飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★オリーブの樹(統一名簿)★日米安保見直し★原発廃棄★日々是好日★好きな演歌

◆【リテラ転載】テレビ朝日株主総会大荒れ!

2019年07月02日 16時32分58秒 | ●YAMACHANの雑記帳

リテラ > ビジネス > 企業・経営者 > テレ朝株主総会で「経済部長を左遷した官邸忖度人事」の質問

テレビ朝日株主総会大荒れ! 経済部長を左遷した「官邸忖度人事」と幻冬舎・見城社長の「番組審議会解任」要求の質問

テレビ朝日株主総会大荒れ! 経済部長を左遷した「官邸忖度人事」と幻冬舎・見城社長の「番組審議会解任」要求の質問の画像1

テレビ朝日ホールディングスHPより

政権に批判的な記者やアナウンサー、コメンテーターを報道番組から次々に追いやるなど、着々と“安倍政権御用化”が進んでいるテレビ朝日だが、去る6月27日に行われたテレビ朝日ホールディングスの株主総会が“大荒れ”だったらしい。総会の終盤、早河洋会長が切り上げようとしたところで、例の、麻生太郎財務相を追及していた経済部長を報道局から追放した“官邸忖度人事”についての質問が飛び出したという。

「早河会長が『ではそろそろ』と言って終わりにしようとしたとき、株主のひとりが手を上げて、M経済部長の異動人事を強く批判したのです。受けた早河会長は、株主が具体的に質問しているにもかかわらず『質問をまとめてください!』などと言うなど、明らかに苛立っていましたね」(テレビ朝日関係者)

 本サイトで先日お伝えした(https://lite-ra.com/2019/06/post-4792.html)ように、この人事は、テレビ朝日で政権を追及してきた経済部長のM氏が、報道とは関係のない「総合ビジネス局・イベント事業戦略担当部長」なるポストへ異動になるというもの。M部長は古舘伊知郎キャスター時代、“『報道ステーション』の硬派路線を支える女性チーフプロデューサー”として有名だった女性だ。2016年に『報ステ』で手がけた特集「独ワイマール憲法の“教訓”」は、その年の優れた番組に贈られるギャラクシー賞の大賞(テレビ部門)を番組として受賞している。

 だが、それゆえにM氏は官邸やテレ朝上層部から睨まれてきた。2015年、ISによる後藤健二さん、湯川遥菜さん人質事件が起きたさなか、ISを刺激する安倍首相の発言を批判して、コメンテーターの古賀茂明氏が「“I am not ABE”というプラカードを掲げるべきだ」と発言したことに官邸が激怒。菅官房長官の秘書官が番組幹部に恫喝メールを送りつけるなど圧力をかけて、古賀氏を降板に追い込んだことがあったが、このとき、古賀氏らといっしょに同番組から外されたのがM氏だった。

 しかし、M氏は経済部長に異動になってからも、森友問題などでは、経済部として財務省をきちんと追及する取材体制をとっていたという。いま大きな問題になっている金融庁の“2000万円報告書”問題でも、麻生財務相の会見でこの問題をはじめて追及したのはテレビ朝日経済部だった。その後も、会見の度に、報告書問題を質問。また、麻生大臣が11日、「報告書を受け取らない」としたときの会見には、M部長自ら出席。報告書の内容を「政府のスタンスとちがう」と言い訳した麻生財務相に、「報告書のベースは金融庁が作っている」「夏の税制改正要望に証券税制の優遇を入れるという意図があったのではないか」と鋭い追及をしていた。

 そんななかにおいて、テレ朝上層部がM部長を報道局から追放し、イベント関連の新設部署へ異動させるという内示が出たため、局内外で「こんな露骨な人事、見たことない」「安倍政権からなんらかの圧力があったのではないか」という声が上がっていたのである。再びテレ朝関係者が語る。

「株主の追及は厳しいものでした。『報道でギャラクシー賞までとった人を、現役世代のうちに畑違いの部署に異動させるというのは普通なのか。不自然ではないか。他にこうした事例があるなら実例をあげてほしい』、『以前も元政治部長が新設の部下が一人もいない営業マーケティング担当へ飛ばされたというが、株主として、局長一人きりの局なんてものは事業の合理性の見地から納得できない』と畳み掛け、M部長の異動先に部下は何人いるのか?などと質問したのです」 


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ◆ファーウェイ「5Gの世界展... | トップ | ◆れいわ新選組、6人目の参院... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
沖縄電力の原発賛成の株主になろう (箒川 兵庫助)
2019-07-04 00:05:02
昔幼少の頃,一株主訴訟と言う言葉を聞いたことがあります。何のことはよく分からなかったのですが,最近わかりました。他方で株式投資は「博打だ」という知識人がいます。確かに博打の面があります。しかし会社の方針を悪い方向に導かないためにも株式投資は必要だと思います。TV朝日の株主総会で「人事がオカシイ」という意見が出たことは傾聴に値すると思います。このどこが博打なのか分かりません。
米軍基地の75%が沖縄に集中していると聞いて何が米軍を追い出すことを可能にするかを考えてきました。しかし野党が総選挙で勝っても辺野古基地拡張を阻止できません。まず野党が政権を取り戻すことが必要だと思っていますが,たとえ取り戻しても日米安保や日米地位協定がある限り,無理かなと頭の中で考えているだけでした。ところが2011年のフクシマの原発暴発以来,ある日,沖縄に原発を造れば米軍は出ていくのではないのかと思うようになったのです。
そもそも原発の存在を人類悪と考えていますが,もしそれなりの数の株主が株主総会で原発建設賛成の提案を「しただけで」,米軍は出ていくと思うのです。なぜなら原発がないのは沖縄県だけだからです。
突飛な提案です。しかし皆さんはどう思われますか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●YAMACHANの雑記帳」カテゴリの最新記事