みのハイキングクラブ

友と山に登り、自然に親しみ、心身を健やかに、親睦を深めます。

労山救急救命講習会 2024年2月18日(日)

2024-02-27 | 講習会

 


 労山救助隊積雪期搬出訓練(救急法講習)

 

 2024年2月18日(日)  天候 曇り

 労山参加者総数 (34名)

   大垣労山 3名 アルパインKANI 6名 岐阜ケルン7名 中津川労山 1名 
   多治見ろうざん 4名 瑞浪山の会 2名 
   みのハイキングクラブ 10名

 

講師

  • 【心肺蘇生法】岐阜中消防隊員4名 
  • 【止血法・三角巾法・搬送法・その他】入野K(労山救助隊長)

  

講習内容

                  9:00~

                 全員和室に集合。挨拶の後A・B2班に分かれ①『心肺蘇生法』・②『止血法・三角巾法・搬送法・その他』の講習を受ける事となった。
      みのハイは中津川・多治見・瑞浪の方々と一緒に総勢17名で①の講習から受けた。
              防災会議室に移動。岐阜中消防隊の「一次救命処置は勇気をもって実践して欲しい」等の挨拶の後、
      胸骨圧迫の展示指導を受け、人形を使って100回~120回/分の速さ・5cmの深さでの胸骨圧迫を2分間連続で行うよう指示があり行う。
      結果2分間がとても長く思えると共に、いかに体力を使うかを実感 !

                 10:10~

                 AEDを展示指導後、一時救命処置のフローチャート(安全確認→大声で応援を呼ぶ→・・・・・)にそい練習。
      AED装着時も「離れてください」のアナウンスがある時以外は胸骨圧迫が必要と指導あり。

                 10:45~

               気道異物除去について 咳が出来るようであればまずは咳を促す。背部叩打法を練習した。
     最後に、※日本人は欧米諸国の人に比べ引っ込み思案な人が多い。積極的に一時救命処置に参加して欲しい。
     ※山ではAEDも救急車も間に合わない。山に登る前に何か変だなあ?と
                 体調に異常を感じたら引き返す勇気を持って欲しいと締めくくられた。

               11:00~13:00 (昼食・休憩)

                 13:00~

                   和室に移動  入野隊長とSさん(両名とも岐阜ケルン所属)より指導を受ける。
      止血法 、間接圧迫止血(患部より心臓に近い動脈を強く圧迫する)を学ぶ。
      パルスオキシメータで止血出来てる事を確認しながら 
                   指・上肢の止血を指の根本・肘・上腕・腋窩の動脈を圧迫して練習。

                13:20~

           患部洗浄 ペットボトルの蓋に画鋲等で穴を開けて流すと、少ない水で洗浄できることを確認。

                13:25~

             三角巾の使い方 前腕・下腿・膝関節・距骨関節(足首)・胸部・頭部固定法の練習。

               14:20~

            搬送法 肩をかして歩かせる・背負って運ぶ・後ろから引いて運ぶ方法。ザックを使っての背負い方。
     寝ている人の背負い方。 ストック2本・タオル・テーピングテープで松葉杖作り。 
     ①ストック4本とテーピングテープ。 ②ツエルト・ストック4本。 ③カラビナ・スリング・ツエルトでの3通りの担架作りと搬送を体験。
    皆さん午前中の緊張感から解放されたか、笑顔で、イキイキとした表情で午後の講習を受けて見える様に感じられた。

               15:20~

               終了の挨拶時、みのハイのMさんが、荒島岳で救命処置中の現場に遭遇した体験談を話して下さった。
    ※通りかかった看護師さんが指示を出していたが、同行者は動揺しておられる様だった。
    ※頑強な男性への胸骨圧迫は5㎝も押すことが困難だった。
              ※救命処置への積極的な参加をためらって傍観しておられた方がみえた事等を。
    この体験談で、今日の講習の意味をより深く感じると共に、一時救命処置を皆が出来る様にならなければと思った。


                                      (記録担当 Y・Iさんの報告より)


















 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

労山雪山歩行技術講習会 母袋烏帽子岳(1,340m) 2024.2.4(日)

2024-02-19 | 講習会

 

山行報告

2024年2月4日(日)天候 晴れ 岐阜勤労者山岳連盟 総参加者 25名

 大垣労山 8名 多治見労山 7名 アルパインKANI 5名 みのハイキングクラブ 5名 

感想・雑記

  母袋烏帽子岳にて開催された雪山歩行技術講習会に4団体25名が参加しました。初めにアルパインKANIのK遭対部長の挨拶があり、
事前天気予報の関係と雪不足により疑似埋没体験と滑落停止訓練は中止となり歩行訓練のみを行う説明がありました。
 また、アイゼンやワカンの装着未経験の方をたずねられ、アイゼンについては全員経験済みでしたが、ワカンの装着~歩行未経験者は1名おられました。
しかし、いずれも今シーズンの装着が初めてという方が数名おりました。
その後、登山道を進み積雪量によりアイゼン~ワカンを装着しましたが、
全員が装着完了するまでの時間はアイゼンが約15分、ワカンは25分程掛かりました。
また登山道は積雪が少なく、特に傾斜地は地面の露出箇所が多いため器具を装着した状態での歩行はとても困難でした。
そして段差などでは小股で歩くよう指導を受け、山頂へは12:30分に到着しました。
30分の休憩後下山を開始。
駐車場手前でアイゼンを外し、14:40分全員無事に下山することが出来ました。今回の訓練での発生事例と注意点をまとめてみました。

  事例1  アイゼンの調整不足により歩行中2回ほど外れてしまった。
  注意点 アイゼン、ワカンの点検を事前に行うこと。
  事例2  器具の装着に時間が掛かった。またバンドの末端処理方法がわからない。
  注意点 アイゼン、ワカンの装着を事前に練習すること。
  事例3  アイゼンを持って来たが車内に忘れてしまった。
  注意点 現地到着後、出発前に忘れ物がないか再度確認を行うこと。
  事例4  下山間近でアイゼンを外し、片手に持ちながら歩いた。
  注意点 歩行バランスを取るもの以外は手に持たないこと。
                いずれも事故やケガに結びつく可能性がありますので、安全に配慮をする必要性を改めて感じることが出来ました。
      以上、今回も貴重な体験を行うことが出来ました。
ありがとうございました

【追伸】

母袋烏帽子岳の眺望について、当日は晴れて山頂からは御岳山、ピーク手前では乗鞍や白山などを楽しむことが出来ました

(記録担当 M・Mさんの報告より)

行程

美濃市小倉公園前P7:30==アウトドアイン母袋駐車場8:40講習会9:00~14:40 
雪山装備を使用して母袋烏帽子岳へ・歩行訓練、アイゼン、ワカン装着しての雪山歩行アウトドアイン母袋駐車場15:00==美濃市小倉公園前16:10

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

揖斐川アルプス 城台山(223m)城ケ峰(351.5m)東ノ山(349.5m)西ノ山(404.4m)野村山(228.9m)2024.2.4(日)

2024-01-28 | クラブ山行



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クラブ山行報告

2024年2月4日(日) 天候 雨のち晴れ 参加者32名(女性 20名 男性12名)

CL 松尾さん

 感想・雑記 (Aコース 女性4名 男性2名)

 久しぶりに、クラブ山行へ参加することができ、お天気まで祝福してくれたのか、一日中素晴らしい晴天と歩きやすい山道で、快適な一日を過ごすことができました。  
私たちのAコースは、私のような体力にあまり自信の無い高齢者も含むパーティーに合わせた、配慮された企画でしたので、ゆったりと歩け、少しだけ頑張れば
いいといったピストンでした。それで安心してのんびり歩かせていただきました。登山口になる三輪神社には看板があって「城台山公園」と書いてありました。
この揖斐川アルプスは、岐阜から西濃地域の方々には馴染みのエリアなんだろうなぁと感じました。
 私はここへ来たのが初めてだったのですが、Aコースの最終目的地である城ヶ峰への登りは、けっこうきつくて、やはりここは登山だなぁと、気づきました、おかしいですね。
その山頂からほんの少し歩いたところに「展望地」があって、奥美濃方面のパノラマが一望できました。
 青空に映える雪をかぶった伊吹山から小津権現、飯盛、花房などなどが連なっていて、その場を去りがたい気分でした。
 下山途中の反射板では、日当たりが良く、揖斐川を挟んで町並みと平野が大きく見渡せたので、そこで腰を下ろしお弁当を開くことにしました。
終盤、城台山と三輪神社との中間あたり、少し広くなった道の片隅に、なんと国土地理院の四等三角点がひっそりと設置されているのを
発見したときは、「縦走されるBコースの方達は、忙しくて見た人がなかろうなぁ」と思い、そのとき何だか嬉しくなってしまいました。

(記録担当 S・Aさんの報告より)

 コースタイム

関6:00==三輪神社7:10~7:35・・・城台山8:30~8:35・・・反射板9:20~9:30・・・城ヶ峰10:13・・・展望地10:20~10:25・・・城ヶ峰10:33~10:40・・・
反射板11:20~昼食休み~11:50・・・城台山12:20・・・三輪神社13:10

感想・雑記(Bコース 女性14名 男性8名)

「美濃國(MINONOKUNI)山城トレイル100」というイベントがある。そのごく一部を逆に歩く。
Cコースは大野町運動公園から登山開始、3コースの中で一番のロングコース。A・Bコースは三輪神社横の登山口から。
一足先にAコース組はスタート、Bコース組は車をデポに向かった配車係を待ちきれず・・・。
 天気予報は良く当たり、スタート時、少し残っていた雨も次第に上がり絶好の登山日和に。
城台山山頂にて(揖斐城址として整備されている)Aコース組と合流、集合写真を撮ったのち城ケ峰に向け歩を進める。
気持ちの良い尾根歩きが続く。城ケ峰山頂は20畳ほどだろうか狭く、早々に展望台に向かう。小津権現山、花房山、飯盛山を望む。
左方には伊吹山の姿も。アップダウンの繰り返し、急登も現れるがおおむね歩きやすい道。東ノ山、西ノ山、気が付けば仁坂坂峠に。
この縦走路、三角点が多いなというのが印象に残った。峠からは舗装路歩き、山道は良いが舗装路は苦手という人は多い。
「創造の森」の一角で昼食休憩、展望が良い。遠く名古屋のビル群などを眺めポカポカ陽気の下、お弁当をひろげる。
20分程遅れてCコース組到着。早速集合写真の撮影、デポ車回収の為、配車係の3名が下山開始。Cコース組がお昼を済ませる間、のんびり過ごす。
広い「創造の森」には「待避地」の看板が散見される。待避とは「脇によってそれが通り過ぎるのを待つこと」(大辞林4版)という意味らしいがそれって何?
 謎のままお昼を済ませたCコース組と共に下山開始、事故もなく無事下山した。この後、任意で近くの城山(北方城址)に登る。公園として整備されている。
そのまま帰路に就いた人も若干名。山城トレイルはこの城山が始発点。

(記録担当 A・K

(Bコース)コースタイム

関6:00==大野町運動公園6:50~7:00==三輪神社7:10~7:50(車デポ)・・・城台山8:15~8:40(集合写真)・・・城ケ峰9:25・・・
展望台9:30~9:45・・・東の山10:10・・・西の山11:00・・・仁坂坂峠11:20・・・創造の森11:50~12:55(昼食・集合写真)・・・登山口13:30
 

感想・雑記(Cコース 女性2名 男性2名)

木道で始まる遊歩道は雨露に濡れているので滑らないように注意。杉や竹のなだらかな林道を5分。
その後すぐに岩場の急登が20分程、私にはかなりのスリリングポイント。
尾根道の緩やかなアップダウンを繰り返した後、鉄塔あたりからは青空が広がり、
城ケ峰に向かうと雪化粧の花房と飯盛山も望めて最高。
道中に出会ったのはイベント下見(美濃國山城トレイル2024.03.03開催)の2組のみの静かな山だった。 

(記録担当 M・Cさんの報告より)

コースタイム

大野町運動公園7:03・・・野村山7:35・・・牛洞峠8:14・・・鉄塔8:14・・・城ケ峰9:30  ( 以下Bコースタイムの20分遅れ)

 









(地図提供 A・K)

(地図提供 A・K)

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼津アルプス 高草山(501.0m)大ベラ山(310m)満観峰(471m) 2024.1.14(日)

2024-01-08 | クラブ山行




クラブ山行報告

2024年1月14日(日) 天候:晴れ 参加者31名(女性21名 男性10名)

CL 森Mさん

感想・雑記

 今日は、バス1台・車2台で焼津迄の長距離の為、市役所を5時30分に出発です。
徐々に朝焼けがとっても綺麗に成り予感通りの快晴に恵まれました。
自家用車(Aチーム)は一足先に到着し、先に歩き始めていました。
マイクロバスチーム(B・Cチーム)は駐車場でみかんの購入とトイレに時間をとられ、慌てて出発。
花沢城址入口辺りからアスファルトの登り道が続き、途中途中に眼下に広がる焼津の街並や太平洋の素晴らしい光景を満喫。
登山道になってからは、花や草木に早い春が訪れて居るのを感じながら登り、高草山山頂近くになって富士山が木々の間から見え始めました。
高草山(東峰)に到着してからは大きな富士山の素晴らしさに大感動し、そこから5分程の西峰に向かいソロモン群島戦歿者の慰霊碑にお参りし、高草山を後にしました。
まだまだ、木陰に入ると肌寒く、大ベラ山を過ぎて鞍掛峠を越えた付近でAチーム(自家用車組)と合流し満観峰にジャスト12時に到着。
山頂に着くと、正面に富士山の雄大で優美な姿に大感銘しながら集合写真を撮る。
 広大な裾野から伸びる伊豆半島、綺麗なアーチ状に沿った区々や峰々、御前崎や光り輝く太平洋、見渡す限りの大絶景に大満足。
正に観が満たされる峰でのランチタイム。
名残惜しさが続く光景を後に下山開始。
途中、先人の方々のご苦労がひしひしと感じられる廃虚と化したみかん栽培時の運搬用のレールや大きな貯水タンクを目の当たりにした。
そして、伝統ある花沢の里を通り、全員無事登山口駐車場に下山する事が出来ました。
予定より少し早く下山出来たので、焼津魚センターに立ち寄り帰路に就きました。
今日は、絶好の山行き日和の中、CL、SL、諸役の皆々様、大変、お疲れ様でした。有り難う御座いました。

                                                                                                                                   (記録担当 M・Sさんの報告より)

コースタイム

関5:30==富加関IC==浜松SA==藤枝岡部IC==花沢の里観光駐車場8:00 
スタート8:30…君津観光トイレ…高草山(東峰)10:10~10:20…(西峰)10:35…(東峰)10:35…大ベラ山…鞍掛峠…満観峰12:00~12:50…鞍掛峠…花沢の里…君津観光トイレ…花沢の里観光駐車場14:30==焼津さかなセンター(14:40~15:20)==藤枝岡部IC==岡崎SA==富加関IC==関18:00







(写真提供 F・Yさん)

(地図提供 A・K)


(地図提供 A・K)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本城山(423m )・大仏山(434.5m)・高沢山(350m)2024.1.7(日)

2024-01-04 | クラブ山行

 



 

クラブ山行報告

2024年1月7日(日) 天候:晴れ 参加者41名 (女性20名 男性 21名)

CL 河津さん

 

感想・雑記                       

年末は暖かく元旦は晴れ、日中も12度と穏やかで良い一年の始まりと思われたが…
午後4時過ぎ能登地方を地震が襲った。多くの犠牲者を出す大惨事となった。
亡くなられた方のご冥福を心からお祈りいたします。今日はクラブの新年互礼会登山で美濃の清水寺と言われる『高澤観音』に向かった。
正式には日龍峯寺と言う。『龍』は今年の干支だ。縁起がいい。鐘を撞き今年の山行の無事を祈る。
高沢山へは杉林、雑木林を登ると20分程で着いた。道は良く整備されている。そこを過ぎると尾根道に出た。
落ち葉の積もった柔らかな比較的平坦な道を進むと大仏山(おおぼとけやま)だ。
高沢古道と言うらしい。あちこちに石仏があり高澤詣での人々の安全をやさしく見守っている。
 山頂に近づくと小野城跡の堀切や土塁、井戸や石垣跡があり山城の面影がうかがわれる。
小野城は室町時代に美濃守護代斎藤氏が築いた城であり、城主は斎藤宗久。
小野山合戦の後廃城になったと伝わる。急登を登りきると『本城山』山頂に着いた。黄色の旗が青空に映える。眺望がいい。集合写真を撮る。
山頂から少し下った広場でセレモニーを始める。
 能登半島地震被災地の方々を偲んで黙祷し、世話人代表の“がんばろう、いただきます”の声のもとノンアルワインで献杯した。
Wさん手作りの『豆パン』が美味しい。
今年もマメに山に登れますよう願いがこもっている。自粛してイベント内容は1/3に縮小したが楽しい一時が過ごせた。
CLを始め 各担当者、セレモニーのお世話をして頂いた方 ご苦労様でした。

                                       

コースタイム

関7:25==高澤観音登山口駐車場7:55…高澤観音8:05~8:35…高沢山8:50

…大仏山9:35…本城山山頂10:20…セレモニー10:35~11:45…大仏山12:15…

高沢山13:00…高澤観音13:10…高澤観音登山口駐車場13:20==関14:10





(写真提供 M・Mさん)


(地図提供 A・K)

(地図提供 A・K)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする