佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

i8ロードスターのPR動画を記事の最後尾に貼り付けました

動画に登場するi8ロードスターと全く同じ車体カラー、ホイール、内装、の右ハンドル車が、8月6日に千葉港へ到着し、本日通関手続きが完了しました。今後、新車整備、車両登録後、8月30日に納車予定となりましたので、翌日にはi8ロードスターの全貌を当ブログ上で公開出来るかと思います。それまで楽しみにお待ちください。猶、7月6日に発売されたホンダS660のcomplete modelである、ModuloXも予約注文が完了し、9月1日にメーカー出庫で9月中旬頃に納車予定となっております。 2018年8月10日現在

夜のスミュール・アン・オーソワその9(パブ・リオンでの夕食)     投稿者:佐渡の翼

2015年12月31日 01時12分01秒 | EOS-1DXで撮影した国内・海外の夜景

スミュール・アン・オーソワでの夕食は「パブ・リオン」と言うパブで食べた。この居酒屋は昼間に見つけてあり、夜はここで食べようと決めていた。午後9時を過ぎていたが不思議と空腹感は無かった。例によってジントニックを二本注文した後、自家製の豚肉のパテ(パテ・ド・カンパーニュ)(トップ画像)を注文した。パンをつまみにジントニックを飲み干した後、豚肉のパテを食べた。美味しくて、これ一皿だけで充分だった。ほどなくして地元の若い女の子二人組みが来店し筆者の前のテーブルに座った。奥のテーブルには酔い潰れた地元のお兄さんがテーブルに突っ伏していたが、彼女らはそんな酔っ払いには目もくれず、カクテルを注文しながら互いの恋人の話などをしていた。

こうして世界で最も美しい街の一つ(2013年1月にBS-TBSで放送)である、フランスの片田舎の小さな村、「スミュール・アン・オーソワ」での一日が終わった。

本日で2015年も無事に暮れる。実はこの記事は、真冬に逆戻りしたかのように寒く、北日本では大荒れの天候となった、今年の3月11日(佐渡汽船の越佐航路はこの日は終日欠航だった)に書いている。ブログに書くべきネタが溜まりに溜まり、欧州旅行記は昨年の12月に書き始めてから1年を経過してもなお終了しないまま年を越す事になった。この調子だと、今年の9月のANAのファーストクラスに搭乗しての欧州旅行記が掲載されるのは来年の7月頃になりそうである。最近、当ブログの佐渡ネタが少なくなっているのを心配した愛読者様らが「海外旅行ネタだけで1年近くも引っ張るなんて、いよいよ佐渡の翼もネタ切れか?」と、かまびすしく御騒ぎのようだが、御心配には及ばない。2015年5月に訪れた佐渡に関する佐渡ネタ記事は2018年の10月26日まで事前投稿されている。従って次回の佐渡訪問は2018年5月頃の予定であり、その際は新妻同伴となる見込みである。

本日筆者は、i8で羽田空港国内線第四駐車場に乗り付け、愛車を個室駐車場(24時間の駐車料が5000円)に停めた後、午後1時05分発のANA473便のプレミアムクラスに搭乗し、沖縄(那覇)経由で宮古島に到着する予定である。そして、シギラ・ベイサイド・スイート「ホテル アラマンダ」に到着し、このホテルに二室しかない、一泊朝食付きで15万円也のオーシャンスイートルームに宿泊する予定である。当ブログをご愛読の皆様どうぞよいお年をお迎え下さい。

パブ・リオン

メニュー

店内の酔っ払い

カウンター

ジントニック

カクテルメニュー

ホテル前レストランの屋外席

は、午後9時を過ぎても賑わっていた

ホテルの部屋に戻り、窓から撮影した花

コメント

夜のスミュール・アン・オーソワその8(ホテルとその周辺)   投稿者:佐渡の翼

2015年12月30日 03時00分35秒 | EOS-1DXで撮影した国内・海外の夜景

無事ホテルに戻って来た

古城門の夜景

ショーウインドウに見入る中年カップル

夜のリベルテ通り

パブ・リオン方向

ホテル前にあるレストラン

観光案内所

その夜景

コメント

夜のスミュール・アン・オーソワその7(Buffon通りから古城門まで)   投稿者:佐渡の翼

2015年12月29日 03時05分30秒 | EOS-1DXで撮影した国内・海外の夜景

古城門の夜景

エスカルゴを食べたレストランを出た直後にある三叉路

パテイスリー「ノートルダム」方向

このレストランは早くも店仕舞いをしていた

このお店だけ灯りが点いている

木組みの家

散歩をする中年カップル

ここを左へ曲がると

こんなお店があった。絵画と絵葉書を売るお店だろうか?

アンティーク屋さん

古城門の裏手に到着

ここを潜る

すると両側にもお店があった

古城門

桂の和2段膳弁当 1890円

・メダイみそ焼き
・大根煮
・卵焼き
・豚生姜焼き
・煮物5種
・つくね串
・海老小丸
・蓮根はさみ揚げ
・他

コメント

夜のスミュール・アン・オーソワその6(ランドマークタワーの地下道)   投稿者:佐渡の翼

2015年12月28日 04時50分40秒 | EOS-1DXで撮影した国内・海外の夜景

昼間通った地下道へ再び入ってみた

街灯に照らされる石畳。佐渡の集落ならば真っ暗だが、さすがにフランスは違う!

ご覧のような明るさだ

坂を上る

闇夜に照らされる石畳は綺麗だ

間もなく目抜き通り。

ランチにエスカルゴを食べたレストラン。しかしだな、通常の観光客はこんな田舎町に泊まっても夜は出歩いたりはしないだろう。出歩いても写真何て撮れっこないからだ。

コメント

夜のスミュール・アン・オーソワその5(二本の塔とノートルダム教会)   投稿者:佐渡の翼

2015年12月27日 03時58分15秒 | EOS-1DXで撮影した国内・海外の夜景

ジョリー橋を渡った所から撮影した。二本の塔とノートルダム教会の夜景が一枚の写真の中に納まっている

ジグザク塔とGehenne塔

右方向にカメラを振った

少し左に戻して撮影

ジョリー橋から撮ったジグザグ塔

このアングルからだと家屋が最も綺麗に撮れた

コメント

夜のスミュール・アン・オーソワその4(Gehenne塔)   投稿者:佐渡の翼

2015年12月26日 05時07分32秒 | EOS-1DXで撮影した国内・海外の夜景

夜のGehenne塔

その隣の建物

塔を縦アングルで撮影

ランドマークタワーと共に

こうやって照らしている

光の当たり方でグリーンになったり白っぽくなったりする

これが一番綺麗なグリーン

ランドマークタワーのベストショット

Vaux通りの看板

ペニンシュラホテルのハイヒールチョコ

恋人とクリスマスディナーを楽しんだ、グランドハイアット東京のフイオレンティーナのペストリーブテイックで購入したクリスマスバスケット。

コメント

夜のスミュール・アン・オーソワその3(ランドマークタワー)   投稿者:佐渡の翼

2015年12月25日 03時49分56秒 | EOS-1DXで撮影した国内・海外の夜景

スミュール・アン・オーソワのランドマークタワーたる、Tour de l'Orle d'Oreのライトアップ写真。この村の塔はライトアップされるとグリーンに写る不思議な塔だ。

縦アングルで撮影してみた

ここが目抜き通りへの近道のトンネル

このアングルから撮った塔も美しい

このお家の屋根にもライトが取り付けられている

工事用の木組み越しに塔を撮影した

更に道を下るとGehenne塔がある

コメント

夜のスミュール・アン・オーソワその2   投稿者:佐渡の翼

2015年12月24日 05時28分30秒 | EOS-1DXで撮影した国内・海外の夜景

昼間にはこのような建物にはついぞ気づかなかった

Voltaire通りからJoly橋通りへ差し掛かる辺り

撮影時刻は午後8時26分なので光量が多いと明るく写る

Vigne通りを示す看板

ランドマークタワーが見えて来た

EOS-1DXなら街灯の明かりだけで充分綺麗に撮れる

二本の塔が見えて来た。こちらの方向は明かりが少ないので空は真っ黒に写る

ランドマークタワー

あの、non nonの家

コメント

夜のスミュール・アン・オーソワその1   投稿者:佐渡の翼

2015年12月23日 05時32分29秒 | EOS-1DXで撮影した国内・海外の夜景

夜の「ロジホテル・ドゥラ・コート・ドール」

午後8時22分にホテルの部屋を出た

階段を降りると

壁にこんな絵があるのに気付いた

夜のレストラン

自動車看板

アンティークのお店

観光案内所方向

Voltaire通り


コメント

「ロジホテル・ドゥラ・コート・ドール」周辺   投稿者:佐渡の翼

2015年12月22日 05時11分18秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

ホテル正面

ホテル全景

観光案内所方向

ホテル前のレストラン

「自動車と自転車」と書かれた看板

「ロジホテル・ドゥラ・コート・ドール」は三ツ星ホテルだ

真っ赤な植木鉢

リベルテ通りのブラッスリー

「アレキサンドラ」と言う名のお菓子屋さん

観光案内所

案内所から見たホテルとレストラン

ホテルと洋菓子屋

リベルテ通り

ホテルの郵便受け

室内では無線LANが無料で利用可能だった

お弁当

コメント

Voltaire通りからホテルへと戻った    投稿者:佐渡の翼

2015年12月21日 05時08分01秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

Voltaire通りからホテルへと戻る道を歩いた

案内標識の矢印が示している方向にVigne通りがある

ここがVigne通り

道路の角にある目印は

パティスリーだ

城壁の名残

左手にホテルのピンク色の壁が見えて来た

ここは、Stes Maries通り

その通りにあった建物

間もなく

ホテルだ

ホテルの看板

ようやくホテルに戻って来た

これは左手にあった細い路地に建つお家の

中庭だ

コメント

ジョリー橋通り沿いの建物    投稿者:佐渡の翼

2015年12月20日 03時25分32秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

ジョリー橋沿いを橋の方へ向かってカメラを振ってみた

この辺りの建物の屋根の色は落ち着いた赤茶色と言う感じである

個人のお家だろうか?

平屋だが何となく風情がある

ここが端っこ

再びジョリー橋通りとvarenne通りの交差部に戻った

コメント

Varenne通り辺り    投稿者:佐渡の翼

2015年12月19日 03時32分31秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

この角を右へ行くと

こうなるが

先へ進んで右手を見たらこんな建物があった

煙突にはf,z,fの文字があったがどういう意味なのだろうか?

先程の角を左へ行くとこうなっている

再び角に戻り右手を進んだら、その先にはL字型の道路があった

この花が

可愛かったのでズームをかけて撮影した

ここでジョリー橋通りに出た


コメント

Renaudot通り     投稿者:佐渡の翼

2015年12月18日 03時50分59秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

カフェの前

更に進むと

ソフトクリームを手にした祖母と孫が出て来た

このお店は

時計屋さんのようだ

この通りの向こうに筆者が宿泊したホテルがある

左手はスポーツ用品店のようだ

コメント

レストランからRenaudot通りへ     投稿者:佐渡の翼

2015年12月17日 05時03分28秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

通りで見かけた地元のお兄さん

ここを右へ行くとRenaudot通りで、左側へ行くとVarenne通りへ出る。

木材を運んでいる

お仕事中

ここはお肉屋さんだ

綺麗な花が飾ってある

遠くにカフェが見えた

コメント

i8ロードスター動画1

i8ロードスター動画2

i8ロードスター動画その3

ブログの記事内容について

「佐渡の翼」の記事内容は、調査スタッフ個人の、お店や宿泊施設に対する感想や意見を記述したものです。これらは、すべての読者が感じる内容とは必ずしも一致しません。「佐渡の翼」に掲載された記事を参照した後、読者ご自身の判断で行動した結果、生じた損害・損失について、当ブログは一切責任を負いかねますのでご注意下さい。更に、お店の外観写真やメニューはあくまでも取材時点でのものであり、最新情報とは必ずしも合致しておりません、重ねてご注意下さい。佐渡島内の焼肉屋と焼き鳥屋は調査の対象外です。これらのお店に関する情報をお求めの方は「佐渡なび」(http://www.sadonavi.net/)にアクセスしてお調べ下さい。なお、当ブログで紹介後に営業を休止したり廃業した飲食店は、宿根木の日本料理の名店「菜の花」(2013年4月に東京上野桜木で再オープン。電話番号:03-3827-3511)、小木の新保屋食堂」、佐和田の居酒屋「侍」、佐和田の中華料理「潤采」と「洛陽」、佐和田のラーメン大学「かねふく」、佐和田のラーメン店「燕人」、佐和田の喫茶店「トムキャット」、佐和田のイタリアン「バール・フェリチータ」、佐和田の「石川食堂」、佐和田のラーメン屋「げんき家」、佐和田のキャバクラ「パレス」、八幡のスナック「メンソーレ」(カラオケ、ココルに変身)、二見のラーメン屋「二見食堂」、真野の「寿司正」(後継は洋風のお店になる模様)、相川の「りき寿司」、相川ののら犬カフェ、金井の蟹料理専門店「かにっこ」、金井の食堂「ランチ@さとにわ」(佐和田へ移転)、金井のスナック「花音」(スナックyy'78に変身)とスナック「リバーサイド」(居酒屋兼食堂:クッチーナに変身)、畑野の食堂「菜花村」、両津の喫茶&レストラン「アン」、両津のファーストフードの店「マックス」、両津の「彩花停」(海結に変身)です。なお、紹介後に閉館したホテルは小木の「ニュー喜八屋」、佐和田の「シルバービレッジ」(改装され、ホテル浦島東館として再スタート)、相川のホテル「さどや」、えにしの宿「新ふじ」、相川やまきホテル。廃業した旅館は、小木の「ごんざや旅館」と相川の「中山旅館」です。 2018年8月10日現在の情報に基づいています。

佐渡の翼管理人

当ブログは著作権法により保護されています。当ブログ内で提案された「アイデア」の借用、具現化、実行等には何らの制限もありませんのでどうぞご自由にご利用下さい。当ブログの記事内容を著作権者の許諾なしに「引用」することは、その必然性があれば著作権法上は合法です。しかし著作権法第32条では、「引用は、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と定められています。「正当な範囲内で」 とは「 引用しすぎてはいけない」という事であり、質的にも量的にも、自身の文章が「主」、引用部分が「従」という関係にある(最高裁判例)事が求められています。なお、アクセス状況は2009年2月1日からの累計です。 Copyright © 2009 Wing of Sado All Rights Reserved