About Money,Today

ファイナンシャル・ジャーナリスト 竹川美奈子のブログ。
お金に関する情報や日頃感じたことを発信していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

野村もインデックスファンドシリーズ

2010-11-09 15:13:13 | リンク
野村アセットマネジメントが11月26日にインデックスファンドシリーズを設定するようです。信託報酬はSTAMとeMAXISを意識した水準となっています。
詳しくはこちらを。

野村アセットマネジメント・日本債券/信託報酬0.42%(税込)
野村インデックスファンド・日経225/信託報酬年0.42%(税込)
野村インデックスファンド・J-REIT/信託報酬年0.42%(税込)
野村インデックスファンド・TOPIX/信託報酬年0.42%(税込)

野村インデックスファンド・外国債券/年0.5775%(税込)
野村インデックスファンド・外国株式/信託報酬年0.5775%(税込)
野村インデックスファンド・外国REIT/信託報酬年0.5775%(税込)

野村インデックスファンド・新興国債券/信託報酬年0.63%(税込)
野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型/信託報酬年0.63%(税込)
野村インデックスファンド・新興国株式/信託報酬年0.63%(税込)

低コストなインデックスファンドを設定してもすぐに儲からないように思いますが、野村グループとして長い目でこうした商品を育てていこうという視点があるのかどうか、でしょうね(野村ファンドネット証券やジョインベスト証券の例もあることですし・・・)。

EDINETをみると
「当初設定日より3年を経過した日以降に、受益権の口数が30億口を下回った場合またはこの信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき・・・(以下、省略)」とあるので、3年は頑張るつもりなのでしょうか・・。

<参考>雄牛と熊と欲豚とクマーな投資ブログ
「今度は何年持つかしら? 野村がインデックスファンド商売に何度目か挑む」

みずほ投信も11月19日に以下のインデックス投信を設定予定です(こちらは信託報酬がとても低いというわけでもありませんね)。

MHAM外国株式インデックスファンド/信託報酬年0.7875%
MHAM外国債券インデックスファンド/年0.735%
MHAM日本債券インデックスファンド/年0.4515%

にわかに商品が増えてきたインデックス投信。コストも重要ではありますが、長期的に育てていく姿勢があるかどうかも注視したいところ。とくに資産形成層であれば、長いおつきあいになりますから-。

また、個人的には、グローバルバリュー株インデックスとかグローバル小型株のインデックスファンドなど、別のスタイルのものもほしいです。
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ETFの認知度はアップする? | トップ | 企業型確定拠出年金の個人拠... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (矢向)
2010-11-09 18:58:16
インデックスファンドとかETFという言葉は使われていますが、日興AMのETFを下回る信託報酬のETFで、業界を驚かすようなこともなく、、って感じを受けました。

なんか、野村という巨人にしては普通なかんじですね。
リターンは? (ぱぱ)
2010-11-09 19:37:10
こんにちは。etf投資に興味はありますが、リターンとリスクはいかほどなのでしょうか。(何%?)
もちろん個人によって違いがあるのはわかっていますが、目標とする目安などがないとなかなか踏み切れないところがあります。
個々人でまったく違うというのはわかっています。それでもなお大よそで構いません。
よろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リンク」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

ようこそ野村。いやマジで。 (のらブログ)
野村アセットマネジメントが低コストなインデックスファンドに挑戦する。 野村ホールディングスは野村ファンドネット証券やジョインベスト証券の前科がある。野村アセットマネジメントはよく言えば、ファンドの新陳代謝が活発。悪く言えばファンドを長期間育てると言う会...
野村インデックスファンドについて感じたこと (rennyの備忘録)
JUGEMテーマ:資産運用-----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)-----------------------------------------------------  ...