Niwa niha Hana (庭には花)

Myガーデン(ベランダ)や花壇の花たちの写真です。

夏のMyガーデン日記

Myガーデン 2020年の ゴーヤ ・ アサガオ ・ ブルーベリー ・ フウセンカズラ ・ アジサイ ・ MyGムクゲ ・ 2020夏の寄せ植え鉢

10/5 木場公園の「都市緑化植物園」

2019年10月05日 | 花と緑に会いに行く
木場公園の「都市緑化植物園」 へ行きました。
土曜日は 樹木の剪定や お花のお手入れの最中ですが、
花壇の花を見て回ることもできます。

季節の花やハーブ園を楽しみました。

「都市緑化植物園」入口


ハンギングバスケットがお出迎え


コスモスが花盛り


コキアが色づく花壇


ハーブ園


アメジストセージが青空に映える


花壇の風景


<初めて名前がわかった花>
ムラサキバレンギク


ツルバキア


トウガラシブラックパール


アゲラタム


外来植物園の コガネタヌキマメ


樹木の剪定作業


丸く刈り込まれた灌木の生け垣


めも:2019/10/05 CX2 で撮影

詳細は、こちらをご覧ください。(シリーズを順次公開中)
 ⇒ 20191005_木場公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

この後は、木場公園のイベントでブルーベリーの苗木を貰います。
 ⇒ 「木と暮らしのふれあい展」へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
コメント

7/29 50年に一回のリュウゼツランの開花を見に行こう

2019年07月29日 | 花と緑に会いに行く
珍しい花、「アオノリュウゼツラン」の花を見に行きました。
2019/7/29 未だ咲いています。
興味がある方は、カメラや双眼鏡を持って 日比谷公園へ GO!

詳細はこちらを見てね!
 ⇒ 7/29 リュウゼツランが咲いています。ペリカン噴水:日比谷公園 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

7/17に日比谷公園に行ったら奇妙なものを見つけました。
リュウゼツラン(アオノリュウゼツラン)の花です。

公園のスタッフの方に聞いたら まだ蕾だそうです。
(クリックで拡大します)
  

詳細はこちら
 ⇒ 7/17 リュウゼツランの蕾とペリカン噴水:日比谷公園 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

えっこれって!! 2015年に「深川ギャザリア」で 偶然見た花と同じ種類の花じゃないですか。
たしか・・・。
『数十年をかけ成長したのち1度だけ花を咲かせ枯死してしまう』
 ⇒ アオノリュウゼツランの花 2015年05月05日 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

それが、今度は日比谷公園で また見られるのね! ラッキー

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

7/29 待ちに待った開花を見に行きました。






詳細はこちらを見てね!
 ⇒ 7/29 リュウゼツランが咲いています。ペリカン噴水:日比谷公園 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

 ⇒ アオノリュウゼツラン ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

「リュウゼツラン」(竜舌蘭、Agave、アガヴェあるいはアガベ)
  クサスギカズラ科 (または アスパラガス科、キジカクシ科) リュウゼツラン属

アオノリュウゼツラン
 → Wikipedia

おまけ 
・ キジカクシ科(クサスギカズラ科) Asparagaceae 索引
 ~ APG分類体系のキジカクシ科は、エングラー分類体系のユリ科、リュウゼツラン科、それぞれの一部から構成される。
   世界に128属、2,900種以上が知られ、日本には12属、47種が自生する。
   クサスギカズラ科とすることもあるが、日本植物分類学会による標準和名はキジカクシ科である。

・ キジカクシ科 - Wikipedia

・ クサスギカズラ科 ~ 新エングラー体系のユリ科を再編して誕生した科の1つで、スズラン科、ヒアシンス科、リュウゼツラン科などをさらに分離させることもある。
・ クサスギカズラ属 - Wikipedia ~ クサスギカズラ属 Asparagusは、キジカクシ科に属する植物の1群。
 

コメント (2)

5/18 代々木公園のバラ園を訪ねて

2019年05月18日 | 花と緑に会いに行く
5/18 NHK交響楽団定期コンサートを聴きに NHKホールへ
 ⇒ 2019年5月N響定期はネーメ・ヤルヴィ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

今は薔薇(バラ) の季節、早めに出かければ 代々木公園のバラを楽しめます。

代々木公園、入ってすぐはバラはありません。人ばかり (^o^ゞ;

目指すのは、バラのアーチ


一重の花『カクテル』がアーチに咲く


大輪の花 『羽衣』 上品な薄ピンクの花びらの陰影


大輪の花 『新雪』 あくまでも白い


小ぶりの花 『ラベンダー・ドリーム』


近寄って見ましょう、かわいい!


大輪の花 『ヘンリーフォンダ』 黄色が鮮やか


これも大輪の黄色い花 『エバーゴールド』 


『チョコレートサンデー』 


確かにチョコレート色だけど シックな花は名前とそぐわないかも。


『アンジェラ』の咲く風景


小ぶりの花 『アンジェラ』 これだけ咲くなら育てたい。(^o^ゞ;


薄緑色の蕾が開きかけ


これは、もっと個性的


『ピンクメイディランド』 可愛らしい一重


『ツル・ブルーバユー』 最後を飾るブルーの大輪の花


バラ園の風景 オレンジ色のバラもステキね。


忘れちゃいけない小さな花のバラ


大勢の人が楽しそうな代々木公園


めも:2019/05/18 CX2 で撮影


これまでの代々木公園の薔薇です。
 ・ 2017年05月20日 代々木公園のバラ園を歩く
 ・ 2012年10月20日 代々木公園のバラ 2012秋
 ・ 2012年5月19日  代々木公園のバラ園で 

まとめもどうぞ
 ⇒ Myブログ:バラの花の写真のまとめ
 
コメント

3/24 公園の春の花たち

2019年03月25日 | 花と緑に会いに行く
3/24 木場公園の春の花たちの写真が届きました。

はっと目を引くのは、ハナカイドウの花





キブシの花が垂れ下がっています。


キブシのピンクの花は 初めて!





アネモネの鮮やかなブルーの花



ジャノメエリカは、超 満開~~。


ズームで見てみましょう!


白い花が空に浮いています。


コブシの花です。


めも:2019/03/24 Cybershot DSC-HX5V で撮影

・ アネモネはキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

・ キブシ(木五倍子、学名:Stachyurus praecox)
キブシ科キブシ属に属する雌雄異株の落葉低木。 別名、キフジ
こちらも見てね ⇒ キブシ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
コメント (2)

10/20 代々木公園の秋のバラ

2018年10月20日 | 花と緑に会いに行く
NHKホールへ行く前に 代々木公園へ。


秋のバラは咲いているかしら。



深紅のバラ







白いバラ







ピンクのバラ





黄色のバラ





紫のバラ


めも:2018/10/20 SW001SH で撮影

この後は、コンサートへ
 ⇒ 9月N響定期は「ロンドン」と「巨人」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
コメント

10/9 シソ科の花はイヌコウジュ

2018年10月18日 | 花と緑に会いに行く
遺跡庭園 縄文の村 自然観察会 の後 もう一度行きました。

シソ科の花のようですが、何でしょう?
わかりました!「イヌコウジュ」だそうです。
平家蟹さんが教えてくださいました。ありがとうございます。







こんなところに生えていました。


めも:2018/10/09 CX2 で撮影

イヌコウジュ. 学名, Mosla punctulata. 別名. 犬刀香需, 分類, シソ科イヌコウジュ属 (一年草).
香需は生薬名で、香りのある草の意。香りが弱く全体に毛が多いのでイヌがついた。

・ 花盗人の花日記(平家蟹さん)のイヌコウジュ

参考 イヌコウジュとヒメジソ - チューメイくんの田舎ぐらし

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

10/6 午前は 遺跡庭園 縄文の村 自然観察会
 ⇒ 20181006_自然観察会シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
10/6 観察会の後、午後は 「琥珀の勾玉づくり」教室です。
 ⇒ コハク勾玉作り教室に参加したよ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

・ 東京都埋蔵文化財センターの企画展示
 平成30年度企画展示 『蒼海(うみ)わたる人々 考古学から見たとうきょうの島々』
 平成30年3月21日(祝)~平成31年3月10日(日)

2018年4月の観察会も見てね
 ⇒ 東京都埋蔵文化財センターで縄文体験 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 春に会った植物に再会したい ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
 
コメント (2)

10/9 黒い小さな実?これもクスノキ科?

2018年10月09日 | 花と緑に会いに行く
遺跡庭園 縄文の村 自然観察会 の後 もう一度行きました。

これは何の木でしょう? 
クスノキ科の何からしいです。



クスノキに似ているけれど、もっと葉が大きい。


黒い小さいのは、クスノキの実にしては小さく萎びたよう。


これは、先端の新芽?


めも:2018/10/09 CX2 で撮影


10/6 午前は 遺跡庭園 縄文の村 自然観察会
 ⇒ 20181006_自然観察会シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
10/6 観察会の後、午後は 「琥珀の勾玉づくり」教室です。
 ⇒ コハク勾玉作り教室に参加したよ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

・ 東京都埋蔵文化財センターの企画展示
 平成30年度企画展示 『蒼海(うみ)わたる人々 考古学から見たとうきょうの島々』
 平成30年3月21日(祝)~平成31年3月10日(日)

2018年4月の観察会も見てね
 ⇒ 東京都埋蔵文化財センターで縄文体験 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 春に会った植物に再会したい ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
 
コメント

10/9 とがった葉はクスノキ科の木

2018年10月09日 | 花と緑に会いに行く
遺跡庭園 縄文の村 自然観察会の後、もう一度行きました。

とがった葉は何の木でしょう?
クスノキ科のようです。
蟹さん、なつみかんさんが教えてくださいました。
ありがとうございます。

クスノキは、身近に会ってよく知っているつもりでしたが、
こんな小さめの木では 樹形も違うので わかりませんでした。





茎の様子です。


新芽?


めも:2018/10/09 CX2 で撮影


10/6 午前は 遺跡庭園 縄文の村 自然観察会
 ⇒ 20181006_自然観察会シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
10/6 観察会の後、午後は 「琥珀の勾玉づくり」教室です。
 ⇒ コハク勾玉作り教室に参加したよ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

・ 東京都埋蔵文化財センターの企画展示
 平成30年度企画展示 『蒼海(うみ)わたる人々 考古学から見たとうきょうの島々』
 平成30年3月21日(祝)~平成31年3月10日(日)

2018年4月の観察会も見てね
 ⇒ 東京都埋蔵文化財センターで縄文体験 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 春に会った植物に再会したい ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
 
コメント (4)

ロータス・ヒルスタス【ブリムストーン】と分かりました。

2018年04月06日 | 花と緑に会いに行く
お花見に行った公園の花壇で、
奇妙な花を 見つけました。 なんでしょう?

淡いクリーム色のこれは花?

わかりました! ロータス・ヒルスタス【ブリムストーン】
nakimoさん が教えてくださいました。ありがとうございます。

単純にロータス・ブリムストーンとも呼ばれるそうです。

クリーム色のは新芽(葉)ですって!


葉っぱは、こんな感じ。 多肉植物かしら? とおもったらマメ科


地味な花壇・・・。 花が咲くころにまた見に来ますね!


めも:2018/03/28 CX2 で撮影

ロータス・ヒルスタス【ブリムストーン】 マメ科ドリクニウム属 (旧ミヤコグサ属)
学名…Dorycnium hirsutum ‘Brimstone’ (Lotus hirsutus ‘Brimstone’)
別名…ロータス・ヒルスツス ‘ブリムストーン’、ドリクニウム・ヒルスタス ‘ブリムストーン’

参考 ロータス・ヒルスタス【ブリムストーン】
美しい葉色を楽しむブリムストーンですが、初夏には花を咲かせます。
花期は5月~7月で、花はピンク味を帯びた白色の小花です。
花後には果実を実らせ、果実は熟すと褐色になります。

こちらも見てね
お花見の様子 ⇒ 時計台の公園でお花見! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 20180328_公園 シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
キーワード : わかったよ!

コメント (2)

3/28 桜の公園のカラフルな花壇

2018年03月28日 | 花と緑に会いに行く
3/28 友人とお花見に行きました。

 ⇒ 時計台の公園でお花見! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

桜の咲き乱れる緑道公園で、お弁当を食べ おしゃべり。
日本庭園の散策など、たっぷり楽しみました。

公園は 春の花壇も華やかです。

青紫のパンジー、チューリップはこれから次々と咲きそう!


黄色のパンジーとムスカリの行列




雪のようなシバザクラの花


ズームで見てみましょう!


ヤグルマギクの花




めも:2018/03/28 CX2 で撮影

コメント

2/28 深川ギャザリアの寄せ植え鉢

2018年02月28日 | 花と緑に会いに行く
2/14~3/14 バレンタインデーとホワイトデー ですね。

深川ギャザリアの寄せ植え鉢にも、ハートが!



花壇をめぐると、カラフルでおしゃれな寄せ植え鉢がたくさん。

白い葉が、印象的。


赤いシクラメンとピンクの花。


青紫のビオラだけのシンプルな鉢。


すらりと高くとってもおしゃれ。


壺に ハボタンてんこ盛り。


白い葉に囲まれた赤い花。


めも:2018/02/28 CX2 で撮影

 ⇒ 2018/2/28 「映画「ゴッホ~最期の手紙~」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
コメント

クリスマスローズの世界展で買った花

2018年02月23日 | 花と緑に会いに行く
第16回 クリスマスローズの世界展
2018/2/16~18
東京・池袋サンシャインシティ
ワールドインポートマートビル4階 展示ホールA → アクセス 

2/16(金)友人と行ってきました。

会場の様子はこちら ⇒ Myブログ:「クリスマスローズの世界展」へ

個別の花は こちらへ ⇒ Myブログ:クリスマスローズの世界展で見た花たち

ガーデニングクラブのメンバーに、花壇に映える花を買ってきて! と頼まれました。

買ったのは、黄色い花の2つ

セミダブルゴールド ピコティ

縁に繊細なワイン色の筋が入っています。




シベをズームで見てみましょう!


全体の雰囲気 気品があり華やかさもありますね。


説明
 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ゴールドネクタリー

明るい黄色




丸みを帯びた花が、かわいらしい。




明るい色の大き目の葉も、花壇に映えそう!


説明
 

めも:2018/02/17 CX2 で撮影


会場の様子はこちら ⇒ Myブログ:「クリスマスローズの世界展」へ
個別の花は こちら ⇒ Myブログ:クリスマスローズの世界展で見た花たち
原種シクラメンなど ⇒ Myブログ:クリスマスローズの世界展:ほかの花

 クリスマスローズ キンポウゲ科 学名:Helleborus
ヨーロッパから西アジアにかけておよそ20種、中国に1種が知られる、毎年花を咲かせる多年草です。
「クリスマスローズ」の名前は本来ヘレボラス属の中でも「ニゲル」という一つの種につけられた名前ですが、
日本ではヘレボラス属全体を指すのが一般的です。

 ⇒ Myブログ:クリスマスローズ
コメント

クリスマスローズの世界展:ほかの花

2018年02月22日 | 花と緑に会いに行く
第16回 クリスマスローズの世界展
2018/2/16~18
東京・池袋サンシャインシティ
ワールドインポートマートビル4階 展示ホールA → アクセス 

2/16(金)友人と行ってきました。

会場の様子はこちら ⇒ Myブログ:「クリスマスローズの世界展」へ

個別の花は こちらへ ⇒ Myブログ:クリスマスローズの世界展で見た花たち


クリスマスローズ以外にも すてきな花がありました。

原種のシクラメン


自生地の写真パネル


原種のシクラメンは、とっても花が小さくて 可憐


「雪割草」


原種スイセン ロミエウシー


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

クリスマスローズの寄せ植え




ランとクリスマスローズのディスプレイ




カラーリーフのクリスマスローズのハンギングバスケット


寄せ植えのリース


めも:2018/02/16 CX2 で撮影


 個別の花は こちらへ ⇒ Myブログ:クリスマスローズの世界展で見た花たち
会場の様子はこちら ⇒ Myブログ:「クリスマスローズの世界展」へ

個別の花は こちらへ ⇒ Myブログ:クリスマスローズの世界展で見た花たち


◆ 早春を告げる可憐な花々の展示・販売
クリスマスローズと共に早春に咲く「すみれ」「原種シクラメン」「雪割草」を展示販売します。

<すみれ> すみれの集い(新舟ナーセリー) Facebook
 * nursery(ナーセリー) 植物栽培園、苗木場のこと。または苗木の販売業者。

<原種シクラメン> 英国シクラメン協会 日本支部 
         The Cyclamen Society ・ Facebook

<雪割草> 国際雪割草協会

 漢字表記の雪割草(ミスミソウ)は、キンポウゲ科ミスミソウ属(Hepatica)
 カタカナ表記の ユキワリソウは、正しくはサクラソウ科サクラソウ属の一種
 
 クリスマスローズ キンポウゲ科 学名:Helleborus
ヨーロッパから西アジアにかけておよそ20種、中国に1種が知られる、毎年花を咲かせる多年草です。
「クリスマスローズ」の名前は本来ヘレボラス属の中でも「ニゲル」という一つの種につけられた名前ですが、
日本ではヘレボラス属全体を指すのが一般的です。

 ⇒ Myブログ:クリスマスローズ
コメント

クリスマスローズの世界展で見た花たち

2018年02月21日 | 花と緑に会いに行く
第16回 クリスマスローズの世界展
2018/2/16~18
東京・池袋サンシャインシティ
ワールドインポートマートビル4階 展示ホールA → アクセス 

2/16(金)友人と行ってきました。

会場の様子はこちら ⇒ Myブログ:「クリスマスローズの世界展」へ

工夫を凝らして展示されたクリスマスローズの花。

今回初めて見たのは、フェチダス。奇妙な花です。



うっとりするような 純白の花



なぜか オオグチボヤを連想するような花 (*^_^*)♪


花も葉も 緑


実(種)をつけています


黄色の花、個性的ね。


ワイン色


これは花が多い!


黒を追求した花たち。


これが一番黒かった!


香りのいい花


シンプル、フリル、八重、縁取り などなど
葉の形も様々です。 カラーリーフもありますよ


春の花の寄せ植え



切り花もありました


水を満たしたびん詰め o(*'o'*)o



「新花コンテスト」 人気投票コーナーに並んだ花は、どれも魅力的。
3つ選んで 投票しました。

  

めも:2018/02/16 CX2 で撮影


◆ 新花コンテスト入賞花・出品花展示
日本クリスマスローズ協会主催「新花コンテスト」に出品された、愛好家や専門家の交配で生まれた新しい花たちを本邦初公開で展示します。
ご来場の皆様にご参加いただき、人気投票も行います。
投票は2月16日(金)16時まで。 結果発表は17日(土)に掲出いたします。
 
 クリスマスローズ キンポウゲ科 学名:Helleborus
ヨーロッパから西アジアにかけておよそ20種、中国に1種が知られる、毎年花を咲かせる多年草です。
「クリスマスローズ」の名前は本来ヘレボラス属の中でも「ニゲル」という一つの種につけられた名前ですが、
日本ではヘレボラス属全体を指すのが一般的です。
花に見える部分は、「花」ではなく「萼片」です。

 ⇒ Myブログ:クリスマスローズ
コメント

「クリスマスローズの世界展」へ

2018年02月20日 | 花と緑に会いに行く
第16回 クリスマスローズの世界展
2018/2/16~18
東京・池袋サンシャインシティ
ワールドインポートマートビル4階 展示ホールA → アクセス 

2/16(金)友人と行ってきました。

個別の花は こちらへ ⇒ Myブログ:クリスマスローズの世界展で見た花たち

会場ビルの風景


ポスター


入口のディスプレイ


「春の香りをのせて」クリスマスローズmeets花いけバトル


会場いっぱいに並ぶ クリスマスローズの花。
白、緑、ワイン色の花は シンプル、フリル、八重、縁取り などなど
葉の形も様々です。



原種のクリスマスローズ 自生地のマップ MAP


自生地は、クロアチアなど


ショップ即売コーナーの花も、色とりどり。目移りします。
会場の風景 あれっ、頭にクリスマスローズをのせたスタッフ。(*^_^*)♪


こちらは、花が咲いていない苗の即売コーナー


めも:2018/02/16 CX2 で撮影


 個別の花は こちらへ ⇒ Myブログ:クリスマスローズの世界展で見た花たち

第16回 クリスマスローズの世界展」 みどころ
◆ 特別展示
「春の香りをのせて」クリスマスローズmeets花いけバトル
花の新たな存在意義を追求、花いけの魅力を伝え続ける「花いけバトル」とクリスマスローズの共演

装飾:野崎晶弘(花いけバトル山手西洋館CUP優勝) 

建築職人を経たのちに、花の世界に飛び込む。独自の技法を構築することにより、線の細い強固な構造をデザインに取り込み、強度と安定が必要とされる大型作品の数々を発表。独自の理論と構造により生み出された明確なフォルムを持つ作品は、国内外で高い評価を得ており、近年はアートフローラル国際コンクール日本代表をはじめ、海外のコンクールに積極的に参加し、‘日本の花’の美の極みを展開し続けている。

◆ プロフェッショナルが創る、花たちの集い
~19のナーセリーによる「オリジナル交配」等品種展示~

全国各地のナーセリー(育種家)のみなさまが育てられている「オリジナル交配品種」や「希少品種」など、自慢のクリスマスローズを一堂にご紹介します。
多種多様な変化のあるクリスマスローズの幅広い魅力を、どうぞお楽しみください。

【参加ナーセリー】
浅間クリスマスローズガーデン、花郷園、片山農園、加藤農園、曽田園芸、童仙房ナーセリー&ガーデン、新舟ナーセリー、野田園芸、広瀬園芸、ふみ屋、堀切園、松浦園芸、松村園芸、ミヨシグループ、百花、大和園、横山園芸、吉田園芸、若泉ファーム

◆ 特別開催
クリスマスローズ銘品オークション 18日(日)16:00~

日本クリスマスローズ協会主催「新花コンテスト」コーナー、「プロフェッショナルが創る、花たちの集い」コーナー、「協会展示」コーナーに展示している花の一部も出品するオークションを行います。
ひと味違うクリスマスローズを手に入れられる貴重な機会です。

◆ 日本クリスマスローズ協会エリア
日本クリスマスローズ協会 会員が丹精込めて育てた花を展示します。
「相談コーナー」では、クリスマスローズの専門家が皆さまからの疑問にお答えします。

◆ 新花コンテスト入賞花・出品花展示
日本クリスマスローズ協会主催「新花コンテスト」に出品された、愛好家や専門家の交配で生まれた新しい花たちを本邦初公開で展示します。
ご来場の皆様にご参加いただき、人気投票も行います。
投票は2月16日(金)16時まで。 結果発表は17日(土)に掲出いたします。

◆ なるほど!クリスマスローズ(クリスマスローズの基礎知識コーナー)
咲き方や模様、育て方など、クリスマスローズに関する基礎知識や、原種の紹介、原生風景の写真展示などを行います。

◆ クリスマスローズ・マーケット
有名生産者「花郷園」「野田園芸」「横山園芸」による、本イベント限定の直接販売を行っています。
たくさんのクリスマスローズの中から、お気に入りをみつけてください。

◆ ショッピング・エリア(ガーデニングゾーン・関連グッズゾーン)
フラワーショップによるクリスマスローズや寄せ植えなどに相性のよい花々の販売を行っています。
園芸用品、クリスマスローズをモチーフにしたグッズなどのブースもございます。

◆ 早春を告げる可憐な花々の展示・販売
クリスマスローズと共に早春に咲く「すみれ」「原種シクラメン」「雪割草」を展示販売します。
【協力】
<すみれ>すみれの集い(新舟ナーセリー) Facebook
<原種シクラメン>英国シクラメン協会 日本支部 
         The Cyclamen Society ・ Facebook
<雪割草>国際雪割草協会

◆ クリスマスローズフォトコンテスト
~あなたが撮ったクリスマスローズベストショット大募集~

 
参考 池袋クリスマスローズの世界展 横山園芸 | オザキフラワーパーク STAFFBLOG
 
 クリスマスローズ キンポウゲ科 学名:Helleborus
ヨーロッパから西アジアにかけておよそ20種、中国に1種が知られる、毎年花を咲かせる多年草です。
「クリスマスローズ」の名前は本来ヘレボラス属の中でも「ニゲル」という一つの種につけられた名前ですが、
日本ではヘレボラス属全体を指すのが一般的です。

 ⇒ Myブログ:クリスマスローズ

コメント