花をみるだけ

23区西部と多摩地域の公園・植物園の花々

メタセコイア - 石神井公園

2018-12-13 00:56:16 | みんなの花図鑑


 

 

 

↑尖り帽子がメタセコイア、後ろにラクウショウ

花の名前: メタセコイア
学名: Metasequoia glyptostroboides
撮影日: 2018/12/11 10:32:34
撮影場所: 石神井公園

中国に現生種のあるヒノキ科(スギ科)落葉針葉高木。
化石として発見されたこの植物と現在北米に自生するセコイアを区別するため「メタ(後)セコイア」と名付けられたそうです。

石神井公園は9月の台風21号で沢山の杉や松が倒伏しましたが、メタセコイアとラクウショウは被害がありませんでした。
同じ針葉樹でも根張りが違うんですかね。

コメント (2)

イイギリ - 石神井公園

2018-12-12 01:17:28 | みんなの花図鑑


 

 

↑オオバンが横切りました(^^)

↑引いて撮ったんですが、後ろに植わってるモミジと混ざって何だか分かり難くなってしまった。。。

花の名前: イイギリ
学名: Idesia polycarpa
撮影日: 2018/12/11 10:23:28
撮影場所: 石神井公園

本州〜九州に分布するヤナギ科(イイギリ科)落葉高木。
イイギリの名は、桐に似た葉でご飯を包んだ事から「飯桐」
別名に「南天桐」とある様に南天に似た果実をぶら下げます。

イイギリの果実は高い所に付きますが、この木は横に張り出した枝があって近くで見れます。

コメント (2)

チャノキ - 東京都西東京市

2018-12-10 01:31:40 | みんなの花図鑑

 

 

 


花の名前: チャノキ
学名: Camellia sinensis
撮影日: 2018/12/09 11:50:26
撮影場所: 東京都西東京市

中国南西部原産のツバキ科常緑低木。
漢字の「茶」は「苦い味」の意味だそうです。

生垣に利用されている茶の木です。
お茶の花も傷み易いみたいですね。
撮影しようと近くに寄ると傷んでる物が多いです。

お花の少ない時期ですね。
更新が飛び飛びになります。。。
コメント (6)

ラクウショウ(ヌマスギ) - 石神井公園

2018-11-29 01:53:26 | みんなの花図鑑


 

 

 


花の名前: ラクウショウ(ヌマスギ)
学名: Taxodium distichum
撮影日: 2018/11/28 10:09:59
撮影場所: 石神井公園

北アメリカ原産のヒノキ科(スギ科)落葉高木。
落羽松の方が馴染みがありますが標準和名は沼杉の方みたいですね。
湿地に適応して気根を出すのが特徴です、気根の写真はありません(^^;)

先日のイロハモミジの写真にちょろっと写ってた石神井池のラクウショウです。
何本か植わっていて「ねりまの名木」に指定されているラクウショウ群?になるのかな。
高さ21m、幹周り2.7m(平成6年指定時の数字)
三宝寺池側にはメタセコイアがありまして、そちらの色付きはもう少しかかりそうです。

コメント (9)

ハマヒサカキ - 東京都西東京市

2018-11-26 01:22:17 | みんなの花図鑑


↑雄花

↑雄花


↑雌花

↑雌花

↑雌花と、一年かけて熟す前年の果実


↑開花に気付かなくても仕方ない?(^^;)

花の名前: ハマヒサカキ
学名: Eurya emarginata
撮影日: 2018/11/24 12:29:24
撮影場所: 東京都西東京市

本州中部〜九州に分布するモッコク科(ツバキ科)常緑低木。
名前の通り、海岸性で葉が厚く、ヒサカキは早春咲きますがハマヒサカキは晩秋に咲く。
とても丈夫で、街路樹や植え込みに利用されます。
雌雄異株で、雄花はやや黄色がかり雌花は小振りの白い花を咲かせます。

よく通る場所ですが榊の花の香りがするまで存在に気付きませんでした(^^;)
丁度、雌株と雄株が隣り合っていたので果実も沢山出来てました(^^)

コメント (4)