代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

NHKの「世界食糧危機」の感想など

2008年10月23日 | マスコミ問題
 先週の金曜日と日曜日の二回にわたって放送されたNHKスペシャルの「世界同時食糧危機」、すばらしい内容でした。何が良かったって、中米のエルサルバドルを事例に、自由貿易が飢餓の原因となったことを取材を通して論証していたことでした。その図式は以下の通りです。

 エルサルバドルはアメリカに要求されてトウモロコシ輸入を自由化 → 米国からの輸入トウモロコシに市場を席捲される → 農家は困窮し離農 → 国内には耕作放棄地が激増 → バイオエタノール・ブームでトウモロコシ価格が急騰 → 飢餓が発生

 もちろんこのような図式は、エルサルバドルのみならず、アフリカや他の中米やカリブ諸国、アジアではフィリピンやインドネシアなど、他の多くの国々に同様に当てはまります。

 番組では、鈴木宣弘氏(東大教授)が登場して、アメリカの政策の実態が、自由化とはほど遠い、「攻撃的保護主義」の実践であるという点を指摘していました。 
 つまりアメリカは、途上国が食糧自給を確保するための内向けの農業保護政策を撤廃させる一方で、自国のトウモロコシには輸出補助金の大盤ぶるまいで、外向きに市場を歪めながら輸出攻勢をかけてきました。さらに今回のバイオエタノールにしても莫大な補助金を投入して市場を歪めながら、穀物価格を上昇させ、飢餓を誘発させてでも、儲けようとしてきたのです。まさに攻撃的保護主義であり、アメリカが他国に「市場主義」を強要しつつ、自国の農業政策には市場主義のかけらも存在しないのです。
 そして、その背後には穀物メジャーからの献金を受け、穀物メジャーに奉仕するアメリカ議会の姿があります。まさに「金で買えるアメリカ民主主義」といわれる所以です。

 ちなみに今月号(11月号)の月刊『現代農業』(農文協)で、鈴木宣弘氏がアメリカの「攻撃的保護主義」について執筆しておられます。『現代農業』の自由貿易批判の特集の一貫です。じつは鈴木氏の論文のあとを受けて、『現代農業』の来月号(12月号)と1月号には、私の執筆したWTO批判・自由貿易批判の論文が掲載される予定です。興味のある方がおりましたらご笑覧ください。このブログを読んでいたという『現代農業』の編集部の方が、私に原稿を依頼してくださったのです。

 私は、このブログで「自由貿易に異議を唱えることは日本の言論界では実質的にタブーとなってきた」と書いてきました。今回、NHKがその「タブー」を破ってくれたので、溜飲が下がる爽快な気分になった次第です。あの番組を制作したスタッフの皆様に心からの敬意を表します。時代の潮流は変わりました。
 
 しかしながら民放では、いまだああした番組を制作するのは難しいでしょう。自由貿易を推進する経団連系の企業がスポンサーであるため、どうしてもスポンサーに配慮してしまうからです。NHKはとりあえずスポンサーの顔色を伺う必要はないので、ああした番組を作れるのでしょう。

 しかし民放でも例外はあります。残念ながら私は見れなかったのですが、TBSの「ニュース23」でも、以前(何ヶ月か前)、こうした観点での番組が作られていたと知人から聞きました。ニュース23では、ハイチの事例を取り上げて、IMF(=米国)に要求された農産物貿易自由化によって、国内の水田が荒廃し、アメリカからの輸入に依存するようになった結果、今回の飢餓に至ったという事実を報道していたそうです。ハイチの人々は、泥を混ぜてつくったクッキーで飢えをしのいでいるのです。泥ですよ!! こうした自由貿易の弊害に関する報道を検閲せずに流したニュース23の制作スタッフの姿勢は賞賛に値します。たぶん、取材をしたのはフリーの方なのだと思いますが、心から敬意を表します。
 
 もっともニュース23は例外でしょう。日本のほとんどのテレビも新聞もいまだに今回の飢餓と自由貿易を結びつけて報道しようとはしません。たとえば、新聞などは、今回の食料価格高騰の原因の一つとして「中国やインドなど途上国の経済成長によって需要が増え……」などと解説してきました。それは全くの誤りです。正しくは、「中国やインドの農産物貿易の自由化によって輸入が増え……」と言うべきなのです。その理由は、前に書いたこの記事(「国際政治最大のタブー(関税政策)に挑む」)を参照下さい。しかし、マスコミはそうは報道しません。
 私は、その記事で、インドや中国の農産物貿易自由化が、ブラジルやインドネシアの熱帯林破壊を生み出し、世界的食糧危機の原因になっていると訴えました。私の知人のフリー・ジャーナリストがその内容を面白がってくれて、そうした観点での番組の作成を某テレビ局の某番組に持ち込んだそうなのですが、その番組のディレクターは、「それって本当に自由貿易が原因なの~。違うんじゃない~」などと、あからさまにWTO批判・FTA批判の観点での報道を嫌がったそうです。ちなみに「中国が悪い」みたいな番組にすると喜んで許可してくれるのだそうです。

 厳しい現場での取材をしてくるフリーのジャーナリストは、その成果を安く買いたたかれます。スポンサーの顔色を伺いながら番組の質を落とすことにしか能のない正社員のディレクターなんかが、フリーの仕事を搾取しながら、その何倍もの高給を稼ぐのです。こりゃ、テレビ番組も腐りますわ・・・。

 まあ、民放なんて基本的にはそんなものです。それだけに、ニュース23のような、少数の気骨ある番組のディレクターが、「タブー」を打ち破ってくれている姿には拍手を送りたいと思います。

  
 私は、林産物に関して一貫して関税を引き上げるべきだと論じてきました。学術論文でもそう書いてきましたし、このブログでもそう訴えてきました。そうした私の主張をブログで読んだということで、今年の6月なのですが、最近創刊されたばかりの環境月刊誌『オルタナ』(非常によい雑誌です)の編集部から電話があって、「輸入木材への関税を引き上げるべきだ」という私のコメントを今年の7月号の誌面に載せてくれました。時代が変化しつつあるのを実感したものでした。

 その雑誌の編集者の方は、私がこのブログでさんざん批判している某全国紙のワシントン特派員もやったことがある方でした。「アメリカにいた頃、取材で自由貿易についての批判的意見もずいぶんと聞いたが、とてもそれを紙面に載せられるような雰囲気ではなかった。○○新聞的にはありえない話だった」と正直に語ってくださいました。その新聞社をやめてフリーになってから、自由にものを考えられるようになり、自分も変わることができた、と言っておられたのが大変に印象的でした。それで、わざわざ私のコメントなど載せて下さったのでした。

 ちなみに、日本が輸入する外国産の丸太への関税は0%なのです。WTOにおいては、木材は工業製品と同等の扱いを義務付けられており、農業に許されている数十%程度の関税すら許されていません。こんなおかしい話はない。林産物のような自然資源は、工業製品とは別枠にして、自由貿易の対象から外し、持続性に配慮できるようにせよ、というのが私の持論です。

 皆さん、造林・育林の費用が全く必要とされない海外の原生林から乱伐されてやってくる天然材と、多大なコストをかけて40年以上も費やして育成された国産人工材を競争させるのが「公正」だと思いますか? 天然材と人工材を競争させることほど理不尽な話はないのです。
 せめて50%程度でもよいから関税をかけることが許されたら、日本の木材自給率は飛躍的に向上するでしょうし、木材価格が上昇して、日本の林業家は、伐採跡地の造林費用も払えないというほどに困窮することもなくなるのです。それは日本の森林環境にとっても、国外の天然林の保全のためにも、地球温暖化対策としても、非常に好ましいことなのです。
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 丸山茂徳氏の地球寒冷化論へ... | トップ | 今月号の『現代農業』に私の... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
丸太の関税0% (建築馬鹿)
2008-10-23 11:52:05
近頃、『代替案』ブログを発見して、楽しく、同感しつつ、読ませて頂いています。
自分は『地球に優しい住宅』を目標に住宅建築設計を30年以上続けてきました。その間、輸入木材による建築の普及が、我が国の林業、大工職人、その他多くの建築に携わる伝統技能者の衰退を招く原因である事を訴えてきました。しかし、問題が顕在化するたび、シックハウス、省エネ対策等、行政側の対応は、本質の原因対策を無視して、屋上屋を重ねる法令、条例等を追加して、大企業優先の方針を貫き通し財団法人の天下り組織を大量生産して来ました。
『日本が輸入する外国産の丸太への関税は0%なのです』そうなのです、林業家を守り、国土保全を優先するなら、『せめて50%程度でもよいから関税をかける』貴殿のおっしゃる通りなのです。
いい傾向ですね、しかし… (ふしぶじゑ(萩原))
2008-10-24 18:09:48
アジアの発展にはいっそうの自由貿易の推進が必要だと、麻生首相が北京で発言したと今日の昼のNHKニュースでやってました。

日本の権力中枢は「経団連重視の攻撃的保護主義」国をまだまだ続けていくつもりのようでw、この期に及んでも20世紀型モデルから脱皮しようようとしない時代錯誤ぶりにちょっと悲しくなりました。

関様のおっしられゃるような自由貿易の問題点が、もっと広く知られるようになるといいですね。
建築馬鹿さま、萩原さま (関)
2008-10-26 22:59:55
 励ましのコメントありがとうございました。

>その間、輸入木材による建築の普及が、我が国の林業、大工職人、その他多くの建築に携わる伝統技能者の衰退を

 本当にご指摘の通りかと存じます。アメリカの都合のよいように日本の建築基準を改悪されて、日本の家屋は耐用年数も短いヘッポコ・ハウスだらけになってしまいました。画一的で、景観にもなじまず、醜悪なことこの上ありませんね。
 
 今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。
オルタナ (モリー)
2008-10-29 20:47:24
こんにちは。
私はコンビニの24時間営業には反対です。
別にCO2とか難しい話ではなくて、コンビニが規制に反対しているというような論争がありますが、反対しているのは収益の減るコンビニ本部で、24時間営業をやめれるものならやめたいオーナーもいるようです、契約上、無理なようですが。コンビニの24時間営業を求めるのは我々の権利だ、という評論家も多数いますが、好きなときに好きなものを好きなだけ食べたい、などというのは大量消費経済システムとそれに伴う大量廃棄を是とすることです。それが今後の日本に許されるのか?先生はどうお考えですか?


http://www.alterna.co.jp/feature/010.html
モリーさま (関)
2008-10-30 12:20:44
 私も深夜営業の必要はないと思います。
 コンビニの深夜営業は犯罪防止に役立っているというのが有力な反論ですが、コンビニがなくなればそもそも真夜中に出歩く人自体がいなくなると思います。

 「午前帰りのお父さんたちにとって必要」という意見もあったりしますが、深夜になるまで残業させられている日本社会そのものが異常です。今後はそういう異常さそのものを無くしていかねばならないと思います。
 「なぜコンビニのみが標的に」という不満ももっともですので、ついでにテレビの深夜放送もなくした方がよいと思います。

 深夜に活動するライフスタイルそのものを見直し、スローライフ社会を実現するため、コンビニ業界のみならずテレビ局も協力すべきだと思います。

 しかし、以上の主張を学生たちに言うと、相当に評判わるいです。深夜のコンビニバイトは、勤労学生たちにとっては、美味しいバイト先ですので(バイト代が高い)…。
大いに賛同 (虚空蔵)
2008-10-31 19:34:21
だいぶ前からご意見読ませていただいてます。
難しいことは分かりませんが、関さんのおっしゃること大いに賛同いたします。
当方、関さんの出身地上田で、里山(太郎山~虚空蔵山)を何と復活させたいと本当に細々と活動しています。森林関係の情報発信もお願いしたいと思います。
益々のご活躍を。
虚空蔵さま (関)
2008-11-03 06:35:36
 はじめまして。大変に興味深いブログの紹介ありがとうございました。太郎山から虚空蔵山までの縦走コースを整備しておられるのですね。素晴らしい活動がと思いました。
 私も今から20年ほど前の高校生のとき太郎山から虚空蔵山頂を経て、村上義清の和合城まで縦走したことがありました。登山道が整備されていないので、トゲのある灌木などに行く手を阻まれ、最後には引っ掻き傷だらけになったのを思い出します。
 あそこの登山道が整備されれば、市民にとっては素晴らしいコースになると思います。眺望が素晴らしいですね。
 上田名物の天下の奇現象である「逆さ霧」が出たときにあそこを縦走してみたら、どのような眺めになるのでしょう? 一度やりたいのですが、いまだに出来ていません。

※ 全国の皆様、思いっきりローカルねネタですいません。
Re:関さま (虚空蔵)
2008-11-03 17:31:30
縦走路整備は今年で6年目です。一人の熱意ある行政マンと賛同する多くの市民で実りあるものになりました。県の助成でマップも作られ、いまでは県外からもトレッキングに訪れます。課題は継続させるマンパワーをどう維持するかです。
逆さ霧の中の縦走はさぞかし幻想的でしょう。
再度ローカルねたですみません。
虚空蔵さま (関)
2008-11-07 00:58:32
 今度帰省したら、ぜひ縦走コースを歩かせていただきます。20年前に道なき道を歩いたのを思い起こせば、感慨ひとしおかと思います。
 皆様のご努力に、本当に頭が下がります。やはり道は最初からあるものではなく、先人たちの苦難の上に形成されるものですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マスコミ問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

【世界同時食糧危機(1) アメリカ頼みの“食”が破綻する】おすすめ! (にほん民族解放戦線^o^)
今回は、今日(2008年10月21日。正確には10月22日)の深夜O時55分から放送される、NHKスペシャル【世界同時食糧危機(1) アメリカ頼みの“食”が破綻する】を紹介したい。 {/face_warai/}続きを読む前にクリックで応援おねがい!     ↓         ...
【食料問題】  なぜ、食料自給率が低いのか? キーワードは「1・8・15」 (本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい)
 穀物の高騰で、自給率が低いことが問題とされていますが、僕がたまにお邪魔するM&Sに参考になる記事が載ったので転載させて頂きます。
暴落の日々には (ほしあかりをさがせ)
こんな日には、心静かに古典に目を通したくなる(現実逃避、とも考えられる) バスティア著「ロウソク業者の請願」 「国家とは、誰もが他...
先人たちに感謝 (ラサ#lhasaのブログ)
左よりの人間は靖国に祀られた連中のせいで日本がひどい目にあったんだと思ってるんだろうが、逆なんだよな 政界なんかアメリカ、特亜のいずれかの売国奴ばっかりなのにまだ一応独立国として見られてるのは、特攻までして戦おうとした先人のおかげなんだよな日本をとこと...
隣国の情勢分析すらできない馬鹿政治家共 (ラサ#lhasaのブログ)
【ネ申】田母ネ申空幕長こそ次の総理に相応しい!http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1225458030/ 632 名前:ラサ ◆/qA26WorWM [] 投稿日:2008/11/04(火) 17:47:19 ID:NeBjXq/Jもうどいつもこいつも馬鹿ばっかりだな 俺は田母神の論文がすべて正しいとは思...
消費税増など許しません (ラサ#lhasaのブログ)
生活必需品は0%にする物品税導入が正しい 消費税増など必要ない     ←クリックしていただけるとうれしいです
田母神のみにあらず (ラサ#lhasaのブログ)
政治家による言論弾圧にあったのは田母神だけじゃないようだね 南京大虐殺を否定した者、核武装を主張した者も処分されるらしい まだ、あまり詳しくはわかってないが... 左よりの連中の言論弾圧はあまりにもひどいな... 俺も殺されないよう、注意しなきゃな