九州大学山岳部 ブログ 「QUAC blog」

日々の活動、部員の声etc... QUACの日記です。

さよなら雷山 また来て井原?

2019年02月23日 | トレーニング
本日の歩荷は、花粉症荒木 & 花粉症もどき山村 & 花粉症?なにそれおいしいの?な児島 の3名でお送りします!
(残りの部員は太宰府の宝満山へ。しかし写真が一枚もない、ということなので割愛。)


まず一行が向かったのは、糸島市と佐賀市の境にある山「雷山」。水曜日時点での天気予報とは打って変わり、いい天気。
いつも通りポリタンクに水を汲み、各々重量を計ってから出発!


先頭をゆく児島のモチベーションは来年度へ向けての危機感。
体力作りのためにプロテインバーを2本食べるなど、栄養補給にも隙なしです。

続く山村、3月の一大イベント(詳細は後日)に向けて一心不乱に歩く。
現役部員の二枚看板、S賀 & I﨑も音を上げたというイベント、恐ろしい…。

そして荒木、彼女は約6時間にも及ぶ、天敵「花粉」との戦いを繰り広げることに…。
とめどなく溢れ出る鼻水、出そうで出ないくしゃみ。もはや歩荷どころではないがタオルを片手に頑張る…!


最初のピッチは登山口〜滝まで。
この滝、花粉が死ぬほど多いらしく、荒木は鼻に当てたタオルを動かすことができない。

2ピッチ目は滝〜上宮。
雪降る季節には一部登山道が凍結し、「恐怖のトラバース」を通過せねばならないことも…。通常時は高低差が少なく快適。

3ピッチ目は上宮〜雷山山頂。
傾斜も強く、山頂まででは一番しんどいところ。
苦しむ3年生荒木を尻目に、2年生コンビはガンガン高度を稼ぐ。対する荒木、鼻水に溺れながらも数分差で追いかけます。


そうこうしているうちに山頂。少しモヤがかかっているが暖かい日差しに癒される〜。

そのまま微睡みたいところではあったが10分程度で発つことに。


次なる目的地は井原山。糸島市にある標高983mほどの山。雷山から登って下ってを繰り返し、70〜90分程度。

まずは中間地点まで。
普段は35分でつけばまずまず。だが今回は、なぜか30分で到着。
歩荷がインフレする季節、みんなの足が不思議と軽くなるようです…。
少し休んだ後、いよいよ井原山へ。


降り注ぐ日差しと吹き抜ける風の中、時に滑り、時に立ち止まりながらも基本的になかなかいいペース。
山頂直下の登りで死にそうでしたが無事に到着。


実は今回、3年生にとって通常歩荷最終回でした。ということで記念に写真撮影。
2年前と(ほぼ)同じポーズ。



続いてインスタ用に一枚。




撮影終了後、来た道を引き返します。
花粉症勢にとってはアレルゲンに突っ込む自殺行為。
意味がわからん。
とはいえ帰らないわけにはいかんので帰路につきます。



雷山到着後、再び撮影会。

<荒木、現役最後の雷山歩荷記念で岩に登る>



<荒木 with 看板>



そしていい感じの雲が見えたので「インスタ映え」とやらに挑戦。
これ映えるのかな…。



水を捨てたら登山口まで1ピッチで下ります。
下りも速かったおかげでバスの時間にも余裕。


綺麗な花もありましたよ!



駐車場から家までの帰り道、自転車を漕いでいるといつの間にか鼻水が…。
花粉症もどきでもそうなるくらいですからね…。辛い季節になったもんです。




最後にいくつか告知!

まずは春合宿について。
春合宿は3月17日〜唐松岳八方尾根から五竜岳まで往復です!
晴れることを期待して練習に励みます!!


続いてホームページ関係。
現在ホームページをリニューアルしており、完成まであと一息です。
新歓情報も掲載予定!
3月上旬には公開する予定なので乞うご期待!



閲覧ありがとうございました!!

文責 山村








コメント   この記事についてブログを書く
« インドア練習報告&インスタ... | トップ |  春合宿へ向けてアイゼンクラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トレーニング」カテゴリの最新記事