佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

i8ロードスターのPR動画を記事の最後尾に貼り付けました

動画に登場するi8ロードスターと全く同じ車体カラー、ホイール、内装、の右ハンドル車が、8月6日に千葉港へ到着し、通関手続きが完了いたしました。そして、新車整備、車両登録も完了し、9月2日に無事納車されました。従いまして、日本上陸第一号となったi8ロードスターの全貌を、9月6日に当ブログ上で公開いたしました。9月18日には、Keiyo BMW千葉北支店のフェイスブックでも紹介されました。このフェイスブックには、スマートキーをリモコン代わりに使用して、i8ロードスターの屋根を開閉する動画も掲載されています。 更に、7月6日に発売されたホンダS660のcomplete modelである、ModuloXは、9月1日にメーカーを出庫し、9月13日にディーラーに到着予定で、9月23日に納車予定となっております。 2018年9月21日現在

アマゾン・アソシエイト・アフイリエイト投稿開始のお知らせ

本日より、アマゾン・アソシエイト・アフイリエイト投稿を開始いたします。「グルメ、旅行、飛行機、自動車、ファッション」に関するアイテムを選択し、アマゾンへのリンクを貼ります。買い物がより便利になるでしょう。猶、審査には一発で、しかもたった一日の審査期間で合格しました。2018年8月24日

アンダーズホテル東京でのディナーのフルコース     投稿者:佐渡の翼

2016年10月08日 04時12分43秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

筆者は車の運転がある上、恋人はお酒が飲めないので、二人とも飲み物はノンアルコールのジンジャエールをお願いした。BMWがこの日の為だけに特別に用意したディナーの一品目の前菜は「フランス産鴨、紅茶と無花果のマリネ、リーフサラダ、紅茶ビネグレット」である。鴨肉は柔らかく、まるで牛肉のような味わいであった。恋人の住まいは、JR大久保駅の北口近くにあるビジネスホテル「ハンドレッドステイ東京新宿」と同じ建物内にあるマンション。2階から12階までが住居部分で13階以上がホテル宿泊棟になっている。筆者は彼女とのディナーデートの後は彼女をi8で自宅まで送っているので、このホテルの場所は完璧に覚えてしまった。

二品目は、「オーガニックパンプキンのスープ、季節の茸、マーシュレタス、パンプキンシード・オイル」である。筆者は鶏肉が、彼女はチーズ、セロリ、青紫蘇、パクチーなどが苦手食材である事を事前に伝えておいたので、その要望に細かく応えたお料理に仕上げてくれてあり、その気配りの程は完璧であった。何しろ、鶏肉が苦手だと言っただけで、チキンスープストックの使用すら控えるほどの念の入れようだったからだ。三品目の魚料理は「鮟鱇のマスタードクルスト、レンズ豆、根セロリ、シェルフイッシュソース」である。旬の食材を上手く調理してあり、鮟鱇も独特の歯ごたえのある焼き加減で非常に美味しい!四品目の肉料理は「国産テンダーロイン・ロースト、東京産小松菜、東京産山葵クリームポテト、甲州産赤ワインソース」(トップ画像)である。お肉の焼き具合はミデイアムレアに近いレアー状態で、とても柔らかい!付け合わせの山葵の効いたポテトが不思議な味わいで美味しかった。アンダーズホテルのレストランは、食材の産地に拘り抜き、極力国産の素材を用いる工夫をしている。

デザートは和栗のミルフイーユ、カシスソーソ、バニラアイスであった。和栗の下にはカスタードクリームが敷かれてあり、これも美味しかったな。筆者は紅茶を彼女はコーヒーを飲んで今宵の楽しいディナーはお開きとなった。帰り際にお土産としてBMWiのロゴ入り帽子とボールペン、及びBMWオリジナルのレザークリーナーとガラスクリーナーを貰った。

会場を出た後、ホテルの車寄せで待機していたら、結局この日のイベントに愛車で駆け付けたi8のオーナーは筆者を含めて二名のみだった事が分かった。他のオーナーはアルコールを楽しむために愛車を家に置いて来たようであった。

以下は、恋人を自宅まで送り届けた直後に彼女が送信したメールである。

「今日はありがとうございました。
お食事も凄く美味しかったですし、お話も沢山出来て楽しかったです(^-^)
初i8。最高!!
お家まで送って頂き、本当にありがとうございました(*´∀`)
又の機会を楽しみにしていますね♪」


パン

前菜

スープ

魚料理

デザート

紅茶





イベントとその後のディナー     投稿者:佐渡の翼

2016年10月07日 09時08分57秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

BMW i Pure Impulse Experience Programmeへは1名までの同伴者ならばその参加料も無料になる。筆者はイベント当日に恋人を同伴した。佐渡島にお住まいの当ブログの愛読者の中には、「筆者には彼女や恋人などはおらず、独身の寂しい男」とお思いの方々が多数いるようで、その点を引き合いにした中傷文を掲示板に書き込む輩も後を絶たない。だが、そうした人々や、嫉妬ゆえの中傷を佐渡市雑談の「佐渡の翼」スレッドに書き込む輩達の期待を裏切って申し訳ないのだが、筆者には結婚を前提にお付き合いをさせて頂いている大事な恋人がいる。その人の顔写真はいずれ公表するが、今後折に触れて彼女との会食記事をレポートしていく積りである。

猶、当ブログには「佐渡の翼」というタイトルが付いているが、佐渡ネタ記事を毎日のように掲載していたのは数年前までの過去の話であり。現在では佐渡観光に関する記事は数カ月に1回程度しか掲載されない。現在では、海外及び国内の旅行記、都心のホテルの食べ歩き、恋人自慢やカメラ自慢記事の掲載がほとんどである。従って、佐渡の飲食店に関する最新記事や佐渡島の事件ネタなどにしか興味のない方は当ブログを訪ねても意味がないので訪問はご遠慮頂きたい。

更に、筆者は佐渡島民のためにこのブログを書いている訳ではないし、佐渡人におもねるつもりもさらさらない!旅行時の楽しい思い出や、美味しい物を食べた時の感想を日記代わりにそして備忘録代わりに、自身のために書き留めているだけである。従って、説明文なしの連写写真の羅列記事を延々と掲載し続ける事もあるし、旅行中に撮影した写真を経時的に簡単な説明文を付しただけで掲載する場合もある。それらがつまらないからと言って、「そうした手法は止めた方がいい」とか「最近の佐渡の翼はつまらない」などと、思う分にはいいが、声高にそれらを主張し掲示板に書き込んでも誰も相手にはしないので、それこそ止めた方がいい。個人のブログを個人がどのように書こうが個人の自由だし、中傷連中からの指図などは受けるはずもないからだ。

筆者は午後6時にアンダーズホテルの車寄せにi8を横付けした。素早く走り寄って来たホテルスタッフに車の鍵を預け、通りの向こう側にあるTokyo Megacity Studioに向かった。このi8とi3を同時に展示するBMWのショールームは一年の期間限定で、2015年の9月にオープンした。既に会場では松井龍哉氏によるトークショーが始まっており、筆者はレモネードを受け取った後に前方席に着席してこのトークを聞いた。会場にはBMW Japanのドイツ人スタッフが多数いたため英語への同時通訳も行われていた。恋人はトークショーの終了間際に会場に到着し、後方席に座った。ショーが終わった後に、スタンドテーブルに飲み物を置きながら、筆者は彼女と談笑した。そして15分後に会場を出て真向いのアンダーズホテルの51階へ移動した。

ディナー会場はシェフズスタジオと呼ばれる宴会場で、東京タワーを初めとした芝浦地区を見下ろす絶好のロケーションを誇る部屋であった。会場内にはオープンキッチンと三つの大きな円形テーブルがあり、それぞれのテーブルに招待者の名前を記した紙札とお皿、グラス類などがセットされていた。窓際に我々のグループのテーブルがあり、後方左手にBMW Japanのスタッフ達の席があり、後方右手に別の招待者達の席があった。我々のグループのテーブルには筆者を含め、4人のi8オーナーがおり、そのうち二人は横浜からのお客さんであった。後方右手のテーブルにも4人のi8オーナーがいたので、このイベントに参加したi8オーナーは8名で、そのうち都内からの参加者は多くとも6名足らずであった。この数から推測すると、ディナーの席数には限りがあるため、抽選に漏れて参加出来なかったオーナーがいるとは言え、日本初納車から1年を経た2015年11月時点でも日本に上陸したi8の台数は、それほど多いとは思えなかった。

旧水原郷病院は人件費の高さなどが原因で2002年度から毎年3億円前後の赤字を出すようになった。そして2005年度までに累積20億円という巨額の赤字を抱え込んだ。阿賀野市は2005年春に、行政改革推進課を発足させ、病院改革に乗り出した。改革の目玉は将来の新病棟建設だった。当面の収入確保のため緊急プランの策定を急いだ。有識者と一般公募の委員で「水原郷病院経営改革審議会」をつくり、9月から議論が始まった。皮肉にもその経営改革審議会でのやりとりが暗転への後押しをしてしまった。詳細が同市のホームページに掲載されたのだ。その中に委員からの「医師や職員に対する批判」があった。「水原郷病院は冷たいイメージがある」「接遇が悪いという話はたくさん聞く」、さらに「(医師が過重労働で疲れているという話に対し)本当に疲弊するほどの仕事量なのか」との意見も出た。医師の給与が特に高く、これが経営を圧迫していた。医師や放射線技師などの一般職を含めた人件費比率が70%近くに達したため、職員は給与に見合うほどの仕事をしているのか?という批判が噴出し、医師側が反論する一幕があった。そのため、水原郷病院は解体され阿賀野市民病院として再スタートを切る事になった。水原郷病院解体の原因は、その非効率な経営体質にあったのだ。こう見てくると、旧水原郷病院は実に問題のある病院だった。


Tokyo Megacity Studioに用意された飲み物と軽食

この夜は、BMW i Pure Impulseパイオニア・シリーズ・トークの一部として、フラワー・ロボティクス株式会社代表取締役社長でロボットデザイナーの松井 龍哉氏がイベントに参加した。有名な映画「ロスト・イン・トランスレーション」にも登場したPosyや Paletteといったロボットを含む彼のイノベーション についてのプレゼンテーションでゲストを魅了した。

ロボットについてのお話

ヘッドホン着用に寄り二か国語で講演が聞ける

筆者の恋人

虎ノ門ヒルズにあるアンダーズ東京のシェフズ・スタジオに移動する前に、ゲストはアペリティフとしてオーガニック・フィンガーフードとドリンクを楽しんだ。

ディナーのテーブル席

メニューの表紙には秋葉原の電気街の写真が印刷されていた

各自の名札

BMWJapanのドイツ人女性スタッフ

開会の辞を述べるBMWJapanの社長

同社の男性ドイツ人スタッフ

同社の日本人スタッフ

及び同社の日本人女性スタッフ

シェフズキッチン

シェフズ・スタジオでは、シャンパンでの乾杯から始まり、素晴らしい5コースのディナーがオープンキッチンでゲストの目の前で用意され、51階から眺める東京の煌めく夜景がこの夜のハイライトとなった。

このイベントにご参加なさったi8のオーナーとその同伴者様達

猶、画像と説明文の一部はBMWi Pure Impulseのサイトから引用した。



BMW i Pure Impulse Experience Programme   投稿者:佐渡の翼

2016年10月06日 05時20分25秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

BMW i8 のオーナーであり、 BMW i Pure Impulse カードをお持ちの皆様は、世界中に広がるワールドクラスのイベントやご優待のプログラム:BMW i Pure Impulse Experience Programmeにアクセスしていただく事ができます。こちらのプログラムは、よりスマートでさらにイノベーティブで私たちを取り巻く環境に配慮したプレミアム・リビングの新しい解釈を反映しています。プログラムでは、イノベーション、デザイン、カルチャー、トラベル、グルメという5つの主なテーマについての情報とインスピレーション、そして無類のベネフィットを提供します。

以上はBMW i8 Pure Impulse Experience Programmeのサイトからの引用である。要するにBMWiシリーズの販促部門が、iシリーズの顧客獲得とiシリーズの新モデルへの乗り換え戦略をスムーズに進めるために様々なexclusiveなイベントを企画し実行しているのだ。ちなみに、これらのイベントへの参加料は無料である。

日本での初回のプログラムは、2015年11月に、同年9月に虎の門ヒルズ前にオープンした、i3とi8の二台を同時に常設展示する国内唯一のBMWのショールームである、Tokyo Megacity Studioで行われた。筆者は2015年11月6日に以下のようなメールを受け取った。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
平素は格段のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。先ほど留守番メッセージを残させて頂きました、BMW i カスタマー・インタラクション・センターの安江よりメールをお送りしております。既にドイツ本国より、11月16日Pure Impulse Experience Programme虎ノ門イベントへのご当選のメールをお受け取り頂いたかと存じますが、現在の段階で決定しております当日の概要についてご案内させていただきます。

イベント日時: 2015年11月16日(月)

17:00 虎ノ門Megacity Studio開場
17:30 BMW Group Japan代表取締役社長ぺーター・クロンシュナーブルよりウェルカム・スピーチ
17:40-18:25 Flower Roboticsロボットデザイナーの松井龍哉氏によるパイオニア・トークショー
18:25-19:00 乾杯の後、Megacity Studioにて御内覧、メンバー様同士の御歓談時間を設けております
<虎ノ門ヒルズ内、アンダーズホテルへご移動>(Studioの向かい側にございます為、徒歩でのご移動となります)
19:00 オープニングスピーチとディナー
21:40 閉会のご挨拶

当日は、心行くまでくつろぎのひと時をお過ごしくださいませ。

BMWi Megacity Studioは、は、2016年9月までの期間限定で開設された。

刺激的な東京の街で行なわれた今回の BMW i Pure Impulse イベントの舞台となったのは、BMW i に特化した日本で初めてのショールーム。最先端を行く BMW i Megacity Studioが この日はBMW i Pure Impulse メンバーとそのゲストのためだけにその扉を開いた。BMW Group Japanの代表取締役社長ペーター・クロンシュナーブルがゲスト一人ひとりを迎え、BMW i Megacity Studioのイノベーティブなデザインについての見識を披露した。展示されているBMW i8 とBMW i3同様に、このショールームは建設に際して、カーボン・ファイバーなどリサイクル可能な素材を使用している。さらに、このエコフレンドリーなショールームの屋根の上のソーラーパネルを利用して車両がチャージされるようになっている。

猶、画像と説明文はBMWi Pure Impulseのサイトから引用した。



i8の維持費     投稿者:佐渡の翼

2016年09月14日 05時40分33秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

i8の電池寿命は平均7年で、その交換費用は約700万円で、国産の普通乗用車が二台買える値段である。従って、最低でも毎年100万の維持費はかかる。普通の人ならば、それを聞いただけで目の玉が飛び出るだろう。無論、放射線技師や年金生活者などがこの車を維持するのは不可能である。

以下にそれ以外の維持費の細目を列挙してみる

1)年間の駐車料金:14000X12=168,000円
2)年間のガゾリン代:1000X12=12,000円。
i8が、一回の満充電で走行出来る距離は、走行方法やエアコン使用の有無などに左右されるが、おおむね、30km程度である。筆者は週に二回しか車には乗らないが、いずれも往復30km以内の場所である。羽田空港と自宅の往復距離は60km程度だが、遠出と言えばそのくらいであり、2016年7月17日の燃費計は27km/lを示していた。

2016年7月17日に函館へ旅行した際に、自宅出発時に撮影したi8の運転席液晶画面。左端が燃費計を示している。


3)自動車保険料:200,000円
4)車体とホイールのコーテイング料:年二回で80,000円
5)自動車税:0円
6)車両修理代は購入から5年間は無料
7)充電カード代:2700X12=32,400円
8)充電のための電気は会社の駐車場に設置した充電ボックスから得ているため、電気代は無料

車検費用は別途として計算すると、年間の維持費の合計額は、1,492,400円になる。ガソリン車時代の年間維持費は修理代を含め100万程度だったので、i8は、いくら自動車税が無税でガソリン代が小額で済むとは言え、維持費はガソリン車よりも高額である。もっともプリウスPHVの電池寿命はi8とほぼ同じでその交換費用は60万程度とi8の十分の一なので、i8との比較はできない。これからi8を購入しようとお考えの読者の参考になれば幸いである。猶。プリウスのPHVが売れない理由は、現在の原油安と、外観のデザインがプリウスのHVとさほど変わらないのに高価格だからである。年内にも発売が予定されている新型のプリウスPHVは、かなり近未来的なデザインとなっているので、販売増が期待出来るかもしれない。

酢飯の上に炙り鮪を乗せた弁当


i8の車体カバー    投稿者:佐渡の翼

2016年07月24日 01時41分17秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

筆者がi8を停めている駐車場は、ガレージ式の完全個室タイプではなく、マンションの1階部分である。屋根付きとは言え、そこには他の車両も駐車しているため、一週間も駐車しておくと車の排気ガスなどで車体本体表面がうっすらと汚れてくる。その程度の汚れは、フェザー棒で拭えば綺麗に出来る。だが、雨天の際に駐車場内に入り込んだ排ガス混じりの雨滴が車体の後部に付着すると車体の色が白だけにかなり汚れが目立つ。これまでは、そうした汚れを一々ウエットテイッシュで綺麗に拭っていたが、トランク上部のガラスの汚れは、プロ用のガラスクリーナーを使用しても綺麗には拭えない。新宿高島屋の駐車場で、ベンツのフロントガラスをクリーナーを吹き付けて一生懸命磨いているおじさんを良く見かけたが、i8のガラスは特殊らしく、プロ用のガラスクリーナーを使用しても綺麗にならないのだ。

筆者はi8には一週間に二回しか乗らないので、5日間は車は駐車場内に留まっている。この間に様々な要因(チリ、排気ガスなど)で小さな汚れが車体に付着する。雨晒しよりはましなのだが、車が常にピカピカでないと気がすまないたちなので、汚れ防止用にi8専用の車体カバーを購入した。透湿・防水タイプのため77,760円もした。車体カバーなどは安い車ならば購入時に値引き代わりにただでくれるようなサービス品だが、それらは防水透湿ではないので、車を雨晒しにすると車体本体は雨の通過で濡れてしまうし、湿気を逃せないため、カバーと車体の間の隙間で蒸れてしまう。だから、そうした安い車体カバーは排気ガスなどの汚れは跳ね除けられるが、雨には弱い!所詮安物はそれなりなのだ。

筆者は車で遠距離旅行をする際はこのカバーを車に積み込んでいく。宿泊地の駐車場に車を停める際は充電終了後に必ずこのカバーをかけておく。さすれば夜露に濡れても、日が高くなりカバー表面が乾いていけば、それを畳むのに手が汚れる心配はない。


i8の左後輪のホイールのガリ傷    投稿者:佐渡の翼

2016年07月10日 05時22分51秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

2015年9月13日、グランドハイアット東京からの帰途、首都高速を走行中に「ドオーン」と言う衝撃音を感じた。だが車体への衝撃は何も感じなかった。当初は「フロントガラスに何かが当たったのか」なと思ったが、フロントガラスには別段異常を認めなかったのでそのまま走行を続けて自宅の駐車場に戻った。充電を開始後に車両を点検したところ、画像のように左後輪のホイール部分に所謂ガリ傷が出来ているのに気付いた。通常このようなガリ傷は、駐車場の縁石で擦ったり、段差のある場所を減速せずに通過すると出来易い。ガリ傷の部分をEOS5DSで撮影し、その画像をメールに添付してディーラーの担当者に送付し診断してもらった。その結果、高速道路で何か非常に硬い物を踏みつけたために生じた傷と診断され、専門業者に修理を依頼するべく手配をした後に、担当者が自宅まで車を引き取りに来てくれた。ところが、どの専門業者に当たっても、「i8のアルミホイールは特殊過ぎて完全に元には戻せない」との返答だった。新品のホイールに交換すると18万もすると言われたので、目立たない程度の簡易修復に留めておいた。修理完了までに1週間を要し、修理代金は54,000円であった。肝心の修理の仕上がり具合であるが、どう目を凝らして見ても元の状態に戻っている。ディーラーの支店長は、「微妙に光の反射具合が違うのに気付かれるかと思いますが、これは車の所有者にしか分かりません」と言った。つまりだ、この車を下取りに出す場合の価格査定に影響を与えない程度に修復出来たと言う訳である。随分と安く上がって気分が良かった。

i8は車高が低い上に、左後方が死角になるためどんなに気を付けて運転していても知らずに車両の左後方部を傷つける事が多い。二年後には車の売却を予定しているため、高値で売るために、車両は出来るだけ綺麗な状態を保つ必要がある。筆者は納車から4ヶ月間は前車の保険を引き継ぐ形でアメリカンダイレクトの自動車保険に加入していたが、この保険会社ではi8のような高額で特殊な車両に関しては自損事故などを補償する車両保険には加入出来ない仕組みになっていた。

だが、納車4ヶ月目から車両の自損傷害が発生するようでは車両保険に加入せざるを得なくなった。早速、担当者にBMWが契約する保険会社(三井住友海上火災)の年間保険料の見積もりを出してもらった。「初年度免責ゼロ、二年目以後は免責10万円で、弁護士特約、日常の自損事故補償も含めた広い補償付き、運転者は筆者一人だけで搭乗者補償無し、ブルー免許証、現在加入の保険は20等級で過去一年間無事故、自身の人的傷害補償無し」の車両保険付きで対人対物無制限補償の自動車保険料」の年間保険料の総額は204,400円である。実に安い金額だったので、2015年10月1日からこちらに乗り換える事に決めた。


i8が突然故障した     投稿者:佐渡の翼

2016年07月02日 07時10分06秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

2015年7月20日、午前8時15分、いつものように、新宿へ出かけようと自宅の駐車場に停めたi8に乗り込みエンジンのスタートボタンを押した。エンジンがかかり、シフトレバーを手前に引いてDレンジに入れた後ブレーキから足を離した。この操作で車は前に進むはずである。ところがi8はピクリとも動こうとしない。すると液晶画面に「ドライブトレーンに異常があります。慎重に走行して下さい」と言う表示が出た。おいおい冗談だろう、納車後2ヶ月足らずでの故障はないはずだ。それにまだ1000kmほど走行しただけだし、どこかに車両をぶつけた訳でもない。故障に繋がるような無茶な操作法をした覚えもない。そう思い、エンジンスイッチを一旦切り、再度スタートボタンを押し直してみた。すると今度は「ドライブトレーンが故障しています。至急BMW正規ディーラーで修理点検を受けて下さい」と言うメッセージに変った。何度やり直しても同じ結果である。車両に何らかの不具合が生じているのは間違いなかった。

筆者は直ちに運転席上方にあるSOSボタン(トップ画像)を押した。すると、ものの1分ほどでBMWエマージェンシーセンターのオペレーターに繋がった。オペレーターに症状を説明した後、「至急レッカー車を手配して車を引き取り、ディーラーまで運んだ後に、修理を完了させて再度自宅まで届けて欲しい」と告げた。するとオペレーターは、筆者の携帯電話の番号を尋ねた後に、「レッカー業者から筆者の携帯電話に連絡が行くように至急手配いたしました」と言った。5分ほど待っていたら携帯電話にレッカー業者から電話があり「レッカー車の手配が出来次第、到着予定時刻を連絡いたします」との事だった。この日は午前10時に表参道で人と会う約束があったので少々焦っていた。10分ほど待っていたら、i8を購入したディーラーの担当者から電話があり、「車の鍵をマンションの管理人さんに預けておいて貰えれば、レッカー業者が鍵を受け取った後、車両を運び出しますので、筆者様は先に電車で目的地へ行かれてはどうでしょうか?」と言われた。時間的な余裕があれば代車などの手配も頼めたのだが、車がないと仕事にならない訳ではないし、一旦i8に乗ってしまうとこれよりも安いガソリン車に乗る気などはしなかったので、代車提供の申し出は断っておいた。筆者は午前8時45分に自宅駐車場を出て、管理人さんに鍵を預けた後に最寄の駅へと向かった。

I8は4輪駆動の上、特殊な車両のために、車にロープをかけて引っ張ると言う事が出来ない。必要な人数を揃えてから人力で持ち上げレッカー車に乗せねばならず、手間隙がかるため車両のディーラー工場への搬入は午後3時30分頃になった。ディーラーでの診断の結果、「ミッション系に異常が生じた」と言うエラー信号が誤って運転制御コンピューターに入り込んだために車両が運転動作を停止した事実が判明した。このエラー信号をコンピューターから削除したところ運転動作はすぐに回復した。次いで、何故エラー信号が紛れ込んだのかの原因を究明したところ、電気モーターの運転制御コンピューターに異常がある事が分かり、これを丸ごと取り替える事になった。部品は日本にあるのだが、交換作業が面倒なため、修理完了までに1週間を要すると言う。更に高速走行時、シフトダウン時に音が大きくなり、通常以上の衝撃を感ずる不具合を指摘したところ、BMWJapanの技術者がロードテストで容易にこの現象を確認し、トランスミッションも丸ごと交換する事になった。取り外したトランスミッションは詳細な調査を受ける予定だが、場合に寄ってはリコールの対象に成り得るとの事であった。結局修理が完了し車両が手元に戻るまでに三週間を要した。初期モデルに故障は付き物で、これはもう宿命と言うしかない。BMW車はどの車種も例外なく良く故障する。そのため、「ディーラーに整備費用を儲けさせるために、わざと故障し易く作ってあるのか?」と思う人もいるくらいである。従って新車購入時に、5年間修理代金が無料になるサービスインクルーシブ(i8の場合527,000円)に加入させられるのが常である。BMW車は4~5回故障しないと落ち着かないため、5年間の修理代金の総額はサービスインクルーシブ代金を上回る額になるのが常であり、BMWオーナーのほとんどはこのサービスインクルーシブパッケージを購入する。言わずもがなだが、レッカー車代金も含めた今回の修理費用は全て無料であった。


i8の運転体験           投稿者:佐渡の翼

2015年09月13日 05時20分56秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

i8の運転席からは、ボンネットの先端部が見えないため前車との車間距離が掴みにくい。目測上の車間距離は、実際よりも1mほど短く感じられる。従って、通常の車ならば前車との目測距離が1mまで近付くとかなり接近した感じになるが、i8の場合は、これで丁度2mの車間距離なので安全車間と言える。筆者は更に余裕を持たせ3mの車間距離を保ちながら運転している。経験上、時速が50kmを超えた状態で車間距離が2m以内になると、前車接近警告装置が作動し、液晶パネルに赤い車マークが出現するし、1m以内になると、「危険」の表示が出る。目測よりも早目に危険警報が出る場合があるので、「まだ大丈夫なのに」と少しとまどいながらも、転ばぬ先の杖と思い、早目にブレーキを踏むように心がけている。カメラとミリ波レーダーを駆使した高感度な自動ブレーキシステムである、衝突回避・被害軽減ブレーキが作動した事はまだないが、安全装置だけに頼った運転は危険である。

i8のブレーキの効きは非常に良く、高速道路で追い抜き後に時速が瞬間的に150kmに達することがあっても、ブレーキを踏めば、たちどころに時速70kmまで急減速する。従って、高速道路でオービスを視認した時は直ちに急ブレーキを踏めば、オービスレーダーに捕捉される心配はまずない。だからと言って、スピードの出し過ぎは禁物である。とにかく加速が素晴らしいのでついついスピードが出てしまうのがこの車の逆説的だが欠点かもしれない。左折時の巻き込み現象に気を付けないと知らずに縁石でボデイー左端を擦る場合があるので神経を使う。だが、走る、停まる、曲がるに関する不満は無く、インテリアやスイッチ形状もガソリンBMW車のそれらのパーツをかなり流用しており、スーパーカーの割に取扱いは容易であるし、走りも大人しい。口コミサイトで、ある自動車販売の営業マン氏がこう言っていた、「この車のリチウム電池の耐用年数は7年。それ以後のバッテリー交換を含めた維持費を考えると恐ろしくなる。二回目の車検辺りで買い替えるのが妥当かもしれない。この車は長期間保有するような車ではなく、車好きの金持がフラッシュ的に楽しむ車」と。i8オーナーである筆者も確かにそう思うし、二年後にはi8Sに買い替える予定になっている。

i8の加速性能は、0-100kmが4.4秒の俊足で、ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェ911GT3並みである。ただし、時速100kmを過ぎてからの加速は、360馬力しかないi8は700馬力近くあるレクサスLSには敵わない。レクサスの100km過ぎからの加速は、映画の早送りのコマのような怒涛の加速であるが、i8のそれは、アクセルをかなり踏み込んでも徐々にしか加速していかない。そこが小馬力の悲哀だが、i8Sでは500馬力にチューンアップされるそうなので、レクサスLSと言えども追い越せばドアミラーに写る姿は豆粒ほどになるだろう。

ホンダNSXの新型が来春にも発売されると噂されている。ホンダNSX はi8と似たような外形で、最高級モデルのRタイプは600馬力以上を叩きだすV6直噴3.5Lツインターボエンジン搭載のハイブリッド車となる模様で、価格は2500万円前後と言われている。だが、ホンダNSXRでもそのエンジンの重さから、0-100kmは3.9秒までしか短縮されないと言う。i8Sは3.5秒まで短縮されるので、どちらがいいのかと言われれば、i8Sに軍配が上がるのではないだろうか?

i8の納車から三か月以上が経過したが、これまでのところ無事故無違反を貫いている。高速道路でi8を煽れる車は無いし、こちらも煽るような下品な運転はしない。優雅でそれでいてspeedy、そして静かにあっと言う間に加速する、それがi8である。あるカー雑誌では「i8は外観こそ近未来的でかっこいいが、古典的な駆け抜ける喜びに少し欠けている」と評していたが、筆者はそうは思わない。乗るほどに走る楽しみをとことん味わわせてくれる車、それがBMWi8であり、そんなi8は目下のところ筆者の最愛の恋人である。


i8にドライブレコーダーを取り付けた    投稿者:佐渡の翼

2015年07月27日 04時18分11秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

以前「TLCが発売している「スマートレコ タッチ アーバン(税込み52920円)」をi8に取り付けたいと思ったが、「取り付けた際に、車体本体のカーナビにずれが生ずる恐れがある」との取り付け専門業者側からの指摘で諦めた経緯があった。だが、2015年の6月18日に、TLC本社に電話で問い合わせたところ、「このドラレコには、車両本体とドラレコ間のGPSの電波干渉を抑制する機能が付いているため、カーナビのずれが生じる可能性は低い。万が一、カーナビのずれが生じた場合でも、ドラレコに接続するGPSアンテナの位置を変えるなどの調整作業(やり方は取り説に記載してある)を行えばそのトラブルは解決すると思われる。BMWの車種としては過去にZ4にこのドラレコを取り付けた経験があるが、特に問題は生じなかった」と言う返答をもらった。そこで、再度ディーラーの担当者にメールでこの経緯を説明したところ、2015年6月25日にドラレコの取り付け作業を行う日程が決定した。ドラレコには16GBのmicroSDカードが標準で付属しているが、事故の際はそれを証拠として保管しておかねばならないため、筆者は別途TLC社製の32GBのmicroSDカード(8640円)を購入した。TLC社純正のmicroSDカード以外のカードを使用した場合、映像が記録されない事があるらしく、更にドラレコ本体が故障する可能性もあり得るため、これほど高くてもユーザーは純正カードを購入せざるを得ない仕組みになっている。更に、カードは消耗品のため年一回交換する事も推奨されている。

猶、取り付け工賃は、ドラレコ本体価格とほぼ同じ49,734円と言う高額さで、取り付け工事は取り付け前例が無いためほぼ終日の作業となった。ドライブレコーダーを取り付けていると、事故時は元より、駐車中の当て逃げ、車上狙い、いたずらなどの際にも威力を発揮し、犯人特定に繋がったケースもある。更に、交差点での信号待ち時の後方からの追突、自車停止時の左右側面からのバイクや自転車に寄る衝突、進行方向の信号が緑の際の、学童らの赤信号無視道路横断などで事故に発展したケースでは、自身の過失割合を正確に算定できると言うメリットもある。自身の運転が安全で慎重になると言う効用も加味すれば、約11万の投資は決して高くはないと思う。

i8は、後部座席と後部に配置したエンジンルームの間にガラスの仕切りがあるため、ドラレコの後方カメラをこのガラス部分に取り付ける事になった。「従ってガラス二枚を隔てるため、前方映像に比べ後方映像はやや不鮮明になる」との懸念が業者側から指摘されていたが、果たせるかな、その通りであった。だが、ドラレコの画像はあくまでも事故時の証拠物件としての役目を果たせばよいので、画像が写ってさえいればそれで充分であった。

液晶画面のメニュー表示をオフにした時のドライブレコーダーの画面

後方カメラ

新宿で信号待ちをしていたら、外国人カップルが「かっけいい~!」と言った表情でi8を見て行った

池袋で、i8の写真を撮る外国人のおじさん(左片隅に写っているピンクのポロシャツ姿の男性)

「うわあ~かっこいい」と言いながら見ていくカップル。自宅駐車場前で撮影。

しっかりi8の後ろ姿も見て行った


i8の運転の仕方   投稿者:佐渡の翼

2015年07月21日 05時04分42秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

i8には4種類のドライブモードがある。e-Maxドライブ(電気のみ)→エコプロ→コンフォト→スポーツモードの4種類である。矢印の右の方向へ行くほど電気の使用量が減り、ガソリンの使用量が増えて、パワーも増す。逆の方向は、それら全てが逆になる。e-Maxドライブ→エコプロ→コンフォトモードへの切り替えはボタン操作により行われ、スポーツモードへの切り替えはシフトレバーを左に倒す事で行われる。スポーツモードに切り替えると、速度表示の液晶画面はブルーからオレンジ色に変化し、エネルギー回生状況を示す右画面は回転計に変わる。街中を走行する分にはエコプロかコンフォトモードで充分であり、どちらを使用するかはその時の道路状況による。車の流れに乗っている時はエコプロモードで走り、前方に車両がいなくて空いている時はコンフォトモードに切り替える。発進時の初期設定は「コンフォトモード」で、常に電気のみで走行を開始し、時速が60kmを超えるとガソリンエンジンが始動する仕組みになっている。e-Maxドライブは、電池の使用量がすぐに減少するため、渋滞時や往復走行距離が20km以内の時以外は使用しない。一方、スポーツモードは高速走行時にのみ使用するモードである。こまめに走行モードを切り替えて走ると燃費は確実に良くなる。2000万以上もするi8は、燃費を気にする人が購入するような車ではないのだが、筆者は、とにかく出来るだけガソリンを使わない走行を心がけている。

750ILに乗っていた頃の燃費は街中走行でリッターあたり3-4kmであり、文字通りガソリンをばら撒きながら走る車だった。それでいて加速性能は悪く、ただ乗り心地がいいと言うだけの車だった。今回i8に乗り換えてみて感じたのは、車の加速性能の向上は排気量の多さに寄るのではなく、車体の軽量化が鍵だと言うことだ。車体が軽ければ、エンジン排気量が少なくても加速性能はレーシングマシーン並みに高まる。そして電気自動車の静かな乗り心地と、そのトルクの強大さも初めて知った。

i8は、とにかく走るのが楽しくなる車であり、遠出をするドライブは非常に楽しい。これで駐車場選びの苦労がなければ言う事ないのだが、都内の百貨店ならば、駐車場の左右の幅が広い身障者用の駐車スペースに停めさせて貰えるし、都心の一流ホテルなら駐車場は広目に作ってあるので、現在まで駐車場所に関する苦労は感じていない。

i8は、正面から見ると、ワイドで車高が低いため、その長さも長い車両のように思えるが、全長は4メートル69センチしかなく意外に横から見るとコンパクトでむしろ可愛い車である。i8は筆者の現在の恋人であり、実際の恋人よりも遥かに御しやすい。i8は女のように「あれが嫌だ、これが気に食わない」とあれこれ文句を言わないし、自分の思い通りに動いてくれるので、何より運転していてこれほど楽しい車はない!女の上に乗るよりも車に乗る方が楽しい何て、三菱アウトランダーやプリウスPHVなどでは絶対体験出来ないだろう。この車でドライブをし、風光明媚な景色をニコンD810やキャノンEOS5DSで撮りまくり、美味しい物を食べてそれを写真に納める。おまけに美女を含めた街中の人々の注目を集められる。こんな贅沢やいい思いを真似できたり体感出来る島民は多分おるまい。

スポーツモードにした時の運転席液晶パネル

後部座席

室内スピーカー

サラウンドビュー画面


i8の注目度の高さ    投稿者:佐渡の翼

2015年07月17日 07時31分48秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

i8で明治通りを走行し、表参道の交差点辺りで信号待ちをしていると、必ずと言っていいほどi8の写真を撮られる。i-phoneで写す人、デジカメで写す人と様々だが、皆さん、車のナンバーが写らないようにと側面や斜め上方からのアングルで撮影する。増産体制になったとは言え、i8はまだまだ流通量の少ない車ゆえ、その希少価値は高く、ディーラー担当者の話では「3年落ちでも5割の値が付く」そうである。従って、街中でi8を目にする機会はほとんどないため、人々の注目を集めるのだろう。さほど車に興味のなさそうな人でも「まるで映画の世界から出てきたまんまじゃないですか」と言いながら視線を向けるし、車好きな人なら穴の開くほど見つめ続ける。映画に出て来たのと全く同じデザインのコンセプトカーだから、猛スピードで迫って来る、まるで鉄兜を被ったようなwide & lowのi8の姿がドアミラーに写ると、どの車もぶつけたらやばいとばかりに自然に避けてくれるし、i8の前に割り込むときも心なし遠慮がちである。映画に出て来たコンセプトカーが市販車になると、ややデフォルメされ落ち着いたモデルになるのが通例だが、i8のデザインスタイルは、トムクルーズ主演の「ミッション インポシブル」の第4弾「ゴーストプロトコール」に出て来たのと全く同じである。これがi8のかっこよさ、人気の高さ、人々の耳目を集める最大の理由である。

筆者は公道では時速60km以上は出さない主義なので、スポーツモードでアクセルを一踏みしたらあっと言う間に時速60kmに達するため、ものの1-2秒でアクセルペダルから足を離さざるを得なくなる。その加速感たるや、まるで飛行機の離陸時のようで、背中をシートに打ちつけられっぱなしで、シートベルトがきつく締まってロックされる。だが、電気モードだけの際にアクセルを強く踏み込むと、キックダウン現象が生じ、急減速してから急加速する感じになる。アクセルを緩めると回生ブレーキが効き始めるが、その効き目は、まるでブレーキの如き強烈さを感じるi3ほどではない。これの繰り返しなので、気分的に燃焼不良状態が続いたままの走行になり面白くない。なので、一般道を走る際は、ガソリン消費量が少ない、「コンフォトモード」(スポーツモードよりも電気の使用量が多くガソリン消費量が少ない)か「エコプロモード(コンフォトモードよりも更に電気の使用量が多くガソリン消費量がより少ない)」で走る事にしている。「エコプロモード」でも充分な加速力があるのでこのモードで充分であり、満充電後にエコプロモードのみで往復37kmを走行した時の燃費は実に41.7km/Lを叩き出した。i8は、170kW(231PS)/320Nmの直列3気筒1499ccのツインパワー・ターボ・エンジンで後輪を回し、96kW(131PS)/250Nmのモーターで前輪を回す4輪駆動車で、これらを組み合わせて、システム全体で266k(362PS)/570Nmを発生する。これにより0-100km/h加速は4.4秒としつつ、EUテスト・サイクルでは40km/Lという低燃費を実現。モーターのみで最高速120km/hまで出すことが可能なほか、最長35kmまでEV走行ができるとしている。だが、電気モーターのみでの航続可能距離は、エアコン使用や、急加速急発進などの繰り返しでどんどん減少するため、実際には25km前後がいいところで、平均燃費もリッターあたり、20-30kmくらいである。362PS程度の馬力で0-100km/h加速が4.4秒と速いのは、1500kgと言う車重の軽さにある。低重心でかつ前後の重量バランスが2:2のため、高速走行時の安定性は抜群で、コーナリングも軽快である。東名高速道路の御殿場付近に、下り坂でカーブとトンネルが連続する区間があり、ここでは大抵の車は横風でふら付くために危険を感じ、時速80km程度に落としてゆっくり走行せざるを得ない。だがi8はこの区間を100kmで定速走行しても危険を全く感じなかったのだから凄いの一言に尽きる。おまけに、トンネルなどの暗闇に入ると自動的にヘッドライトが点灯するオートライトシステムが装備されているため、ライトを点灯させるボタンに一切触れる事無くトンネルを高速で突き抜ける事が可能だ。だが、タイヤはさほど太くないため、限界速度以上でコーナーに入るとややアンダーステア気味になる。そして繰り返しになるが、硬めのサスペンションに寄る乗り心地の悪さが、筆者に取っては最大の欠点のように感じられる。

筆者に取って、i8とは単なる腰掛け車である。筆者の最終目標は、BMWの創立100周年に当たる2016年に、それを記念して発売が予定されている「i8S」である。i8Sは、ポルシェ911GT3を凌ぐ動力性能を持つ、500馬力以上のスペックになるらしく、コーナリングの際にヘッドライトの光軸を細かく変化させて安全走行に寄与するシステムや、対向車のライトを検知したらハイビームを自動的にロービームに変換する装置の装備なども予定されているらしい(これらは既にレクサスの最上級車種のLSに標準で装備されている)。更には四輪操舵システムにしてコーナリング走行を安全に行える事なども検討されている模様だ。価格は2500万円くらいになるらしいが、現在のi8が1000万円で売却可能なので、実質価格は1500万くらいかと思う。i8Sは、退任するCEOへの餞別代わりの記念車になるらしく、多分台数を限定した上での生産になるのではないだろうか?さすればプレミアも付くのでi8Sの次の車への買い替え時には非常に有利になるだろう。

新宿で信号待ちをしていたら、外国人カップルが「かっけいい~!」と言った表情でi8を見て行った

池袋で、i8の写真を撮る外国人のおじさん(左片隅に写っているピンクのポロシャツの男性)

「うわあ~かっこいい」と言いながら見ていくカップル

しっかりi8の後ろ姿も見て行った


BMWi-Connected Drive       投稿者:佐渡の翼

2015年07月16日 07時33分00秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

運転席からはもちろん、クルマを離れた場所からでも簡単にアクセスできる、通信モジュールを利用した最先端サービス。それが、BMWiコネクテッド・ドライブです。多彩なサービスとアプリケーションを利用することで、必要な情報や大切な人たちとシームレスにつながることができます。BMWコネクテッド・ドライブは、安全性と利便性、そして情報とエンターテインメントを充実させる幅広いコンテンツをご用意。あなたの望んだときにいつでも利用でき、ライフスタイルにさらなる自由をもたらします。

以上はBMWのコネクテイッドドライブシステムのHPからの引用だが、BMWの最新技術を駆使した、このサービスの内容を理解出来るのは、最近のBMWオーナーだけである。佐渡にはBMWの正規代理店も無ければ正規の修理工場もない。一昔前のBMWならば、島内の一般あるいは委託された修理工場でも故障個所の特定は出来るかもしれないが、パーツを新潟から取り寄せて彼らに修理をさせるのは非常に危険だと思う!故障の再生産のスパイラルに陥る可能性があるからだ(佐渡でもBMWの修理は可能だとウエブ上に書き込んだ輩はいたが)。ましてやBMWのプラグインハイブリッド車や電気自動車などの修理点検は佐渡島内では不可能であり、故障時や定期点検時には車をカーフェリーに積み込み新潟まで運ばねばならぬ。佐渡でもBMWを所有する人を見かけた事があるが、いずれも3シリーズなどの安いガソリン車種がほとんどであった。

さて、話が横道に逸れたが、コネクテイッドドライブシステムのサービスを利用するためには、BMWの専用サイトにアクセスし、事前にメールアドレスとパスワードを登録する必要がある。次いで、車台番号の下7桁と登録ナンバーを入力すると、セキュリテイーコードナンバーが車に送信される。その番号をBMWのmyページへ入力するとサービスシステムへの登録作業は完了となる。以後はログインすれば、現在の車両ステータス(充電状態、電気モーター単独での航続可能距離、ガソリンを併用した場合の航続可能距離、警告メッセージの有無、メンテナンス情報、前回走行時の燃費と電費及びガソリンを使用した総走行距離など)の一覧が画面に表示される仕組みになっている。i8には運転席の上方にSOSボタンが付いており、万が一事件事故に遭遇したり、車両が動かなくなった時にはこのボタンを押せばいい。すると、BMWのエマージェンシーセンターと瞬時に連絡が取れ、レスキュー車や警察車両の手配などが迅速に行われる。だが、車両に搭載されているGPS電波の届かない山中などで事故に遭った場合はこのシステムは無力なため、筆者は、緊急連絡用の携帯電話とGPS機能付きのデジカメを持ってから車に乗るようにしている。この他にもi8には二重三重の安全装置が搭載されているが(自動ブレーキシステム、前方車両接近警報装置、事故多発地点での注意喚起アナウンス、フロントビュー、リアビュー、トップビュー(マルチビューあるいはサラウンドビューとも呼ばれる)を表示するカメラシステムなど)、それらを逐一ブログに書き込んでも車に興味の無い佐渡島民には猫に小判、豚に真珠、馬の耳に念仏の類なので割愛させて頂く。その種の情報に接したい方は、巷に溢れている車ブログをお読み頂ければと思う。蛇足ながらi8には、フロント、リア、及び左右のドアミラーの計4か所にモニターカメラが設置されているし、フロントガラス上部には衝突防止システムを作動させるためのカメラが設置されている。

フロントビューカメラからの映像

更に、筆者には不要な機能だが、スマートフォンの専用アプリをダウンロードすれば、車外からタイマー機能使用で事前に車内のエアコンやシートヒーターのスイッチを入れる事が出来るし、充電中ならば充電状況をスマフォ画面に表示させる事も可能である。更に、高速道路のサービスエリアなどの広い駐車場に車を停めた場合、GPS機能を使って自車位置をスマフォ画面に表示させた上、車のヘッドライトを点灯させ、自車位置同定までの時間短縮を図る事も可能になっている。BMWiコネクテッド・ドライブサービスは、同様の内容のサービスがトヨタではレクサスシリーズでG-linkと言う名称のサービスとして提供されている。

猶筆者はi8を購入の際、コンフォトアクセスシステムをオプションで装備してもらったが、装備費用は134,000円の高さであった。このシステムは国産他車にも既に装備されており、珍しくも何ともない。要するに、エンジンキーをポケットに入れたままで、ガルウイングドアの裏側の取っ手部分にあるタッチセンサーに手を触れるとセンサーが作動してドアロックが解除されるし、ドアーの取っ手部分の隣にある幅が2cmほどの縦縞模様のタッチセンサーに指を触れるとドアがロックされると言うシステムである。更にドアロックセンサーを長押しするとドアミラーが折り畳まれ、パワーウインドウが開いた状態の場合はそれが自動的に閉鎖される。国産他車には、「車から離れると自動的にドアがロックされ、車に近づくとドアロックが解除される」と言う完全キーレスエントリーシステムがオプション設定になっている車種もある。i8は走りを楽しむ車なので、車内装備は同種の価格帯である7シリーズの760に比べれば遥かに簡素である。CDチェインジャーは無くラジオもFMしか聞けない。その代わり、AUX端子が装備されているので、i-podやウオークマンなどを接続すれば音楽を楽しめるし、ブルートゥース対応の携帯電話ならばUSB端子に接続してのハンズフリー通話も可能である。後部座席は一応あるが、大人が座ると頭部を前屈した姿勢を取らざるを得ず、長時間の乗車は不可能であり、あくまでも緊急用でしかない。座れるのは小学生までの子供に限られるので、筆者はここをもっぱら荷物置き場として利用している。

コネクテイッドドライブシステムのHP

エアコンの操作パネルとエンジンキー

シフトレバー

i-driveボタン


i8の走行体験   投稿者:佐渡の翼

2015年07月12日 01時40分10秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

5月31日の納車日に、担当セールスマンから車の操作法を教えてもらった後に、筆者はセールスマンを助手席に座らせてディーラー周辺を走行してみた。i8のシフトレバーは、750IL同様、ブレーキペダルを踏まないと一切の操作が出来ない仕組みになっており、エンジンは、鍵穴にエンジンキーを差し込んでセルモーターを回して始動させるのではなく、スタートボタンを押す方式である。今時の車はほとんどこういう形式になっている。スタートボタンを押すと、エンジンがかかり、目の前の液晶displayに速度計とタコメーターがデジタル表示される。更にフロントガラスに、速度やナビ表示が投影される仕組みになっている。これは戦闘機などに採用されている、ヘッドアップdisplayと呼ばれるもので、既にレクサスなどの国産車にも装備されている。ヘッドアップdisplayがあると、いちいち液晶画面に視線を落として速度計を確認する必要がないので、より安全な走行が可能である。i8は、前輪を電気モーターで回し、後輪を1500ml 3気筒ツインターボエンジンで回す4輪駆動車であり、車重は1500kgとかなり軽い!従って、この程度のエンジン排気量であっても加速性能はすこぶるいい!シフトレバーを左に倒すとスポーツモードになり、ガソリンエンジン主体で電機モーターに蓄電しながら走行する。この時、V型6気筒エンジンのサウンドが車内に響き渡る。これは人工的な音なのだが、よく出来ている。これは、「アクティブ・サウンド・デザイン」(人工的なエンジン・サウンドを車内のスピーカーを通して聞かせるシステム)と呼ばれるシステムだ。更にi8には外部に向けたアクティブ・サウンド・デザイン・システムも搭載されている。電気走行時に、擬似的なエンジン音を外部に響かせることで、歩行者に車の接近を知らせるためだ。それに加えて、歩行者に接触する前に車を停止させる技術も導入されている。プリウスにも外部スピーカーでエンジン疑似音を車外へ流すシステムは採用されているが、車内にはその音は流れない。その音を車内にまで響かせているのはi8だけであり、こういう遊び心は国産車メーカーには真似ができない。シフトレバーを右に戻すと電機モーターに寄る駆動を主体とした走りに変わり、車内はほぼ無音状態になる。ハイブリッド車のプリウスは出だしこそモーターで走るため静かだが、すぐにエンジンがかかり無音ではなくなる。室内の無音状態が長時間続くのがモーター走行時のハイブリッド車、スポーツモード走行をしない時のi8と国産及び輸入のプラグインハイブリッド車や電気自動車の特徴である。

肝心の乗り心地はサスペンションが硬めのため、路面の凹凸による振動をもろに受けるので、非常に悪い!これまで、サスペンションが柔らかい車に乗っていたため、その差は歴然で、30分ほど都道を走行しただけで筆者はすっかり疲れてしまった。i8は高速クルージングや郊外のワィンデイングロード走行には適した車だが、一般道の走行には不向きなお洒落車である。しかも、ガルウイングと言う跳ね上げ式のドアを採用しているために、車の右脇に56cm以上のスペースがないとドアを開けられない仕組みで、いつも駐車場選びに苦労する。とてもではないが、普段使いの出来る実用車ではない!

信号待ちで停車している時、信号が緑に変わってもそれに気付かずなかなか発進しようとしない車がいると、必ず後続車からクラションを鳴らされ、前進を促されるのが常だ。だが、i8の場合はそういう事が一切ない。大抵の後続車はi8の後姿に見とれてクラクションを鳴らすのを忘れてしまうからだ。更に、交差点での左折時は最徐行が必要。運転席から見た左斜め後方は死角になるため、歩行者や自転車が横断歩道に入って来るのに気付けない場合が多い。それゆえ、サラウンドビュー(トップビュー)カメラとフロントビューカメラでの映像を見つつ、更に目視で左右の安全を充分確認しながらゆっくり左折せねばならない。i8には、前方車両に近づき過ぎた場合に2段階で警告を発し、ドライバーの注意を促すとともに、衝突の危険がある場合には軽度のブレーキをかけ、衝突の被害を軽減させる、前車接近警告機能と衝突回避・被害軽減ブレーキが標準で付いている。このような安全システムは高感度なものはレクサスの上級車種に、低感度なそれは大衆車のカローラなどや一部の軽自動車にすら標準で装備されている。だが、最後に安全を担保するのはあくまでも人間の目であり、ドライビング・アシストシステムだけに頼った運転は危険である。

フロントビューカメラの映像

猶i8には、ミリ波レーダーを使用して、先行する車両との車間距離を一定に保ちながら走行するAdaptive cruise control(ACC)(前車追従型機能付きクルーズコントロール)は装備されておらず、従来型の単なる車速コントロールタイプのクルーズコントロールしか装備されていない。レクサスには全車速対応型(他社製は時速が47km以下になるとACCが解除されるが、このタイプなら全ての速度でACCが作動し、先行車を追従する)のACCをオプション装備可能で、価格は68,000円程度と非常にお安い!BMWi3にはこの機能が標準で装備されている。だが、i8のように加速性能に秀でた車にはACCは不要である。i8は燃費を気にするような人が買う車ではないからだ。

かように一般道走行では神経をすり減らすi8だが、一たび高速道に入るとその高性能さを遺憾なく発揮し、走る楽しみを満喫させてくれる。何が楽しいのかと言うと、ガソリンをほとんど使わずにモーターだけで走行する時は大人しく静かに走るが、それでいて充分な加速感が得られ、ひとたびガソリンエンジンをフル回転させれば一気に雄叫びを上げて疾走を開始する点だ。正に羊の皮を被った狼が豹変するかの如き加速感こそが楽しいのだ。文字通り走り抜ける喜び、駆け抜ける喜びを実感出来るのがi8である。これはブログを読んだだけでは到底実感出来ない感覚で、2200万円を支払った者だけが感じ取れる喜びである。車は単なる移動の手段ではなく、コネクテッド・ドライブサービスを利用して様々なコンテンツを楽しみ、そして走る喜びを満喫出来るツール、つまり、知性と革新のテクノロジーの集大成、それがBMWiシリーズの揺ぎ無きコンセプトだ。


BMW iウオールボックス・ピュア    投稿者:佐渡の翼

2015年07月07日 07時35分12秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

プラグインハイブリッド車は基本的に充電の必要性はないが、充電すればガソリン使用量を減らせるので、より環境に優しい走行が可能である。プリウスのプラグインハイブリッド車は、街中に設置された充電施設にある200V対応の充電スタンドは勿論の事、家庭用電源である100Vにも対応しているが、i8は200Vにしか対応していない。そのため、自宅に充電設備を設置するための工事が必要になる。設置が可能かどうかの現地調査費として、工事の有無に関わらず17,820円を支払う必要がある。工事が可能と判断された場合の設置工事費用は、追加工事がなければ145,800円である。つまりだ、i8やi3のオーナーが自宅で充電しようとすれば145,800円の初期投資は避けて通れないと言う訳だ。

この工事費に加えて、電気自動車専用コンセントの設置費用として別途7,020円を支払う必要があり、何だかんだで15万の出費を覚悟する必要がある。大抵の人は、充電用の車載ケーブルをこのコンセントに繋げて充電し、充電が完了したらケーブルを折り畳んで車に積み込み遠出をする。だが、筆者は、このケーブルの抜き差しといちいちのケーブル折り畳み収納行為が面倒くさかったので、充電スタンドにあるのと同じタイプのケーブル付き充電ボックス(157,680円)を購入して設置した。これならば、充電の際のプラグの抜き差しの手間を省けるし、見た目がかっこ良くて人々の注目を集められる。このかっこづけのためだけに支払う追加費用は157,680円である。何でもこの充電ボックスはフランスのデザイナーがデザインしたらしく、そのため超お高い価格になっているのだそうだ。かっこづけのためだけに15万を余分に支払う目立ちたがり屋はさほどいないらしく、このボックスタイプの充電設備はそれほど売れていないのだと言う。充電設備設置のための現地調査の結果、筆者が契約している駐車場では、分電盤から専用コンセントまでの専用線の長さが50mに達するため、1mあたり1300円の追加料金が必要となる事が分かった。そのため、追加工事費としての91,800円を加え、筆者は充電設備設置費用として合計約40万円を支払った。

このボックスのケーブルの長さは7.5mで、追加料としての25万円は高過ぎたがかっこづけには金がかかるのだ。


充電ガンは、他のプラグインハイブリッドカーにも使用可能なため、i8が留守の時に他人が無断で充電作業を行う可能性がある。そのため、充電ガンをはずせないようにキーでロック出来るシステムになっている。キーでロックをすると、桃色ランプが点滅する。画像では白っぽく写っているが実際の色はピンクです。

充電口

充電中。いたずら防止のために、ドアをロックしておけば充電ガンは抜けないシステムになっている。無理やり充電ガンを抜こうと車体をガタガタ揺すると警報が鳴るシステムになっており、Securityは二重三重に強化されている。

すき焼き弁当

追記:
昨日、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録が決定した。長崎と北九州の炭鉱や製鉄所に於いて、朝鮮半島在住者が一定期間強制的に労働させられた事実を何らかの形で遺跡に展示する事に日本側が譲歩して応じた事に寄り、韓国側の理解が得られての登録決定となった。だがここに来て、2017年の佐渡金銀山遺跡の世界遺産登録の際にも同様の問題が蒸し返される恐れが浮上した。近代に於ける佐渡鉱山の発掘作業に際しても、朝鮮半島出身者が強制的に働かされた点を韓国側が問題視しているからだ。佐渡市に取っては頭の痛い問題が一つ増えた。それらが外交問題に発展する可能性があり、日韓関係が修復されるまでは、佐渡金銀山の世界遺産登録問題が棚上げされる懸念が囁かれ始めている。文化審議会は今月末に、2017年の世界遺産登録候補地を一か所に絞って推薦する手筈になっているが、目論み通り佐渡金銀山が推薦されるかどうかは微妙な情勢である。



エコカーの高速道路使用料に補助金交付    投稿者:佐渡の翼

2015年06月30日 05時39分00秒 | BMWi8クーペ購入記(2015年5月31日納車)

短期間でエコカー導入を促進させるために、経済産業省が主導し、電気自動車とプラグインハイブリッド車の高速道路の利用料金を先着4万台に限定して補助することになった。補助される期間は2015年5月から同年12月末日まで。補助金を受けるためには、高速道路と充電器の利用情報を提供すること及びアンケートに回答する必要がある。更に、日本充電サービスなどの会社が発行する充電カード(お出かけカード)を所有する人が補助金交付の対象となる。このカードを取得するには初回に発行手数料1,000円が必要で、費用は普通充電ならば、使い放題で月額2700円(年額で32,400円)である。

集められたデータは、充電器の配置場所の決定に役立てられ、どこに設置すれば電池切れや充電器周辺の渋滞といった問題を解消できるかを検討するために使われる。

個人を対象とした補助金交付申請の受け付けは2015年4月27日の午後6時から

喜多山のステーキとロブスター弁当





i8ロードスター動画1

i8ロードスター動画2

i8ロードスター動画その3

ブログの記事内容について

「佐渡の翼」の記事内容は、調査スタッフ個人の、お店や宿泊施設に対する感想や意見を記述したものです。これらは、すべての読者が感じる内容とは必ずしも一致しません。「佐渡の翼」に掲載された記事を参照した後、読者ご自身の判断で行動した結果、生じた損害・損失について、当ブログは一切責任を負いかねますのでご注意下さい。更に、お店の外観写真やメニューはあくまでも取材時点でのものであり、最新情報とは必ずしも合致しておりません、重ねてご注意下さい。佐渡島内の焼肉屋と焼き鳥屋は調査の対象外です。これらのお店に関する情報をお求めの方は「佐渡なび」(http://www.sadonavi.net/)にアクセスしてお調べ下さい。なお、当ブログで紹介後に営業を休止したり廃業した飲食店は、宿根木の日本料理の名店「菜の花」(2013年4月に東京上野桜木で再オープン。電話番号:03-3827-3511)、小木の新保屋食堂」、佐和田の居酒屋「侍」、佐和田の中華料理「潤采」と「洛陽」、佐和田のラーメン大学「かねふく」、佐和田のラーメン店「燕人」、佐和田の喫茶店「トムキャット」、佐和田のイタリアン「バール・フェリチータ」、佐和田の「石川食堂」、佐和田のラーメン屋「げんき家」、佐和田のキャバクラ「パレス」、八幡のスナック「メンソーレ」(カラオケ、ココルに変身)、二見のラーメン屋「二見食堂」、真野の「寿司正」(後継は洋風のお店になる模様)、相川の「りき寿司」、相川ののら犬カフェ、金井の蟹料理専門店「かにっこ」、金井の食堂「ランチ@さとにわ」(佐和田へ移転)、金井のスナック「花音」(スナックyy'78に変身)とスナック「リバーサイド」(居酒屋兼食堂:クッチーナに変身)、畑野の食堂「菜花村」、両津の喫茶&レストラン「アン」、両津のファーストフードの店「マックス」、両津の「彩花停」(海結に変身)です。なお、紹介後に閉館したホテルは小木の「ニュー喜八屋」、佐和田の「シルバービレッジ」(改装され、ホテル浦島東館として再スタート)、相川のホテル「さどや」、えにしの宿「新ふじ」、相川やまきホテル。廃業した旅館は、小木の「ごんざや旅館」と相川の「中山旅館」です。 2018年8月10日現在の情報に基づいています。

佐渡の翼管理人

当ブログは著作権法により保護されています。当ブログ内で提案された「アイデア」の借用、具現化、実行等には何らの制限もありませんのでどうぞご自由にご利用下さい。当ブログの記事内容を著作権者の許諾なしに「引用」することは、その必然性があれば著作権法上は合法です。しかし著作権法第32条では、「引用は、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と定められています。「正当な範囲内で」 とは「 引用しすぎてはいけない」という事であり、質的にも量的にも、自身の文章が「主」、引用部分が「従」という関係にある(最高裁判例)事が求められています。なお、アクセス状況は2009年2月1日からの累計です。 Copyright © 2009 Wing of Sado All Rights Reserved