Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

ザンスカール再訪 19 パドゥム~シェルゴル

2018-09-21 18:32:49 | チベット文化圏
7月28日

5日間滞在したザンスカールともいよいよお別れ。
はるばるレーからやって来た道をまたはるばる戻らなければならない。

というわけで帰路も出発は朝の5時。
 山に朝日が当たりだしたのは出発して1時間も経った頃。

村の羊たちとすれ違いながら2時間。ザンスカールの村もここで最後と言う所でトイレ休憩。
  
すると相前後して走っていたベルギー人グループの車がパドゥムに引き返したと言う。
なんでもお客を一人ホテルに置いてきてしまったのにここでようやく気が付いたとのこと。
きっとこの事件は今日中にはラダック中の旅行関係者に知れ渡り、「あのガイドは一生このことを言われますよ」と山本氏。おそろしや~。

 ペンジ・ラへ上り始めたらザンスカールの風景ともいよいよさよなら。

上がりきった正面に見えるドゥルンドゥン氷河を見ながらやっと朝ご飯。
 
出発から4時間、おなかペコペコなので分厚いパンケーキもおいしい。

 この後は来た道をひたすら戻って
 またマーモットがたくさんいる辺りに来ると
 
子供たちが顔を出している姿なども見られてラッキー。

 
なぜか全力疾走する牛たちがいたり、同じように黒い羊たちの群れを見たり。

 
屋根の上に白いものを広げているのはヤク乳の乾燥チーズ作り。
ホームステイ先のチュタギに入っていたが、少しでも味が濃くてコクが出る。

 お昼はパルカチック氷河の麓で本日もマギー。

その先も順調に進んで、スル谷のムスリム・エリアに入ると道もやっと舗装路に変わり、一段とスピードアップ。
 往路にも寄ったサンク村到着は16時半。
 
早朝には静まり返っていた道沿いに八百屋やら肉屋やらが店開きし、こんなににぎやかな村だったのかとちょっと驚く。
 
薄暗い店内で最後のチャイ休憩をしたら、さあ、あと一息。

と、1時間で自分の乗った車はカルギルの町に到着したが、後続の車が来なくて運転手はさかんに携帯で何か話している。
聞けば2号車が故障して動けなくなったとのことで、我々は修理工場で必要な部品を入手して故障車の元へ引き返し、2号車の荷物と乗客を拾ってまたカルギルへ。

せっかく順調に来ていたのだが、これで1時間半のロス。
しかしこの行程では何もないことの方が珍しいので、これぐらいのトラブルですめば御の字。
ちなみに故障車は1時間ほどの遅れで無事宿泊場所に到着。こちらのドライバーたちの修理能力もすごい。

その宿泊場所はカルギルからさらに40分ほど行ったシェルゴルという所にあるツーリスト・キャンプで20時半に到着。
 これは翌朝撮ったキャンプ村だが
 
ベッドに水洗トイレまで完備。

 食事はこちらのテントで
  
 
スープにサラダ、デザート付き。

本日も18000歩分揺られた。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (2)

ザンスカール再訪 18 チューチクザル&カルシャ・ゴンパ

2018-09-20 19:57:32 | チベット文化圏
7月27日 続き

サニを出て、次に向かったのはパドゥムの北にあるザンスカール最大のお寺、カルシャ・ゴンパ。

 右手の山の中腹に広がる白い建物群がカルシャ・ゴンパだが、まずは谷を挟んで左手にあるチューチクザル・ゴンパへ。
 正面にカルシャの横顔を見ながら山道を上がって行く。

 
いくつもの僧坊の間を抜け、2つ並んだチョルテンの奥に入ると、隠れるような扉があって、
 そこが古いドゥカン・ニンパと呼ばれる小さなお堂。
  
正面には頭が高く盛り上がった十一面観音、両脇に見える小さな彫刻がおもしろい。

 
周囲の壁は13世紀ごろの物と思われる古い壁画に覆われていて、状態はすごく良いとは言えないものの
  
 曼荼羅や忿怒尊が鮮やか。
 
洗練されているとは言えないが、墨の線がのびのびしていて、ここの壁画は楽しい。

 
ところでこのお堂の鍵を開けてくれたのはこのかわいい尼さんの卵。
チューチクザルは尼寺なのだが、お祭りのためか年配者の姿が全く見当たらない。
子供たちばかりが何人もいるのだが
 
我々一行が到着した途端、一番年配の女性と手をつないで離そうとしない子たちがいたり、愛想を振りまく子がいたり。
小学校低学年ぐらいの女の子たち、お母さんが恋しいのかとちょっと切ない。

チューチクザルからは一度山の下へ降り、次は隣のカルシャ・ゴンパへ。
12年前は下から歩いて登ったが、今は上のお堂まで車道ができて楽になった。

 
こちらも今度は小さな男の子たちがいっぱい。

 たどりついた本堂の右手、新しくきれいになったドゥカンでは法要が行われていて中には入れてもらえず。
 そこで左手のお堂を見学させていただくと 
 
ガラス棚の中に大小さまざまな仏像がいっぱい。
 ここでも小坊主たちが付いてきてやりたい放題。

ドゥカンの奥には古い即身仏を納めたチョルテンがあると山本氏が言うので法要が終わるのをしばらく待っていたが、なかなか終わる気配がないのであきらめて山を下りることにする。

 
帰りはたくさん立ち並ぶ僧坊の間を徒歩で下りて行ったが

雲の間から日が差す景色が素晴らしくて
 向かいの山の中腹には朝行ったストンデ・ゴンパも見える。

 下まで降りると、村の子供たちがマニ車を回して遊んでいる。
 見上げるカルシャ・ゴンパは一つの町のようだ。

宿に戻ってザンスカール最後の夕食。
 
同行者持参の梅ペーストで食べるきゅうりがおいしい。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (2)

ザンスカール再訪 17 サニ・ナロ・ナスジャル

2018-09-17 20:26:28 | チベット文化圏
7月27日 続き

ドライバーの家からサニ・ゴンパの中庭へ戻ってみると
 昼前とは打って変わって大勢の見物客でにぎわい、舞踏がちょうど始まる所のよう。


人波をかき分け、かぶりつきとはいかないがなんとか祭の様子が見える席を確保。

右手にはえらいお坊さんたちのVIP席。
 
中央のお席には大きな写真が飾られているだけだが、これは先代のスタクナ・リンポチェ。
このサニ・ゴンパはブータン系ドゥクパの寺なのでラダックのスタクナ・ゴンパのリンポチェが座主となり、当代の座主は3年前にはキャンディクラッシュに夢中だった男の子。その小さな写真も見える。

 
小さな男の子の支える太鼓を叩くお坊さんの並び、我々の近くでにこやかな顔を向けて下さっているのは朝一に行ったストンデ・ゴンパの僧院長。
広島のチベット僧院にも何年かいらっしゃったので日本語が堪能だそうで、山本氏と懇意なので我々に声をかけてくださった。
ストンデ・ゴンパはゲルク派だが、ここでは宗派が違っても仲良くお祭りに参加するらしい。

さて、そのお祭り。ここ、サニ・ゴンパではナロ・ナスジャルと呼ばれてナローパの事跡を祝うための物。
 中央には紅帽のお坊さんが一人立ち、その周りで僧侶の踊りが繰り広げられる。

 
骸骨の踊りとか
  
 
様々な仮面をつけての踊りは他のチベット仏教圏のお祭りでもおなじみ。

これもおなじみ、道化のアツァラはブータンとまったく同じ姿。
 
ここでは子供が演じていたが、えらいお坊さんにご挨拶した後はやりたい放題で見物人からお布施をせびっていく。
 これはまた別の姿のアツァラ。外国人は当然最高のターゲット。

お坊さんによる踊りの合間には村人の踊りもあって
 
これは村でこの一年に結婚した新郎が参加する踊りとか。
 
布で顔を隠しているが、その下はなかなか男前とみた。

 見物人は屋根の上まで鈴なりで
 
この地方独特の帽子をかぶったおじいちゃん、おばあちゃんたちも楽しそう。

 
やがて子供たちに続いて傘を差し掛けられたグル・リンポチェが登場して
 
この「グル・リンポチェ八変化」が祭のクライマックス。

というわりにはこの演目はあっさり終了してしまったので
 我々は早めに撤収。

サニ・ゴンパは小さな村のお祭りらしく、昨年のキー・ゴンパに比べてもかなり素朴なお祭りだった。 


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (4)

武蔵小山でポークリブ@「Kitchen Ribs」

2018-09-15 23:32:53 | 食べ歩き
地元、武蔵小山で気になる店を見つけた。

場所は駅前から延びるアーケード街の出口から少し脇に入った所。
他に飲食店はほとんどないような静かな通りで看板もまったく目立たないのだが、お昼に通り過ぎるといそいそと入って行く人たちがいて、それではと30分後に入ろうとしたら売り切れ御免で閉店してしまっていたのだ。

そこで友人たちを誘って平日の夜に訪問。

 「Kitchen Ribs」

奥へ細長い造りの店内は半分がオープンキッチン、半分がすべてカウンターで10席ほど。
カウンターの一番奥だけ4人が向い合せに座れるようになっていて、ここには後から家族連れがやって来た。

 メニューは壁に手書きの黒板。
そそられる本日のおすすめがたくさんあるのがいい。

まず出てきたのはチャイニーズ・チキン・サラダ。
 白菜が入っているのでチャイニーズのようだが、他にも野菜がいろいろ、クリーミーなドレッシングで、なにより大きなボールにたっぷりがうれしい。

 ズッキーニのグリルには釜揚げシラスがいっぱい乗っていて、この意外な組み合わせがとてもおいしい。

次に前菜5種盛りがやっと登場したが
 どう数えるのか、明らかに料理は5種以上。
サラダ類もおいしいがバゲットにはさまれたレバームースがトロトロでうまーい!

店名になっているポークリブは1本づつ注文が可能。
 骨からするっととれるお肉は柔らかく、甘いソースがぴったり。

そして締めに「ひしの南蛮とズワイガニのペペロンチーノ」を頼んでみると
 ひしの南蛮とは上に乗ったピーマンのような丸いしし唐。万願寺唐辛子のように甘みがあって、ズワイガニの姿は確認できなかったが全体の味のバランスがとてもいい。

カウンター内のシェフは一人ですべてを切り盛りするので料理が出てくるのはゆっくり、追加注文をするのもタイミングが難しいが、ここはたぶん何を頼んでもはずれはなさそう。
使われている食器の趣味も良く、値段は武蔵小山値段となれば、また来ねばなるまい。

ところでしばらく前の「タモリ倶楽部」、ムサコは武蔵小山か武蔵小金井か、なんて対決をやっていたが、アンケート結果は武蔵小杉というお約束のオチ。
でもムサコはぜったい武蔵小山だ!


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (2)

ザンスカール再訪 16 ストンデ&サニ 

2018-09-12 23:52:59 | チベット文化圏
7月27日
 
 今朝の朝ご飯はパンケーキ。

8時に宿を出発して、まずはザンスカール川に沿って北東へ向かう。
するとパドゥムを出て橋を一つ渡ったあたりからきれいな舗装道路になってびっくり。
 
目的地のすぐ近くで舗装は終わってしまったけれど、この道をまっすぐ行けばザンラ、レーからの道がつながる所で、道路工事は確かに進展している。
それにしてもまだほとんど通る人のないここをこんなにきれいにするなら、パドゥムのメインストリートをまずきれいにすればいいのに。

 本日最初の訪問先はストンデ・ゴンパ。
村を見下ろす山の上にあるが、幸いにしてちゃんと自動車道路が通じている。

僧院の門前から下を見ると村の畑がきれいなパッチワーク模様を作っている。

ただし今年は積雪が少なくて水不足、そのためところどころ土のままの畑があるんだそうだ。

 
ストンデ・ゴンパは11世紀にマルパが開いたとされているが15世紀にゲルク派になってから発展、ザンスカールではカルシャ・ゴンパの次に大きな僧院なので僧坊もいっぱい、あちらこちらで改修工事をしている。

 本堂に入れていただき、まずは左手のツォカンと呼ばれるお堂へ。
 
まわりはカラフルな壁画で覆われていて、それほど古いものではないが100年は経っているだろうか。
 
よく見るとかわいい飛天など飛んでいてなかなかおもしろい。

 
その奥には黒い壁のゴンカン(護法堂)。

 バターランプが灯されているのは正面のドゥカン。
 
ダライラマのお写真の奥にこの寺の本尊であるマハカリ・パルデン・ラモの像がある。

ドゥカンの脇には経典を納めた小さな部屋があって
 
ここにはお祭りに使うお面がいっぱい。このお寺のグストールと呼ばれるお祭りは毎年7月だそうだ。

ストンデの見学を終えたら次は今日お祭りをやっているサニ・ゴンパへ向かう。
パドゥムから今度は北西へ向かってサニの集落に入ると車がいっぱい。
 
ぞくぞくとやってくる人波の後に付いて我々も境内へ。

屋台や物売りも出ている中を歩いてこじんまりとした本堂の前へ出るが
 祭会場である広場の周りには外国人が座っているだけで、ジモティーはまだあまり集まっていない。
ということはお祭りはまだまだ始まらないだろう、ということで
 
本堂の裏、古いインド式のカニカ・チョルテンのある中庭に通じる入口を入るが
 
中庭の周りの回廊も中庭も参拝客でぎっしり。

この中庭にはナローパが瞑想をしたと言われる場所に小さな祠があって、中に収められたナローパ像はこのお祭りの時だけ開帳されると言うもの。それでみなさん並んでいるので、我々も列に加わりつつ
  
素敵なアクセサリーを撮らせてもらったり
  
子供たちとじゃれてみたり。
サングラスの男性は一人でプクタル・ゴンパに行った時にも会った人。ガイドの親戚家族も来ていたし、ザンスカールは本当に狭い。

30分以上も並んだだろうか
 この祠の中の小さなナローパ像にカタをささげて、あっという間に参拝終了。

 広場に戻ってもまだたいしてジモティーは集まっていないので、先に昼食を摂ることになった。

本日のお昼はゴンパから原っぱの中を歩いて10分ほど、この村出身のドライバーさんの家。
 
2階を増築中の家の中に入れてもらうと、居間にきれいなテーブルが並べられている。

こちらでいただいたのはティモという万頭と野菜のシチューにダル。
 
いかにも家庭の味でほっとする優しさ。

  
奥さんが台所にこもり、だんなさんが料理を運んでくれている間、息子はドアから顔を覗かせるものの呼んでも部屋には入ろうとせず、それでもこちらが気になってチョロチョロ。かわいい。

これからここでゲストハウスをやりたいというドライバーさん一家においしいお昼のお礼を言って、それではサニの祭に行こう。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (6)