佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

i8ロードスターのPR動画を記事の最後尾に貼り付けました

動画に登場するi8ロードスターと全く同じ車体カラー、ホイール、内装、の右ハンドル車が、8月6日に千葉港へ到着し、通関手続きが完了いたしました。そして、新車整備、車両登録も完了し、9月2日に無事納車されました。従いまして、日本上陸第一号となったi8ロードスターの全貌を、9月6日に当ブログ上で公開いたしました。9月18日には、Keiyo BMW千葉北支店のフェイスブック(https://www.facebook.com/keiyo.bmw.chibakita/)でも紹介されました。このフェイスブックには、スマートキーをリモコン代わりに使用して、i8ロードスターの屋根を開閉する動画も掲載されています。更に、7月6日に発売されたホンダS660のcomplete modelである、ModuloXは、9月23日に無事納車となりました。 2018年9月24日現在

アマゾン・アソシエイト・アフイリエイト投稿開始のお知らせ

本日より、アマゾン・アソシエイト・アフイリエイト投稿を開始いたします。「グルメ、旅行、飛行機、自動車、ファッション」に関するアイテムを選択し、アマゾンへのリンクを貼ります。買い物がより便利になるでしょう。猶、審査には一発で、しかもたった一日の審査期間で合格しました。2018年8月24日

i8ロードスターPR動画

https://twitter.com/i/status/988688999794409472

パリ発午後9時10分羽田行きNH216便の機内食その2   投稿者:佐渡の翼

2019年01月17日 06時00分46秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

午後11時14分に主菜の「おひょうの煮付け(144kcal)」が、ご飯、味噌汁、香の物と一緒に運ばれて来た。筆者はデザートは不要とCAさんに伝えておいた。同11時32分に、あられをつまみにシャンパンを飲み、いい気分になったので、寝床の準備をした。液晶画面に表示される飛行ルートを見たら、機体はモスクワ上空に差し掛かっていた。そして2016年9月27日の午前0時15分に眠りに付いた。JALのビジネスクラスにもスカイスイートと名付けられた半個室タイプの座席があり、液晶画面の大きさは23インチとANAのファーストクラス並みの大型サイズで、横幅もANAのスタッガードシートよりも若干広目である。だが、アブレストが横2-3-2の配列のため、座席にスタッガードシートのような遊び空間がないため、閉塞感を感じて窮屈である。閉所恐怖症の人なら多分耐えられない狭さであろう。JALもANAも同じ機材を使用しているので、JALはビジネスクラスの空間に座席を詰め込み過ぎている。JALの成田・ホノルル線も同様なので、ハワイ旅行はJAL利用ではなく、2019年のANAのエアバス就航まで待った方が賢明であろう。

あられをつまみに寝酒代わりにシャンパンを飲んだ

間も無くモスクワ上空である

就寝直前に撮影した


パリ発午後9時10分羽田行きNH216便の機内食その1   投稿者:佐渡の翼

2019年01月16日 06時00分22秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

午後10時31分に、アミューズが運ばれて来た。アミューズは、「小海老を乗せた赤ピーマンのムース、モッツアレラチーズのマリネとトマト、洋梨とマスカルポーネ ドライビーフ」の三種である。筆者は和食コースを選択した。同45分に、前菜の「いくらの醤油漬け、帆立貝の黄味焼き、つぶ貝旨煮、鴨ロース煮」、小鉢の「白和え」、炊き合わせの「里芋唐揚げ、蟹餡掛け」の三種(トップ画像)が同時に運ばれて来た。それは黒塗りのお盆と言うよりもトレーに近い物の中に入れられていた。やはり、ファーストクラスのサービスに比べれば質を少し落としてある。この二つのクラスのサービスの差は乗り比べればすぐに分かる。

洋梨とマスカルポーネチーズとドライビーフ

赤ピーマンのムースと海老

モッツアレラチーズのマリネとトマト

サービス中のCPの岡田さん

佐渡の大野亀が紹介されていたので撮影した

白和え

前菜、小鉢、炊き合わせの全体像


成田・ホノルル往復エアバスのファーストクラス発券完了   投稿者:佐渡の翼

2019年01月15日 13時25分21秒 | ANAファーストクラス搭乗記2019年

本年5月24日に初就航となる、成田・ホノルル線のA380は、総二階建てで、二階席の前方部分にファーストクラス、中間部にビジネスクラス、後方部にプレミアムエコノミー席を備え、一階部分は全てエコノミー席で、総座席数は500席を超える大型機だ。報道やテレビコマーシャルで多くの人々はご存知かと思うが、ANAは、東京・ホノルル線では唯一ファーストクラスを常設し、肘掛けを取り払ってベッドに代用可能なカウチシートを新設した大型機の投入で、富裕層や家族連れをターゲットにした戦略を展開し、予約販売開始の1月10日から、座席販売は好調な滑り出しを見せている。ハワイは、夏でも日本より涼しく、湿気のない暑さが特徴で、蝉が泣かないし、蚊もいない。メインストリートのカラカウア通りにはネオンサインが一切なく、日本の繁華街のようなギラギラ感がない。日本人観光客の多さだけが唯一の欠点だが、食事は日本人好みの味付けだし、治安もいい。街は奇麗だし、良く整備されたビーチも奇麗で素晴らしい。ビーチの奇麗さだけなら沖縄も同じだが、沖縄は湿気が強いし、離島へいくほど田舎臭くなる。更にハワイはショッピング天国で、買い物、食事、観光の三点セットの満足度が高いので、日本人には大人気の観光地である。ハワイはJTBの牙城であり、ホノルル空港とワイキキ各所や有名ホテル内に日本人スタッフが常駐するツアーデスクがあるので、飛行機に乗ってしまえば、後は人の流れに付いていきさえすれば、自動的に目的のホテルまで辿り着ける仕組みになっている。なので、比較的ハードルの低い海外旅行と言えるため、日本人の海外旅行初心者や、ハネムーナーでごった返しているのがハワイである。ハワイの観光客の20%は日本人であろう。

そういう意味では筆者の一番嫌いな場所がハワイなのだが、今回は、エアバスのファーストクラスに乗るのが目的で今秋のハワイ旅行を計画した。筆者に取ってハワイは二度目であるが、どこに何があるかは全て頭の中に叩き込んであるので、ハワイ滞在中は、観光にはあくせくせず、ひたすらエアコンの効いた高級ホテルのスイート及び準スイートクラスのお部屋でのんびり命の洗濯をする予定である。宿泊費用は5泊で約70万を予定している。

当初は就航直後の6月上旬頃のフライトのファーストクラス予約を試みたが、ウエブでの予約が開始された1月10日午後3時の時点で、6月中のファーストクラスの特典開放枠は全て埋まっていた。SFC会員でも予約できないのだから、繁忙期が終了する8月末までは、ファーストクラスには特典枠の設定はないのかもしれない。9月も第一週目には枠が無かったが、第二週目でようやく空席を発見し、間髪を入れずに発券した次第だ。上級会員であっても、ホノルル線のビジネスクラスの無料特典航空券の取得は困難だが、プレエコやエコノミーならば空席がある限り、一般会員でも発券は容易であり、マイルを貯めている方で、ハワイへの旅行を計画中の方は試みる価値があると思う。ただし、プレエコならともかく、エコノミー席は、座席数に対するトイレの数が圧倒的に少なく、行列必至であるし、その混雑度は言っては悪いが奴隷船を彷彿させる。しかしながら、飛行時間は7時間程度と短いので、なんとか耐えられるであろう。

フライト
[1]9月8日(日) NH184
 東京(成田) - ホノルル(オアフ島)
 20:10発08:45着
 座席番号:2A
 特典ファースト / OK
[2]9月13日(金) NH183
 ホノルル(オアフ島) - 東京(成田)
 11:20発14:35着(翌日)
 座席番号:2A
 特典ファースト / OK
■お支払い/適用規則
◇必要マイル数
 120,000マイル
◇お支払い総額
 27,320円(発券手数料、燃油サーチャージ、空港施設使用料等)

尚、下記期間に特典航空券を予約すると5000マイルがバックされるキャンペーンに登録しておいた。

対象搭乗期間:2019.9/1(日)~2019.11/30(土)、2019年5月31日(金)までの予約発券分が対象です。
参加登録期間:2018.12/26(水)15:00~2019.5/31(金)23:59〈日本時間〉
キャンペーン搭乗期間後、対象者全員に5,000マイルバック
対象路線:ANAグループ(ANA/エアージャパン)運航便 ホノルル線
対象クラス・シート:ファーストクラス/ビジネスクラス/プレミアムエコノミー/エコノミークラス
マイル積算時期:2019年12月20日(予定)


パリ発午後9時10分羽田行きNH216便の機内食メニュー   投稿者:佐渡の翼

2019年01月14日 06時00分27秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

離陸後23分を経過した午後9時50分に夕食のメニューが配られた。アミューズのメニューは、「小海老を乗せた赤ピーマンのムース、モッツアレラチーズのマリネとトマト、洋梨とマスカルポーネ ドライビーフ」の三種である。食事は和洋のいずれかから選ぶ形式で、ファーストクラスほどではないものの、一応それぞれコース料理となっている。その他、一風堂のラーメンなどの軽目の食事や、朝食用の和食と洋食セットも用意されていた。筆者はまずは、あられセットをおつまみに、ジントニック二本をお願いした。

機内撮影はEOS5DSで行った

和洋のコースメニュー

和食メニュー

和食と洋食セット

軽目のお食事

洋食セットメニュー

午後10時14分におつまみとジントニックが運ばれて来た





パリ発午後9時10分羽田行きNH216便の離陸その2    投稿者:佐渡の翼

2019年01月13日 05時21分21秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

ANAの国際線の夜間飛行を撮影する機会は、羽田発のフランクフルト行きの夜間便を利用する場合だけであろう。今後は、フランクフルトかロンドンに行く時は昼間出発の便が多くなるし、帰国便は、フランクフルト発午後8時45分か、午後12時30分発の便以外には搭乗しない予定だ。フランクフルト発午後8時45分の便は、毎年6月上旬頃に利用するが、その頃のフランクフルトの日没時間は午後10時くらいで、まだ外は明るいため夜間飛行にはならない。欧州域内移動の航空機も昼間便しか利用しないので、フライトキャンセルなどの突発事項でも起こらない限り、夜間飛行を経験する事はあまりないであろう。

速度を上げた

8

13

15

17

18

38

39

40

85

25

46

離陸直前

離陸の瞬間、離陸時刻は午後9時27分45秒であった。

69、シャルルドゴール空港が良く見える

71

72

73

75


i8ロードスター動画1

i8ロードスター動画2

i8ロードスター動画その3

ブログの記事内容について

「佐渡の翼」の記事内容は、調査スタッフ個人の、お店や宿泊施設に対する感想や意見を記述したものです。これらは、すべての読者が感じる内容とは必ずしも一致しません。「佐渡の翼」に掲載された記事を参照した後、読者ご自身の判断で行動した結果、生じた損害・損失について、当ブログは一切責任を負いかねますのでご注意下さい。更に、お店の外観写真やメニューはあくまでも取材時点でのものであり、最新情報とは必ずしも合致しておりません、重ねてご注意下さい。佐渡島内の焼肉屋と焼き鳥屋は調査の対象外です。これらのお店に関する情報をお求めの方は「佐渡なび」(http://www.sadonavi.net/)にアクセスしてお調べ下さい。なお、当ブログで紹介後に営業を休止したり廃業した飲食店は、宿根木の日本料理の名店「菜の花」(2013年4月に東京上野桜木で再オープン。電話番号:03-3827-3511)、小木の新保屋食堂」、佐和田の居酒屋「侍」、佐和田の中華料理「潤采」と「洛陽」、佐和田のラーメン大学「かねふく」、佐和田のラーメン店「燕人」、佐和田の喫茶店「トムキャット」、佐和田のイタリアン「バール・フェリチータ」、佐和田の「石川食堂」、佐和田のラーメン屋「げんき家」、佐和田のキャバクラ「パレス」、八幡のスナック「メンソーレ」(カラオケ、ココルに変身)、二見のラーメン屋「二見食堂」、真野の「寿司正」(後継は洋風のお店になる模様)、相川の「りき寿司」、相川ののら犬カフェ、金井の蟹料理専門店「かにっこ」、金井の食堂「ランチ@さとにわ」(佐和田へ移転)、金井のスナック「花音」(スナックyy'78に変身)とスナック「リバーサイド」(居酒屋兼食堂:クッチーナに変身)、畑野の食堂「菜花村」、両津の喫茶&レストラン「アン」、両津のファーストフードの店「マックス」、両津の「彩花停」(海結に変身)です。なお、紹介後に閉館したホテルは小木の「ニュー喜八屋」、佐和田の「シルバービレッジ」(改装され、ホテル浦島東館として再スタート)、相川のホテル「さどや」、えにしの宿「新ふじ」、相川やまきホテル。廃業した旅館は、小木の「ごんざや旅館」と相川の「中山旅館」です。 2018年8月10日現在の情報に基づいています。

佐渡の翼管理人

当ブログは著作権法により保護されています。当ブログ内で提案された「アイデア」の借用、具現化、実行等には何らの制限もありませんのでどうぞご自由にご利用下さい。当ブログの記事内容を著作権者の許諾なしに「引用」することは、その必然性があれば著作権法上は合法です。しかし著作権法第32条では、「引用は、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と定められています。「正当な範囲内で」 とは「 引用しすぎてはいけない」という事であり、質的にも量的にも、自身の文章が「主」、引用部分が「従」という関係にある(最高裁判例)事が求められています。なお、アクセス状況は2009年2月1日からの累計です。 Copyright © 2009 Wing of Sado All Rights Reserved