ごじらいく

足跡の先に・・・

働く父

2017年11月30日 | 日々のつぶやき

昨日、母と私のやり取りを見ていた父は、何を思ったのか、いそいそと銀杏の実から種を取り出す作業をしてくれました。

ベランダでの作業だったのですが、茶の間中、銀杏のにおいが充満し、「めっちゃ臭い!!」ひと時でした。

「私がするからいいのに。」と、言っても作業をやめることはないのです。

何やら気の毒な感じがして、心が痛みました。

 

今日は、その取った実を干して乾かしている最中です。

やっぱり、部屋中が銀杏で、臭いんです。

ちゃんと乾いたら、はかりで測って収穫を祝おうと思っています。

それにしても、気の利く父で、頼まれもしない臭い実を剥くなんて、どうかしてる。としか言いようがないのです。

ちょっと私の予定と違ったことになったけど、結構、楽しい銀杏拾いでした。

次回は、全て自分で出来るよう。気を配ろうと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カビ

2017年11月29日 | 日々のつぶやき
16日に銀杏拾いを行ってからずっと、拾った銀杏を水に浸けています。
私の予定では、30日(明日)に種を出すことにしていました。
そのことを母にも言っていたのですが、もうすっかり忘れているようで、濁った水を見た母は、「早く種をとりださないと水が汚い。」と、怒っているのです。
しかし、私の予定では2週間水に浸ける。と言う目的があるのです。

確かに水は濁ってカビが浮かんでいて、とても汚いのです。
たぶん、この2~3日、暖かい日が続いたので水が腐ってカビが生えたんだと思います。

このまま、母の言う通り予定を早めて銀杏の種を出すか、予定通り明日にするか、私は迷うのです。
いろいろ考えたんですけど、暖かい今日のうちに水仕事をするのもいいなぁ。と思うけど、なるべく予定通りに事を進めたい気持ちのぶつかり合いなのです。
銀杏をつけたバケツを見て、「やっぱり、臭そうだなぁ。」と、思うのです。
以前、銀杏の実を剥いだ時のことを思い出すと、ちょっと気が引けます。
もし、毎年、銀杏拾いをすることになったら、今度は1週間だけ水に浸けて事を済ますことにします。

ちょっと、銀杏を浸けたバケツを見るだけでにおいを感じ取る私は、想像力が豊か(?)なんだ。と、思います。
でも、まさかカビまで生えるとは思ってもいませんでした。
あの腐った水に手を入れるまで気持ちの整理が必要です。
今日は一日、集中力を高めて、明日朝一番から銀杏の実を剥く作業をすることにします。
もちろん、エプロンも忘れずに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早起き

2017年11月28日 | 日々のつぶやき
最近、とても早起きになりました。
寝るのも早いので、「早起き自慢」はできませんが。

ここ数日、5時30分くらいに目が覚め、1時間ほどうつらうつらしている状態です。
寝起きは、もう目がぱっちり開いているのに、ご飯の時間になるとその反動ですごく眠くなるのです。
気持ちのいい寝起きはあるのか。と、思います。

コタツに足を突っ込んでいるときも、ちょっと眠気がしてくるのです。
毎朝、新聞配達をしている人はすごいなぁ。と、思います。
私の場合、5時30分に起きても、完全に起きているわけではなく、眠たかったら、また寝入るという選択があります。
しかし、朝早い仕事の人は、もうその時間になると仕事に行かないといけないんです。
ほんと、頭が下がります。
今、我が家がとっている新聞の配達の方は、うちの両親より年上で、もう80才は超えている。と聞いています。
「働き者だなぁ。」と、思うんです。
つい最近、亡くなったその80を超えるおばあさんのお母さんを養うためだそうです。
なんでも、やる気になれば出来るんだぁ。と、感心するばかりです。
早起き。と言っても、普通にトイレに起きるだけで、そのままうつらうつらしている私とは格段の差だと思います。

せっかく早起きするのだから、見た目のいい朝食を作るのもいいなぁ。と、思ったんです。
よくテレビのドラマで、朝食のシーンで、「朝から食べるご飯があんな豪華だったらいいなぁ。」と、思う事がありました。
あれは、私の理想の食卓なんです。
早起きして、綺麗なお弁当を作るのもアリかなぁ。なんて思ったりします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性ホルモン

2017年11月27日 | 日々のつぶやき

母は、若い頃と言うか、私の年齢ぐらいの頃に、子宮と卵巣を摘出する手術を受けました。

その時、調子が悪くなって婦人科から女性ホルモンの薬をもらって普通に暮らしています。

当時の医者は、薬を出してなんぼ。の時代で、たくさんの薬をもらい、有り余るほどでした。

それが、今まで母が薬を持っていることになりました。

その薬も底を尽き、ホルモンが無かったら調子が出ない。と言う母です。

数か月前に、ある婦人科でその薬をもらおうとしたら、母の年齢ではリスクがありすぎる。と、却下を受けました。

しかし、薬のないことへの不安から、また別の病院に処方箋を書いてもらう。と言うのです。

「もう、どこの病院へ行っても、もらえないよ。」と、何度も諭しますが、一向に言うことを聞かないんです。

仕方なしに、今日、母を連れ添って新しい病院へ行くことになりました。

たぶん、母は子宮と卵巣を取ったのが特別だと思っているのかもしれませんが、そういう手術をした人は五万といるのです。

別段、特別ではないということです。

しかし、「手術をして子宮がなくなった。」と言う感覚は、大勢のひとりとは思いたくないのかもしれません。

今日、たぶん、新しい病院でもホルモンを出す薬は却下されます。

これで、答えがわかってもらえるを思います。

特別のひとりではなく、大勢の中のひとりであることを。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水の揺らめき

2017年11月26日 | 日々のつぶやき

大川から帰りしな、やたら川の水が綺麗なので一枚撮りました。

黒く浮かぶ水鳥ですが、ただのゴミのようになってしまいました。

「水の揺らめき」の写し方を以前に本で読んでいたのですが、すっかり忘れてしまって、「あちゃ~。」ってことに。

なんでも、復習が大事です。

最近、なんかタガが外れたように感じて、写真を撮るのも楽しくなりました。

「なんで、今までかたくなに以前の先生の言葉が頭にこびりついてたんだろう。もう辞めたのに。」と、自分に言い聞かせます。

もう何を撮ってもいいんです。

あとは本でいろいろ勉強して、自分なりの写真を撮ります。

また、いい季節にお友達と行けたら楽しいだろうなぁ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチョウ並木

2017年11月25日 | 日々のつぶやき

大阪城のイチョウ並木を写しに行きました。

もうすぐ、大阪マラソンがあるらしいので、ざわざわしています。

つい最近、イチョウの紅葉宣言がされ、真っ黄色になったイチョウです。

結構、黄色の中にいるのが楽しくて帰りたくなくなりました。

ついでに大川の方まで行ったんですけど、もう桜の紅葉は終わっていて葉っぱが散って悲しい状態に。

なんでも旬があるんだなぁ。と、度々訪れないと綺麗な景色を見ることができません。

大阪城公園のイチョウ並木に外国の方がたくさん来られていて、いろいろな言葉が飛び交います。

もう日本が無いみたいです。

びっくりしたのが、もう木枯らしの吹く季節なのに、ブラウスとジャンバスカートといった軽装の人がいました。

「寒くないんだろうか。」と、心配してしまう光景もありました。

 

もう少し黄色の並木の日が続きそうです。

ちょっと天気のいい日に、また、行ってみようと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漬物

2017年11月24日 | 日々のつぶやき
明け方、夢をみました。
それは、漬物の夢です。
私が一生懸命、漬物の由来を調べている夢です。
何もわからないのに、「漬物って、奥が深いんだなぁ。」と、感心していました。
そのほかにも夢をみたんですが、全く忘れてしまいました。

何を根拠に夢をみたのか。と言えば、きっと、来年のお誕生日に行く、「漬け野菜」のお店からだと思います。
ついこの間も、テレビで紹介されていて、「さて、予約が取れるかどうかだなぁ。」と、思案していました。
結構、行列のできるお店みたいで、若い女性に人気だそうです。
予約なしでお店に入ることが出来るかどうかみたいなんです。

そういうこともあり、きっと、漬物が頭にあり、夢をみてしまったのだろう。と思います。
私の夢の中では、松前漬けがありました。
結構、美味しそうな漬物で、海鮮物みたいでした。
「一度は食ってみたいなぁ。」と、思います。
以前、CMで松前漬けを見ました。
大きなカズノコがあり、松前漬けを紹介する女性が口いっぱいに頬張っていました。
「漬物って、頬張って食うものだろうか。」と、そのとき思ったんですが、あまりに美味しそうなので、テレビにかじりつきになりました。
やっぱり、海辺の漬物は豪華だなぁ。と、言うより仕方ないのです。

昔、会社の後輩が、「うちでは漬物パーティがある。」と、教えてくれました。
「なんと、質素な。」と、思いましたが、今から思えば、趣のあるパーティだなぁ。と、感心します。
漬物一つでいろいろな思い出があり、また、スーパーに行ったら、一つ買ってみようかなぁ。と、思うようになりました。

誕生日に予定している漬け野菜の予約は、取れるように頑張ります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

天天の生理

2017年11月23日 | 天々
天天のお尻から、何やら生臭いにおいがします。
ゴロンと寝かせておしっこの出口を見れば、赤くなっています。
「また、生理が始まったか。」と、なんとも言えない気持ちになります。

もう天天も9才になり、人間でいうと50才を過ぎるおばさんになりました。
「もうそろそろ生理も上がる頃だなぁ。」と、思うのです。
そうなってくると、なんだか切なくなるのです。
「子犬を産まないで一生を終えるのか。」と。
私も、もう天天がいなくなったら、犬を飼うことが出来ないのです。
なんか、最後通知をされているような気になるんです。
「今のうちに子犬を産ませて、犬を飼う期間をもう少し先にずらせるんじゃないか。」と、勝手に想像してしまいます。
しかし、犬をもう一匹買うと、経費が掛かります。
毎年のフィラリアの薬、ワクチンの接種。
下手すると、病気をするかもしれません。
そうなってくると、なけなしのお金を使うことになります。
今でさえ、きつきつの状態なんです。

何らかの状態で、知らぬ間に子犬が産まれることになると、「仕方ないなぁ。」と、思うんですけど、ちゃんと管理されている天天は、自分勝手な行動がとれないんです。
犬のいない生活を考えると、無性に寂しくなります。
かと言って、犬を残して私が先に死ぬわけにはいかないのです。
なんでも、けじめが必要です。
「寂しいから。」と言って、自分勝手な行動はとれません。

天天の生理は、本当にこれで最後かもしれませんが、今後のために子犬を産みたい気持ちは封印してもらわないと、あとあと困るのです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変わった人

2017年11月22日 | 日々のつぶやき
昨日、肺がん検診に行ってきたんですけど、そこで変わった人がしゃべりかけてきたんです。
話が矛盾しすぎて、意味不明なんです。

前に、1度肺がん検診に来た。と言うので、初めての肺がん検診に不安がある私たち親子は、その人にいろいろ聞くんですけど、一向に質問に正確に応えられないんです。
「どういうこと?」と、母は笑いながらも、その人の話を聞き入っていたんですけど、私は不審な目で眺めることになりました。
普通、胸のⅩ線は、肺が写る程度しか撮影画面が無いのに、「パンツまで下ろさなくてはいけない。」と言います。
「???」で、母は笑いながらも適当に話に合わせていました。

あとで、「あの人、おかしかったわね。」と、二人で言い合いました。
1度、検診に来たら、だいたいのことは覚えているはずではないか。と、思うんです。
たぶん、あの人も初めての人で、自分を良いように見られてくて、適当なことを言っているのでは。
結局、頭がおかしい人になってしまいました。

人に自分を良く見てもらうには、それなりの経験とか、知識が必要です。
にわか作りの話では、余計に「おかしい人。」になってしまいます。
その人の雰囲気を持った人が、私の知人にいるのです。
パッと見、様相もその知人に似ていて、「ああいう雰囲気の人は、そういうことをするのね。」と、ひとくくりになってしまいます。
あまり、おかしい人に近づくのは良くないこと。と、昨日、わかりました。
自分もああならないように、気をつけなければ。を思うことになりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

X線

2017年11月21日 | 日々のつぶやき
今日は、肺がん検診のために保健センターに行ってきました。
保健センターに行くのは、やっぱりタダだから。
「健康のためなら死んでもいい。」と言う私ですが、出費は痛いのです。

肺がん検診は、9時10分と、10時の2回なんですが、母の意向道理9時10分の回に行くことになりました。
朝のドラマを見たあと、すぐに家を出たので到着が8時30分。
「わあ。外で待つのか。」と、思っていたら、係員の方が出てきて自動ドアを開けてくれました。
なんと、1番2番なんです。
1番の札を持ち9時10分まで待つことになります。
簡単な説明のあと、問診票を書いて、すぐにⅩ線を当ててくれます。
私は、何も考えず、いつも通りの服装だったのですが、なんと母はブラジャーをつけて来ず、むっちゃ短時間で済みました。
私たち親子は、ほんとあっと言う間に検診を終わらせ、あとに控えている人を尻目にその場をおさらばしました。

結果は4週間あと。
たぶん、タバコも吸わないし、これと言った症状も無いので、大丈夫だろうなぁ。と思っているんですが。
Ⅹ線の前に簡単な説明の時に、簡単な健康冊子をもらいました。
家に帰り、じっくり読むと、「健康って大事なんだなぁ。」と、ひしひし感じます。
この機に、健康のこともしっかり考えようという気になりました。
「健康のためなら死んでもいい。」とは、ほんと、無茶なことだったんですね。
何事も1回で済まさず、コツコツ続けていくことに意義がありそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去を思い出すと落ち込む

2017年11月20日 | 日々のつぶやき
ここ数日、「なんか落ち込むなぁ。」と言う日が続きました。
以前、ものすごく過去にさいなまれ大いに落ち込んだことがあります。
昨日の夜は、過去に落ち込んだことのある最大の落ち込みに匹敵するものだったんです。
「過去は、過去なんで、今更思い出したってもう元には戻らない。」のです。
しかし、ここ数日の落ち込みからして、尋常でないものなので、「つまらないことを考えるなぁ。」と、自分に叱咤してしまうんです。
誰にも聞いてもらえないので、「もう、過去のことだから。」と、自分に聞こえるように声に出して聞こえるようにしました。
ほんとつまらないものなんです。

私は、時々つまらないことでくよくよ悩んでしまう癖があるんです。
ほかの人からすれば、「なんで、そんなこと。」と、思えることなんです。
ほかの人が同じようなことを言っていたら、私が「なんで、いまさらそんなこと?」と、言ってしまう事でしょう。

1秒前でも過去。
10年前でも過去なんです。
1秒前だと、取り返しのつくことでも、10年前のことは、もう今更考えても仕方ないことです。
誰も10年前のことを今更言ってくる人なんていないのです。
そんな10年前にしでかしたことを掘り下げてグジグジするのは、ほんと良くないことです。

それより、1秒後の未来。10年後の未来を夢見るほうが、どれだけ華々しいかと言うことです。
もう考えるのはやめて、前を見ることにしました。
しょうもない過去なんて、屁みたいなものです。
屁は消えてなくなるものなんです。(ちょっと臭いけど。)
さて、10年後の未来、私は何をしているのでしょう。
考えるだけで楽しくなりそうです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しょうもない景品

2017年11月19日 | 日々のつぶやき

母がグランドゴルフに参加し、毎度のことながら、しょうもない景品をいただいてきました。

しょうもない景品とは、母の感想で、たぶんもっといいものをもらう予定をしているようです。

グランドゴルフには私も誘いを受けましたが、たくさんの人と遊ぶのは苦手なので、固く断りました。

「ただパターでボールを打つだけなのに。」と、何度も何度も「やればいいのに。」と、参加を促されます。

昔、ゴルフの打ちっぱなしをやったことがあるんですが、止まっているボールにすらパターが当たらないんです。

結構、落ち込むことになりました。

あの事がトラウマで、ゴルフと名のつくものは頭からお断りなんです。

 

グランドゴルフから帰ってきた母は、参加賞としてキャベツ丸1個と、洗剤などをもらい、景品としては商品券をいただいてきます。

「やらなくてよかった。」と、私は胸をなでおろします。

もう運動は苦手ちゃんなのです。

母の自慢話は、お茶を飲みながらゆっくり聞きました。

うちの班からは、だんだんやる人が少なくなって、以前は5~6人は完璧に集まっていたのに、もう2人しか参加する者がいなくなりました。

そこに私が入るのは場違いのような気がして、却下です。

グランドゴルフも好きな人は、毎週のように練習をされています。

にわか勤めではどうにもなりませんね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当はすごく綺麗な並木が見えてたよ

2017年11月18日 | 日々のつぶやき

大阪城のイチョウ並木がとても綺麗に紅葉していて綺麗でした。

でも、もっと綺麗な場面もあったんです。

光が逆光から差し、黄色の並木道が光っているのを。

「あの時、写真を撮っていればなぁ。」と、あとで後悔しました。

少し時間が経つと、曇りだし、もう綺麗な時間があっという間に消えてしまいました。

「また、別の晴れた日に、自転車で大阪城に行くのもいいなぁ。」と言う気になりました。

今が一番綺麗な時期なんです。

銀杏もいいけど、綺麗な風景もまた目を肥やします。

もうすでに、カメラのバッテリーの充電も出来ているので、晴れた平日、ちょっくら出かけてみます。

お堀の水面も輝いているかもしれません。

サイクリングは運動にもいいような。

たった一枚の写真を撮るのに、えらい運動になりそうです。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご褒美はフレンチトースト

2017年11月17日 | 日々のつぶやき

昨日は本当にしんどかったです。

大阪城まで銀杏を拾いに行ったんですが、やっぱりご褒美がないと心寂しいものです。

少人数で切り盛りしているパンケーキー屋さんに入り、美味しそうなフレンチトーストを食べました。

実は、今回フレンチトーストを食べたのが人生初なのです。

たっぷりしみこんだミルクがおいしくてほっぺが落ちそうになりました。

まあ、労働のあとなので、余計においしいのかも。

お友達に簡単な作り方を教わって、2倍得した気分になりました。

今度、是非家でも作ってみようかなぁ。と、思いました。

 

ちょっと、銀杏のにおいが気になって、心細くなっていたので、人の気配がすごく気になりました。

ウエイトレスさんが困っているのでは? と、思ったんですが、「ごめんなさい。」の気持ちが伝わればいいなぁ。と、思います。

 

しかし、思いっきり拾った銀杏ですが、肩や腕が今日になって痛くなりました。

いわゆる、筋肉痛です。

こんなに体を動かしたのは、本当に久しぶりだったので、いい運動になりました。

2~3日は、動かしにくくなるので、なるべく体を使うようにします。

銀杏に負けてはいけないのです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

疲れた

2017年11月16日 | 日々のつぶやき
久々の運動に、少々バテ気味の私です。

朝は、元気にやる気満々だった「銀杏拾い」ですが、最後の方はもうバテバテで、かがむのがやっと、と言う感じでした。
しかも、銀杏を少々甘く見ていたのが、疲れた原因です。

お友達といる間は、臭さは銀杏のせい。と言えるのですが、一人になると、臭さは、「・・・。」となるのです。
帰りの電車の中で、なんか周りの人の行動が白々しく見えたんです。
たぶん、銀杏のにおいが袋から漏れていたのかもしれません。
「あいつ、うんこをしているのに、知らんふりしてるぞ。」と、思われているんじゃないか。と、気が気じゃない思いをしました。

案の定、家にたどり着き、袋をやたら天天が匂うのです。
「ちっ。やっぱりにおいが漏れている。」と、実感しました。
袋を開けてみると、家じゅうが銀杏でした。

私は考えたんです。
もし、次行くときは、先に栄養補給をして、それから、銀杏を拾って、そそくさと帰る。と言うことです。
これで、店では、気にせず美味しいものを食べれるし、サッと帰るのなら、においは思うほど出ないのではないか。と言うことです。
しかも、今日以上に何枚も袋を持って行き、何重にも袋に入れたら、もっとにおいが無いような気がするんです。

銀杏の一番のネックは、においなんです。
それをどうにか克服しないと、オロオロしてしまうような気がします。
その臭い銀杏は今、水の中で実をもがれるのを待っています。
これからが勝負です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加