賛美大好き、お花大好き

日々の出来事。教えられたこと。感動したこと。

洋服作り

2019-03-09 21:43:37 | 洋裁

もうすぐ2才になるKちゃんに簡単な洋服を作っています。

今洋裁のH先生が忙しく、頼れないので、今まで習ったことを思い出しながら、自力でやってみました。

袖もない簡単なデザインですが、きれいに作ろうと思うとなかなか大変で、洋服一枚も無駄にできないと思いました。

それでも作りながら、先生が教えてくれたことを思い出します。

首回りや袖回りのカーブの部分を縫うときの注意や、端ミシンのかけ方など、習ったことが無駄でなかったから良かったです。

だんだん形になってくると、Kちゃんが着た姿を想像して楽しくなってきます。

ちゃんと着れたらいいのですが・・・


コメント

H先生宅へ

2019-01-16 21:49:12 | 洋裁

新年初めて、H先生宅へ洋裁に行ってきました。

お正月に風邪を引いて寝込んでいたというH先生。

今まではあまり風邪とは縁がなかったのに、重い症状で、しかも長引いているということです。

今シーズンの風邪の特徴でしょうか?

Wさんにいただいた布で春物スカートが、もうすぐ出来上がりそうです。

コメント

洋裁

2018-11-21 21:37:44 | 洋裁

Y先生のお宅に、洋服作りに行ってきました。

もう何年もY先生に教えていただいて洋服を作っているのに、まだ一人では作ることができません。

が、足ふみミシンがけが上手くなったとY先生。

今までやってきたことが無駄でなかったと感謝しました。

 


 

 

コメント

洋裁

2018-11-08 22:17:48 | 洋裁

H先生のお宅へ、洋裁に行ってきました。

Wさんからいただいた布が座布団カバーに、こんどはスカートにと、どんどん形になっていきます。

H先生のおかげで、楽しく洋裁ができて感謝です。

今日の洗濯物を見てびっくりしたことが!

主人のパジャマのえりがすり切れてきていて、おまけに背中の見ごろの真ん中がたてに布が裂けていました!

長く着ていて、身体になじんでいるので着やすくていいのだそうですが、布が裂けてしまっているので、切り刻んで使い捨ての雑巾にすることに。

主人は残念そうにしていました。

 

コメント

久しぶりに洋裁

2018-10-18 21:35:04 | 洋裁

久しぶりにH先生のお宅に伺い、座布団カバー作りを始めました。

洋裁をお休みしてから、ずいぶん経ってしまいました。

この間Wさんからたくさん布をいただき、なんとか形にしたいと思い、重い腰をあげることに。

出来上がったら、Wさんにも見せて、いっしょに喜んでいただきたいと思っています。

 

 

コメント

ようやく出来上がり

2015-06-24 22:11:15 | 洋裁

春から作り始めた春向きのジャケットが、今日ようやく出来上がりました。

あとはボタンをつけるだけ。

色々な予定が入って、なかなかH先生宅に行けない時もありましたが、少しづつでも続けていたら、なんとか完成にこぎつけることができました。

完成してみると、もう季節は夏になっていて、今度着れるのは初秋頃かもしれません。

それでも一つの作品が完成して、感謝です。

 

コメント

完成しました!

2014-04-09 22:04:52 | 洋裁

H先生に教えていただいて作っていたシャツブラウスが、出来上がりました。

寒い冬用として、ウールで作ったので、着るのは来シーズンになりますが、ひとつ作品が出来上がるのはうれしいことです。

ウールのシャツというのは、女性用には既製品があまり見たことがありません。

セーターの上に重ね着すると、本当に暖かいです。

前に作ったものは、袖の下や身頃がすり切れてしまうほど、よく着ました。

 

 

 

 

コメント

洋裁に

2014-02-05 21:50:58 | 洋裁

昨日降った雪が屋根にかなり残っています。

今日はかなり冷え込んで、昨日以上に寒い一日でした。

 

ベランダから見える風景です。

 

久しぶりにH先生のお宅に洋裁に伺いました。、

H先生は週末に風邪を引いて熱が出ていたそうで、まだ咳が残っていましたが、私のために時間をとってくださって感謝です。

この前、半袖ブラウスを仕上げましたが、その前の作品、長袖のウールのシャツジャケットが途中だったので、続きをすることに。

あと襟がつけば出来上がりなので、今シーズンに間に合うかもしれません。

 

 

 

 

コメント

スカートができました

2013-08-06 21:41:57 | 洋裁

H先生のお宅に洋裁に行ってきました。

ずっと前にいただいていた生地で、ちょうど今の季節に着れるスカートができました。

すそのまつりも、先生の指示は「布地の糸1,2本をひろう」と細かい作業で、大ざっぱな私のやり方では表に出てしまうと厳しいチェック。

先生の厳しいチェックのおかげで、外にも着て出られるものが仕上がりました。

たかがスカート一枚ですが、きちんと仕上げるためには、細かい作業の一つ一つを丁寧に仕上げなければいけません。

洋服作りは大変だと、いまさらながら思わされます。

でも、先生が教えてくださるおかげで、なんとか今まで続けてこれました。

感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

まちがい発見!

2013-04-09 22:14:56 | 洋裁

きょうの洋裁で、大変なまちがいを発見。

先回、身頃に袖をつけ、きょうはその袖にカフスをつけようとしていたのですが、右と左の袖が反対に縫い付けてありました。

H先生がしつけで止めくれたところを、私がミシンをかけたのですが、私も確認もせずに縫ってしまっていました。

先生のようなベテランでも、そのような単純ミスがあるということですが、私も先生任せではなく、自分で確認しないといけないと思いました。

 

 

コメント