賛美大好き、お花大好き

日々の出来事。教えられたこと。感動したこと。

雨の中で

2009-02-27 21:50:09 | お花
冷たい雨の降る寒い一日でした。

東京では雪が降ったそうです。

この一週間は雨が降り続いて、
青空を見ることができませんでした。

お花はやっぱり青空が似合うと思って、
写真が撮れないと残念に思っていたのですが、
雨にぬれたきれいなお花を見つけました。

すぐ近くにあって、いつも通っていたのに
気が付きませんでした。



まっ白な椿の花

なんという白さでしょう!

もうひとつ白い花。

郵便局の近くの歩道にところに咲いているクリスマスローズ。

その近くの家の方が植えて、手入れをしておられるようです。



生き生きとした葉の緑の鮮やかさと、
下向きにけなげに咲く白い花。

きれいなお花に出会えて、雨でも元気が出ました。

コメント

小さな国際交流

2009-02-26 20:51:08 | 音楽教室
今日のレッスンは韓国人のTさん、
元気な姉妹M、Rちゃん。

幼稚園の先生をしていたというTさんは、
ある程度ピアノも弾けるので、
ちょっとしたヒントでどんどん上手くなっていき楽しみです。

あとは練習次第で、曲をまとめられたらいいと思います。

教会で歌っているゴスペルなども持ってきて、
「これをちょっと見て欲しいです。」と。

Tさんが終わりかけた頃、
M,Rちゃんがやってきました。

戸を開けながら
「アンニョンハセヨ!」
と韓国語であいさつ。

あまりの元気の良さに、思わずにっこり。

Tさんと、M,Rちゃんが毎週顔を合わせるようになり、
よい交わりがもたれています。

「チャルガ!」

「チャリッソ!」

親しい人同士のあいさつで、
日本語の「バイバイ」という意味なのだそうです。

少しづつTさんが教えてくださるので、
M、Rちゃんといっしょに韓国語も練習できて、楽しい木曜日です。



コメント

久しぶりにNさんから

2009-02-25 20:47:14 | 友人
3日も雨が続いたので
そろそろ青空が見たくなってきました。

今のときは、じっと待つ期間なのかもしれません。

暖かくなったら、畑やお花の種まき、植え替えなどで
また忙しくなることでしょう。

昨日夕方、友達のNさんから久しぶりにお電話をいただき、
近況を知ることができました。

風邪が長引いて辛かったとのこと。

ようやく具合が良くなって電話を下さったのでした。

うちのNくんと同級の息子さんは仕事にがんばっているそうですし、
娘さんのMちゃんは来年の大学受験をめざして勉強中。

そのMちゃん、この前バレンタインデーに
手作りのチョコレートを持ってきてくれたのでした。

あまーく、やさしい味でした。

素直な良い子たちで、心から応援しているご家族です。








コメント

支えてくださる主

2009-02-24 11:25:22 | 信仰
昨日は一日雨が降り続いていたので、
静かに過ごしていました。

寄せられたいくつかの祈りのリクエストを覚え、
何をする時も祈り続けていました。

今日になって、メールやお電話をいただき、
やっぱりイエス様は生きて働いておられ、
愛する者たちに良くしてくださっていると
確信しました。

私たちは、突発的に起こる様々なできごとに驚きますが、
強い主の御手が支えていてくださるのです。

良いものを与えようとしておられる方に祈るのは、
楽しいことです。





コメント

主の証し人

2009-02-22 20:34:27 | 教会
今日の礼拝には、
国際ギデオン協会のIさんが証しに来てくださいました。

不思議なことに、Iさんと同じ教会のメンバーで、
Iさんをこのギデオン協会に誘ったKさんという方は、
主人の父と戦友だったということです。

Kさんはかつて、この近くに自営の会社をもっておられ、
私たちが開拓伝道を始めたことを父を通して知って
訪問してくださり、励ましを頂いたことがありました。

また、私自身、学生時代にギデオンの聖書を頂いたことがあり、
それから数年後に教会に行くようになって、
イエスさまの救いに預かったことを考えると、
主の導きを感謝せずにはいられません。

1950年に始まった日本での聖書配布は、
昨年5月までに合計34073493冊ということでした。

仕事をリタイアしてからは、のんびり余生をと考えるのが普通でしょうが、
それだけでは満足がないと語っておられました。

なにか主のために・・・

信仰の大先輩として、良き足跡を示しておられます。


お昼も共にして、楽しい交わりを持つことができました。

W兄が作ってきてくれたマヨネーズを使わないヘルシーサラダや
B兄差し入れの肉まんも、私の用意したカレーに不足分を補ってくれ
感謝です。



コメント

きょうの我家

2009-02-21 22:00:44 | 家庭
よく晴れた土曜日。

予報では荒れるようなことを言ってましたが、
暖かく、お出かけ日和です。

夕べ遅く、洗濯物をかごいっぱい持って帰ってきたMくん。

洗濯係りの母はベランダいっぱい、洗濯物を広げます。

一方、私はMくんと、
忙しい主人に代わってホームセンターに買い物に。

灯油4缶と洗濯用洗剤、鉢や野菜の種、霧吹きなど・・・

先回、五目ごはんを冷凍にして持っていったMくん、
2週間で食べきったそうで、
今度は白いごはんも欲しいと。

同期で入った会社の友人たちも、
やはり外食の回数が減っているそうです。

毎日ごはんを炊いて、
チャーハンにして食べている友達もいると聞きました。

大変でしょうが、
若いときに厳しい現実を経験するのは良いことだと思います。

夕方、Mくんお持たせ用のごはんとおかず作り、
我家の夕ごはんを準備。

喜んで食べてくれる人がいるのは、感謝なことです。







家の中に取り込んだロベリアの苗






コメント

今日は歯医者さん

2009-02-20 20:26:35 | 生活
いつもはあまりお医者さんに行くことの少ない私ですが、
最近目の調子が悪く、眼科に
花粉症が始まって、耳鼻科に、
そして今日は歯医者さんと、お医者さん通いが続きます。

目の方はだいぶ良くなってきて、
コンタクトレンズも少しの時間なら、入れられるようになりました。

ただ、前のように夜遅くまでは入れないようにして、
できるだけ早くはずしています。

花粉症も薬を飲んでいるので、
症状は軽くなりました。

歯科は定期健診で、歯石を取り除いて、
きれいにしてもらっています。

入れ歯は、母を見ていると大変そうなので、
一生自分の歯で食べられたらいいのですが。

定期的に歯医者さんに行って、
自分の歯を大事にしていきたいと思います。

コメント

ロベリアの苗

2009-02-19 21:43:59 | お花
ベランダで育苗中のロベリアに
そろそろ小さな蕾が見えてきました。

去年は何回も伸びた茎を切りましたが、
今年は切らないでそのまま育てています。

とても元気のいい苗とそうでないものと、
ばらつきがあるのは、
素人の悲しさでしょうか?

冬の間、外でがんばってきたロベリアですが、
元気な苗だけを選んで家の中に入れてあげることにしました。

少し早くお花を咲かせることができると期待しています。

コメント

春から中学生

2009-02-18 21:22:58 | 音楽教室
今、ピアノにきている生徒のうちYくんとSちゃんの2人は、
この春から中学生になります。

がんばってピアノを続けてきましたが、
Sちゃんはもう3月でやめることに決めています。

あまり家での練習はしなかったので、
進み方としてはのんびりでした。

でも、最後になにか記念になる曲をと相談して選んだのが
「人形の夢と目覚め」

今までの調子でこんなに長い曲を仕上げられるかなと
ちょっと心配も。

ところがSちゃん、この曲気に入ったらしいのです。

この曲の一部が、
Sちゃんの家のおふろのリモコンに使われているとか。

相変わらず時間はかかりますが、熱心に楽譜とにらめっこしています。

途中のため息やあくびがなくなりました。

好きな曲と出会うとこんなに違うものなのでしょうか?

ならばもっと早くそういう曲を紹介してあげれば良かったと
今更ながら私の力不足を残念に思います。

一方Yくんの方は止めるか、続けるか、まだ迷っているそうですが、
いずれにしても、本人の意思で悔いのない決断ができればいいと思います。

2人が中学の制服を着たらどうなるのかなあと
思い浮かべて、楽しんでいます。








コメント

H先生ご夫妻を訪問して

2009-02-17 20:47:19 | 生活
昨日は東村山教会を訪ね、
介護施設におられるH元牧師先生ご夫妻に会いに行きました。

教会に行き始めたばかりの頃から、
何も分からない私たちに色々教え導いてくださいました。

また、開拓伝道に出てからすぐに訪ねてきてくださり
お祈りと励ましをいただいたことは忘れることができません。

今はご高齢となられましたが、
平安な老年を全うしておられます。

用意していったピンクのミディ胡蝶蘭を差し出すと、
「まあ、きれい!」
とH夫人。

H夫人はランの栽培が上手で、
よくデンドロビュームの挿し木をやっておられました。

その頃はまだ、私は子育て真っ最中で、
お花は好きでも、栽培などやる余裕もなかったのでした。

H先生とごいっしょに愛唱歌である
「青い目の人形」や
「月の砂漠」を歌い、
牧会の中で起こったいろいろの出来事を
お聞きすることができました。

楽しくて、お話は尽きないのですが、
あまり長居をして、お疲れになるといけないので
お祈りをし、
またの訪問を約束して、失礼することに。

「教会が祝されるように祈ってますよ。」
と心強い励ましをいただきました。

感謝に満ちたお交わりでした。











コメント