大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

やっとガスカートリッジ到着!

2011年10月31日 | 教会巡り/島歩き
今日やっと女房から届いた。

飛行機に持ち込めないガスカートリッジと大ポカで忘れたテントのポール。

マジでトホホなオヤジだよなあ、ポールを忘れるなんて。

横浜行きの電車で気付いたが、どうしようもないから実家に着いた日に頼んでたんだ。

やっと泊まりで歩ける態勢になったが山と違って楽しみが少ないのがちと辛い。

バスの往復が時間と金の無駄なんでテントにするだけだもんなあ。

奈良尾地区と若松島を二泊三日でやった方が効率良さそう。

来週天気が良い時にでもやってしまうか。

コメント

ヤと巨の貧打戦

2011年10月31日 | NPB
まったくなんというつまらん試合なんだ。

これがクライマックスシリーズというんだから恐れ入るよなあ。

セントラルのレベルの低さがよく分かる。

一死一三塁での坂本は酷かった。
あのボールを外野にも飛ばせ無いとはなあ。

ヤクルトにしてもゴンザレスがどんだけ甘いボールを投げたんだよ。
結構ど真ん中のボールがあったが皆打ち損じていたぞ。
相川は上手いこと打ったけど。

青木が一番酷いかもなあ。
何か手打ちになってるから強い打球はなかなか打てないだろう。

これじゃあ、待ち構えている中日にはとても勝てないだろう。
ましてアドバンテージの一勝まであるんじゃなあ。

まあ、その中日もパリーグのソフトバンク、
西武どちらが出て来ても手も足も出ないだろう。

コメント

釣りもなかなか

2011年10月31日 | オヤジ日記
やっと釣りをやったが、予想外に案外難しい。

仕掛けを投げ入れてすぐに、何だかシマアジを小さくしてくすんだ
金色っぽいのが釣れ、続いてメジナの小さいのが釣れた。

しかしお目当てのサヨリが現れない。
しばらくしてやっとサヨリが回遊してきた。

ところがこれがなかなか釣れない。

コマセで引き留めておかないと駄目なんだが、肝心のコマセが少ない。

サヨリは当たりがよく分からず、おまけにバレやすい。

そんなこんなで釣果は6匹だけだったが、
弟が刺身にしたら何とか二人で食べる分はあった。

12時過ぎにコマセも無くなり、ちょっと釣果が少ないが切り上げた。

ウキ下が長いような気がする。
サヨリは水面近くを泳ぐから短い方が良かろう。

午後買い物に行く途中の岸壁で釣ってるオジンがいたが
さっぱり釣れないとぼやいていた。

夕食に食べたサヨリの刺身はモチモチした食感で旨い。
初めて食べたがこんなに旨いと知ってたらもっと早く食べたかったなあ。

しかし飲み屋でサヨリの刺身なんてそんなに無かった気がする。

今日はオヤジはデイサービスのプチ旅行で伊王島へお出かけ。
コメント

梨田、甘過ぎだ!

2011年10月30日 | NPB
今日の第二戦。

九回表の投手起用は無気力過ぎたろう。
昨日の敗けが相当堪えたみたいだが、
今日勝てば何とかなったかもしれないんだぞ。

パスボールで失点した時点でピッチャー交代だろう。
二点差なら何とかなるんだから、全力で失点を防ぐべきなのに、
目がウルウルしてるんだから呆れた。

そんなに甘いんじゃ、勝てる訳もないし選手もシラケたろうよ。

八回裏無死一三塁での糸井の三振が痛かったなあ。
しかしよく考えたらスクイズだってありだったんだし、
左の石井に右の代打もあったろう。

今季で辞めることやら昨日のことやらで頭が働かなかったか?

監督稼業はやめて気楽な解説者が良かろう。
コメント

ハコフグの街灯

2011年10月30日 | 教会巡り/島歩き
魚の街灯は珍しい。



町の花


町の木


今日は釣り人たくさん


密貿易とはなあ、さすがに西端の島


今日は釣りに行く予定だったが、あいにくの雨で明日へ順延。

テレビで今年観るつもりだった長崎の諏訪神社の祭り
「おくんち」の人気断トツの演目「コッコデショ」の特集があった。

七年に一度だから、次は2018年だ。
40人の担ぎ手の練習の凄さに驚いた。
募集がインターネットというのも今風だ。
皆、神社での奉納が終わって泣いていたが大変な練習だったもんなあ。

買い物帰りの岸壁では6人も釣っていたが、
先日のオヤジみたいなベテランはいなかった。
コメント

曽根教会からはバスで帰る

2011年10月30日 | 教会巡り/島歩き
第一回でやり残した道は曽根教会まで歩くが、
それから青砂ヶ浦教会までの道は余りに危険過ぎるので割愛する。

運転手が歩行者を全く想定してないのと、
俺自身も危ないが、俺を避けた為の衝突が可能性高い。

とにかくカーブが多いのと道幅の狭さが問題。

こんな遊びで怪我したりしたら馬鹿丸出しだ。

先日は時間が無くて写真を二枚しか撮ってない「大水教会」を再訪しよう。

曽根教会の後、新魚目温泉荘で汗を流して帰ろう。

これを済ませたら、いよいよ頭ヶ島教会だ。
20キロの歩きはしんどいなあ。

最低6時間はかかりそうだぞ。
コメント

ダルビッシュ見納め?

2011年10月30日 | 野球
無意味なCSが始まったがダルを何故八回で代えたんだろうか?

後ろの投手陣が中日みたいに強力なら理解できるが、
それほどでもないんだから疑問。

対ソフトバンク戦を見据えての交代だろうという解説者がいたが、
CSファーストステージは2勝で決まるんだから初戦が絶対の重みを持つ。

日ハムはダルビッシュという絶対エースがいるんだから
勝たなきゃ駄目で、負けたらジ・エンド。

そういう意味で交代はおかしかったろう。

先の事など考える余裕が無い筈なのに、
そんな事をやってしまった梨田は責められても仕方ないはなあ。

まあどっちにしろ無意味なCSだからどうでもいいが、
下手するとダルビッシュの日本での最後の投球だったんだ。

お袋面会日でテレビ観戦ができなかったのが残念だった。

コメント

明日は釣りだ!

2011年10月29日 | オヤジ日記
今日は恒例のお袋訪問日。

例の如く何だかなあのお袋さんだったが、まあ仕方がなかろう。

話す相手もそういないだろうし、頭も温かくなるよなあ。
まだ息子と認識してくれてるから救われる。

あんたは誰か?
なんて言われたら悲しかろうなあ。

朝から大リーグを見て、いつものように二時に歩きだした。
途中の岸壁ではミズイカの擬似餌釣りのオジンがいた。

明日は朝からフリーだから、サヨリ釣りに挑戦してみよう。
せっかく道具も揃えたし、歩くだけじゃ勿体ない。

釣りを本格に覚えたら、死ぬまで退屈しないだろう。

晴れたら山か海で遊び、雨なら室内遊戯の囲碁で遊ぶ。

これに野良仕事を加えれば最高の毎日だぜ。
コメント

やっぱり負けた!

2011年10月29日 | MLB
昨日と全く同じ初回の攻防。

せっかく2点を先制したのに、四球二つの後に二塁打を打たれて同点。

もうこの時点でレンジャーズの負け決定。
最悪の点のとられ方で野手もガックリだったろう。

捕手のナポリは打つ方は良かったし、昨日の捻挫でも出場する根性は凄かったが、
リードに慎重さが欠けたかも。

やっぱり昨日勝てなかった時点でレンジャーズは終わっていた。

解説の小早川も言っていたが、二点リードの九回裏一死一二塁での
外野手の守備位置がまずかった。

なんで同点を防ぐ為に深く守らなかったのか解らん。

こんな基本的な事を忘れる位に舞い上がっていたんだろうか?

どっちにしろ双方共にイマイチ気配りに欠けた戦いだった。

コメント

丸尾教会

2011年10月29日 | 教会巡り/島歩き
質素で清々しい。


遠景


正面入口


側面


ロザリオの聖女



あの鉄川与助の出身地に立つ教会だが、彼の作品では無い。
1972年の完成だから随分新しい教会。
白の壁に黒茶の屋根。

他と同じように、江戸末期の迫害を逃れる為に、
大村藩領・西彼杵半島外海地方から移住してきた信者達の教会だ。

波静かな湾を望む小高い丘の中腹にある。









コメント

野首教会を見たい!

2011年10月29日 | 教会巡り/島歩き
無人島になっている野崎島。

ここに鉄川与助が初めて造った煉瓦造りの野首教会があるんだ。

勿論定期船など無いから、古民家に泊まってガイドと一緒に見るしか無さそう。

この利点は内部も見る事ができるのと、ひょっとしたら写真も可能かもという点かな。

とにかく青砂ヶ浦教会に先立つ与助の煉瓦造りの教会なんだから何とか見てみたいものだ。

写真を見ると少し派手な感じだが、内部も青砂ヶ浦と同じだし、外観も同様。

たった17軒の信者達がそれこそ爪に火をともす苦労をして
造りあげた教会だ。

野崎島のトレッキングと合わせて是非ともやってみたい。
コメント

冷水教会

2011年10月29日 | 教会巡り/島歩き


いい雰囲気の正面




遠景


側面


聖母


鐘楼



青方教会から一時間かからずに辿り着いた。

途中岸壁で釣りしてるお婆さんがいたが、サビキで小アジを釣っていた。
南蛮漬けにするのかと聞いたら蒲鉾を作るらしい。

右に奈摩湾が広がり対岸に青砂ヶ浦教会が見える筈だがよく分からない。

気持ち良い歩きで着いた「冷水教会」はさっきの青方教会と違ってなかなかの雰囲気だ。

あの鉄川与助の作品だが木造。
ここは規模が小さいので鐘楼が別にあった。

白い外壁に黒茶色の屋根と窓枠で落ち着いた佇まいだ。

与助27歳、独立して初めての自身で設計施工した作品で明治40年完成。

















コメント

青方教会

2011年10月29日 | 教会巡り/島歩き
建物正面


遠景


側面


聖家族


教会らしからぬ後部


この教会は最も新しく造られた建物らしく、
何の歴史的雰囲気も無かった。

世界初の海上石油備蓄施設ができる前に、
建設場所の折島から移住して来た信者達の為に造った教会だ。

そういう経緯だから建築費には公金がある程度使われたのだろう、
上五島地区の信者の為の会館も併設された大きな建物だった。

1976年に移住終了して1988年に上五島国家石油備蓄基地という
たいそうな名称の施設ができた。


コメント

阪神「和田新監督」決定!

2011年10月28日 | NPB
本当に和田だったよ。

その就任会見で「ちょっとしたスパイスで優勝争いできる戦力」だそうだ。

そりゃそうだろう、大金はたいてFA取ったり、外人雇ったりしてるんだから、
毎年そうできる戦力は十分だろうよ。

但し、その戦力もきちんとした戦略で動かさないと宝の持ち腐れ。

まあ阪神が巨人を叩いた方が面白いから二つアドバイスしようか。

まず、金本を外す事。
これをやらなきゃ、来年もザル外野。
おまけに動体視力が落ちて速い球についていけないんだから安全パイで相手が喜ぶだけ。

それと、中継ぎと抑えを整備し直さないと今年同様息切れ。
藤川も長年の勤続疲労が目立って来たぞ。
もう一人左の榎田を加えてダブルにしたらどうだ?

この二つ位にしとかないと強くなり過ぎてカープが辛い。
コメント

矢堅目公園でお昼

2011年10月28日 | 教会巡り/島歩き
矢堅目遠望。



迫力の矢堅目


冷水教会方面


冷水教会方面から


テントを張れそうな広いベンチ


昨日の歩きの途中、ついでに立ち寄り昼を食べた。

この「矢堅目」というのは三角錘の巨大な岩で
冷水教会の先の岬の脇にある。

ここを対岸から撮る夕陽の景色が有名なんだが、
車が無いとなかなか撮り辛い。
整備中みたいだったがトイレは立派なのができていた。

階段で上がると目の前に矢堅目、小値賀、宇久などと
東シナ海がズドーンと広がっていた。

この景色を眺めながら弁当を食べ一時間以上寛いで
次の青砂ヶ浦教会へ向かう為にバスに乗った。



2012年4月1日のデジカメのを載せておく。

    
コメント