That's awesome

海外ドラマや映画の感想いろいろ書いてます。

Sherlock 4-2 トップページ

2017-03-26 14:15:50 | Sherlock S4E2 Toppage
Sherlock S4E2、「The Lying Detective」の全訳です。


前回同様PWつきのフォルダに入れています。
PWは小文字で「sh」になります。

E1はもう少ししたらパスワードを解除しようと思っています。

誤訳等、多々ありますがご容赦くださいませ。

3/26(日)UP:
Sherlock 4-2 The Lying Detective その6


3/23(木)UP:
Sherlock 4-2 The Lying Detective その5


3/21(火)UP:
Sherlock 4-2 The Lying Detective その4


3/19(日)UP:
Sherlock 4-2 The Lying Detective その3


3/16(木)UP:
Sherlock 4-2 The Lying Detective その2


3/13(月)UP:
Sherlock 4-2 The Lying Detective その1



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Sherlock 4-1 トップページ

2017-03-11 10:11:31 | Sherlock S4E1Toppage
性懲りもなく全訳マラソンを始めてしまいました。
相変わらずのとんでも意訳、誤訳だらけです。
最後まで完走できるかも怪しいですが頑張りますのでしばしお付き合いいただければ嬉しいです。


さて、ネタばれ回避組にとってはとんでもない地雷になってしまいそうなので
いつもの通りしばらくは過去に埋めてUPいたします。
これがトップページになりますのでここのリンクからお入りください。

過去に埋めるのが面倒になってきたのでひとまずPWつきのフォルダに入れました。
これだと表には出ないのでネタバレ回避の方の目にも入らないかなと。
PWは小文字で「sh」になります。



3/11(土)UP:ラストです。
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その19


3/8(水)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その18


3/6(月)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その17


3/4(土)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その16


3/2(木)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その15


2/25(土)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その14


2/23(木)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その13


2/21(火)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その12


2/19(日)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その11


2/13(月)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その10


2/9(木)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その9


2/6(月)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その8


2/4(土)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その7


2/2(木)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その6


1/30(月)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その5


1/25(水)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その4



1/21(土)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その3



1/18(水)UP:
The Final Problemの感想をちょっとだけ書きました。
こちらからお入りください。
Sherlock 4-3 The Final Problem ちょっとだけ感想

1/13(金)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その2



1/9(月)UP:
Sherlock 4-1 The Six Thatchers その1





感想も同じくPWつきに移動していますのでこちらからお入りください。
PWも同じ「sh」です。

Sherlock 4-1 The Six Thatchers ちょっとだけ感想

Sherlock 4-2 The Lying Detective ほんのちょっとだけ感想です。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

01MAR 最近のいろいろ

2017-03-01 22:28:19 | Benedict イベントとインタビュー
久しぶりの動くベネディクトが可愛くて癒されました。


Dr.ストレンジでも出てきていたビヨンセネタです。
BuzzFeed UKのFacebookにUPされた動画ですがBuzzFeedが記事にまとめていました。

Sing Beyoncé With Mouthguards In

マウスガードってマウスピースの事?
最初はなんか痛そうにしていたベネディクトですが実際痛いと思う。
私も歯医者でレントゲン撮るときにこれをはめましたが拷問かと思います。

で、自己紹介をする場面では自分でも笑っちゃってるし。
エネディクト・カンバラッチ?
Single Ladies歌ってるときも最後は笑ってましたけど、ウォンさんはノリノリでした。
最後はノリノすぎてベネディクトがストップかけてたみたいです。


そして
出たみたいですね、正直なトレーラーの「Dr.ストレンジ」
Honest Trailers - Doctor Strange

もちろん何を言ってるかわかりませんが、わからなくても面白かったです。
特に冒頭のRDJネタには爆笑でした。
トニー・スタークに似てる事は映画公開時にも言われていましたが、やっぱりそう思うんですね。
発音もネタにされていました。
あと、キャストの紹介も相変わらずのセンスで面白かったです。
いつか誰かが日本語字幕をつけてくれることを祈っています(他力本願)

話は変わりますが、
パトリック・メルローズを演じることになったんですね。
あちこちでニュースを取り上げていました。


2013年のAMAでこの役をやりたいと言っていたそうなので良かったね。

エドワード・セント・オービンの小説、「 Patrick Melrose novels」は
「Never Mind」「Bad News」「Some Hope」「Mother's Milk」「At Last」の5本で構成されているみたいです。
1本1時間のドラマシリーズとありました。
主人公のパトリック・メルローズの半生が描かれていますがこれもだいぶ暗い話みたいです。

舞台は1960年代のフランス南部、80年代のニューヨーク、2000年代のイギリスで
撮影も南フランス、NY、ロンドンで行うようです。

Sky Atlantic。
Sky Atlantic and SHOWTIME®’s new drama Melrose


BBC。
Benedict Cumberbatch set for playboy role in Melrose


EW
Benedict Cumberbatch taking on new Showtime limited series Melrose

このドラマもSunnyMarchが入っていて、エグゼクティブプロデューサーも務めるようで、
同じくエグゼクティブプロデューサーのアダムさんと共同声明を出しています。

制作はSky AtlanticとShowtimeです。
しかし、上の記事もこの画像でしたがいつまでこの画像を使うんでしょうね・・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

THE 89TH ACADEMY AWARDS

2017-02-27 18:55:27 | 閑話
今日はアカデミー賞でした。
私はWOWOW契約をしていないのでいつもの通りツイッターの実況を見守っていました。
今年はジミー・キンメル司会だし、キャリー・フィッシャーの追悼もあったみたいなので
BSの放送は絶対に見ないとです。
ジミキン、冒頭からとばしていたみたいですね。時事ネタも盛り盛りで。

そして毎年の事ですがオスカーの貼るだけまとめです。

レッドカーペット。

ひさしぶりのヴィゴさん。年を召してもかっこいいです。




エマ・ストーンとフェリシティ。フェリシティはバレリーナ風でかわいいったら。


シャーリーズ・セロンとスカーレット・ヨハンソン。


ライアン・ゴズリング


エディくん。


そしてキャップとホークアイ。


キャップ。


プレゼンターとしても登場。
となりはキングスマンのガゼルを演じたソフィア・ブテラ。ガゼルは恐ろしかったですー。


ジミーVSマットまとめ。

ジミーキンのツイート。


マットのインタビュー。
「彼は才能ないけど、最高のライター達がいるからね」のような感じ?

プレゼンターとして登場したベンとマット。
しかし、紹介が
「2度のアカデミーを受賞したベン・アフレックとゲストです」とか
名前を言ってもらいないマット。
しかも、マットが話し出すと終了の音楽が鳴りすという徹底ぶり。最高。

これはグッドウィルハンティングの時ですかね。
若い、かわいー。


今年はラ・ラ・ランドが本命視されていましたが、ふたを開けてみれば苦戦でした。

コスチュームデザインはファンタスティックビーストでした。
これは嬉しかったです。すごく細部まで拘りを感じました。


主演男優がベン・アフレックの弟、ケイシーでした。
すぐにお兄ちゃんがかけより後ろのマットの嬉しそうでした。


主演女優はエマ・ストーン。


エマのスピーチを見守るライアンさんの目が劇中のセバスチャンのようだと話題に。
優しいですね。


そして作品賞の発表で前代未聞のアクシデントがありました。
プレゼンターは往年の大スターウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイ。


最初に発表されたのは「ラ・ラ・ランド」。
キャストやスタッフが壇上に上がりましたが、これが間違いだったと判明。
実際は「ムーンライト」でしたが、スタッフが誤って封筒を渡してしまったとか。
その封筒は主演女優賞の封筒らしいのですが、中を見たウォーレンがとまどっているのがわかります。


こちらはウォーレンの説明まで入っています。
変だな?と思ったらそこでちょっと止めてればよかったとは思いますが、
彼もとばっちりな感じでかわいそう。


それでもさすがアメリカはハリウッド、最後はきちんとまとめたみたいですね。

謝罪文が出たと記事がありました。
http://www.cinematoday.jp/page/N0089942

画像のまとめがこちらに。
http://eiga.com/official/oscar/photo/

そしてこれも毎年思うのだけど、
日本の上映が遅くて知らない映画が多いからイマイチ盛り上がらないの、どうにかしてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間のなかの子ども

2017-02-17 17:25:59 | Benedict イベントとインタビュー
イアン マキューアンの小説「時間のなかの子供」を、
ステファン・バチャード脚本でベネディクトが主演するというアナウンスがありました。

記事はこちらから。
BBC MEDIA CENTRE

Pinewood Television と SunnyMarch、MASTERPIECEが共同制作するようです。
BBC Oneで放送するドラマ、なんでしょうか。

SunnyMarchの共同設立者としてベネディクトが声明を出しています。
「数年前に小説を読みずっと心に残っていた。
深く、美しく、そして胸に迫るものがあった。
イアン マキューアンだけが内情を正直に話すことに伴う喪失について書くことができた。」
「SunnyMarchとして制作する最初のドラマがこの作品でとても誇らしい。」
↑なんか難しくてちゃんと日本語にできませんでした・・・(泣)

イアン・マキューアンはあの「つぐない」を書いた方なんですね。
つぐないと言えば、何度も書いてしまいますが
この人を見て、シャーロックはベネディクトしかいないと言ったモファットさんは本当に神様だと思う。


「時間のなかの子供」
まだあらすじも読んでいませんが、レビューを見る限り、難しそうな内容でした。
子どものケイトを誘拐されてしまう主人公のスティーブンを中心としたストーリーのようですが
さまざまな登場人物やシチュエーションが現実なんだか非現実なんだかよくわからなかったりします。

つぐないも相当救いのない話でしたがこれもそうなのかしら・・・
しかし相変わらず一筋縄ではいかない作品なんですね。

しかし、
ドラマだと日本での放送は・・・どうなんでしょ。
せめてDVDにはしてほしいです。

そういえば、マーティンもトムヒも映画にもドラマにも出演しますよね。
アメリカはドラマ役者と映画役者がとても明確に分かれているような印象ですが
英国はそんな事ないのかしら。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加