Niwa niha Hana (庭には花)

Myガーデン(ベランダ)や花壇の花たちの写真です。

シソ科の花?何?

2018年10月18日 | 花と緑に会いに行く
遺跡庭園 縄文の村 自然観察会 の後 もう一度行きました。

シソ科の花のようですが、何でしょう?







こんなところに生えていました。


めも:2018/10/09 CX2 で撮影


10/6 午前は 遺跡庭園 縄文の村 自然観察会
 ⇒ 20181006_自然観察会シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
10/6 観察会の後、午後は 「琥珀の勾玉づくり」教室です。
 ⇒ コハク勾玉作り教室に参加したよ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

・ 東京都埋蔵文化財センターの企画展示
 平成30年度企画展示 『蒼海(うみ)わたる人々 考古学から見たとうきょうの島々』
 平成30年3月21日(祝)~平成31年3月10日(日)

2018年4月の観察会も見てね
 ⇒ 東京都埋蔵文化財センターで縄文体験 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 春に会った植物に再会したい ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
 
コメント (1)

とがった葉は何の木?

2018年10月17日 | 花と緑に会いに行く
遺跡庭園 縄文の村 自然観察会の後、もう一度行きました。

とがった葉は何の木でしょう?




茎の様子です。


新芽?


めも:2018/10/09 CX2 で撮影


10/6 午前は 遺跡庭園 縄文の村 自然観察会
 ⇒ 20181006_自然観察会シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
10/6 観察会の後、午後は 「琥珀の勾玉づくり」教室です。
 ⇒ コハク勾玉作り教室に参加したよ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

・ 東京都埋蔵文化財センターの企画展示
 平成30年度企画展示 『蒼海(うみ)わたる人々 考古学から見たとうきょうの島々』
 平成30年3月21日(祝)~平成31年3月10日(日)

2018年4月の観察会も見てね
 ⇒ 東京都埋蔵文化財センターで縄文体験 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 春に会った植物に再会したい ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
 
コメント (2)

10/9 黒い小さな実?何かしら

2018年10月15日 | 花と緑に会いに行く
遺跡庭園 縄文の村 自然観察会 の後 もう一度行きました。

これは何の木でしょう?


クスノキに似ているけれど、もっと葉が大きい。


黒い小さいのは、クスノキの実にしては小さく萎びたよう。


これは、先端の新芽?


めも:2018/10/09 CX2 で撮影


10/6 午前は 遺跡庭園 縄文の村 自然観察会
 ⇒ 20181006_自然観察会シリーズ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
10/6 観察会の後、午後は 「琥珀の勾玉づくり」教室です。
 ⇒ コハク勾玉作り教室に参加したよ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

・ 東京都埋蔵文化財センターの企画展示
 平成30年度企画展示 『蒼海(うみ)わたる人々 考古学から見たとうきょうの島々』
 平成30年3月21日(祝)~平成31年3月10日(日)

2018年4月の観察会も見てね
 ⇒ 東京都埋蔵文化財センターで縄文体験 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 春に会った植物に再会したい ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
 
コメント

10/13 カラフルでかわいいプランター

2018年10月14日 | 近所散歩9月~11月
近所の商店街のプランターがカラフルでかわいい!


ニチニチソウ


イソトマ




カリブラコア


サンクエールが3色




めも:2018/10/13 CX2 で撮影

コメント

10月のラディッシュ

2018年10月12日 | Myガーデン:花物語


 2018/9/14に、ガーデン講座で蒔いたラディッシュの種が育つ様子です。

9月のラディッシュ日記 ← 10月 → 11月のラディッシュ日記

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

10/12 ガーデニング講座へ行く前にパ・チ・リ

ラディッシュの鉢はプランター2段重ねで少し高くして日照時間を稼いでいます。


真上から見ると、イマイチしゃっきりしていませんが、


ゆっくり育っているようです。


根元、赤くなったところ





めも:2018/10/12 SW001SH で撮影



10/8 日照時間を増やすため少し高いところに移動しましょう。
アサガオを抜いてあいた鉢の上に重ねるのはどう?



すのこを敷いてラディッシュの鉢を置きます。


土寄せもしていますよ。


 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

10/3 こまめに土寄せをするのですが、すぐに茎が伸びます。

めも:2018/10/03 CX2 で撮影



9/14 講座の様子も見てね! ⇒ Myブログ:ガーデン講座でラディッシュ種まき

 2018_ラディッシュを育てよう シリーズ
コメント

10/10 気持ちの良い秋のベランダの花:ムクゲなど

2018年10月10日 | Myガーデン
ムクゲ の色も今朝は華やかね。









ヤブラン の花は、朝はまだ蕾。


ズームで見てみましょう!


ヤブランの鉢



ミニトマトの鉢、花は全然咲かないまま・・・。(もちろん実もならない)
⇒ 2018_ミニトマトを育てよう シリーズ


バジル とサンクエールは元気!

サンクエールは切り戻してからあまり咲かない・・・。


おしゃれな花ですね。



まだかわいい花をつけている フウセンカズラ




緑や茶色のフウセンカズラの実がぶら下がっています。


めも:2018/10/10 CX2 で撮影

コメント

10/3、6、8 ドワーフトマトに花が咲いた

2018年10月08日 | Myガーデン:花物語

ガーデン講座2018に参加!
「ベランダガーデニング講座~はじめてのキッチンガーデン編」
講師は、深町貴子先生 (NHK趣味の園芸やさいの時間)
第2回目(9/25)は 「ドワーフトマト苗の植え付け」



10/8 2つ目の花、蕾もたくさん





めも:2018/10/08 CX2 で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

10/6 花が咲きました!


開花時の花びらの様子。 先がくっついています。



めも:2018/10/06 Nikon D3200 で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

10/3 ドワーフトマトの苗は、すっかり鉢に馴染んだようです。
ドワーフトマトには 9/25の植え付け時から、小さな蕾がついていました。


めも:2018/10/03 Cybershot DSC-HX5V で撮影




ドワーフトマトの蕾が大きくなっています。(植え付け時からついていた蕾)

めも:2018/10/03 CX2 で撮影


9/25 持ち帰り ⇒ Myブログ:Myガーデンにやってきたドワーフトマト
9/25 植え付け ⇒ Myブログ:ガーデン講座2018でドワーフトマト苗の植え付け

 
ドワーフトマト「プリティーベル」

「ドワーフトマト」についての説明
日本にはなじみの薄い『芯(心)どまり品種』のトマトは、
高さが50cm程度とコンパクトで、脇芽も育てるタイプです。
双葉の後、8枚の葉が出たら花房がつき、たくさんの花が咲いてたくさんの実がなります。
収穫したら、1枚の葉の次にすぐ花房。また花が咲き実がなる この繰り返し。
気温15℃程度で、ビニールをかぶせ、11月頃から室内で育てれば、冬にも収穫できるとのこと。

なんと! すごいトマトです。 楽しみ~。(*^_^*)♪

これからやること
 ・ドワーフトマト ⇒ 2018_ドワーフトマトを育てよう シリーズ
  芽欠きをしないこと。(脇芽も伸ばす)
  花が咲いてから肥料を与える。(固形でも液肥でもOK)
  日当たりの良いところに置くこと
  アブラムシは、早めに取り除く。

  実は、たぶんクリスマスの頃に生るとのこと、気長に楽しめます。
  (トマトは、なんと多年草だそうです。)
コメント

10/5 アサガオの鉢片付け

2018年10月06日 | Myガーデン:花物語
2018_アサガオ シリーズ

10月1日、昨夜の台風24号の風がかなり強かったので 
アサガオやフウセンカズラは、すっかりダメージを受けました。
何とか元気になって欲しいけれど・・・、
秋になっても咲いてくれたアサガオは、そろそろおしまいのようです。

アサガオD プランター


プランターの下の方には、アサガオの代わりに ペチュニアが一輪。


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

アサガオA (ベランダ左側の茶色の鉢)は、蕾もなく 葉は茶色っぽくチリチリ。
種を採った後、思い切って抜いて捨てました。


寄せ植え鉢-A
あんどん支柱は、ジャスミンの蔓を這わせるのに使うことにしました。


ジャスミンとツルニチニチソウを、巻きつけます。

めも:2018/10/05 CX2 で撮影



アサガオA (ベランダ左側の茶色の鉢)~ 10/5 片付ける
アサガオB (ベランダ中央の白の鉢)
アサガオD プランター
アサガオC (ベランダ右側の茶色の鉢)
アサガオE (ベランダ手前の白の鉢) フウセンカズラと寄せ植え
コメント

10/5 ゴーヤ あと3つ大きくなってね

2018年10月05日 | Myガーデン:花物語


ゴーヤの花と実
台風24号の風で 緑のカーテンは 一晩強風にさらされました。
翌朝は スッカリ 葉がチリチリ。
水やりして 何とか 元気づけます。 あと3つ収穫できますように!


21個め ゴーヤ No21 あと少しで収穫かしら


22個め ゴーヤ No22 小さく丸い実、もっと大きくなってね!


24個め ゴーヤ No24 小さく細い実、もっと大きくなってね!


めも:2018/10/05 CX2 で撮影


<まとめ>
1 7/3 ゴーヤの実No1 収穫、美味しい (2018年07月03日)
2 7/12 少し黄色くなったゴーヤの実 No2 収穫 (2018年07月12日)
3 ゴーヤ No3 枯れてしまいました・・・。
4 7/14 ゴーヤの実 No4を収穫、苦くておいしい (2018年07月18日)

5 ゴーヤ No5  枯れてしまいました・・・。
6 ゴーヤ No6  2018/7/24 収穫しました。
7 ゴーヤ No7  受粉しなかったようです。
8 ゴーヤ No8  2018/8/4 収穫 
9 ゴーヤ No9  受粉しなかったようです。
10 ゴーヤ No10 ?
11 ゴーヤ No11 2018/8/24 収穫

 ⇒ Myブログ:8/30 ゴーヤの実 No12・13を収穫、実14・15・16、雌花 No17・18
12 ゴーヤ No12 2018/8/30 収穫 
13 ゴーヤ No13 2018/8/30 収穫
 
14 ゴーヤ No14 2018/9/6 収穫
15 ゴーヤ No15 2018/9/6 収穫
 
16 ゴーヤ No16 2018/9/3 雌花から実へ
17 ゴーヤ No17 2018/9/3 蕾
18 ゴーヤ No18 2018/9/3 雌花が咲く!

19 ゴーヤ No19 2018/9/27 育たず捨てました。 
20 ゴーヤ No20 2018/9/27 育たず捨てました。

21 ゴーヤ No21 2018/10/5 小さな実
22 ゴーヤ No22 2018/10/5 小さな実
23 ゴーヤ No23 ?
24 ゴーヤ No24 2018/10/5 小さな実
コメント

10/3 Myガーデンにヤブランの花

2018年10月03日 | Myガーデン
ずいぶん前に花壇の株をもらっていた ヤブラン

ふと見ると 花が咲いています。


今の時期 どこででも見かけるヤブランですが、
我が家で咲くと すごくうれしい!



可愛い!




    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

たしか~ ここの花壇のお手入れで貰った。

エリア2に咲くヤブラン


めも:2018/10/03 CX2 で撮影


ヤブラン(藪蘭、学名:Liriope muscari)は、キジカクシ科ヤブラン属に属する多年草。
別名 リリオペ、サマームスカリ。
コメント

9/30 苔むす庭にキノコがいっぱい

2018年09月30日 | マンションの庭9月~11月
日曜の朝、『大きなキノコをみつけたよ!』
 と電話があったので 公園へ

キノコ探検隊だよ!  

アオキの木の下に!


大きい! 測ってみましょう。


20cmはあるよ。 


テングタケの仲間じゃぁないかな? だったら毒キノコ
ひぇ~、触らないようにしよう!


よく見ると 苔むす公園には いろんなキノコが生えています。

白いキノコ





イソギンチャクみたい。 o(*'o'*)o


ちょっとやばそう !!(>д<)ノ


オレンジ色のキノコ




えぇ~ これもキノコ? 


シロソウメンダケ だと思います。


丸いキノコと比べてみよう。


茶色のキノコ、かわいらしいかも~。


これは、いかにもキノコらしい姿。


木の根元のキノコたち。居心地よさそうね。


めも:2018/09/30 CX2 で撮影

みつけたキノコの名前を調べるのは 容易ではなさそう。
 まして、毒キノコかどうかなんて・・・。
それにしても 公園や花壇、植え込みの陰など、身近なところにたくさんキノコっているんですね。

キノコ 菌類の一種、担子菌類と子嚢菌類がある。子実体を作り それを通常キノコといい食用にする。有毒のものも多い。

キノコ(茸、菌、蕈、Mushroom) - Wikipedia
 日本では約300種が食用にされ、うち十数種が人為的にキノコ栽培されている。
 日本では既知の約2500種と2、3倍程度の未知種があるとされ、
 そのうちよく知られた毒キノコは約200種で、20種ほどは中毒者が多かったり死に至る猛毒がある。

参考
・ 食べてはいけないシリーズ
・ 立田山のきのこ 国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 九州支所
・ きのこの雑学 株式会社 キノックス
・ きのこ図鑑 | 種類ごとの特徴を調べるキノコ図鑑
・ キノコ図鑑 浅間メディア・サロン 「きのこの森研究専門分科会」松原邦彦

こちらも見てね ⇒ キノコ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
コメント

9/18~29 ラズベリーの初めての花、次々咲く

2018年09月29日 | Myガーデン
→ ラズベリー シリーズ

9/18、20、23、25、29の様子を まとめました。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/29 ラズベリーの花、8個め 開花。





めも:2018/09/29 Cybershot DSC-HX5V で撮影

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/25 次々と蕾がふくらみ、花が咲き始めます。









めも:2018/09/25 CX2 で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/23 2つめの花が咲きました。




花びらより、たくさんのおしべの並びが圧倒的ですね。


上の方には、1つめの花の雄しべが見えます

めも:2018/09/23 CX2 で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/20 1つめの花が昨日開き始め、今日も咲いています。




めも:2018/09/20 CX2 で撮影


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/18 1つめの蕾が膨らみました!





めも:2018/09/18 CX2 で撮影


 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

・ 9/15 ラズベリーに小さな蕾が!
・ 9/2 ラズベリーが伸びたよ
・ 8/9 ラズベリーの苗が届いたよ

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ラズベリーの育て方を調べよう。

みんなの趣味の園芸 > 育て方がわかる植物図鑑 > ラズベリー >
ラズベリーのそだレポ(栽培レポート)

★ 鉢植えラズベリーの育て方 - おいしい鉢植え果樹の栽培育て方
・ ラズベリーの育て方| GreenSnap(グリーンスナップ)
・ 木苺(ラズベリー)育て方!鉢植え~収穫・最後まで楽しむコツをご紹介
・ ラズベリー 育て方 - ベランダ果樹園【ホームメイト】
コメント

9/15-25 ラディッシュの芽が出て、間引き。双葉伸び2回目の間引き

2018年09月27日 | Myガーデン:花物語


 2018/9/14に、ガーデン講座で蒔いたラディッシュの種が育つ様子です。

9月のラディッシュ日記 --> 10月の ラディッシュ日記 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/25 夕方 先生のアドバイスで 間引いた後の様子
少し土寄せもしたので、しゃっきりしました。


思いきっって 6本抜きました。


薄く色づいたところが 膨らんで二十日大根になる部分でした。♪(^_^) /~~~



9/25 朝の様子 

ちょっと込み合って倒れた茎もあります






    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/23 双葉の付いた茎が伸びています。



9/18 双葉が出そろったので 1回目の間引きをします。

24本と19本発芽して 双葉が揃いました。窮屈そうね。


1本おきに、小さいのを抜きました。


すっきりです!


抜いたラディッシュの新芽


捨てるのは惜しい! 洗っていただきます。ピリッと美味しい。


めも:2018/09/17 CX2 で撮影

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/17 芽が出ました。18個×2列 程度


行儀よく並んでいます。




かわいい!


めも:2018/09/17 CX2 で撮影


明日から、様子を見て水やりです。(控えめ、萎れ加減のタイミングでOK)
そして、全部の双葉が揃ったら、1つ置きに間引きます。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

9/15 持ち帰ったラディッシュの鉢。名札を作りました。




めも:2018/09/17 CX2 で撮影



9/14 講座の様子も見てね! ⇒ Myブログ:ガーデン講座でラディッシュ種まき

 2018_ラディッシュを育てよう シリーズ

コメント

9/25 Myガーデンにやってきたドワーフトマト

2018年09月25日 | Myガーデン:花物語

ガーデン講座2018に参加!
「ベランダガーデニング講座~はじめてのキッチンガーデン編」
講師は、深町貴子先生 (NHK趣味の園芸やさいの時間)
2018/9/25 第2回目は 「ドワーフトマト苗の植え付け」
 ⇒ Myブログ:ガーデン講座2018でドワーフトマト苗の植え付け


持ち帰ったドワーフトマトの鉢。

たっぷり水やり。


双葉の後、8枚の葉がでたら、花がつきます。


そのあとは、花が実になって・・・収穫の予定。


名札も作りました。


めも:2018/09/25 CX2 で撮影

 
ドワーフトマト「プリティーベル」

「ドワーフトマト」についての説明
日本にはなじみの薄い『芯(心)どまり品種』のトマトは、
高さが50cm程度とコンパクトで、脇芽も育てるタイプです。
双葉の後、8枚の葉が出たら花房がつき、たくさんの花が咲いてたくさんの実がなります。
収穫したら、1枚の葉の次にすぐ花房。また花が咲き実がなる この繰り返し。
気温15℃程度で、ビニールをかぶせ、11月頃から室内で育てれば、冬にも収穫できるとのこと。

なんと! すごいトマトです。 楽しみ~。(*^_^*)♪

これからやること
 ・ドワーフトマト ⇒ 2018_ドワーフトマトを育てよう シリーズ
  芽欠きをしないこと。(脇芽も伸ばす)
  花が咲いてから肥料を与える。(固形でも液肥でもOK)
  日当たりの良いところに置くこと
  アブラムシは、早めに取り除く。

  実は、たぶんクリスマスの頃に生るとのこと、気長に楽しめます。
  (トマトは、なんと多年草だそうです。)
コメント

9/25 ガーデン講座2018でドワーフトマト苗の植え付け

2018年09月25日 | Myガーデン

ガーデン講座2018に参加!
「ベランダガーデニング講座~はじめてのキッチンガーデン編」
講師は、深町貴子先生 (NHK趣味の園芸やさいの時間)

第2回目は 「ドワーフトマト苗の植え付け」


まずは、第1回目の「ラディッシュ種まき」のその後について
9/14に種まきしたラディッシュの鉢の見本を使って、
芽の出る仕組み、実のなる仕組みなどの説明を聞きます。
双葉の出た茎は 本当は「胚軸」と呼び、
下の方が赤くなっていてそこが膨らむのだそうです。
まん丸なラディッシュができるには、
赤くなった「胚軸」に土をかぶせる『土寄せ』をこまめに行うことが重要。

受講生にありがちな疑問に、先生が明快に答えてくれます。
 ⇒ Myブログ:ガーデン講座でラディッシュ種まき

次は、「ドワーフトマト」についての説明
日本にはなじみの薄い『芯(心)どまり品種』のトマトは、
高さが50cm程度とコンパクトで、脇芽も育てるタイプです。
双葉の後、8枚の葉が出たら花房がつき、たくさんの花が咲いてたくさんの実がなります。
収穫したら、1枚の葉の次にすぐ花房。また花が咲き実がなる この繰り返し。
気温15℃程度で、ビニールをかぶせ、11月頃から室内で育てれば、冬にも収穫できるとのこと。

なんと! すごいトマトです。 楽しみ~。(*^_^*)♪

さぁ 、実習です。


ドワーフトマト「プリティーベル」


トマトの双葉ってこんなのです。


植え付けの準備。


紙製の鉢、底にはネット。 鉢底石は不用。


鉢の底は平らなのでベランダに置くときは 下に何か(割り箸でも)敷くといい。


土は、良質の培養土。鉢の半分まで入れます。


苗をポットのまま置いて高さ確認。(ウォータースペース3cm)




苗をポットから丁寧に抜き、鉢に苗を置いたら土を入れます。


苗は押さずに周囲の土だけを押して平らにする。
ウォータースペース3cm 確保!


ドワーフトマトの苗の植え付け 完成です!


肥料についての説明など ((クリックで拡大します)


会場に飾られていた花とハーブ
 

めも:2018/09/25 CX2 で撮影

 
これからやること
 ・ラディッシュ ⇒ 2018_ラディッシュを育てよう シリーズ
  双葉3~4枚で間引く (1列に4~5本=約4cm間隔)
  3週間から1月過ぎて1回だけ液肥をやる。
  胚軸(茎の赤い部分)を ほぼ隠すように、「土寄せ」をこまめに行う。
  実の収穫は、土から出ている肩の部分が2cmぐらいの時。(実は3~4cm)
  早いと辛いが遅いと割れるので、タイミングよく。 (*^_^*)♪

 ・ドワーフトマト ⇒ 2018_ドワーフトマトを育てよう シリーズ
  芽欠きをしないこと。(脇芽も伸ばす)
  花が咲いてから肥料を与える。(固形でも液肥でもOK)
  日当たりの良いところに置くこと
  アブラムシは、早めに取り除く。

  実は、たぶんクリスマスの頃に生るとのこと、気長に楽しめます。
  (トマトは、なんと多年草だそうです。)
コメント