まさるの一口馬主日記

「一口馬主」としての生活を中心に、全国競馬場巡り、競馬場グルメの話題を致します。西武ライオンズ観戦記もやります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チャンプとなれ!

2018年03月23日 21時49分25秒 | まさるの「この一頭」

期待の星インディチャンプが毎日杯を走ります。シルクで出資した馬がやたら最近走っています。シルクは撤退方針で去年の出資は一頭ですから皮肉なものです。この1年は明らかにキャロットより走っていますよね。

インディチャンプは大好きなステイゴールドのラスト出資と思って出資しましたが、デビュー戦は何と芝1400。ステイの牡馬で短距離なんて聞いたことない!とこの時のガッカリ感は結構なものでした。次走も1600となっており、陣営は当初短距離馬として判断していたようですね。しかし、2戦目で控える競馬が出来たからさぁー大変。スローの流れを差し切ったから評価は急上昇。陣営はもう少し距離があっても大丈夫とか言っているし、何故デビューを1400にしたのか詫びて欲しいとさえ思ってしまう華麗な手のひら返しでした(笑)まぁ、確かに母系は短距離寄りだけど、自分はステイゴールドだし、この体型ならば大丈夫でしょ?と見ていました。

多少の文句は言いましたが、厩舎は私が非常に高い信頼を寄せている音無厩舎。この厩舎と言う事で出資した馬だからこそ愚痴も言いたくなると言うもの。インディチャンプは調教もとても動いてくれるので、評判になり易く、正直期待も高まります。明日は久しぶりに重賞を勝ちそうな気配がしています。上位人気になるかも知れないし、久しぶりに色気を多分に持っています。勝ったら皐月賞に行っちゃえとさえ思っています。鞍上も私のお気に入り岩田康誠騎手。ズバリ勝って欲しいです。
インから突いてくる岩田騎手のあの手綱捌きが見たい!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5本の矢

2018年03月17日 11時54分39秒 | まさるの「この一頭」
毎週のように桜花賞への出走を目指して愛馬が走っています。
チューリップ賞、フィリーズレビュー、アネモネSなど累計3頭が挑み、跳ね返されてしまいました(笑)
最終的には出走できるかまだ未定ですがフィニフティだけになるかもしれません。

最後の一本メサルティムが今日のフラワーカップで最期のキップを取りにわざわざ関西から来ています。どちらかと言えばオークス向きくも知れませんが、内容次第では当然桜花賞は目指すでしょう。ちなみに今日はトゥザクラウンも中山で走るので見に行こうと思っています。


今年の私はかつてないほど勝っています。
既に10勝に到達しました。
やばいです。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

兄弟馬の競演

2018年02月15日 22時59分14秒 | まさるの「この一頭」
日曜日に小倉でストレンジクォークが、東京でアップクォークが走ります。

私がストレンジクォークに出資した理由はズバリ「母系」です。このフェルミオンという母はポテンシャルがあるて感じていました。募集価格も安くてしかも厩舎は出資が初めてだった小島太厩舎。メイショウサムソンも私は良い種牡馬だと感じていて、頑丈そうな子供がたくさん走ってくれたらいいなと思って出資しました。ストレンジクォークの弟であるアップクォークも父親は知らなかったけど、母系に期待して出資。複数口持ってます。
とにかくこの兄弟、走りますけど体質が弱くて困りものです。続けて使う事が殆ど出来ません。兄もすぐにあちこち痛くなるけど、弟に至っては虚弱体質と言える部類。素質は高くてもしっかり調教も出来ないのではないかと心配してしまうくらいです。

しかし、この母系は走るんですよね。フェルミオンの子供は昨年また出資しちゃったし。


小島太先生は今月で定年解散です。最後、ストレンジクォークが先生の最期にプレゼントをしてくれると信じています。柴山騎手はこの兄弟には何度も乗っています。どちらの馬でもいつも仕掛けが遅くて、何度も勝ちを取りこぼしているので、正直なところかなり苦手な騎手(笑)ですが、今回は小島先生のはなむけに積極的に仕掛けて、脚を余すことがないレースをして欲しいです。たまには4コーナー先頭で押し切る競馬を見せて欲しいものです。頼むぞ柴山!


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

2着だ!惜しい!

2018年02月12日 16時21分49秒 | まさるの「この一頭」

出資馬フィニフティが重賞クイーンCで2着に好走してくれました!最後も勢いは衰えず差を詰めていました。枠順次第では勝っていたのかなと思います。本当に頑張ってくれました。賞金を加算しましたのでこれで春のクラシックには出走できるでしょう。1つ気になったのは身体が大きくなっていなかった事。しっかり追い切りの本数を重ね、遠征競馬でしたから多少は仕方ないのかなと思っていますが、牝馬はこのケースで泣いた事は数知れず。
しかし藤原調教師はさすがですね。私の20年以上の一口人生で初めての出資でしたが、帰厩してから追い切りを10本消化するなんてしっかり仕上げてきましたね。まさに本気の出走。体が減っていたので嫌な感じがしましたが、馬の動きを見て私には大変良い出来に思えましたので思わず馬券を買い足しました。

馬券もうんと儲けさせてもらったので、今年はクルミナル以来となる仁川に行こうかなと思っています。新幹線と宿くらいは今から申し込もうかしら(笑)私には3年連続で桜花賞2着馬を持っていた実績があります。フィニフティが今のところ1番自信があります。フィニフティという馬は賢いですね。素晴らしいセンスもあるし、これはお兄さんに匹敵する成績を残すかも。
1つ欲を言えば、これからの強い調教にも耐えられるように、遠征競馬にも大丈夫なように、もうふた回りくらい大きくなって欲しいです。この馬ならば悲願の桜花賞を勝てるかもしれません!とにかくこのあとも無事にいって欲しいと思います。本番も川田騎手にならないかしら。お手馬がいるからまだ決められないだろうな。フィニフティを選んでくれないかな。





それにしても私は川田騎手とは相性がいいですね。今日もレインボーフラッグも2着に持ってきてくれたし。あれは勝ち馬が強かったです。仕方なし。川田騎手は上手に乗ってくれました。


初めて生で見るレインボーは可愛らしい目をしていました。体は張っており、パドックでの前進気勢は素晴らしいの一言、前脚の捌き、後脚の引き付けなど私から言わせれば100点満点に限りなく近い完璧な出来でしたね。勝つと思って単勝1万円追加して行きました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

期待の牝馬

2018年02月10日 20時04分52秒 | まさるの「この一頭」

昨年のストレンジクォーク以来、久しぶりに口取りに申込みました。月曜日の東京、レインボーフラッグとフィニフティの2頭です。元々、競馬場にフィニフティを見に行こうと指定席も押さえてありましたが、口取りも見事に当選しました。

レインボーフラッグは強くなりました。コツコツ積み上げて準オープンまで来ました。血統は地味な部類だと思いますが、溜めると弾ける素晴らしい末脚が魅力の馬で。若い時はマカヒキと0.4差の競馬ができるくらいですから、この出世も頷けます。頑張れ!


特に楽しみなのはフィニフティ。重賞の口取りに当選したのは本当に久しぶり。1戦1勝ですから厳しそうですが、桜花賞に出て欲しいと期待する血統馬です。競馬センスに優れており、調教もなかなかの様子。藤原調教師も期待しているみたいですから、今回どこまでやれるか私もしっかり見てきたいと思ってます。私は桜花賞3年連続2着という記録を持っています。この馬にはそれを破って1着になって欲しい!



今週はレッドゲルニカも走るし楽しみな週になりました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

やはり岩田騎手だった!

2018年01月20日 21時38分04秒 | 今日の日記
明日、レインボーフラッグが走ります。地味ながらマカヒキなどと勝負をした事もある馬です。
このレインボーフラッグは川田騎手と相性が良いのですが、川田騎手は私の馬でたくさん勝ってくれていると思っていたら、やはりデータでも勝率はかなり高い事が分かりました。
そして1番勝ってくれているのは『岩田康誠』でした!私が潜在的に岩田騎手を無条件に応援しているのもこんなところに理由があったのかもしれませんね。1番勝ってくれていたんですもの。岩田騎手はここ数年、色々と叩かれる立場でした。でも、私は全く気持ちは変わっておらず、外国人ジョッキーと戦えるのは技の武豊、闘志の岩田康誠しかいないと思っています。
彼にはインディチャンプとのコンビでブレイクランアウトの夢を再び見せて欲しいです。なお、インディチャンプの次走は毎日杯からマイルカップの予定です。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

大満足の週末

2018年01月14日 16時41分06秒 | 今日の日記

今週はインディチャンプが出遅れながらも大外ぶんまわしで豪快な差し切り。私の出資馬も岩田騎手で久々に勝ちました。

そして、社台出資馬ユニゾンデライトが1000万条件戦で逃げ切りを果たしてくれました。木幡騎手も良く乗りました。


これでインディチャンプは2戦2勝。ユニゾンデライトは準オープンにまで上り詰めました。社台は配当がさすがに凄いです。下手すると私の1か月分の手取り位に配当金が。

実はこの土日は社員旅行で金沢に行っていました。競馬は当然見られません。しかし、結果は分かりますから爽快な気分でした。愛馬が勝つと精神的にもアガりますね!(笑)
これからもとにかく無事に行ってもらいたいと願うばかりです。

次は両馬の現地観戦がしたいものです。

iPhoneから送信
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もお世話になりました

2017年12月31日 16時37分26秒 | 今日の日記
個人的に今年は非常に大変な1年でした。色々なものが試された年でした。それでも何とか年末を迎えられました。競馬場に行った回数はこの10年では1番少ないと思います。

ちなみに私の愛馬は過去最高だった去年と同じ28勝でした。
準オープンを2勝、あとは下級条件ばかりです。個人的に頑張ってくれた印象に残っている馬を3頭挙げさせてもらうとストレンジクォークとトゥザクラウンとレインボーフラッグです。ストレンジクォークは口取りと先日の関西遠征で人気薄をあざ笑うかのようなイン突きでの準オープン勝ち。まさかのスーパー未勝利からの連勝で驚いたトゥザクラウン、現実に走り続けるレインボーフラッグは特に印象に残っています。いずれの馬も来年も楽しみです。

来年はフィニフティの活躍を楽しみにしたいと思います。

クラシックに乗るといいな。他にも2歳がたくさん勝ち上がっているので楽しみです。ちなみに年明け7日、8日は久しぶりに京都競馬場に行こうかなと考えています。来年もマイペースでぼちぼち頑張ります。


皆さま、家族、ご両親を大切になさってください。そして、ついつい頑張ってしまいがちなご自身の身体には充分なケアをして下さい。元気でいること、健康こそが何より大切です。
今年も拙いブログを見て下さってありがとうございました。
どうか良いお年をお迎えください。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

道は繋がっていた!

2017年11月15日 19時19分16秒 | まさるの「この一頭」
奇しくもデビュー戦が一緒だった2頭が日曜日の東京最終で再び相見えます。2頭とも1000万の条件馬。
2頭が走った新馬戦はおよそ2年前の東京1800。それぞれ4着と6着でした。凄く楽しみにしていたので現地観戦したかったのですが、社員旅行と重なり、会津の地から好走と無事完走の念を送ったのはついこの間のようです。


その後、新馬4着の馬はクラシックには乗っかりませんでしたが、夏の重賞では鋭い末脚が評価されて3番人気に推され、勝ち馬から差のない4着にくるまでに成長しました。デビュー時から素質が評価され、確かに走りには大器の片鱗が伺えた馬です。その後、走るたびに人気になりますが、なかなか勝ちきれません。しかも体質がエラく弱い馬で続けて使えません。4歳秋だと言うのにまだ9戦。前走以外は全て掲示板。堅実ではありますが、突き抜ける何かを備えたい。いい加減もう旬が過ぎてしまいます、と言うか実際にピークは過ぎている気がします。ただでさえ慎重な厩舎なのでこのままで終わりそう。


一方の新馬6着馬はなかなか勝ち上がる事が出来ず、年明け4月の中山ダートで勝ち上がり。未勝利時代に戦った相手はクラシックに乗っかり、今年の中山G2を3着→2着まできた素質馬でした。この馬自身も未勝利の分際で皐月賞に登録しましたが体調が伴わず回避。その後は地方交流などを経て、3勝目はローカル場ではありましたが特別勝ち。あまり人気にもならず地味に頑張っている馬です。しかし、掲示板も前走しか外していません。この馬は脚元が弱く、走るたびに剥離骨折を繰り返し、ここにきてようやくしっかりしてきましたが、こちらは次が9戦目。ようやく調教がしっかり出来るようになったようです。こちらはまだ伸びしろが感じられる1頭です。まだまだ走って欲しい。


お互いに歩んできた道は違えども、苦労しながらも共に3勝を挙げた両馬がまたこうして同じレースで戦う事になるとは面白いものです。
素質馬が勝つか?叩き上げの馬が勝つか?
騎手は素質馬にはトップジョッキーが、叩き上げ馬には叩き上げの騎手が乗る予定です。
何とも対称的な2頭がマイルCSの後であまり注目されない最終レースで戦います。

しかし、私にとってのかけがえのないレースになりそうです。両方とも頑張れ!



iPhoneから送信
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今期1番楽しみかも?

2017年11月12日 08時51分52秒 | まさるの「この一頭」
今日はフィニフティとトゥザクラウンが京都で走ります。
本気で京都に行こうか考えたくらいです。

フィニフティもトゥザクラウンもグリグリの印が付いています。
私の勝負の二頭ですから気持ちが入ります。


新馬勝ち→3連勝と最高の結果を期待します。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤナガワ牧場おめでとう㊗️

2017年10月29日 16時49分35秒 | 今日の日記
ヤナガワ牧場産のキタサンブラックが天皇賞を春秋取りましたね。
武豊騎手のコース取りも凄いが、馬の頑張りが本当に凄かったと思います。残り400で先頭押し切り。この芸当は本当に強いですよ。歴代の名馬に仲間入りだね。ケガが怖いからもう引退で良いのでは?


キタサンブラックが勝つたびに私は古きシルクの天栄ツアーを思い出します。ヤナガワ牧場さんはシルクにたくさん馬を提供してくれていました。私の長年の一口馬主人生の中でも1番の愛馬シルクイーグルもヤナガワ牧場産。ヤナガワ牧場の会長も社長も毎回ツアーに参加して下さっていましたね。

シルクはノーザンファームに魂を売り、日高の牧場の馬は殆ど募集しなくなりました。
阿部さんそれでいいんですか?勝てばいいのですか?シルクには矜恃というものが無いのですか?と尋ねたいです。
私もなんだかんだでちょいちょい出資してますが、シルクは今年はついに1頭。いよいよ終わりが見えてきたと考えています。

20年以上加入しているシルクホースクラブ。昔のシルクは勝てなかったけど楽しかったです。皆んな自分の馬しか見ていないでしょ?今の人はそうだと思う。仕方ないのかもしれないけど。
勝つことだけが一口馬主の楽しみではない事を新しい会員の方には知って欲しいな。仲間の馬を、クラブの馬を応援するという感覚は知っておいた方がいいと思います。

なんだか偉そうに話してしまいましたが、ゴメンね。シルクに落胆しているボヤキだと許してね。昔のシルクに戻って欲しいとしばらく静観していたけど無理そうですね。本当に残念。


iPhoneから送信
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

頼むぞ中村!

2017年10月14日 09時10分19秒 | 今日の日記
CSホームラン男が楽天を打ち砕く。西武中村剛也内野手(34)が13日、ファーストステージ突破に向け、バットを研いだ。メットライフドームでの前日練習で快音を披露。則本、岸との対戦を前に「(短期決戦は)エース級がバンバンくる。ワンチャンスをいかにものにするか」と表情を引き締めた。

 勝負どころで無類の強さを発揮してきた。これまで出場したポストシーズン第1ステージでは必ず本塁打をマーク。プレーオフ通算では、最多記録まであと1本の7発を放っている。張り詰めた緊張感の中で、いかに好投手たちを攻略してきたか。「好球必打。そこに尽きる。簡単には打てないですけど、試合の中で捉えられる球は必ずある」と力強くうなずいた。

 今季は背中と腰の張りでの離脱もあり、規定打席に到達したシーズンで初めて本塁打王を逃した。終盤戦は7番での起用が続いたが、CSに合わせしっかり状態を上げてきた。辻監督も「中村の状態が上がってきていると感じた。おかわりが打ってくれれば(チームが)盛り上がる。ひらめきもあったし、期待したい」と、ここぞでの主砲のアーチに期待を込めた。

 自身の調子については、いつも通り「普通です」と素っ気なかった中村だが、決戦への準備は整えた。今季の楽天戦は16勝8敗1分けと分はいいが「レギュラーシーズンとは別物と考えないといけない。チームで甘い球を仕留めて点を取りにいく」。百戦錬磨の大砲は静かに闘志を燃やした。


iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライオンズの意地

2017年09月18日 18時07分05秒 | 今日の日記
今年一年でホーム、ビジター合わせてライオンズ戦を16試合現地観戦しました。
競馬場に行った回数の4倍です。






今日のゲームは最高でした。エラーやミスも多く、大味な乱打戦でしたが、最大7点差まで差がついた時には私も諦めたし、まだまだ試合の途中でしたが帰る西武ファンもいる中で、ジワリジワリと差を詰めて、チーム一丸となって頑張る姿、諦めないライオンズの執念を見る事ができた現地観戦の中では今年一年のベストゲームでした。中継ぎの平井や野田は今日の陰の殊勲者。来年は武隈とともに中継ぎの軸として活躍して欲しいですね。

こんな試合見せられたらますますファンになってまうやろ。それにしても浮き沈みが激しすぎて観戦も非常に疲れました。4時間半の大激戦でした。




私の炎獅子ユニフォーム。大好きな外崎選手の背番号を特注しました。


iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西武ライオンズ優勝ならず

2017年09月16日 21時50分44秒 | 今日の日記
目の前で大嫌いなソフトバンクの胴上げを見た。悔しくてたまらない。しかし、今年の戦力ではソフトバンクに叶うとは思えない。この一戦という試合もことごとく落としてきた。完全に力負けだ。
現行のクライマックスシリーズに私は反対の立場であり、リーグ優勝こそが至高。リーグ優勝同士で戦うからこその日本シリーズだと思っている。もちろんこの後のクライマックスシリーズも応援するが、ソフトバンクには勝てないだろう。その位差があると思っている。
来年こそは優勝できるように選手達には早速秋のキャンプから一層の奮起を期待したい。


iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トゥザクラウンの奇跡

2017年09月09日 22時14分58秒 | まさるの「この一頭」


正直諦めていました。
レースも見ていませんでした。

最後、何着だったのかな?と夜に結果を確認したら、まさかまさかの「優勝」。
こんな事ってあるんだね。
いや、無い。25年競馬見てるけど、こんな事、普通無いよ。競馬はそんなに甘くない。競馬にはいつも現実を突きつけられる。ロマンなどは人間の勝手な後付け理論。だから、トゥザクラウンのラストにも期待はしていなかったし、さよならレースも見たくなかった。



まさかラストチャンスをモノにするとは血統のなせる業か?陣営の執念か?はたまた出資者の祈りが通じたか?私にはその全部だと思った。奇跡だと思った。
前走だって惜しい2着とかじゃない。前に行って交わされて0.9差。見どころなしの9着。前走を見る限り、いくら長期休養明けを叩いたとはいえ、今回一変を期待するのはさすがに無理だと思った。
限定未勝利の18頭立ての芝マイル戦で勝つなんて、25年競馬見てる俺だって微塵も思っちゃいない。
経験からは、この時期の芝のスーパー未勝利を勝つなんて、愛馬が重賞勝つより難しいことだ。




手替りの北村友一騎手は末脚を活かす競馬をしたんだね。スタートはやや遅れたのかな?
名手ルメールもホワイトも前に行って沈んだけど、よく控える競馬をしてくれたよ。友一は私の馬ではレッドデイヴィス以来のエスコート。あの時はミソが付いたけど全く怒らなかった。デイヴィスに強い競馬をさせてくれたから。あれでデイヴィスは自信付けたし。
確かに今回は展開も見事ハマった感はあるけど、よく度胸決めて控える競馬をしてくれたよ。有力馬はみんな前に行っていたし、スーパー未勝利は大体前の競馬になる事が多いし。脚余らせて終わるわけにはいかないし。
馬も本当に頑張って走ってくれたと思うよ。スゲーカッコよく走っていた。馬体は未勝利で終わるには惜しい馬だよね。神様もここで終わるには惜しいと羽を付けてくれた様な直線の伸び。久しぶりに競馬で痺れたね。ラストの素晴らしいストライドには感激したよ。現地ならまず泣いているね。
池江先生、この馬、友一に命を繋いでもらったのだから、これからも北村友一で行こうよ。トゥザクラウン=北村友一。このコンビに俺は全く異存ないよ。ラストまで行こうよ。今まで逃げていた馬を、最後のこの舞台で差しに転換させて実行してしまう大胆さ。外人やトップジョッキーじゃなくてもいいんだよね。



きっと苦しかっただろうと思うんだ。
昨年のPOGで一番人気のあった馬が、大絶賛されていた馬が入厩後まさかまさかのトーンダウン。夏にデビュー出来る予定が怪しい怪しいと思いながらも秋にデビュー。圧倒的な1番人気で結果大凡走。レース後公表された重度の喉なり。その後の骨折や喉の手術。弁だけでなく声帯まで除去するなんて。しかも、そこまでやっても今なお完治していない。。。
あまりにも色々あり過ぎた。掲示板などでも悪口を散々叩かれ、陣営やスタッフも苦しかった事だろうね。我々出資者も心が踏み躙られた。私は怒り狂った。
最終戦の舞台を瞬発力がより求められるマイルに定めた池江師は慧眼にも恐れいった。私は戦前はマイルには否定的だったので。


最低でもクラシックには乗っかると期待して出資した馬で、あのデビュー戦、そして事後報告には、俺も頭から水をぶっかけられて一口熱も一気に冷めてしまったのは事実。


そんな馬が今日勝った。
長くやっていても、まだまだ競馬はわからない。
こんな事もあるんだね。

でも、分かる事はトゥザクラウンが本当に頑張ってくれたと言うこと。
そして凄くカッコ良く走る馬だと言うこと。
久しぶりに心が震えたレースになった。
この馬のカッコ良い走りを出来るだけ長く見続けたいと思うようになった。

iPhoneから送信
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加