That's awesome

海外ドラマや映画の感想いろいろ書いてます。

Sherlock 4-1 トップページ

2017-02-19 10:09:50 | Sherlock S4E1
性懲りもなく全訳マラソンを始めてしまいました。
相変わらずのとんでも意訳、誤訳だらけです。
最後まで完走できるかも怪しいですが頑張りますのでしばしお付き合いいただければ嬉しいです。


さて、ネタばれ回避組にとってはとんでもない地雷になってしまいそうなので
いつもの通りしばらくは過去に埋めてUPいたします。
これがトップページになりますのでここのリンクからお入りください。

過去に埋めるのが面倒になってきたのでひとまずPWつきのフォルダに入れました。
これだと表には出ないのでネタバレ回避の方の目にも入らないかなと。
PWは小文字で「sh」になります。

2/19(日)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その11


2/13(月)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その10


2/9(木)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その9


2/6(月)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その8


2/4(土)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その7


2/2(木)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その6


1/30(月)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その5


1/25(水)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その4



1/21(土)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その3



1/18(水)UP:
The Final Problemの感想をちょっとだけ書きました。
こちらからお入りください。
Sherlock 4-3 The Final Problem ちょっとだけ感想

1/13(金)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その2



1/9(月)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その1





感想も同じくPWつきに移動していますのでこちらからお入りください。
PWも同じ「sh」です。

Sherlock 4-1 The Six Thatchers ちょっとだけ感想

Sherlock 4-2 The Lying Detective ほんのちょっとだけ感想です。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

時間のなかの子ども

2017-02-17 17:25:59 | Benedict イベントとインタビュー
イアン マキューアンの小説「時間のなかの子供」を、
ステファン・バチャード脚本でベネディクトが主演するというアナウンスがありました。

記事はこちらから。
BBC MEDIA CENTRE

Pinewood Television と SunnyMarch、MASTERPIECEが共同制作するようです。
BBC Oneで放送するドラマ、なんでしょうか。

SunnyMarchの共同設立者としてベネディクトが声明を出しています。
「数年前に小説を読みずっと心に残っていた。
深く、美しく、そして胸に迫るものがあった。
イアン マキューアンだけが内情を正直に話すことに伴う喪失について書くことができた。」
「SunnyMarchとして制作する最初のドラマがこの作品でとても誇らしい。」
↑なんか難しくてちゃんと日本語にできませんでした・・・(泣)

イアン・マキューアンはあの「つぐない」を書いた方なんですね。
つぐないと言えば、何度も書いてしまいますが
この人を見て、シャーロックはベネディクトしかいないと言ったモファットさんは本当に神様だと思う。


「時間のなかの子供」
まだあらすじも読んでいませんが、レビューを見る限り、難しそうな内容でした。
子どものケイトを誘拐されてしまう主人公のスティーブンを中心としたストーリーのようですが
さまざまな登場人物やシチュエーションが現実なんだか非現実なんだかよくわからなかったりします。

つぐないも相当救いのない話でしたがこれもそうなのかしら・・・
しかし相変わらず一筋縄ではいかない作品なんですね。

しかし、
ドラマだと日本での放送は・・・どうなんでしょ。
せめてDVDにはしてほしいです。

そういえば、マーティンもトムヒも映画にもドラマにも出演しますよね。
アメリカはドラマ役者と映画役者がとても明確に分かれているような印象ですが
英国はそんな事ないのかしら。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Sherlock 動画

2017-02-15 22:01:43 | Sherlock動画
去年、「The Abominable Bride」で動画を作ったのですが
Youtubeにもdailymotionにもブロックされてしまったのでずっとお蔵入りしていました。

でもS4が公開されたしそろそろ大丈夫かな?と先日Youtubeで再度トライしてみましたが
やっぱりブロックされてしまうのでVimeoにUPしました。
初Vimeoです。

一度クラシックで動画を作りたいと思っていたらちょうどビクトリア時代のシャーロックが出たので
ヴィクトリア時代と言えばクラシックかなーと思い調子に乗って作ってしまいました。

各曲おつまみ程度に全6曲入っています。
ちょっと詰め込み過ぎて時間も5分超えてしまいました。
かなり試行錯誤したわりには相変わらず残念な完成品です。

お蔵入りしていた期間が長かったのでセリフ入りとか字幕入りとか曲名入りとか
いろいろなバージョンを作ってみましたが今回はセリフ入り字幕なしバージョンです。

下記からどうぞ。
Classical music for Sherlock


曲名リスト。

Mozart - Symphony No 25 In G Minor, K 183, 1st Movement
モーツァルト:交響曲第25番ト短調K.183 第1楽章
※映画アマデウスのオープニング曲です。
これを聞くとなんだかワクワクしてしまいます。

Bach - Fugue in G minor BWV 578
バッハ:小フーガ ト短調 BWV578
※ゴシックホラーといえばバロックかなーと思って入れてみました。

Verdi - Requiem- Dies Irae
ヴェルディ:レクイエム 怒りの日
※この曲はいろいろな映画に使用されてます。
有名なところではエヴァンゲリオンとかバトルロワイヤル?

Dvorak - From the New World Symphony, fourth movement
ドヴォルザーク:交響曲第9番 新世界より 第4楽章
※第2楽章は「遠き山に日は落ちて」で馴染みがありますが、第4楽章の冒頭が劇的ですごく好きなんです。
少し雰囲気に合わないような気もしましたが無理やり入れてしまいました。

Mozart - Requiem Lacrimosa, K 626
モーツァルト:レクイエム ラクリモサ K626
※この場面の曲はいろいろ迷ったんです。
一度「G線上のアリア」で作ってたら、何だかすごく悲しくなってきたのでこちらにしました。
子犬にモーツァルトを聞かせると頭が良くなるらしいですよ。
子犬に効果があるんだから人間にだって効果があるんじゃないかと思ってたまに聞いています。

Beethoven - Symphony No.9 in D minor, fourth movement
ベートーベン:交響曲第9番 ニ短調 第4楽章
※これもかなり無理やり入れていまいました。
合唱の前のこの部分がかなり好きです。

Ravel - Bolero
ラヴェル:ボレロ
※ラストはこれにしようと決めていました。ゆるやかで軽快な曲がいいかなーと思って。
でもボレロのラスト部分を入れたら全然ゆるやかじゃなくなってしまいました。くすん。
この曲はスネアドラムから始まりますが、最後までずーーーーっと同じリズムを刻んでいて、
私なら絶対プレッシャーに負けてグダグダになるんだろうなといつも思います。


以上です。

昔作った動画を見るのは結構勇気がいるんですよ。
昔描いたまんがとか昔作った詩とかいろいろあるじゃないですか。
それと一緒で、穴があったら入りたい状態。
そしてすごく直したい衝動にかられますが今はそんな事をやってる時間もないので
恥ずかしながらUPしてしまう事にしました。

それでは、この辺で。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

Doctor Strange 動画いろいろ

2017-02-11 12:41:27 | Marvel
海外ではDVDなどのメディアが発売されたので
削除シーンやBloopersがドドドっと出てましたね。
日本はまだ公開中だというのに・・・この取り残され感、何とかしてほしいー。


発売の伴って削除シーンやNGシーンの動画が公開されYoutubeにもたくさんUPされていました。
このところ記事とか全然チェックできていなかったのでそれも含めて忘備録です。

動画はネタバレになるのでリンクのみ。
てか、全部リンクのみなんですけど。

NGシーン公開はさすがマーベルですよね。期待してましたとも。
シャーロックももっと公開してほしいわ。
余談ですが、NGシーンシャーロックは「Outtakes」ってなっていましたが
アメリカは「Bloopers」とか「Gag Reel」が多いような気がしますが違いがよくわかりません。

この動画のタイトル、全部踏襲してるし・・・・
DOCTOR STRANGE Gag Reel - Bloopers & Outtakes
それにしてもベネディクトはダンスしないと気が済まないの?(笑)

削除シーン1
マーベルベルギーってなってるのだけどこの字幕は・・・オランダ?よくわかりません。
Strange Meets Daniel Drumm

Kaecilius Searches for Answers

Making Contact

↓これ、最高です。なぜ削除?もったいない。
Lost In Kathmandu


こちらにまとめ動画もあります。
DOCTOR STRANGE BLOOPERS + DELETED SCENE | Marvel Movie 2016 Blu Ray Trailer

こちらの記事にある「カーマタージの中庭」が見つかっていません・・(汗)
『ドクター・ストレンジ』さらなる未公開シーン登場!

ビハインドシーン。
しかしストレンジ関連は公開されている動画が膨大すぎるわ(泣)
Doctor Strange' Behind the Scenes
Doctor Strange: Behind the Scenes Movie Broll - Benedict Cumberbatch

ティルダさんが本当にかっこよくて、特にこの場面が大好きでした。


こちらは記事です。
先月になりますがPenのマーベル特集、買おうと思って買ってない・・・
詳細が掲載されています。
個性豊かなヒーローたちが大集合、 Pen+「マーベル最新案内」が発売されました。


↓先日ごるちゃんが「dicoさんが書いたの?」って送ってくれた記事。
書いてないし、そんな事思ってないし。
マーベルの新作『ドクター・ストレンジ』は豪華キャストがそろい踏み

これは約1年前の記事なのですが、今頃読んだ私。
この動画を探したんだけど見つからず・・・GIFなのかな。
ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジの小ジャンプ、ネットで散々ネタにされる

つまり私はネタ動画が大好きなんですよ。
で、今回ご紹介するのはこちらの「Weird Trailer 」
いやー、すごいですね。よく作るなあと感心しながら見てました。
こういうの嫌いな方は観たいほうがいいかも。結構ブラックです。
DOCTOR STRANGE Weird Trailer by Aldo Jones
ついでにCACWも。うかつにも笑ったわ。
CAPTAIN AMERICA CIVIL WAR Weird Trailer by ALDO JONES

最近、一番笑ったのはこれなんです。
最高でしょ。


コミックブック屋さんを訪れたベネディクト、監督のコメント付き。


監督のインタビュー。こちらは英語です。しかも長いです。
でも面白そうなのであとで頑張りたいかなー・・・いつか(笑)
Doctor Strange director Scott Derrickson on creating those jaw-dropping visual effects


これは次にソーのキャストをまとめた画像。
ここに入ってるだけで感動しました。

(via @thebestofmarvel)

最後にベネディクトも出演しているエルボーの「Gentle Storm」
Elbow - Gentle Storm

それではこの辺で。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドクター・ストレンジ鑑賞(ネタバレなし)

2017-01-28 09:09:56 | 映画+Benedict Cumberbatch
何と今回は初日に行くことができました。
びっくりびっくり。
これもごるちゃん、Rちゃんのおかげです。いつもありがとう。


さて、前日にチケットを購入した時はかなり空席がありましたが
当日はほぼ満席だったのでちょっと安心(私が安心してどうするんだ)
ちなみに日本橋TOHOで3DのDOLBY-ATMOS。
実はDOLBY-ATMOSは初体験な私。本当に天井にスピーカーがありました。

いや本当は2Dで観たかったのよ。
インセプションな映画を3Dで観たら確実に酔いそうだし。
酔ったらどうしよう・・・と少々不安を抱きながらも映画が始まりました。

冒頭の引き込まれそうなリアル感に、ちょっとヤバいかも、と思いましたが
そう思ったのは始めだけで全然大丈夫でした。

そんなわけで今回はネタバレなしのただの感想をちょっとだけ。

何といってもやはりマーベルはオープニングが最高ですね。
NEW Doctor Strange Marvel Intro Logo 2016 HD (Phase 3)

ストーリーも壮大ですが何といっても映像が本当にすごいです。
お金かかってるなあ。そして役者は大変だなあとも思いました。
ベネディクトも言っていましたがそれだけすごいアクションでした。

ヒゲディクトだし白髪もあってかなり老けてる印象でしたが、
それでもやっぱりベネディクトの演技にはいつも引き込まれてしまいます。
退屈させない魅力があるとあらためて思いました。


もちろん、
ベネディクトだけではなくマッツさんやティルダさんなどみなさん素晴らしかったです。

ちなみに、
つい先日ローグワンを観に行ったのにふたりともマッツさんに気づかなかったご様子。
さすがに違い過ぎるか・・・
「ローグワン」


「Dr.ストレンジ」


もちろんスタンリーもちゃんと出ていましたし
NYにはスタークインダストリーズのタワーもちゃんとありました。

最後まで飽きさせないのはさすがマーベル映画と思いましたが、
難を言えば、ちょっと短時間で詰め込み過ぎなのかなという印象。
それぞれのキャラクターの強さとか凄さがイマイチ伝わらなかったような気がします。

トレーラーに出ていた場面がなかったりしたので結構カットしたのかもしれません。
もう少し掘り下げて欲しかったかな。

それはまた次回に期待するとして、
ストレンジさんもエンディングのあと館内に明かりが点くまで立ち上がってはいけない構造になっています。
もしかしたらこれが一番ネタバレになりそうなので明言はしませんが、
最初のエンディングのあとの映像に思わず小躍りしたくなったのは私です・・・・ふっふっふー。


そうそう、マントも可愛かったです。
これは良いキャラクターでしたよ(笑)てか欲しいわ、これ。


今後、出演が決まっているのはソー3とアベンジャーズでしたっけ。
でもご本人忙しすぎてアベンジャーズの撮影はスタントが多いのだとか。

これからもドシドシ主役のオファーが来そうですね。
派手なハリウッド映画も楽しいですがThe current warのような映画も勉強になって面白いです。

大した感想ではありませんでしたがこの辺で終わります。
先日拾った画像がつい面白かったので。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加