あらいぐま日記

広島大学アメリカンフットボール部ラクーンズの紹介です。

Raccoons 2016

 | Weblog
こんにちは。

Raccoons 2016の主将になりました#74 中島 良彰です。


今日12日に幹部交代式を行い、来年度Raccoons 2016の新幹部が決定しました。

主将:中島 良彰

副将:大田 恭介, 佐藤 崇之

よろしくお願いします。


11月1日の西南戦から少し経ちましたが、あの時の悔しさを忘れることが出来ません。この気持ちを晴らすためには、今年こそ九州の壁を越えていかなければなりません。そのためにこれから全力を尽くしていきたいと思います。


今年の目標は“平和台制覇” スローガンは“覚悟”です。


一昨年, 昨シーズンは共に平和台で負けてしまいました。中四国代表校となっても、次ですぐ負けてしまうようでは意味がありません。この状況を打開していくためにも、チームの一人一人が同じ "平和台制覇" という目的・目標を持ち、一丸となっていく必要があります。
先輩方が引退し、人数も少し減ってしまいました。しかしこの状況だからこそ上も下も関係なく"覚悟"を持って、Raccoonsというチームに存在していてほしいのです。フィールド上では年齢の差は関係ありません。アツい気持ちを持って、勝てるチームを作っていきたいと思います。

今年の負けを, 先輩方の気持ちを無駄にしたくはありません。負け続けるのは今年で終わりにしたいと思います。


最後になってしまいましたが部員を代表し、OBOG, 後援会の皆様, 今年度も本当に多くのご支援ご声援ありがとうございました。来年度Raccoons 2016では必ず平和台で勝利を収めたいと思います。これからもどうぞご支援ご声援よろしくお願いします。
コメント

4年間を終えて

 | Weblog
こんにちは
4回生マネージャー大薗です。
西条ではもうすでにコートを身につけなければならないくらいの寒さになってきました…
またあの痛いくらいの寒さがやってくると思うと恐ろしいです…

西南学院大学戦をもって、私たちの4年間の部活動生活は終わりとなりました。
あんなに当たり前のように毎回グラウンドに行っていた日々が突然なくなってしまうなんて、暇すぎてどうすればいいんだろう…と心配していたのですが、、、今までは見ないふりをしていた「卒業論文」という壁にぶつかっている毎日です。

この4年間の中には、辛いこともかなりあったはずなのに、今ふと振り返ってみると、浮かぶのは「本当にラクーンズに入ってよかった」という思いばかりです。
私がマネージャーとしてこのチームの一員となり、一番得だったな~と感じていることがあります。テーピングがうまくなったとかケガに詳しくなったとか体の大きい人に慣れたとかではありません。

マネージャーという立場で、一番近くで選手の喜ぶ姿、悔しがる姿、成長する姿を見れたこと、そして試合で勝利した瞬間のあの最高の雰囲気を、選手と同じように味わわせてもらったことです。
こんな思いは他の女子大生では絶対味わえないぞと、私の自慢です。
そんな経験をくれた選手のみんなには、心から感謝しています。

そしてそして、こんなに頼りない私を叱りつつも何度も助けてくれ、たくさん楽しい思いをさせてくれた同期にはさらに感謝です。
この13人だったからこその私の4年間でした。

ラクーンズに関わってくださるすべての皆様、いつでも私たちを温かく応援してくださり、ありがとうございます。わざわざ試合会場に足を運んでくださったり、応援メッセージを届けてくださったり、皆様のおかげで多くの人の支えがあってこそのラクーンズだということを常に感じることができました。ここまで多くの方が精力的に活動してくださっているチームもなかなかないのではないでしょうか。
本当に感謝しております。


ラクーンズ2015が始まってからこのあらいぐま日記を部員全員で順番に回してきましたが、私でとうとう最後です。
この先はOGとして、毎回の更新を楽しみに待ちつつ、何らかの形でラクーンズ2016を支えていけたらなと思います。
コメント

西南学院大学戦

 | Weblog
こんばんは、#67の小林です。

昨日、西南学院大学との西日本代表校決勝トーナメント一回戦が、福岡の平和台陸上競技場で行われました。

結果から申し上げますと、負けてしまいました。スコアは17対7でした。
前半は広島7対西南7、後半0対10と、本当に拮抗した試合展開となり、正直本当に悔しいです。

私たちraccoons2015は、去年の秋ホームで西南学院に敗れてから、「九州代表を倒して、東海に挑戦する」という強い気持ちで、雨の日も風の日も、練習し続けてきました。
しかし、東海挑戦という目標は叶いませんでした。

残された3年生以下は、なぜあと一歩のところで及ばなかったのか、真摯に向き合って考えなければなりません。そして、raccoons2016は九州代表に必ず雪辱を果たさなければなりません。私たちは、もう一度、チーム一丸となって目標に向かって突き進みます。

また、本日で引退となった四年生の方々、四年間本当にお疲れ様でした。先輩方が築き上げられた事を、しっかりと継承して次のシーズンにつなげます。先輩方の偉大で、本当に頼もしかった背中はずっと忘れません。

最後に、アウェーの福岡という遠方地にも関わらず、沢山の応援しに来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。
皆様の声援に、試合中何度も背中を押され、頑張ることができました。
Racoons2015は終わってしまいますが、これからもracoos2016を応援よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

コメント