宮城の農業普及現地活動情報

県内9つの農業改良普及センターから,震災の復旧・復興に向けた取組や,宮城を元気にする農業普及情報をお届けします!

令和元年度「だて正夢」栗原地域栽培塾開催

2019年07月26日 09時26分03秒 | ①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援

  令和元年7月11日、JA新みやぎ築館支店大会議室と現地ほ場を会場に「令和元年度『だて正夢』栗原地域栽培塾」(主催:宮城県米づくり栗原地方推進本部)が開催されました。   これは、みやぎ米ブランド化戦略で掲げる水稲新品種「だて正夢」の高品質・安定生産を目的に、今後の肥培管理の要点について普及指導員が講師となり指導・講習を行ったものです。   当日は、栗原市内の登録生産者を中心に約20名が参加し、まだまだ未知数な部分の多い新品種であることから、参加者一同は、よりよい「だて正夢」が生産・出荷できるよう、今後の管理に万全を尽くすべく、気を引き締めていました。

<連絡先> 宮城県栗原農業改良普及センター 先進技術班  TEL:0228-22-9404     FAX:0228-22-6144

 

 

この記事についてブログを書く
« 大崎の米『ささ結』栽培現地... | トップ | 「井土ねぎ」の地産地消教育... »
最新の画像もっと見る

①先進的技術に取り組む経営体の育成・支援」カテゴリの最新記事