norinorimiffyの日記

きょう
だれかに ちょっと聞いて欲しいお話
お届けします  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はやぶさ 遥かなる帰還 (音楽)

2012年02月13日 | Weblog

今年のお正月

BSフジで 「奇跡のピアニスト辻井伸行~夢のカーネギーホールデビューまで~」という番組をやっていました

その中で 彼が 映画「はやぶさ」の音楽を依頼され 苦労する場面がありました

正直 盲目の彼に 映画音楽・・・ わたしは 酷だと思いました

生まれた時から 目が見えない人に 映像を楽しむ映画の音楽

宇宙がどんなものなのか ロケットがどんなものなのか

見たことがなく 映像のイメージがないのに 音楽で表現するなんて・・・

でも 番組の中で 辻井さんはその自分の境遇で 「ぼくには無理」という感じはありませんでした

むしろ そのことよりも 実際に作曲する方法について 悩んでいるようでもありました

それから ずっと 辻井さんが どんな曲を作曲されるのか ずっと気になっていました

それで 映画もまだ見ていないのに

買ってしまいました

映画「はやぶさ」の サントラ盤です

2番目に収録されている メインテーマ(ピアノソロ版)を聴いたとき

わたしは 盲目の彼に映画音楽なんて 酷 と思った 自分の傲慢さを恥じました

彼にとって 見えないことは 普通のこと

見えるわたしは 彼のことを心のどこかで 見えない不自由な人 と 思っていた

だけど 不自由なのは 見える見えないに こだわっていた自分だった・・・

渡辺 謙さんの提案で 辻井さんが作曲するにあたり 台本を役者さんたちの協力で 音声化し 映画のイメージをふくらませ

また 監督さんとふたりで ピアノの前に座って会話しながらの作曲 また 作曲家の山下康介さんの協力も得て

完成した 音楽

 

 僕の音楽が 圧倒的な映像とともに このすばらしい映画の重要なシーンに流れるのは本当に幸せなことです そして何より 渡辺 謙さんをはじめとするすばらしいキャストのみなさん 瀧本監督をはじめとする優秀なスタッフのみなさんと一緒にこの作品に関われたことを誇りに思います」

辻井伸行さんの 言葉です

 

      映画「はやぶさ」予告編で 少し味わうことができます よかったら クリックしてね 「はやぶさ 遥かなる帰還」予告編

 

 

 

 

         

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
« 答えなう | トップ | ふと思いついて 行ってきました »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不思議 (花蓮)
2012-02-13 20:34:16
こんばんは☆

 はやぶさ は、無機質の機械なのに
 なんだか心をもっているような気がして
 しまいます。
 私も、この映画で「はやぶさ」帰還までの
 ドラマをしっくり観たいと思っています。
 辻井さんの音楽と共に…

 言葉では言い表せない なにかを
 もらっている気がしてなりません。
こんばんは (喜サンタ)
2012-02-13 21:56:07
話は少し違いますが昨夜NHKラジオで暗闇を歩くと初めは何も見えないのが回数を重ねると見えてくるようだと言っていました
それは足で感じる地面の凸凹、木の葉が摺れる風の音から感じるものがあるそうです
全盲の方は五感で何かを見えるのかも知れませんね
~~~ヾ ^∇^おはよー♪ございます。 (ケラ)
2012-02-14 06:59:39
はやぶさ 遥かなる帰還 今、テレビで映画の宣伝をしてますね。
その音楽を担当されたのが、辻井伸行さんでしたか? 知りませんでした。
若くても立派な考え方を持っている方だとおもっています。
そして、彼は天才 そのものだと思います。
じっくりと聴いてみたくなりました。

答えなう その言葉の意味を知ると あ~成る程~って思いますけど・・・
何も短縮して表さなくてもって思いますけどね。
辻井さん・・ (koumama)
2012-02-14 07:28:05
何度かTVで曲を演奏されているのを見ていますが
素顔がとてもシャイな人ですよね。
はやぶさの音楽も聞いてきました。あのシャイで温厚なイメージな彼から 壮大なとてもスケールの大きい曲ができる やっぱり 天才なのだと思います。
全盲であっても それゆえに 体全体で音を感じてる それだから余計素晴らしいのかもしれませんね。
辻井伸行さんが (はなこころ)
2012-02-14 10:17:09
ピアノを
弾かれてるんですか・・。

「はやぶさ」
気になって、気になって
仕方ないのですが
去年も、竹内結子さん主演で
映画公開されましたよね~
今回は、渡辺謙さん。
同じ題材・・で
すごいなあ~。って、不思議です。

・・はなこころ
ピアノ (オステリアmama)
2012-02-14 23:18:01
前にはやった「のだめカンタービレ」を
今頃読んでいて
音楽っていいな
またピアノが弾きたいな と思っているこの頃です。

はやぶさの舞台挨拶のときに
渡辺謙さんが ずっと辻井さんを
さりげなくエスコートされていた写真が印象的でした

ピアノと出会って
実は音楽を通じて
見える人よりもたくさんのものを
感じているかも・・・?

前の記事の 「新語」
私もほとんど知らなかったけれど
爆笑でした^^
新しい言葉を考えるセンスってすごい!
音楽への想いが・・・ (ベルママ)
2012-02-14 23:47:54
辻さんに映画音楽を・・・と考えた人って凄いですね。

誰も考えなかった事でしょうけど
きっと辻さんの感性を共感した方なんでしょうね。

目が見えなくても私達以上に色々な物が見えているような気がしてなりません。

辻さんは、これからも素晴らしい音楽と出会えると思います。

映画も評判がいいみたいですね。
是非観てみたいです。
花蓮さんへ (norinorimiffy)
2012-02-15 15:24:21
ありがとうございます

本当に 心を持っているような気がしますね
だからこそ 多くの人々の心を突き動かすのだと思います

喜サンタさんへ (norinorimiffy)
2012-02-15 15:26:27
ありがとうございます

目が見えなくても どんどん情報は入ってきますね
見える人は 見えない人よりいっぱい感じていると想うのは思い上がりで
見えないからこそ 見える人より感じる力を持つことができるのかもしれません
ケラさんへ (norinorimiffy)
2012-02-15 15:29:22
ありがとうございます

そうなんです 音楽を作曲してほしいと言われ
随分 悩んでおられる姿が 番組の中で印象的でした
こと音楽に対しては とてもいい意味で貪欲でしっかりした考えをお持ちだと思います
これからが 楽しみな音楽家さんですね

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事