れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

センボンヤリ(千本槍)

2019-03-20 04:11:58 | 野の花日記

センボンヤリ(千本槍)
<キク科センボンヤリ属>
丘陵や日当たりの良い所に生え、
春にタンポポを小さくしたような花が開く。


舌状花の花弁の裏は紫色で、葉の表面に白い毛が密生する。

春と秋に花が咲くが、花の姿は異なる。

まだ、咲いたばかりの花。

下は秋に咲く閉鎖花で、
綿毛に種をたくさんつけ、茎が高く伸びる。

名前の由来は、
伸びた姿が槍を何本もたてたようだから、
または開いた綿毛が大名行列の毛槍ににていることから
この名がある。



 

コメント

アブラチャン(油瀝青)の花

2019-03-19 08:10:17 | 木の花

アブラチャン(油瀝青)の花
<クスノキ科シロモジ属>
各地の山野に生える落葉低木または小高木。
樹皮は灰褐色で小さな皮目が多い。

葉は互生し、長さ4~9センチの卵形または楕円形で先が尖り、
基部は広い楔形。葉柄は赤みを帯びる。



葉に先立って淡黄色の小さな花を散形状につける。
雌雄異株。

総苞片は褐紫色で普通4個あり、
雄花序は3~5個の雄花がつき、雄花には花被片が6個、
雄しべが9個ある。

雌花序には3~4個の雌花がつき、
雌花には花被片が6個、葯の無い仮雄しべが9個、
雌しべが1個ある。(本当は全然わからない・・)

球形の花芽

若い実

まだ、雄花と雌花の区別がついておりません。
今度、見た時は分かるようにしたいと思っています。

 

 


 


 

コメント

ユリワサビ(百合山葵)

2019-03-18 05:37:56 | 野の花日記

ユリワサビ(百合山葵)
<アブラナ科ワサビ属>
葉をもむとワサビの香りがあり、
冬に百合根に似た小さな球根を作ることから、
この名がある。

早春の低山の谷沿いで、
白く清楚な花弁が4枚付く十字型の花を咲かせる。

この花に会いたくて、
観察会の帰りに谷沿いを降りて行ったら、
川の向こう岸に咲いていた。
小さな流れだったので、石を伝って向こう岸まで行き、
写真が撮れました。

花の直径は1センチ弱。
茎は地を這い、途中から斜めに立ち上がる。

茎につく葉は小さく、
茎の根元からでる葉は直径2~5センチで長い葉柄がある。

葉を齧るとわずかにワサビの味と香りがあります。


 

 


 

コメント

セントウソウ(仙洞草)

2019-03-17 06:41:00 | 野の花

 セントウソウ(仙洞草)
<せり科セントウソウ属>
日本の固有種で全国に広く分布。


半日蔭でも育ち、早春の林の陰などで、
小さな花咲かせる。

葉は殆ど根生し、長い柄のある2回3出複葉。

小葉は卵形で、鈍鋸歯がある。
葉の間から複散形花序を出す。

小散形花序は5~10個の小さな白色の花をつける。
花序は5個で内側に曲がる

雄しべが直立する小さな可愛い花です。

 

 

 

コメント (3)

シデコブシ(四手辛夷)?

2019-03-16 06:45:56 | 木の花

シデコブシ(四手辛夷)?
<モクレン科モクレン属>

低山~丘陵地の湿地周辺に見られる落葉低木または、
小高木。

花の色は白または淡い紅色で、
細長いリボン状の花びら(花被片)を12~18枚
外向きにつける。

葉が出る前に花が咲き、
径7~10センチほどで白または、淡い紅色。

花弁が12枚から24枚あり、長さ5~10センチ、
幅0,7~1,2センチで波打つ・とあるが、
この花は波打つてないので、ちょっと疑問に思います。
園芸品かもしれません。

花芽は葉芽よりも数倍大きく銀白色の長い軟毛に覆われます。

花の形が玉串や注連縄(しめなわ)につける四手に
似る事からこの名がある。

この花のようなものもシデコブシと言うものもありましたが、

☆花びらのしわが無いので自信がありません。(-"-)

 

 

 

コメント

コブシ(辛夷)

2019-03-15 05:10:45 | 木の花

コブシ(辛夷)
<モクレン科モクレン属>
山野に生える落葉小高木。
早春に他の木々に先駆けて白い花をつける。

日中に暖かい日が続き、一気に咲きだした。
枝先に直径6~10センチの芳香のある白い花を咲かせる。

花の下に葉が一枚つくので、
ハクモクレンやタムシバと区別がつく。
(この画像ではよく見えないが探すと、
小さな緑色の若葉がついているものが見られます。)

花弁は6個で基部はほんのり紅色を帯びる。
萼片は3個で小さい。

蕾や果実の形が握り拳に似る事からこの名があります。
別名 田打ち桜

 

コメント

ミスミソウ(三角草)またはユキワリソウ(雪割草)

2019-03-14 04:57:30 | 野の花日記

ミスミソウ(三角草)またはユキワリソウ(雪割草)
<キンポウゲ科ミスミソウ属>
落葉広葉樹林内などに生える高さ5~10センチの多年草。
雪の下でも常緑であることからユキワリソウ(雪割草)とも言う。


図鑑には葉が常緑と、あるが・
花が先に咲いてるものが多いし、
気温が低い時には、葉も凍って痛んでいることが多いと思う。

ミスミソウの葉も寒さで痛みます。
葉は根生し、長い柄がある。
基部は心形で長さ2~3センチ、幅3~5センチあり、
3裂する。裂片は全縁で先端はとがる。
葉質はやや厚くつやがあり、
裏面や葉柄には長い毛がある。

早春、白色または淡紫色、紅色の1~1,5センチの花をつける。

 

萼片は花びら状で6~9個あり、花弁は無い。

和名は三角草(ミスミソウ)で、
葉の形に寄る。



ユキワリソウ(雪割草)の名はまだ雪の残っている頃に、
花を咲かせることに寄る。

 

 


 






 

コメント (2)

ザゼンソウ(座禅草)

2019-03-13 05:44:56 | 野の花日記

ザゼンソウ(座禅草)
<サトイモ科ザゼンソウ属>
花は葉がでないうちに咲き、
長さ20センチほどの仏像の光背に似た、
仏円苞に包まれ、悪臭がある。

これは、色抜けした緑色のザゼンソウ(座禅草)
アオザゼンソウとも呼ばれるらしい。

花の姿を座禅を組んだ達磨太子に見立てた
名前。

低山や亜高山帯の林下や水湿地にはえ、
花茎は高さ10~20センチになる多年草。

ミズバショウより先に雪解けとともに咲きだす。
肉質で先は固く尖り、前方に曲がる。
仏炎苞の内側は温度が高く匂いで虫を呼び、
受粉させる。


 


 


 

コメント (1)

ヒロハアマナ(広葉甘菜)

2019-03-12 07:39:58 | 野の花日記

ヒロハアマナ(広葉甘菜)
<ユリ科カタクリ属>
山麓や野原、土手などに生える多年草。
葉は線形。

アマナとは、葉に違いがあり、
幅が広く7~15ミリあり、やや暗い緑色で
☆中央に幅広く1本の白い線が入る。

この日は朝は音を立てて雨が降っていたが、
11時頃には雨も上がり、
日差しが明るく照りだしたので、
曇りだと花を開かない花だが、
少しづつ開きだしていた。

葉の長さは約30センチ。
花茎の先に、白色で広い鐘形の花を1個付ける。

牧野庭園ではすでにユキワリイチゲは終わりを迎えていたが、
これから、このヒロハアマナが群生して見事です。



花被片は5枚。花弁は6個、雄しべは6個。
花茎の途中に3アマナは2個の苞葉をつけ、
ヒロハアマナは3個の苞葉をつける。
鱗茎にほのかな甘みがあることから甘菜の名がある。

陽が差せば・上を向いて咲いているはずです。
昨日、現在のヒロハアマナでした。

 

 

 

 

コメント

ショウジョウバカマ(猩々袴)

2019-03-11 05:27:09 | 野の花日記

ショウジョウバカマ(猩々袴)
<ユリ科ショウジョウバカマ属>
山野のやや湿ったところや渓谷沿いに生える多年草。
根生葉は多数つき、
倒披針形で長さ7~20センチ、幅1,5~4センチあり、
冬も狩れずに残る。

まだ咲いたばかりのショウジョウバカマ。
根生葉の間から高さ10~20センチの花茎が立つ。

花被片は6個あり、
線状倒披針形で長さ1センチほど。

花の色は淡緑色から濃紅色まだ変化が多い。

上は白色のもの。

雄しべは6個、
花糸は花被片と同じかやや長い。
花が終わると花茎が伸び、30~40センチほどになる。
花被片も緑色になって残るのだそうだ。
子房は円形だが蒴果になると、3つに深くくびれる。

和名は猩々袴で、
花の色を猩々に、下の根生葉を袴に見立てた。

 

 

コメント