ごじらいく

足跡の先に・・・

こてこての犬

2017年09月30日 | 天々
手垢でこてこての天天を洗濯しました。
それなりに綺麗になり、いい香りもします。
昼から、伸びた毛をカットする予定です。
意外と犬の毛の伸び具合も半端なく、「この前切ったとこなんだけどなぁ。」と、思うのです。
しかし、ちゃんと毛が伸びているので、綺麗にカットすることに。

「そういえば、先代の犬は、いつ洗濯してたんだろう。」と、考えます。
いつも母が綺麗に管理していて、毛も母がカットしていました。
「天天は、私がやらないから、全部あなたがしなさいよ。」と、完全にシャットアウトされました。
餌も洗濯もカットも病院へ連れて行くのも、みんな私がするようになり、大変さがわかりました。
「あとでするから。」という言葉はつかえなくなりました。」

まあ、犬なんで、人間の子供を育てるほどの大変さはないのです。
しかし、人間の子供は、ある程度大きくなったら、自分でなんでもするようになります。
万年3歳の犬に比べると、人の子は手をかける大変さは格段に違います。

さてさて、嫌がる天天のカットはどうするか。
今から頭をひねります。
一番嫌がる顔の毛は、母の手を借りて綺麗にします。
「いつになったら、カットが慣れるんだ。」と、思いつつ、もう9年目になります。
来年はもう10歳。
時が経つのは早いなぁ。と、思ってしまいます。

コメント

DIY

2017年09月29日 | 日々のつぶやき

父はDIYが好きな人なんです。

しかし、私は嫌なんです。

家の中をあっちこっちいじられるのが苦痛なんです。

父は、「もう家を買ったから、自分の家なんだから、どう使おうと勝手だろう。」と、思っているようですが、私は、家を売る。と言うことを頭にあります。

下手にDIYで、使い勝手の悪い家にされたら、売値が下がってしまうんじゃないか。と、思ってなりません。

昔、住んでいた賃貸の家でも、父がDIYを繰り返し、苦々しく思っている私でした。

大家さんが寛大な方だったので、何とかしのいだのですが、普通の大家さんなら高い賠償金を払わないといけなくなります。

今回も、何やら木の棒を切断して良からぬことを考えているようです。

自分の家だから。と、高をくくっていると痛い目に合うのは私なんです。

たぶんですが、両親は私より先に死んでしまいます。

残された私は、この家をどう売るか、真剣に考えないといけません。

風通しのいい家であって欲しいと思うけど、必要以上に手を加えた家は、反対に住みにくいものです。

昔の賃貸時代に甘やかされた父は、電気ノコで、木の棒を切断している真っ最中です。

どう説得していいか、考え中の私です。

 

 

コメント

写真展に行ってきました

2017年09月28日 | 日々のつぶやき
知人から「写真展があるので見に来ませんか。」と、誘いがあり、のこのこと行ってきました。
去年も行った写真展なんですが、やっぱり閑散とした静けさがあり、バタバタと見て回る私はヒンシュクものでした。
でも、誘いがきて嫌なことはないのです。
「覚えててくれたのかなぁ。」と、嬉しい気持ちにさせてくれるのです。
それに、写真展に知っている人がいないのが行くに気になった要因でもあります。

ひそひそと「あの人、また太ったわねぇ。」と、言われるのが嫌なんです。
もう、そう思ったのなら、いっそのこと私に直接言ってほしいのです。
その逆もあります。
もし、何らかのことで、うまい具合に痩せたとき、「あら、ちょっと痩せたんじゃない?」と言ってくれたら、天に昇る気分になります。
人って、思ったことを口にしてくれないので、こちらが変に勘ぐって妄想を巨大化してしまうのです。
そんなことをしたくないので、私を知らない人の中にいるのが一番安心するのです。

写真は、相変わらず、「これ!」といった素敵なものもなく、「まあまあの出来。」でした。
何らかあったときのための、話のネタとして、見に行きました。
「ここのサークルに入ったら、それなりの位置で頑張れるかも。」と、思うくらいでした。
とにかく、趣味より先にやるべきことをしてからなんですけど。
自転車で遠出した。と、もうくらい汗をかいて、「良かった。」感じです。




コメント

侮る鳩

2017年09月27日 | 日々のつぶやき
私は前を見ているようで、意外とよそ見をしていることが多いんです。
昨日も、自転車を走らせ、前方を見ている顔をしながら考え事をしながら走っていました。
急なんです。
パッと、気持ちが戻ったときに自転車の前のタイヤの近くに鳩がいたのを見て、ヒヤリとしました。
鳩も、「止まってくれる。」と、思っているのか、のんびり歩いているのです。
急ブレーキをかける私と、急いで飛び立とうとする鳩。
一瞬で、「ひき殺さなくてよかった。」と、胸をなでおろします。
鳩も考えたらいいのに。と、思ったんです。
人がいたら、必ず避けることを。
増してや、私みたいなボーっとしている人間は特に気をつけないといけません。

私は、道を横切る生き物が嫌いなんです。
車道を横切る猫。
自転車が来ているのに避けないスズメ。
道いっぱいに広がって歩く子供。

みんな、「何してるの。」と、大声で叫びたくなるんです。
目の前で死を見るのが一番怖いんです。
一番危険な私の自転車の操縦は、もう別格に恐怖なんです。
「自転車だからスイスイ行ける。」と、思っている人もいるでしょうけど、私の操縦は、危険を回避しながらのものなので、ゆったりゆったりしたもので、「早く目的地に着こう。」とかは思っていません。

今も、「あの鳩を引いたら一生後悔する。」と、いつまでもくよくよ悩んでしまいました。
引いてないんですけど。
人間も動物も気を引き締めて行動してもらわないと、私の、「おら、おら、前を向いてちゃっちゃとせえ。」の声が響き渡りそうです。
私の中のおっさんが野太い声が響かないようにしてもらわないと困ります。

コメント

昔のハウツー本

2017年09月26日 | 日々のつぶやき

以前に、見たことのあるハウツー本を探しています。

それは、「四色ボールペンを使っての勉強法」なのですが、タイトルが全然浮かんでこないのです。

ただ、「四色ボールペン」と、検索してもボールペンの種類しか出てこないし、「本」を足しても思ったものが全然出てこないんです。

「あの時、どうしても欲しかったら買っておけばよかった。」と、後悔するのです。

勉強法の本を読んでも勉強するわけではなく、ただ、あの時の本を読んでいなかったことを後悔するだけなんですけど。

「一体、何だったんだろう。」と、タイトルを考えます。

私はこういうのが結構多いんです。

その時は、こういう本を欲しかったんだなぁ。と、思いながらテレビで紹介された本をただ見ているだけなんです。

あとで、欲しくなることを想像していないのです。

 

つい最近、デパートで四色ボールペンを見て、「そうだ、ボールペンの本あったなぁ。」と、思い出し、「先にボールペンでも買ってみるか。」と、値段を見ると、目を張るくらい高いんです。

まあ、デパートなんで、値段の張るモノしか売ってないんですけど。

「また、いつか、あの本に出会ったら、躊躇なく手に入れよう。」と、思ったりします。

テレビで紹介される本って、意外と実用的にいい本が多いんです。

テレビもバカにできませんね。

 

 

コメント

首が痛い

2017年09月25日 | 日々のつぶやき
寝違いか。と思ったんですけど、2日経っても首が痛いんです。
普通の生活には支障がないのですが、寝っ転がってゴロンゴロンと寝返りをうつと、「いたたたた・・・。」になります。
この二日間、夜、寝ているときにも寝返りを打つとき目が覚めて、なかなか眠れない状態になります。
こんなことは初めてで、どう対処していいかわからないのです。
寝違いは、時々あるのですが、なかなか治らないのはどういう事でしょうか。

10年前くらいにいた会社で、取引先の方が「首が凝る。」と、接骨院に通っていらっしゃいました。
しかし、なかなか凝りが治らず、大きな病院に行ったときには、もう手遅れでした。
ガンだったのです。
結婚したてで、生まれたての赤ちゃんが出来たところなのにお亡くなりになりました。
とても気さくで、面白い人だったのです。
いずれ会社を引き継いで社長さんになられることも約束されていたのです。
本当に可哀想なことでした。

そんなこともあり、今の私はビビッているのです。
このまま放っておくか、病院に行くかです。
「明日になったら、元の首の回る生活に戻るんじゃないか。」と、変な期待が頭をよぎります。
たぶん、昔、お亡くなりになられた人を見なかったら、こんなにビビることも無いのです。
とにかく、寝ているときには、ちゃんと寝返りを打てるようになりたい。と、思うのです。
家族に相談しても、「そうなんだ~。」と、聞き流され、アドバイスすらしてもらえないのがつらいです。
この痛さ、寝違えた人にしかわからないものです。
もう少し様子を見て、考えることにしようかなぁ。

コメント

朝からいそいそ

2017年09月24日 | 日々のつぶやき

昨日は曇りのため、写真撮影が出来なくて断念しました。

「明日はきっと晴れるよね。」と、祈りつつ、朝、目をさますと、ピッカピカの晴れ。

とりあえず、カメラを持って近所の彼岸花を撮りに行きました。

「太陽の光がまぶしい。って、本当にいいよね。」と、一人でつぶやきます。

今回も玉ボケを綺麗に撮れたら・・・。と、願いながら、写真を撮っては、液晶で確かめながら気に入るのが撮れるまで粘りました。

道を行く人が、「きれいな花ですね。」と、声をかけてくれます。

一気にやる気が失せました。

私は一人で没頭するのが好きなんです。

人の気配は苦手なんです。

30分ほどして帰ったんですが、ちょうど家の前で、母とお向かいのおばさんが立ち話をしていました。

「あら、おはよう。今日も早くから歩いてきたの?」と、聞かれ、笑ってごまかします。

母が、私の代わりに、「たまにはね。」と、答えてくれました。

 

あまりに気分がいいので、そのままお掃除を始めました。

「綺麗にな~れ。」と、声掛けをしてしまいそうになりました。

掃除が終わり、パソコンに今朝撮った写真を取り込んで、眺めているだけで幸せな気持ちになります。

「秋って、いいなぁ。」と、思うようになりました。

 

 

コメント

ぎりぎり雨女

2017年09月23日 | 日々のつぶやき
「なんで?」と、思うのです。
私がカメラを持って家の外に出ると、にわかに曇りだし、家に入って片づけをしていたら腫れだします。
こんな時でも、雨女が力を発揮します。

すごく腹が立っています。
なんで、お友達が晴れ女で、私が雨女なのか。
確かに、雨が降ると気持ちが和んでいい気分になることもあるんですが、カメラを持つと途端に雨女の威力が出てきます。
「私に外へ出るな。と言っているのか。」と、天に文句を言いたくなります。
天気予報では明日も晴れ。
絶対に、カメラを持って外に出ることにしました。
外が曇ったら私が外に出ている。と、思ってください。

今は、彼岸花が咲き乱れています。
赤い彼岸花、白い彼岸花、とてもきれいです。
つい最近、彼岸花が咲いているのに気が付きました。
ずっと家に居るから、季節の花の変化に気付かないで過ごしてきました。
「もう秋なんだなぁ。」と、長袖の服に着替えました。
寝具も毛布を出して、最低気温が低くなるような朝に備えます。

「今年はなんだか、秋になるのが早いなぁ。」と言う感じです。
去年なんか、残暑が厳しくて、本当につらい思いをしました。

のんきに季節を語っている場合ではないのです。
雨&曇りが私を阻むのです。
なんとしても明日は晴れでないと、私泣いちゃいます。


コメント

子宝草の根

2017年09月22日 | ガーデニング

つい最近の台風で落ちたら大変。と、子宝草の子株を取っておいて水に浸けて置いたら、あっと言う間に根が出てきました。

「おっと!どっこい。」って、感じです。

たぶん1日で根っこが出てきて、2日目でにょきにょき伸びてきたようです。

なんとも成長の早い植物です。

私の予想では、なかなか根っこが出てこないので、ゆっくり植木鉢を探そう。と、思っていたのがアダとなりました。

根が絡まらないうちに早く植木鉢を探さねば。と、思うのです。

この写真は一部の子宝草を写しただけなので、本当は、もっとたくさんの子株があるんです。

「まいった。」って感じです。

 

以前、サボテンの鉢に子宝草の子株が入って、痛い思いをしながら子株を取りました。

びっくりすることに根っこが鉢の下の方まで広がっていて、鉢から取るのに苦労をしました。

「なんて、強烈な生命力なんだ。」と、びっくりします。

これなら、小さなポットにいっぱい作って、ご近所さんに配れるくらいになるのでは? と、思ったりします。

しかし、冬には弱い子宝草なので、冬は部屋の中で越冬することになります。

 

 

コメント

ラベンダー色の夢

2017年09月21日 | 日々のつぶやき
髪の毛がほんのりラベンダー。

昨日は、ドリームマットを枕カバーの下に敷いて眠りました。
夜中、ふと目が覚めるとラベンダー。
行ったことないけど、北海道のラベンダー畑を夢見ました。
一面の薄紫に染まった畑は、きっと素敵なんだろうなぁ。と、思います。
いつかは行ってみたいところの一つになりました。

朝、髪を梳かすとラベンダーが広がります。
こんな日は、どこかへ出かけたくなりました。
天天を連れて、ちょっと散歩もいいですね。

北海道の旅の土産話を聞いて、「意外に北海道って、広大な土地かも。」と、空想を広げました。
ほとんどが車移動で、車酔いする私には、ちょっとしんどいかも。と、思うんです。
しかし、季節のいい時期なら是非とも行ってみたい気がします。

北海道と言えば、海産物。
いろいろな海の幸もたらふく食べれるでしょう。
前に、北海道生まれの方とおしゃべりする機会があったのですが、「イクラを取るためだけに、鮭の腹を切る。」と、もったいないことを言います。
それだけたくさんの鮭が遡上するのでしょう。
いろいろ面白い話も聞きたいのですが、もう会うことも無いので、誰かが北海道に行ったときの土産話を根ほり葉ほり聞くことになります。
人生最初のツアーは、「パックツアーかなぁ。」と、今からちょっと夢見てしまいます。


コメント

ショコラのかき氷

2017年09月20日 | 日々のつぶやき

舌がとろけそうなかき氷。

今日は、お友達とデートの日でした。

今回、私が探したお店に行くことに。

カカオサンパカのかき氷は特別おいしいスイーツでした。

おまけに、お友達が北海道に行ったときのお土産までもらって最高の気分です。

「ドリームマット」は、枕カバーの下に置くと、とても香しいにおいがします。

可愛いラベンダーの花が入ったにおい瓶は、とても可愛いものでした。

もっとおまけに、天天のネームプレートまで作ってくれました。

これで、天天が迷子になっても戻ってきそうです。

なんか、いい予感がしてたんですけど、こんなにいいものがいっぱいもらえてよかったです。

あとは、懸賞のトートバックが当たれば言うことなしです。

さてさて、明日にでも切手を買って、ポストに直行します。

当たるといいなぁ。

 

 

コメント (2)

おったまげた!

2017年09月19日 | 日々のつぶやき
今日、何気に宝くじ売り場に行き、自分で確認したロトのはずれ券(?)を宝くじ売り場のおばさんに見せたところ、「当たってるよ。」と、教えてもらいました。
「えっ!」って、感じです。
確かに外れているのを自分で確認して、再確認のために持って行った宝くじです。
まあ、末等なんで、たかが知れているんですが。
しかし、期待していなかったので、あとから嬉しさがこみ上げてきます。

ちゃんと、自分で確認したのになぁ。と、自分の目を疑ってしまいます。
これが1等なら腰を抜かしているところです。
こんなことを言うのもなんですが、今日に限って綺麗に化粧をして、髪もブローしてそれなりの格好で出かけたんです。
いつものボロボロの顔ではないのです。
「身なりをきっちりしていたら、運もめぐってくるのかなぁ。」と言う感じです。

私はいつも、自分の目を信じず、ちゃんと確認のために宝くじ売り場のお姉さんに確認してもらっているのです。
今日のようなこんな時、「勝手に自分で判断せず、労を惜しまず行動してよかった。」と、胸をなでおろします。
たかが900円でも、お金には変わりはないのです。
これからも今回同様、自分を信じないことを貫きます。
母に、「元は取れたの?」と聞かれますが、「これからが勝負です。」と、丁寧に応えました。
一等目指して頑張ります。
高笑いする自分の姿を夢見て、今日も数字を書き込んでいきます。


コメント

気の高ぶり

2017年09月18日 | 日々のつぶやき
台風の夜、強風が何かを倒したり、巻き上げたりの音で気が高ぶり眠れなくなりました。
ベランダに置いてあった鉢植えは、どうなったんだろう。とか、ちゃんと戸締りをしただろうか。と、考えるんですが、起き上がって見に行くのも面倒で考えるばかり。

九州や四国では、ものすごい台風でしたが、意外と大阪では荒れ狂うことも無く、ただの風で終わりました。
心の奥底では、「もっと、すごい雨風が来たらいいのに。」と、思うんですが、そうなってくると、また被害が出てくるので、「強風だけでよかったんだなぁ。」と、思う事に。

今朝、恐々カーテンを開けると、案の定、重さのない鉢植えがベランダに転がっていました。
「軽い被害でよかった。」と、胸をなでおろします。
そうなってくると、昨晩の気の高ぶりで眠れなくなっていた夜のことを思い出し、眠気が出てくるのです。
意外と怖かったのかもしれません。
朝からボーっと暮らすことに。
じっとしていると、目が閉じてくるのです。

「この眠気は台風のせいだ。」と、重だるい体を引きずってお茶を沸かしたんですが、いつもは湯が沸くまでいろいろな作業をして時間をつぶすんですが、今日は、じっとコンロの火を見ながらお湯が沸きあがるのを待っている私です。
父が隣で何か作業をしながら聴いているラジオから、岩崎宏美さんの「シンデレラハネムーン」が聞こえてきます。
ちょっと、気持ちが懐メロになってきます。
「今日は、早く寝よう。」と、思いながらゆっくりしているんです。



コメント

チャオチュール

2017年09月17日 | 天々
チャオチャオチャオチュール♬

CMで、猫がチャオチュールをぺろぺろ舐めっているものがあります。
「なんて、可愛いんだろう。」と、思って、ネットで調べてみれば、犬用もあることがわかりました。
「天天もチャオチュールを舐めて喜んでくれるだろうか。」と、思ったんです。
買う気満々になって両親に話したら、「天天が味をしめて欲しがり出したらどうするんだ。」と、あっさり却下されました。
確かに、猫があれだけ欲しがるんだから、犬もおいしいんだろうなぁ。と、思ったりします。
下手にあげたら、あとでえらい目に合うことも頭にありませんでした。

先代の犬は、「ほねっこ」が好きでした。
犬はみんな、ほねっこが好き。と、思っていたんですが、天天にほねっこをあげると、プイっと横を向くんです。
天天は食わず嫌いなところがあるから、たぶんほねっこも食べ物でない。と思ったのかもしれません。
そうなってくると、いくらおいしいチャオチュールでも、プイっと横を向く可能性も出てくるのです。
目の色を変えて欲しがるのも、プイっと横を向くのも、「どっちもなぁ。」と、思うのです。
やっぱり、天天はいつも通り、私が煮た肉を食べているのがいいんです。

ちょっと前、母が手を滑らせて生卵を床に落としてしまいました。
拾うとは言い難いのですが、何とかお皿に移して、床に置いておけば、天天がおいしそうにぺろぺろ全部食べてしまいました。
「おおぉ!!」と、思うのです。
あの生臭い生卵をおいしいとは・・・。
犬の趣向もそれぞれなんです。
チャオチュールは、あげれないけど、またの機会に生卵をプレゼントします。

コメント

ああ、子宝草

2017年09月16日 | ガーデニング

まあいいか。と、放っておいた子宝草。

サボテンの鉢を占領してきました。

これは大変です。

綺麗に二つに分けないといけません。

しかし、サボテンのとげが怖くて、触れないのです。

このまま放っておくと収拾がつかなくなります。

そういえば、ほかの子宝草にも子供がいっぱいくっついています。

台風で飛ばされないように、先に取っておかないと。と、思うのです。

久々にカメラを触って思ったんですが、やっぱりカメラは面白い。ということです。

こんなのなら辞めなきゃよかった。と、思います。

早く働けるようになって復活せねば。と、考えます。

もう、どこのサークルでもかまわないと思うようになりました。

それより先に、子宝草の子供の収穫と、サボテンと子宝草の分けるのをやらないと。

意外と後回しになって、今頃慌てる私です。

 

 

 

コメント