、変速機のメイン棒にグリスアップをして音を消します。

グリスアップするに、上の写真の6画ナットを外さなければなりません。

グリスをタップリ塗り込みました。

と、言ってもそんなに付きませんがね。。。

図書館に出かけましたが、変速機は非常に静かになりました。

 

 図書館で軍艦武蔵の本があったのですがあまりにボリュームがあったので、パラパラと

目を通しただけでした。

最後の別枠で、空母信濃の戦闘が簡単に書かれていました。

木製の特攻機が信濃の沈んだ後に、海上を漂っていたようです。

NHKのBSでは9月に信濃の放映をしたようですが、我が家ではBSは見れません。

もう少ししたら、図書館の映像で貸し出しをするのかな。

私が空母 信濃を知ったのは、大和 武蔵 からだいぶ時が過ぎていたような。。。

コメント

トコトンやさしい エントロピーの本

2019-10-22 17:03:20 | 書籍

 学生時代に習ったエントロピー。

50年近くたっても全く良く分かりません。

このエントロピーのおかげで、卒業ギリギリまで勉強させられた腹いせに

もっとも優しいとうたった本を読んでみました。

人生の色んな経験をした来たのに、やっぱり良く分かりません。

まだまだ人生の経験値が足りないのかな~。

学生時代は地方の図書館なんてカビクサイ匂いが一杯で、勇気が無いと入れません。

それから比べると、今の図書館は天国です。。。

ただ、自治体の大きさによって図書館の本の内容に隔たりがあるので、この点は

やっぱり東京が一番だよね。。。

「エントロピー」習ったのに理解している人は、どれくらいいるのかな。

だいたい、当時の先生だって理解していたのかな?。

アヤシイものです。

コメント

大仁城山に登る。

2019-10-21 17:52:42 | 自然観察

 昨日の日曜日、天気が持ちそうなので近場の大仁城山に登ります。

三島から大仁まで自転車で丁度よい距離なので、のんびり狩野川を遡ります。

 狩野川に合流する大場川の堤防のセイタカアワダチソウ。

少し前より群落が小さくなったような感じです。

 

 時間があるので狩野川大橋を渡って、熊坂から城山を目指します。

朝、雨が降ったのか城山南壁にはクライマーが取りついていません。

 

 城山下部は登山道が水路になっていて、少し荒れています。

稜線に出れば台風の影響も殆どありません。

ただ、登山道が雨に濡れているので滑り易いです。

台風の最盛期には眼下の狩野川堤防ギリギリに水位があったようです。

 

 今日は路上で動物の死体がいつもより目に付きました。

これはアカミミの亀。

オオスズメバチの女王、ヒキガエルの死体も道路上にありました。

人間、一生のうちどれくらいの動物を殺しているのかな。。。

 

帰りの山腹から道路上に沸き出している水。

小さな山ですが、水は豊富に流れていました。

 

 帰りは修善寺駅で小休止して、狩野川沿いを三島までのんびり走ります。

韮山の休息地。

水とトイレがあるので、ありがたいです。

台風の影響で、多くの登山道に影響があったようです。

南アルプスの林道は大丈夫かな。

 

 

 

コメント