Niwa niha Hana (庭には花)

Myガーデン(ベランダ)や花壇の花たちの写真です。

4/19 Myガーデンの挿し木の様子

2019年04月19日 | Myガーデン:お手入れ
挿し木の鉢が、たくさんあります。
2019/04/19

ツキヌキニンドウのツルが伸びてきたので はしご型の支柱を立てました。







ハゴロモジャスミンには蕾がついてますよ




マツバギクの挿し木が折れていたので、ヒペリカムの鉢に挿し直しました。


先日挿したばかりのレンギョウ、元気に育ってね。


めも:2019/04/19 CX2 で撮影

花が咲いている写真を見れば、育てる楽しみも増すというもの。(^o^ゞ;

ツキヌキニンドウの花
 ⇒ ツキヌキニンドウ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」


ハゴロモジャスミンの花 2016年04月27日
2016年04月27日

マツバギクの花 2013年04月14日 
2013年04月14日

レンギョウの花 2019年03月20日
2019年03月20日
コメント

3/16~24 ドラゴンフルーツのカットした茎を挿す

2019年03月24日 | Myガーデン:お手入れ
ドラゴンフルーツ 育成日記

2019/3/23
カットして乾かしていた茎を 同じ鉢の空いたところに挿しました。
寒さが戻ったので、また室内に置きます。





元気に 根付いてね!



    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2019/3/16
ドラゴンフルーツは、1鉢に2本あるんですが、
1本は根本から色が変わってしまった
上に引っ張ると すっと抜けました。 根がない! 
2つにカットして 元気な茎を 挿して見るつもり。


その前に切り口を乾かします。


こっちは元気!

めも:2019/03/16 CX2 で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

これまでの様子です。

2019年1月23日 ぐったり~。
⇒ Myブログ:ドラゴンフルーツの災難


元気だった頃 シャキッ
⇒ Myブログ:2018年11月12日



ドラゴンフルーツ、またはピタヤは、サボテン科ヒモサボテン属のサンカクサボテン等の果実を指す。
コメント

1/23 ドラゴンフルーツの災難

2019年01月23日 | Myガーデン:お手入れ
ベランダの隅に置いている ドラゴンフルーツの鉢。
他の鉢と一緒に 水やりをして育ててきました。

数日前 くったりしているのに気づき、びっくり o(*'o'*)o
慌てて室内に入れました。





調べると、寒いのに外に置いていたのが良くなかったらしい。
葉に赤いシミのようなものがでています。



朝日の当たる窓辺において しばらく様子を見ましょう。
傷んだ葉が回復しないようなら、その部分はカットでしょうか。
ごめんね。・・・
めも:2019/01/23 CX2 で撮影


元気だった頃 ⇒ Myブログ:2018年11月12日


冬越し ~ 寒さには弱く、3℃以下だと枯れてしまいます。霜が当たる環境の場合、室内で管理しましょう。

・・・ 冬は室内に取り込み日当たりの良い場所で8度以上で管理します。
品種や個体差もありますが、水を控えれば3℃くらいまで大丈夫です。
寒さで凍傷になると黄色くなって腐ったり赤い斑点が出ることがあります。
寒さで赤い斑点が出現
痛んだ場合は、腐った部分を切り落とします。切り落とした枝で健康な部分があれば挿し木にすれば助かります。
凍傷になったドラゴンフルーツの枝
寒さで腐った幹はぶよぶよになり触ると潰れてドロっとした液体が溶け出してきます。


参考
・  ドラゴンフルーツ tropikalfruit.net☆トロピカルフルーツネット
・ ドラゴンフルーツの育て方・栽培 | LOVEGREEN(ラブグリーン)






2018/11/12
コメント

1/20 春の寄せ植えをしましょう 2019

2019年01月21日 | Myガーデン:お手入れ
陽射しが暖かい午後、春の寄せ植えを作りましょう。

今年育ててみたいのは、ラナンキュラスです。
選んだのは、2つ
・ ピンクのグラデーションのラナンキュラスは、柔らかく華やかな印象。
・ 黄色の蕾がついたラナンキュラスは、これから茎が伸び花が咲くのが楽しみ。


買ってきた花苗を、色と形で組み合わせます。




鉢の底にネットを敷き、


鉢底石を入れます。


赤玉土と草花用培養土などに肥料を混ぜ、土を鉢に入れます。
 

さぁ 植え付けましょう。


寄せ植え鉢-L  完成でーす。
ピンクと白に黄色系をあわせた甘くキュートな鉢になりました。
ラナンキュラス(ピンク)、ネメシア(白)、ビオラ(橙色)、プリムラ・ジュリアン



もう一鉢 作ります。

寄せ植えばちに、苗のポットを並べて出来上がりを確認。


ビオラの鉢から1株抜いてこちらへ (GCビオラ2018


寄せ植え鉢-H  完成でーす。
落ち着いた紫系の鉢はシックね。
ラナンキュラス(黄色)、プリムラ・マラコイデスハボタン、ビオラ(紫)、ネメシア (薄紫)





黄色のラナンキュラスが伸びて咲いたら、ガラッと印象が変わるかも!


ラナンキュラスの説明



めも:2019/01/20 CX2 で撮影


ネメシア《ネシア》
通常のネメシアより大きな花弁で、人目をひくシックで印象的な花色が特徴的なネメシアのシリーズ。
コンパクトな性質で、間延びせずにいつまでも綺麗な草姿を保ち続ける。
寒さに強く色幅が豊富なので、秋~春の花壇や寄せ植えの材料にとても重宝される。

コメント

9/24 ベランダの若木は何?

2018年09月24日 | Myガーデン:お手入れ
Myガーデンにある「なんでも挿し木の鉢」では、明るい緑の葉がすくすく伸びています。

これは、何の木でしょうか? 『葉軸に翼がある』のが特徴的です。

似たようなのを見たことあるけど なんだたっけ・・・。

最初、「ヌルデ」かと思ってこの記事を書いたんですけど、
蟹さんからコメントがあって、葉先が丸いのでヌルデとは違うのでは? とのこと。

『葉軸に翼』で検索しても わかりません。

・ シナサワグルミはどうでしょうか?














めも:2018/09/24 CX2 で撮影


大きくなりそうだし、ウルシの仲間かもしれません・・・。
このまま育てるわけにはいかないので、捨てることにしました。
根はまだ短く 簡単に抜けましたよ。 ♪(^_^) /~~~

・・・捨てずに育てれば、花が咲いて 何かわかったかも。 o(*'o'*)o


・ シナサワグルミは、クルミ科の植物の1種。 別名は カンポウフウ、カンベイジュ。
  たいてい偶数羽状複葉で、葉軸に翼が付いている。
 → シナサワグルミの羽状複葉について 道草

・ ヌルデ 【学名】 Rhus javanica var.roxburghii   ウルシ科ウルシ属  
 別名 フシノキ。 互生、奇数羽状複葉、葉軸に翼があります

ヌルデなら ウルシの仲間だから 紅葉がきれいだけど、運が悪いとかぶれることも。!!(>д<)ノ
そんな木を挿し木するはずないですけど。

 ⇒ ヌルデ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

参考 → ヌルデ 花盗人の花日記
コメント (2)

8/30 寄せ植え鉢-L植替えなど

2018年08月31日 | Myガーデン:お手入れ

寄せ植え鉢-L は、ちょっと見栄えが悪くなりました。

花の咲いた苗を買ってきて植替えます。

抜いたニチニチソウを、アサガオC へ移動しました。
 ⇒ Myブログ:8/30 アサガオ鉢に追加

ブルーサルビアは抜こうとしたら、根元から茎が折れました。
根が張っていて、抜くのは一苦労、周りの根を傷つけていないといいのだけれど。

空いたところへ、植えるのは2つ

白い花が咲いたニチニチソウ




黄色い花のメランポジウム (メランポジューム)


この前植えた「セロシア スマートルックレッド」(ケイトウ)


出来上がり!


ペンタスがすごく元気できれい



メランポジュームは、買ってきたものの何かわからず・・・。
『黄色の花 夏』でGoogle画像検索したら、即わかりました。

メランポジューム キク科 / メランポジウム属 学名:Melampodium divaricatum(M. paludosum)
その他の名前:メランポディウム

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

寄せ植え鉢-B (モミジバゼラニウム・ローズマリー)

薄いピンクのゼラニウムの鉢






寄せ植え鉢-A 真っ赤なゼラニウムが咲きました。


ズームで見てみましょう!



素焼き鉢-M1
いろんな植物が育っています。


アベリアの花




多肉植物の鉢-A は、変化なさそう。


めも:2018/08/30 CX2 で撮影


コメント

8/13 寄せ植え鉢-L セロシアに植え替えました

2018年08月13日 | Myガーデン:お手入れ
寄せ植え鉢-L は、鉢を作って3か月。
イソトマが伸びすぎて、見栄えが悪くなりました。
別のものに植え替えましょう!

8/13 買ってきたのは、真っ赤な 「セロシア スマートルックレッド」


植え替えました。


フラッシュ撮影


フラッシュなしで撮影


出来上がり、イソトマとは全く違った雰囲気になりました


ブルーサルビアが気になりますが・・・、・。

「セロシア スマートルック」の説明

めも:2018/08/13 CX2 で撮影


セロシア スマートルックレッド Celosia argentea ヒユ科ケイトウ属の非耐寒性の一年草
 ケイトウ(鶏頭)


セロシア スマートルックレッド ~ 旬なお花と電算室のおやじ
コメント

3/22 挿し木の植え替え

2018年03月25日 | Myガーデン:お手入れ

去年テキトーに挿し木していたものが、
しっかり根付いて窮屈そう。
暖かくなって大きく育つ前に、植え替えます。

たぶん アジサイ。(アジサイD)


これは? (アジサイC)


整理してすっきりした元の挿し木のプランター。(アジサイB、アジサイE)


めも:2018/03/22 CX2 で撮影

コメント

1/4 ハイビスカスを植替え

2018年01月04日 | Myガーデン:お手入れ
ハイビスカス 真冬のこんな時期に、植え替え?

でも、ハイビスカスの鉢は、一緒に植えていたトウガラシの根がびっしり這って、すっかり根詰まり。
このまま枯れるんじゃないかと、ダメもとで 新しい鉢に植え替えます。
一回り大きな鉢を用意し、ネットを敷いて鉢底石を少し入れ、赤玉土と肥料少し。
ハイビスカスは、根についた土を落とさないように注意して 植えつけます。





一見枯れた葉と枝、これじゃ寂しいので、別の鉢のヒメツルソバを端に少し植えました。
花が咲いていると水やり忘れないからね。



    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ついでに、ミントリーフやアイビーも新しい鉢に植え替えました。




めも:2018/01/04 CX2 で撮影


ひと月前の様子 ハイビスカスとトウガラシ
 ⇒ Myブログ:イチョウが黄葉したMyガーデン 2017年12月04日 | Myガーデン



夏に咲いたハイビスカスの花
 ⇒ Myブログ:ハイビスカスが咲いたよ 2017年07月02日 | Myガーデン



コメント

9/27 旅行前のベランダ

2017年09月27日 | Myガーデン:お手入れ
9/27 旅行に行く朝の、ベランダの様子です。

受け皿に 水を張ったのは、
イチョウ、トウガラシとハイビスカス。 モミジ




全部の鉢に たっぷり水やりします。 

花盛りの寄せ植え鉢は どうなるかしら?






挿し木から育てたアベリアの花。


ベランダの外寄りに並べて 雨が当たりやすいようにします。


鉢を重ねて 土面が乾きにくくしました。シソは終わりになってもいいかな。


終わっちゃってもいい フウセンカズラとアサガオ


みんな元気でね!


めも:2017/09/27 RICOH PX で撮影

コメント

9/18、9/25 アサガオ、フウセンカズラ、オシロイバナの種を採取

2017年09月25日 | Myガーデン:お手入れ
2017_アサガオ シリーズ

アサガオの種は茶色になって 弾けそうです。

色を混ぜないように 1種類ずつ分けて採取し、乾燥させて補完しましょう。

薄紫のアサガオ、たくさん咲いたので 種もたくさん。




薄いピンクや 濃い紫の花の種は もう少し後で。


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

フウセンカズラの実は 茶色になっています。
実を摘んで種を採取しましょう。
実といっても、中は空間で、小さな種が入っているだけ。
果肉みたいなのはありません。まさに 風船~。



模様が面白いんですよね。

めも:2017/09/18 CX2 で撮影


未だ緑色の実の中を開いてみました。


鞘にくっついたところが 白いハートマーク 



めも:2017/09/25 CX2 で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

オシロイバナの種は、丸く大きめです。


落ちたらコロコロっと どこかへ転がっていきそう。



めも:2017/09/24 CX2 で撮影


コメント (2)

9/21 ベランダの草木のお手入れ、がんばる!

2017年09月22日 | Myガーデン:お手入れ
2017/9/21 ベランダの花の水やりをしているうちに、草花の整理を始めたら止まらない。 



 挿し木からすくすく伸びている枝(茎)の上部を切り戻す。(秋から来年に備えて)
・ ベロニカグレース 何本も挿してつきました。花は来年?
・ ハクチョウゲ 元気に育っています。 → 2017/5/25の様子
・ マーガレット これから咲くかも? → 2017/6/11の様子
・ ハイビスカス 3つ咲いてそれっきり。すぐ水切れするし~ → 2017/7/3の様子
・ キンカン 元気いっぱい! → 2017/7/18の様子


 木質化していない茎を 新たに挿し木する。
・ ゼラニウム 今咲いているのは そのまま。 → 2017/9/7の様子
・ ペラルゴニウム 徒長して風で倒れそう! → 2017/5/25の様子

 徒長した茎をカット。
・ ツルニチニチソウ → 2017/6/13の様子
・ アイビー
・ ヒメツルソバ 少しだけ咲き伸び放題。
・ ペラペラヨメナ 少しだけ咲きました。

・ ミントリーフ(プレクトランサス・ミントリーフ) 斑入りの葉 → 2017/7/18の様子

 ついでに 小さな鉢植えにしている イチョウの先端も カット。(いいのか悪いのかは不明) → 2017/7/18の様子


 イチゴは、花が咲いて 実もなっているけれど、
 葉が茂りすぎ、一部虫食いもあったので、思い切って葉をカットした。 → 2017/9/7の様子 



 今年残念だった ツユクサ 
青い花、白い花、大きい葉のツユクサなどいろんな種類を挿したら、茂るだけ茂って ほとんど咲かなかった・・・。
むかつく~~、全部抜いた。
唯一咲いたとき ⇒ Myブログ:7/9 ツユクサの白い花
 

ベランダを掃除して、枯れ葉なども合わせると ゴミ袋いっぱい。 
おかげで、すっきりしました。
コメント

6/13 Myガーデンにやってきたモミジとイチョウなど

2017年06月14日 | Myガーデン:お手入れ
6/13 Myガーデンにやってきた

モミジの赤ちゃん





イチョウは2本





シソは、毎日食べますよ!



その前にもらった斑入りのツルニチニチソウ


グレコマ



八重のドクダミ は、まだ植えていない



ずっと前にもらった ハイビスカス


蕾が!



めも:2017/06/13 CX2 で撮影

コメント

すぐ萎れるアジサイに腰水

2017年06月04日 | Myガーデン:お手入れ
アジサイの季節、
どこを歩いてもきれいな花を見かけるようになりました。

Myガーデンにもアジサイがあればいいなと、
これまで何度も挿し木したけれど、うまくいかなくって・・・。

去年、3本挿し木をしたら 1本が無事に育っています。(アジサイA2017

2016/10/16  ・  2017/03/05  ・  2017/04/19
  

5月になり、蕾がついて、感激! 5/3

  

5月後半には、ずいぶん花が大きくなりました。
2017/05/25
 

色は 淡いグリーンから白へ そして少しピンクと わずかに変化。
5/27    6/2
 

毎日とっても楽しみなんですが、
このところ日差しが強くなったせいか 気づくと水切れ・・・。



水をやってしばらくすれば元に戻るけれど、
これって 当のアジサイにとっては すごいストレスのはず。
特に Myガーデンのアジサイの鉢は、
鉢底石が多いのか すごく排水がよく保水しないんです。

そこで、6/3 「腰水」っていうのをやってみました。





2つ目の蕾もついています!

めも:2017/06/03 CX2 で撮影


腰水効果でしょうか、翌日はすごく元気です!
(まだ真夏じゃないので、夕方から翌朝は水から出しています)


◆ 本:NHK趣味の園芸 2017年6月号 ~ Myブログ「ベルルの欲しいなブログ」

アジサイは 普通挿し木で増やします。
・ アジサイの管理方法を教えて下さい。 ~ Yahoo!知恵袋
・ アジサイの挿し木 成功方法まとめ ~ 明日屋
 
アジサイの種類はたくさんあるといいますが、違う品種(違う色とか)を作るのはどうやるのでしょう。
・ あじさいって種がないですね、どうやって繁殖するんですか?
・ アジサイの交配 ROKA BLOG
新しい花の品種の種を生み出すブリーダーの日記
・ 2016-06-11 アジサイの交配 ~ ふじたまの日々
 
コメント

ネメシアメロウ:Myガーデンの育て方メモ

2017年06月02日 | Myガーデン:お手入れ
6/2 Myガーデンで元気に咲いている花 「メネシアメロウ サクラチーク」
少し徒長して花つきが悪くなった気がするので、もう終わりかも。 o(*'o'*)o
寄せ植え鉢から抜いて ほかの花と交換しようかなぁ。

これまでの様子 ⇒ Myブログ:メネシアメロウ

2017/04/24 寄せ植え鉢-H


2017/02/23 寄せ植え鉢-H


一応 管理の仕方を調べました。
てっきり 冬から春の花かと思ったら、これからが見ごろらしい。
そこで、切り戻しをし、寄せ植え鉢全体を植え替えるときに
メネシアメロウだけ ポットの移して夏越しさせようと思います。
 ネメシアメロウの育て方 - ガーデニング花図鑑
 ネメシアメロウは多年草・宿根ネメシアの園芸品種。
 春から秋に掛けて花が咲きます。かわいらしくて小さな花が面白いように大量に咲きます。
 
 ネメシアは茎の全ての節から脇芽が出る可能性がある。
 
 夏は風通しのよい半日陰か日陰へ
  ネメシアメロウは夏の高温多湿に弱く、そのまま日当たりで管理していると弱ってきます。
  そこで、夏か梅雨前に切り戻しをして風通しのよい半日陰か日陰に移動させておきます。
  夏をうまく越せれば、秋にまた花が咲きます。


Myガーデンの メネシア を探しましょう!
どれも 宿根と言いながら ワンシーズンで おしまいのようですね。

2016/01/23 宿根メネシア 寄せ植え鉢-L
 
  
2009/12/22 メネシアメロウ プランターC0912
 

キーワード : ミニ知識・育て方


コメント