大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

繁敷教会

2015年03月31日 | 教会巡り/島歩き
手作りの教会その物



いやあ、あれほど奥地にあるとは驚いた。

富江への31号から枝道に入るんだが、嵯峨島の後で花代を渡しに再度行ったが分かり難い。

本当に小さな手作りの看板があるだけだから、注意して運転しないと見落とす。

その二度目に野ウサギと遭遇!

やたらと小さくて、おまけに車道から外れず走るのに呆れた。

写真はデジカメでしか撮らなかったから、連休明けに自宅に戻ってからアップする。

教会の管理人によると天敵がいないので多いらしく、しょっちゅう遭遇する由。

昔の教会はダムの底になってしまった、川の傍の小高い所にあったらしい。

それにしても信徒はその俺と同世代の男性1人というんだから維持管理が大変。

昨日は工事中だったので中に入らずそのまま帰ったが、今日富江へ行くのに31号を走ったから花代を渡しに行ったんだ。

しかし、よくあんな奥地まで入ったと感心するが、多分川を遡ったんだろうなあ。

道などある筈もないし、藪を漕いで行くなんて出来ないから。
コメント

黒田今年一年で引退?

2015年03月30日 | NPB
さっきの「情熱大陸」の中で初めて知った。

黒田は単身赴任だった!

家族共々帰国してるとばかり思っていた。

参ったね。

こりゃあ、マジで今年優勝しないでいつやるんだという話だ。

広島のファン・球団関係者・仲間達と一緒に喜びたいから帰って来たんだぜ。

まあ、今日の最終回のヒースは物凄い頑張りだったが、これ位の必死さで応えないとなあ。

多分今年一年で引退するだろうが、若手投手はあらゆる事を吸収して貰いたいもんだ。

それにしても昨日の満員の観衆は忘れられない試合を観て最高だったな。

中継しなかったNHK始め民放キー局は無能その物。
コメント (2)

明日から福江島

2015年03月29日 | 教会巡り/島歩き
やり残した教会二つを見に行く。

来週半ばから雨が続くから、桜にはちょっと早い気がするがやっつける事にした。

嵯峨島はキリシタンの島なのに神社があるのは、カモフラージュ用に祀っていたのが残ってるんだろう。

往復は40分だが待ち時間が2時間近くあるから、この神社も見て確かめよう。

繁敷教会は唯一内陸部にあるが、上五島にも佐野原教会というのがある。

換金する為の漁業を捨てて、わざわざ内陸部に住んだ理由を知りたいが無理かな。

よっぽど海が怖いか、船を操れなかった男達の家族だったのではと思ってるんだが。

桜が咲き出してるからちょっぴり嬉しいな。
コメント

NPB今日開幕!

2015年03月27日 | NPB
いよいよだ!

カープの戦いが始まる。

今年は怪我人続出の上にオープン戦最下位で、結構前評判悪いが、大丈夫しっかり優勝する。

黒田の復帰とマエケンの最後のシーズンなんだぞ、皆死に物狂いで頑張るに決まってる。

と言う訳で順位を予想してみると

1.広島
2.阪神
3.巨人
4.横浜
5.ヤクルト
6.中日

パ・リーグ

1.ソフトバンク
2.日ハム
3.オリックス
4.西武
5.ロッテ
6.楽天

秋にどんな結果が待ってるか、神のみぞ知るだな。
コメント

イカ用餌木にアラカブ?

2015年03月27日 | 釣り・海遊び
イカにしてはあまり手応えが無いなあと思ってたらアラカブだった。

味噌汁サイズよりちょっと大きめだったがビックリ。

去年、弟もアカハタが掛かったらしい。

イカはその後400g程度のが来た後はさっぱりで、手のひらサイズのが来たがさすがに放流。

アラカブの味噌汁サイズを一匹加えて終了。

一方弟はイカを2ハイ揚げた後はアラカブ釣りに専念して、久し振りの絶好調。

何と一つの餌で大量11匹も釣り上げ、その後も2匹を追加。

アラカブも曇り空が良さそうな事と浅場の方が、ベラもアラカブも魚信が多いのが分かった。

明日で釣りも一休みだから、イカを一匹でも釣りたいがどうなるかな。
コメント (2)

クレバルトへ行きたいわ

2015年03月26日 | 山その他
今朝の夢の話。

山小屋の野外テーブルでボケーッとしていた俺の近くに座った中年女性が呟いた。

「クレバルトへ行きたいわ」

暮張戸?って聞いた事も無いが、一体何処なんだろうと考えたが分からない。

大キレットなら知ってるが、全然違うしなあ、ここはクレバルトが一体何処なのか聞いた方が良いのかなあなどと考えてる俺も、夢らしく今と違って随分と若いみたいだった。

その内俺を見ながら又つぶやく、「クレバルトに行きたいのよねえ」。

この女性は確か小屋主だったみたいだがなあ、俺に荷物でも持たせて行きたいのかなあなどと考えていたら、無粋な携帯の目覚ましで目が覚めた。

何だか良く分からない内容で、もうちょっと続いていたら面白かったかも。

しかし、夢とはいえ「クレバルト」とは恐れ入ったというか摩訶不思議な脳だ。

20年近い山遊びで男の山友達3人と付き合いが続いてるが、女性とは残念というか当然というかそういう付き合いは無い。

一番可能性があったのは山遊びを始めた翌春に、西丹沢自然教室から檜洞丸・蛭ヶ岳・丹沢山を踏んで丹沢三峰から下山した時だった。

前にも書いた事があるが、この下山途中に言葉を交わした初老の女性がいたんだが、その人が今思うと一番可能性が高かったろう。

俺は蛭ヶ岳の小屋から歩き、塔ヶ岳の小屋から歩き出し途中で休んでいた彼女に、俺が追い付き話したんだった。

小屋の食事はどうでしたかと聞き、晩がカレーで朝がおでんだったけど丹沢は殆どそうらしいわとか色々話した。

その内女性が海外旅行を毎月やってるリッチな人だと分かったというか彼女が言った。

ふーん結構楽しげな人生送ってるなあ位の感想で、一体この人無事に下山できるのかなあなど考え、結構歩き慣れてるみたいだし大丈夫だろうと判断。

自分の方が心配だった俺はそれじゃあお先にと、彼女を残してさっさと降りたのだった。

しかし、家に帰り着いてから、あの人は無事降り着いたかなあなどと心配したんだからちとズレてたな。

そんなんだったら一緒に降りたら良かったに決まってる。

今なら絶対有り得ない行動だが、やり始めで余裕が無く、他人の事を思いやれなかったんだろう。

今なら一緒に歩きその後も付き合ってただろうが、何せ山やり出して半年も経ってなかったんだから無理もないか。

夢の話から始まったが、山歩きする時は他人を思いやる気持ちを持った方が良さそうだというオチかな。

ひょっとしたらあの時一緒に歩いてたら、ヒマラヤのトレッキングコースを、あの女性と荷物担ぎの俺が仲良く歩いてたかもしれないんだから。
コメント (2)

今日はイカが釣れた!

2015年03月26日 | 釣り・海遊び
快晴ほぼ無風のなか釣りに出た。

朝一番で宅急便と釣り道具屋を片付けて、ちょっと望みは無かったが船を出した。

雲一つ無い嫌あーな快晴だったが意外と弟にヒット!

揚がったのは1キロクラスの雄で、予想に反して回遊してきてるらしい。

そうこうしてる内に俺にもヒットし、まあまあの手応えで500g前後の雌だった。

結局11時までに弟3俺1の4ハイで終了。

こんな悪条件で良く釣れたもんだ。

弟が明後日から長崎らしいから、釣りは明日で一休み。

今日まででミズイカ10パイを釣ったのは上々だが、アラカブは4匹なのがなあ。

もうちょっと釣りたいが、さすがに俺達が釣り過ぎたのかもだな。
コメント

今日はアラカブをちょっぴり

2015年03月25日 | 釣り・海遊び
山王山もバッチリ



備蓄基地もクッキリ



快晴・無風おまけに満潮が12:00ではイカなんか来る筈もなく、1時間もせずアラカブ釣りへ。

しかし、この釣りもなかなか釣果上がらず苦戦。

8時から開始してなかなか釣れないのに、弟はコンスタントに仕掛けを4個無くし、俺も1個無くす始末。

久し振りに祝言島まで足を延ばしたというのに、俺が煮つけサイズを3匹と味噌汁サイズ2匹。

弟は味噌汁サイズ2匹と無くした仕掛けの半分で終了。

とどめは弟がウニ採り用のウェット・スーツを買うと言うので出かけたら休み!

とことんツイてない弟だったが、案外こんな日はあるんだよな。

覗いたスーパーに福江からの刺身用のキビナゴがあったから、刺身にしてゲン直しとしよう。

コメント

オリックス金子開幕絶望

2015年03月25日 | NPB
案の定だったな。

去年メスを入れたんだからスンナリ行く訳が無い。

開幕から投げられないのは当然として、一体いつ頃から復帰するのだろうか?

前回同じ手術をしてるんだからその時の復帰時期が目安になるが、その時よりも歳とった分遅くなるだろう。

前回は2011年2月に手術して、6月5日の阪神戦で投げている。

この時は5月から実戦復帰してるが、今回は全く実戦登板していない。

術後3ヶ月で実戦復帰した前回に比べ、今回は1ヶ月も現時点で遅れている。

最短で5月実戦復帰・6月公式戦登板だろうか?

前回は20試合で10勝4敗という術後にしては素晴らしい成績だが、今回はあまり期待できまい。

貯金6の7割とすると4になるが、妥当な数かなあと思う。

去年のチームの貯金から7減るんだが、前回と同じ働きをしたとしても5は減る。

新加入のバリントンがなかなか貯金を作る事ができないのが辛い。

新加入の打者三人(ブランコ・小谷野・中島)は±0で上積みは無かろう。

結局この金子のマイナスを埋めきれず、良くて2位・悪ければ四位もあるかも。



コメント

この頃やっている事

2015年03月25日 | 温泉/健康
腰痛体操専用ルーム



一部屋空けたから腰痛体操を朝の起床時・就寝時の二度やっている。

体の硬さが半端ないが、回を重ねたら少しはマシになるのだろうか?

直接には釣りが腰に良くないからだが、大体が腰痛持ちなんだからやったが良いに決まってる。

神奈川の自宅でもやるべきなんだが、狭苦しい西洋長屋ではなあ。

その点専用のトレーニング・ルームみたいなもんだから結構やる気が持続してる。

やってみて柔軟性の無さもだが、一番情けないのは腹筋の無さだな。

この二つがこっちに居る間に少しでも改善できたらハッピー。

しかし、この歳になって2ヶ月近く、一人の時間を結構持てる暮らしもなかなか嬉しい。

独身時代の自堕落さとは違って、純粋に一人の時間を楽しめるのが良い。

なかなか楽しい老後?だなと思うこの頃だ。
コメント (2)

桜はまだまだ

2015年03月24日 | 島暮らし・街暮らし
満開は三日後くらい?



清楚な桜だ



歩きに出たが酷くはないが膝痛がある。

おまけに古綿工房の帰りにはポツポツと降り出した。
それで番岳に登るのはさっさと中止して、「平瀬の桜」を見に行った。

あの柴田勝家の子孫の墓の所から直ぐ先辺りと思っていたら、小瀬良教会の先だった。

バス停「平瀬」の前にオオシマザクラ(?)が五本ほど並んでいた。

まだ六分咲き程度だと思うが、緑の葉と白い花でソメイヨシノみたいな派手さは無い。

その後はマルゲリータの風呂を独占で楽しんだが、西側にある露天が強風で閉鎖だった。

開業時はマーガレットで埋め尽くされてた庭も、台風の強風の水しぶきによる塩害で花は疎らになちまってた。

運転中見たソメイヨシノは殆ど咲いてなかったから、満開の桜の下での花見はまだまだ先だな。
コメント (2)

今日は温泉と桜偵察

2015年03月24日 | 島暮らし・街暮らし
昨日の歩きで膝横の痛みが残ってるので軽い歩きにする。

温泉は当然あの「マルゲリータ」で、昼をここのイタリアンで済ませ、番岳に登って調子良ければ大水教会へ降りる。

それから車道歩きで平瀬の桜を見て戻り風呂の予定だがどうなるか。

その前に鯛ノ浦先にある「古綿工房」に、片付けていて出てきた古綿を渡す。

糸にして色んな物を編んで売っているが、二年前の教会歩きの時に訪ねたんだ。

北海道から移住した女性がリーダーで活動していたが、元気でやってるだろう。

風は今日までみたいで、明日は待望のアラカブ釣りができそうだ。
コメント

山王山・山トレ 第1回

2015年03月23日 | 九州・屋久島
中央奥に鬼岳や福江市街

中央奥に七ツ岳その右に父ヶ岳



今日は昨日と違い風があり、毒ガスを吹き飛ばしたのか素晴らしくクリアな眺め。

真逆の爽やかさに驚いたが、釣りは駄目だが歩きには持って来い。

あの山王山トレの第1回をやる事にした。

10:20に一ノ宮神社鳥居(標高20)を出発。

11:10に林道(標高260)11:35に三角点(標高439.2)。

展望台に上がって仰天!
何と福江島の鬼岳・七ツ岳・父ヶ岳や市街まで見えており、平戸や生月まではっきり見えている。

東は長崎方面まで見えているんだから素晴らしい。
途中買った弁当の後、今里ルートを新林道(標高150)まで降り即登り返しそのまま下山した。

今日は600mの上下で標高差1200m。
ザック重量は7.5kg
最初はこれ位で十分どころか、下山開始したら右膝横が痛くて参った。

コメント

島での山トレーニング

2015年03月22日 | 教会巡り/島歩き
正直しんどい。

祖母傾の完全縦走は水平距離は約40kmもあるし、累積標高差は主なピーク間だけで4500mはある。

これに小さなピークの上り下りを加算すると6000mはあるのでないか。

因みに九折越から尾平越までを地形図で調べたら、何と約1400mもある。

その内小さなアップダウンは1000mはあるだろうから、全体で6000m位の累積標高差だろう。

島では山王山や番岳が訓練の山だが、標高僅か400mちょいだからなあ。

山王山は登山道が三つあるのが強みで、週一でこの三つをピストンしないと訓練にならない。

それでも累積標高差2400m、歩行時間6時間程度だが、一日でこれだけ歩けば十分か。

これに番岳の歩きや福江島の父ヶ岳・七ツ岳の歩きなどで練習だな。

仕上げは由布岳のお鉢巡りで締めて、一日国東半島巡りと温泉でゆっくりしてから出発がベスト。

とにかくこの毒ガスが治まってくれないと話にならない。
長崎では濃度100超えてるらしい。
空気清浄機買ってて本当に良かった。
コメント

PM2.5凄過ぎ!

2015年03月22日 | 島暮らし・街暮らし
参った、これほどとは。

朝起きて窓を開けて仰天。

備蓄基地や祝言島が見えないどころか、100m先の村の山まで霞んでる。

ニュース映像の北京には負けるが、弟分くらいの強烈さだ。

昨日の予報で西北西の風2mとなってたから、拙いなと思ってたがこれほどとはなあ。

恐らく長崎や福岡・熊本など九州本土も酷い事になってそうだ。

弟はマスクして釣りに出るみたいだが、俺は大人しく本でも読む事にする。

あの「日本奥地紀行」があるから大丈夫。

内容は当時の人々の暮らしが分かって面白いんだが、なかなかページが進まない。
コメント (4)