大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

ばあ様華麗に復活!!

2016年11月30日 | 島暮らし・街暮らし
今月3日にベッドから落ちて肋を痛めて暫く寝た切り。

2週間程度で杖をついて歩き出したが弱々しい。
最初は食欲も無くてひょっとしたらこのまま弱るのではと
思っていたが、いつの間にか食べ過ぎて吐くまでに回復。

日曜からカミさんが所要で留守の為、ばあ様は妹が入っている
施設に2週間のお泊り。
三日目でおやつの蜜柑1個・飴玉6個を二人に届けたら、
妹の部屋の入り口に二人で立っていた。

顔付きを見たら家とは別人でシャキッとした顔付きだし、
何と杖無しで普通に歩いているじゃないか!
驚いたの何のこれ程劇的に復活するとは予想できなかった。

親父もデイサービスで呆け顔でなくなったし、
定期的にショートステイさせようとカミさんと話したのだった。
家で娘の世話になってると安心しきって
ボケが進むのではと思っている。

時には緊張も必要でその為にも他人と会うのが一番だ。
施設だと他の老人を見てあんなにはなりたくないとか
シャキッとした人が居たら競争意識も出るだろう。

大体が92歳で外出時はちゃんと化粧はするは
マニキュアまでするはのハイカラ婆さんなんだから。
コメント (2)

久し振りの見たいと思わない朝ドラだ

2016年11月30日 | その他
今日は植木仕事は休みで6時には目が覚めたのに
見たいとも思わないのは何でか考えた。

このドラマは6回くらいしか見ていないが、
親父の靴を解体して逃げ回ったのでガックリ。
自分から親父に見せに行くくらいでないとなあ。
大して面白くないヒロインですよと言ってるんでは
見る気も起きない。
それと使用人の子にクッキーを渡して捨てられたシーン。
あまりに単純すぎてゲンナリ。
脚本が駄目なんだろうがヒロイン役の女優も平凡。

先週一瞬チラッと見たらまだ戦後数年しか
経ってないみたいで展開の遅さに呆れた。

カミさん曰く二三回見逃してもOKの展開とかで
あれじゃああまり人気は無さそう。

「とと姉ちゃん」「あさが来た」が面白かったから
なお更退屈さが際立ってる。

俺の一番は松本が舞台だった「おひさま」だが、
井上真央をとんと見なくなったのは嵐かなんかの
メンバーとの事でなのか?
まあ大河での低視聴率も響いてるのかな。
あれは脚本自体が酷かったから可哀想だよな。
コメント

祖母傾二泊三日の縦走は荷物の軽量化次第

2016年11月30日 | 山技術
日帰りなら少々の重荷でもどうって事ないのだが、
テント泊や小屋利用の縦走だとそうはいかない。
若い頃なら何とかなったが70寸前の身となっては
極力軽くしないと行動時間が長くなってしまう。

来年予定している祖母・傾の縦走も本当なら二泊三日で
やっつけたいところなんだが尺取虫でやろうと思っていた。
しかし三泊四日だと四日の晴天という条件が厳しい。
できたら一日だけなんだが行程を縮めた方がベスト。

途中の水場もしっかりしているし荷物が軽くなれば
この老体でも何とか3日で歩き通す事ができるかもだ。

その為にはウェストポーチ・ザックの総重量を9キロ前後に
抑える事が必要条件だ。

大まかに言うと

1.ザック重量 1.45kg(これが重い!)

2.シュラフ・エアマッ 1.32kg

3.衣類 0.5kg

4.雨具 0.62kg

5.ガスセット 0.72kg

6.双眼鏡・ヘッドライト 0.4kg

7.その他 0.5kg

以上小計 5.51kg 約5.5kg

これに食料と水だが3kgで抑えられそう。

すると総重量8.5kgで収まる。

食料は主食は乾麺+餅にしてこれに乾物を戻して使う。
行動食はブドウ糖(タブレット)+飴。
これにアミノ酸顆粒で蛋白を補う。
乾物は高野豆腐や豆類が良さそう。
これなら最大でも1.5kgで収まるだろう。
水は水場まで持てば良いから1.5リッターで充分。
時期は春だしTシャツと軽いウィンドブレーカーで
極力汗を流さないようにすれば水の消費量も減る。

12月から2月まで極力二泊三日の歩きを
丹沢・奥多摩他の祖母傾に似たコースでやるとしよう。
島での3・4月の釣りモード時の山は要検討だな。

コメント

公園の草刈で完バテ!

2016年11月29日 | 職人修行
今年2回目の公園の草刈。

これが半端無くて4時半の終了では
もうクタクタでやっと終わったかと安堵する有様。

草刈機の使用に慣れてないから先輩達みたいにはいかず、
燃料は倍使うは刈る草の量は半分程度だはと散々。

幸いに来月初旬にこの草刈機のシルバーの講習があり、
申し込んだらOKだったから良かった。

基本的な事も知らないのに良くやらせるなあとも思うが、
何とか見よう見まねでやれるが学習した方が良いに決まってる。
その講習が丸々二日間もやるというのも凄いな。

それにしても一日で1トン以上の草の量なんだから凄い。
春にも刈ったが直ぐに草茫々になってたからなあ。
雑草は逞しいや。

一目瞭然のビフォーアフター

ビフォー(半分くらいやった撮った道路側からと奥からの写真)
 

そのアフター
 

春に裸同然に切られたトウネズミモチだが
立ち枝だらけになってしまって姿が悪くなっていた。
どこの業者がやったか分らないが考えて切って貰いたいもんだ。



コメント

阪神糸井はプラマイゼロどころか

2016年11月26日 | NPB
確実にマイナスだろうよ。

4年18億が本当なら単年4.5億だぞ。
鳥谷に4億出すんだから不思議でもないか。

今年の成績はと言えば

打率0.306本塁打17本打点70得点79盗塁53

盗塁は凄いがそれでも得点が大した事ない。
おまけに6年連続3割なら納得だが、
6年連続3割に届かなかったのに今年やっとだぞ。
FAの為に火事場の糞力出しただけだろうに、やっと0.306だぞ。

年齢も35なんだから衰える一方だろうし、
長期契約して満足な成績を出したFA選手は滅多にいない。
俺だったら若いのを育てるし外野手なら外国人助っ人で
良いのが1億も出せば獲得できる。

多分来年は3割に届かず盗塁も30程度だろう。
それでも金本は十分満足なんだろうが、
それなら”超変革”とかで若手を育てるなんて言うなや。

二年は最下位でも我慢してくれと言ってなかったか?
まるで政治屋の選挙公約じゃないか。

カープファンとしてはそんなに気にする事もないが、
阪神も巨人も相変わらずというのが笑う。
このまま弱体化必至で歯応えなくなるのが
何だか物足りなくなりそう。
三年後には完璧に虎兎はBクラスだろうし、
下手すると来年は三位争いが精一杯かもだぞ。


コメント (4)

植木仕事の後は鮭を裁く大仕事が待ってた

2016年11月25日 | 島暮らし・街暮らし
今日はM先輩と二人での作業だったが、
本当は昨日5人で7時間の作業をやる予定だった。
しかしあの雪で一昨日から月曜に延期で、昨日の続きを
やる予定だった俺達が先にやる事になった。

さすがに生垣は月曜に廻して、ウメ・キンモクセイ2本・
カキ・ナンテン他をやった。

で7時間みっちり仕事して帰ったら玄関にドーンと
発泡スチロールに入った毛鉤さんからの鮭が届いていた。

昼を食べている時にはそうだ今日着くから帰ったら
もう一仕事があるなあと思ってはいたんだ。

しかし、忙しく体を動かしてる内にすっかり忘れていた。

島でミズイカやアラカブは裁き捲くっていたが、
鮭みたいな大物はやった事がなかったからてこずった。

しかしやる事は一緒だったし何とかやっつける事ができた。


全長75cmはある超大物では台所では裁けずに
風呂場の湯船の上に発泡スチロールを乗せその上で裁いた。
今から当分は鮭料理で楽しめるな。


コメント

濡れたバスマットは気持悪い!

2016年11月24日 | 島暮らし・街暮らし
昔から嫌だったんだが、今年になって風呂から出る時に
足裏を拭けば済む事に気が付いた。
70近くになってなんだから呆れてしまうがまあ良かった。

温泉に入って気持ち良くなってもあのベチャっとした感じで
興醒めなんだが皆はそうでもないらしい。
極力マットの端を踏んでたがいっその事マットを踏まなければ
嫌な気分にならないで済むな。

普通は頻繁にマットを交換しないし、交換直後に入る幸運なんて
殆ど無いからなあ。

そう言うマナーが広まって欲しいが、入浴の注意書きに「足裏を
拭いてから出よう」と書いて欲しいもんだ。
しかし年寄りがバランス崩して転倒しちまうか。

せめて自宅だけでもと思ってやろうと言っても誰もやらない。
仕方ないから俺だけでもやれば良いかと思ってる。

こんな事は結構あって、現役の時の出張先の旅館で洗面所の
ボール周りを拭くのを覚えたんだった。
朝の洗面時に先輩が横で拭いてるのを見て感心した。
がさつな感じの先輩社員だったんだが人は見かけじゃ
分らんなあと思ったものだった。
それからは見習って拭くようにしてるが、
足の裏を拭くのを見ても変な奴だなと思われるだけかもな。

コメント (4)

11月の雪なんて初めてだ!

2016年11月24日 | 島暮らし・街暮らし
この時期の雪なんて記憶に無い!
朝起きてからずーっと振り続けてる。

東京・横浜・甲府では54年振りの雪なんだと。
初かと思ってたら違ったがそれにしても早過ぎだ。

普通は高気圧が暫く居座るんだが昨今は案外と早く移動する。
おかげで三日位しか晴れが続かないから山遊びし難い。

今回の山予定の27日が雨から曇りで降水確率70%だ。
これじゃあ歩いても楽しくないから来月へ延期して忘年会にする。

皆リタイアしてるから集まるのに苦労しないだろうと思ったら、
親の介護や体調不良などでなかなか全員集合ができない。

冬場は晴天が続いてやり易い筈がこんな有様で参るな。
ちょっと前まで暑くてウンザリとか言っていたんだから
おかしな天候になってしまった。

春と秋が随分と短くなった感じがする。
その上今年の紅葉はどこもイマイチだったみたいだし、
四季のメリハリが無くなってしまったよな。

昨日書いた「バーバリアン・ライジング」が
12月21日昼12時から夜9時まで一挙放送だと。
予備日の水曜日でやった!と思ったら23日が祭日の為に仕事だった。
残念至極だが午前中で仕事が終わるよう祈っとこう。
コメント

CS結構面白い番組がある

2016年11月23日 | その他
もっぱら「時代劇専門チャンネル」を観てるが、
今は「腕におぼえあり」が月から金楽しめてる。
24年前に放映されたNHKのドラマだが、
藤沢周平原作の「用心棒日月抄」のドラマ化。

音楽担当の近藤等則のトランペットが洒落ているし、
タイトル画面の色使いも24年前とはとても思えない。
ドラマ自体も当然面白くて昨今の酷い時代劇とは
比べ物にならない。
最後の方から出てくるヒロイン役の黒木瞳が
ドンピシャだったし、脇役陣も坂上二郎・渡辺徹・
風吹ジュン他も良い。
主演の村上弘明と許婚役の清水美砂も若い。
昔見て面白かったが何度観ても楽しめる。

一昨日は偶々観たヒストリーチャンネルの
「バーバリアンズ・ライジング」がめちゃ面白い。
あと一回で終わると言うのが残念で堪らん。

内容はローマ帝国に反逆して滅亡させてしまった
ゴート族などの英雄達を軸に展開する歴史ドラマで、
ハンニバル・スパルカタス・アルミニウス・ブーディカ・
アラリック・アッティラと言う面々。

フン族に押し出されたゴート族の侵入が西ローマ帝国の
滅亡の原因というのは知っていても現実がどんな物かは
頭の中で想像できない。
それが映像となると生々しい場面で観るんだから
ストレートに分って素晴らしい。

フン族にゴート族が追われたという事は略奪や皆殺しなどが
際限も無く行われたと言う事だし、ローマの軍隊と
ゴート族他との殺し合いも凄かったんだ。
そういうのが一発で分る映像の力は素直に凄い。

これに比べて今のテレビドラマの薄っぺらなのには
情けなくなるよなあ。


コメント

今朝の地震は強かったな

2016年11月22日 | その他
4月の熊本地震の第二弾の方が胆を潰したが、
最初に微かな揺れが来てユッサユッサと来たから
こりゃあ結構デカイと思ったがやっぱりM7.4。

3.11の余震だろうがまだまだ油断できないし、
この程度で使用済み燃料棒の冷却がストップするのが
酷いだろう。
M9クラスが来たら又危機的な状況に陥るのか!


小名浜港から沖を目指す船


一昨日アマゾンに注文した魔法瓶が昨日着いた。
真ん中のだがタイガー魔法瓶でワンタッチ式ではなく
昔のネジ式の蓋だったから即注文したんだ。
ネジ式でないとどうしても漏れるんだ。
やっと安心してザックに入れる事ができるし、
超軽量で重さがたったの190gと言うのも良い。


最後に今日は4時終了だったが夕日の中の大山が
結構格好良かった。


コメント

カエデの剪定

2016年11月22日 | 職人修行
今日はカキ・ウメ・カエデとマキの生垣を担当。

その中でカエデの剪定をちょっと詳しく載せてみる。
剪定方法は案外と簡単だ。

先ず上に飛び出た枝を切り取り、次に横に伸びた枝をカット。
それから下に垂れた枝葉を切り、最後に混んだ枝や形を崩す枝を切る。
小さな枝葉の塊を姿良く整えたらほぼ終了。

ただこの木はやたらと頭が重い樹形だったので、
コブを切り取りスッキリさせる作業が入った。

作業開始直後と上に伸びた枝をほぼ切り終え時・出来上がりの三枚。

  

随分とスッキリしたが、まだコブが多くて形が悪い。
来年はもう少しあちこちにあるコブを切ってスキッとした形にしたい。

コメント

尾根歩きを楽しむ

2016年11月20日 | 山技術
落石も滑落も殆ど心配しないで歩けるんだが
そんな道はそうあるもんじゃない。
大半が尾根を外して巻いて行くか沢沿いをへつるかだ。

先日の王岳でも下山途中で10分ほど笹の中を歩いただけ。
結局尾根の上を歩くには地図に無い道を歩くしかない。
と言っても誰かしら歩いていて踏み跡が結構あるのが多いんだが。


山仲間との「山と酒」でも短いがそんなルートを歩いている。
前回も高尾山の稲荷山から殆ど踏み跡の無い小さな尾根を下りた。

地形図は必携だが技術的にはそんなには難しく無い、
尾根を忠実に辿れば良いのだから。
只問題は1本の尾根なんて無くて枝分かれの尾根が付いて廻るから、
メインルート(メイン尾根)を外さないようにコンパスでのルート確認が
できないと酷い目に遭ってしまう。

そういう点では下りよりも上りの方が安全。
少々ルートを外したとしても上に行けば山道に出合うから。
道迷いしたら上に行けと言うのはそんな理由からだ。

「山と高原地図」で見当を付けて地形図で詳細を調べてルートを決める。
俺の持ってるのは2000年以前の古い「山と高原地図」が大半だから、
ネットでバス便があるか確認する一手間が要るが。

今月は中央線初狩で下車して滝子山から南東方面への尾根を途中まで歩き、
適当な枝尾根で下りて初狩駅へ戻る予定だ。
ネットで調べたら案の定道ができているから上りは大丈夫で下山が問題。
メインルート?を外して下りるから踏み跡があっても微かだろう。

用心にロープとシュリンゲ・カラビナを持って行く事にしよう。






コメント

「拓郎2006つま恋」が格好良過ぎ

2016年11月19日 | その他
陽水ほどには聴いていないだろうし最近はとんとご無沙汰だったが、
2週間くらい前にたまたまユーチューブで見た。
2006年のかぐや姫とのジョイントコンサートで3ステージ歌ったらしい。

最初に見たのは「永遠の嘘をついてくれ」。
途中から中島みゆきが参入して直立不動でしっかり歌ったが案外聴かせる。

この歌は中島が拓郎から依頼されて作った由だが、
その中島が拓郎の大ファンだったというのが面白い。

その後色々と聴いたが素晴らしいの一言。
こんなに拓郎のライブが良いとは思わなかったし、
むしろレコーディングの曲なんか拓郎の良さが出ていない。

拓郎のシャウト・バックコーラス・ドラム・ダブルギター・金管や弦楽器それに
中高年のオヤジオバン共の拍手やら叫びなど臨場感が半端無い。

特にエレキギター二人の出す音には参ったし後ろのドラムのドス・ビシバシ、
男3人女1人のバックコーラスもなかなか。

一番は「落陽」だったがダブルギターの”歌”には脱帽&最敬礼。
「外は白い雪の夜」も歌詞みたいな経験は無いのに、
若い頃を思い出してしんみりしてしまう。

2006年だから病気の後なんだが、拓郎が元気に広いステージを
駆け回って観衆にサービスしていて意外だった。
案外サービス精神旺盛なんだが、観衆あってのライブなんだから当然か。

この歳になって「拓郎の良さはライブ」と分って良かった。


因みにこのライブの会場「ヤマハリゾートつま恋」は来月25日で営業停止だと。
コメント (2)

千円カットで大満足

2016年11月19日 | 島暮らし・街暮らし
昨日の出来上がりは今までで最高クラスの出来だった。

若いお兄ちゃんだったが、最初にサッとカットした後で霧吹きで髪を濡らした。
最初に濡らすのが普通だから、アレッと思ったが出来上がりは最高。

千円カットの売りはスピードだが、出来も良ければ俺には最高だ。
短髪なんだから出来は大差無いが、ヤッパリ気に入らないのもある。

帰ってからカミさんが特に横からのが良いと言ってたが、
短いのにフックラ感があって仕上がりを見せられた時に
お兄ちゃんに「上出来!上出来!」と言ってしまったくらい。

それと髭剃りがやたらと当たりが弱くなって自分で剃るからなあ。
千円カットでは剃らないからむしろ好都合で、わざわざ高い店に行く理由が無い。

ピアゴの中に入ってるから帰りに魚売り場を見たら、鯵の刺身用が安くて買った。
半身が6枚で398+税と格安。それが結構残ってるのが解らない。
きっと自分で切る手間が嫌なんだな。
三人で鱈腹食べて満足しちょっとウキウキの一日になった。
コメント

ヒイラギモクセイの剪定

2016年11月18日 | 職人修行
初めての木だったが基本キンモクセイと同じやり方だから
どうって事はなかった。

最初はM先輩がやると言っていたが、ちょっと手間取ってたので
俺がやっつけてしまった。

ヤマモモの大木とマキだったから時間が掛かっていたみたいだ。
O先輩の仕上がりよりも葉が多目の出来上がりだが見た目は良い。
但し直ぐに葉が混んでくるのが玉に瑕だな。

そのヒイラギモクセイはちょっと梳き方が足りなかったな。
樹冠部分はしっかりコブをカットして隙間を作ったからまあまあだろう。

 

参考までにM先輩のヤマモモ・マキの写真を載せて見る。

ビフォー
 

アフター・二本一緒に撮ったがまあカット具合は分る


コメント