The Game is Afoot

Sherlock Holmes関連、その他 海外ドラマ、映画、小説等々思いつくまま書いています。

BBC『シャーロック』における ”マインドパレス” 考 : 再掲

2020-05-15 | BBC SHERLOCK
※ 2014年11月24日付 ”Sherlock Review (4) ; Mind Palace考” に加筆補整した再掲です。

5年半以上前の記事にも拘わらず コンスタントにアクセス頂き、又 最近久し振りに『シャーロッ
ク』の再放送もあったせいか連日多くの閲覧を頂いている様で、ちょっとビックリしている所です。

当時まだブログを始めたばかりの新米で 手探りの状態であった為、改めて見直すと不手際、余
りにも不細工であった個所を今回チョコット手直し、補足をして再掲する事にしました。
(: 尚、この元記事を書いた時点ではS3迄に関してのみですので、”The Abominable Bride”
「忌まわしき花嫁」、及びS4に於けるマインドパレスには触れておりませんのでお含みおき下さい)

以下が当時の元記事です。


BBC3のツイッターに又面白いものが載っていました。

シャーロックのマインドパレス図です。
注目は、"Sex Drive" - Form of destruction, Do not Enter" (性的衝動の部屋 : 崩壊状態の為入室
禁止)となっています(笑)

これを見て、再度 ”Mind Palace”について考えてみようと思います。

"Mind Palace” 「マインドパレス」或は ”Memory Palace” とは頭の中に記憶の置場(棚、小箱、
冷蔵庫、鏡等あらゆる場所に)記憶をしまい込み、記憶を呼び戻す必要があれば目を瞑り それ
ぞれの記憶を仕舞った場所に行きそれを取り戻す方法です。
因みに日本語字幕では「精神の宮殿」となっていましたが、これはチョット微妙な感じではありま
すが、日本語に置く場合は表現が難しいとは思います。

スミソニアンがシャーロックのマインドパレスは古代ギリシャ人も使っていた記憶術であると述べ
た記事もあります。
その一部抄訳は:

「SHは作品を問わず数多くの情報を頭の中に詰め込んでいる人物であり、推理をしたり最も難解な
謎を解く場合は何時でもその情報を事細かに引き出せる。
BBC版に於いてもその例外ではなく、但しBBC版の製作者達は 古代ギリシャ人が記憶に用いた能力
をそっくりそのまま彼に授けた -それがマインドパレスだ。 勿論ホームズである事(そしてTV
番組である事)から、彼のマインドパレスは平均より優れている。」

正典に於いてアーサー・コナン・ドイルは”Study in Scarlet”「緋色の研究」に於いて「過去の事件
等役立ちそうな記憶のみ注意深く彼の脳の屋根裏部屋に保管していた。
本当に必要な物に場所を明け渡す為に残りは捨て去ったのだ」 - 余談ですが、この時に地球が
太陽の周りを回っているという事実でさえ重要な物とみなしていない(“The Great Game” 「大いな
るゲーム」 で使われたセリフもありました) とも記されて居ます。 
この時は”脳の屋根裏部屋”(Brain attic)と言う言葉で表現されています。

マインドパレスはシャーロックのみならず、ハンニバル・レクター博士、TVドラマ ”メンタリスト”
のジェーンも用いているし、マグヌッセンも用いていました(マグヌッセンの記憶場所は脳内の地下
室でした)つまり、ある種の天才達が用いる記憶術なのでしょう。

シャーロックによって ”マインドパレス” と言う表現が初めて登場したのは ”Hounds of the
Baskerville”「バスカヴィルの犬」でした。
この時の テロップ、画像を使用したマインドパレス表現は斬新で素敵でした。

このシーンで個人的に ”Hound Dog”がツボでしたね。 人の真似をするのが上手いベネディクト
のエルヴィスの振りが良く似ていて・・・

その次は”The Empty Hearse”「空の霊柩車」での地下鉄推理 :  
 
シャーロックの瞳に乾杯! →「カサブランカ」(古!)

”The Sign of Three”「三つの兆候」での法廷シーン:


このシーンを見て感じたのは、
シャーロックの中でのマイクロフトの位置(兄の頭脳を高く買って居り、頼りにしているのだと)、それと
やはりアイリーンをマインドパレスに仕舞っているのだと言う事。

そして問題の”His Last Vow”「最後の誓い」ではシャーロックのマインドパレスの中に秘められた事象が
大きな意味を持っていた事でした。


まづ、一番の奥底にモリアーティーが存在している事。
モリーやアンダーソン迄居るのに何故かジョンが存在していない。
心を穏やかにする為の存在として、又子供の頃のトラウマとしてのレッドビアード。
そして、又してもマイクロフト。

HLVは泣ける場面が多かったのですが、なかでもレッドビアードに関しては未だに観る度涙です。
レッドビアードに関しては、”The Sign of Three”で唐突にマイクロフトが口にして以来、色々論争が起き 
様々な推理、見解が噴出していましたが、この点は長くなりそうなので、改めて触れてみようと思っています。
※追記加筆
”レッドビアード”に関しては、S4E3”The Final Problem”「最後の問題」で解明されました。(想定外の衝撃
の結果でしたが・・・)

繰り返しますが、何故シャーロックのマインドパレスにジョンが存在しないか? に関しても色々な考察が
出ています。
今後何かの折にこの点に関しての解明がされるのか・・・どうなのでしょう。

そして、最後に又もやファンアートによる「シャーロックのマインドパレス考:


(source : mekshk)


この画像はTシャツにもなっている様です。  

~~~~~~~~~~

以上が再掲記事でした。
随分久し振りの「シャーロック」です。何年振りでしょうねぇ。
あんな事、こんな事があったな~・・・と  あの当時を懐かしく思い出しながら記事見直し、補正を
致しました。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『ローマ警察殺人課 アウレ... | トップ | Netflix新ドラマ 『ホワイト... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (dico)
2014-11-26 10:13:35
おはようございます~
今日は会社お休みなのでゆっくりできるかなーと思っていたらとんでもなかったです(笑)

ところでBBC Threeのツイートは私もUPする予定でいるのですが、
本当にみなさんいろいろ考えますよね。
ここの記事、その時にご紹介させていただいてもいいですか?

HLVの螺旋階段は、ピンクの研究の時のふたりで初めて行った犯行現場じゃないかという考察を見ましたが、
なるほどなーと思いましたよ。

そしてなぜジョンが存在しないのかは気になるところですよね。
おはようございます! (Ocicat)
2014-11-26 11:28:22
dicoさん、おはようございます!
会社お休みでしたか? 今朝更新されていたのでどうなさったのか?と思っていました。
いや~ドキドキしてきましたね。

私の拙い記事を紹介ですか? お粗末ですがこんなんで良かったらどうぞ!

螺旋階段の件、ピンクの階段と同じかも・・と言う考察は私も見ましたよ。
2枚画像が並べてありましたけど、ううーん・・・似ているけど・・・どうなんだろう?と思ってました。

今日はゆっくりしようかと思っていたのですが、私も作業しなくてはかしら?
dicoさんの記事にダブってしまうような感じがしてチョット躊躇してますけど。
Unknown (naonao)
2020-06-01 14:54:46
はじめまして。とても楽しく読ませていただいています。BBCシャーロック、好きです。ホームズとワトソンの関係性はアメリカの「エレメンタリー」版のほうが深く掘り下げられていて好きなのですが…。

それはさておき、HLVのマインドパレスになぜジョンがいないかの問題です。以前読んだある海外ファンのブログに至極もっともなことが書いてありました。HLVでは瀕死のシャーロックにとってジョンは太陽そのものだから人間の姿としてマインドパレス内にいない、というものです。ジョンは太陽光という姿でマインドパレス内に存在していました。

確かに、あのときマインドパレスの中の死体安置室やモリアーティが繋がれている部屋での光は生気のない冷たい人工的なものです。しかしモリアーティがジョンの置かれた危険な状況を口にした途端に明るい太陽光のようなライティングに変わり、シャーロックは生への階段をひたすら上り始めます。シャーロックにとって、まさにあのときジョンは太陽そのもの、生きる意味すべてであった…という内容のブログでした。どこでどなたのを読んだのかな…。覚えていないのが残念です。

さらに言うと、マインドパレス内の「ピンク…」的な例の階段を上り、目を覚ます寸前にシャーロックが触れた壁は2人のフラットの壁です。その懐かしい壁に指が触れた途端、実際のシャーロックの指もピクッと動き、心臓が動き始め、目を開けたシャーロックの全身を眩しい太陽のような光が包み込みます。ジョンはいないどころか、光という形で存在していたのです。

なるほど…と納得できる考察でした。

それにしてもHLVは、シャーロックどれだけジョンを愛してるの…と改めて衝撃を受ける回でした…。
>Unknown (Yam Yam)
2020-06-01 17:50:58
naonaoさん、はじめまして。
古い記事に辿り着いて下さって有難うございます。
もう5年半以上前に書いたのですが、常にご訪問頂いていて、久し振りに自分でも見直してみるとアチコ
チ不細工な点があった為、内容は変えず記事の体裁だけを調整して再掲致しました。
BBC版はもう9年以上前になりますでしょうか、最初に観て以来重傷患者となり それ以来毎日毎日DVD
を擦り切れる程←擦り切れない?(笑)観て、セリフもすっかり覚えてしまったもんです。 
S4の記事を書き終わって以来4年近く”シャーロック”はすっかりご無沙汰状態でしたので、自分でも懐か
しく再掲させて頂いた次第です。

シャーロック(ホームズ)とジョン(ワトソン)の関係は正典から色々考察され続けているポイントでしたが、
”シャーロック”放送時に取りざたされていた様なJOHNLOCKや腐女子的視点は余り好きではありません
でした。 
ご提示頂いたファンブログの考察はなかなか興味ある、納得できる視点ですね。
HLVで瀕死の状態であったシャーロックのマインドパレスに居たモリーとアンダーソンは、自分の置かれた
状態を理解する上での存在であったのでしょう。
又マインドパレスの奥底に捕え込んでいたモリアーティーから”John Watson is in danger”と言われ、螺旋
階段を上り、221B を思い浮かべる事で必死に生きる気力を振り絞り、ジョンの為に生還しようとするシー
ンは大好きでしたし、何度観ても感動して涙が・・・。 
それやこれや考えると、確かに「ジョンが光と言う形で存在していた」、「生きる意味すべてであった」と言う
指摘は納得出来るし感動的でありますわね。 

仰る通り、HLVではシャーロックの心の中で如何にジョンが大切で大きな存在である事を感じましたね。
何と言っても唯一シャーロックを”親友”と言ってくれた人ですからねぇ。
兎に角色々な意味で衝撃的なエピソードでした。
ご丁寧なコメント有難うございました。 お陰で久々に色々思い出させて頂きました。

コメントを投稿

BBC SHERLOCK」カテゴリの最新記事