大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

起きたら左耳が聞こえない

2020年12月02日 | 温泉/健康

昨日と違って雲だらけで大山も頭隠して尻隠さず状態

 

 

朝、カミさんが起きて来て灯りを点けたのに気配がしない。

枕から頭を上げたらテレビの音とカミさんの声が聞こえた。

あれ、と思って耳を確かめたら何と左耳の聴力がほぼ無い!

そう言えば右を下にして横になって寝てたんだった。

ワークマンでチェックしたらしっかり左がメチャ小さくて分かり難い。

そう言えば昨日の仕事中K君が言ってる事が聞き辛かったが左側からだった。

 

病院で診て貰ったら左右とも聴力が落ちてるが左が酷いんだと。

鼓膜が凹んでるが鼻を啜るのが悪いらしい。

鼻から耳へ空気を入れる治療をしたが大して効果が無い。

来週手術した病院での検診があるから話してみる事にした。

 

数年前から聴力の衰えは感じてたが、今日みたいに極端なのは初めてで面食らった。

片耳はまあまあ聞こえるから何とかなるが、左側は聞こえないと思って行動しないと拙いな。

 

帰りは歩いたがせっかくだから明日と明後日の現場と前やった所も見て廻った。

あのカレーライスの接待を受けた家の庭はまあまあだったし、電線に切り残した蔓はまだ絡まっていた。

 

春のコロナ騒動の自粛中に登り降りした神社の階段を登ったが結構しんどい。

又やるのも芸が無いし何か面白い歩きを見つけないとだな。

 

それにしても色々部品が壊れて老いを実感するな。

 

歯神社の階段も枯れ葉だらけ

この階段の登り降りは飽きてるからなあ。

どうにかしないと体がなまってしまうぞ。

市内の道を全て歩くと言うのもピンと来ないしなあ、じっくり検討だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャンプーなんて要らなかったとはなあ

2020年08月30日 | 温泉/健康

 

人っ子一人いない自宅近くの通りの上遠くに入道雲だよ 

駅から僅か8分ほどの歩きなのに汗ビッショリなんて初めてだった

 

 

フケ症で苦労してたのが嘘のように全く出なくなったんだから驚き。

 

おまけにその方法がシャンプー使わず、ただ洗うだけなんだからなあ。

 

今月8日に立山町のKy氏宅に泊まった夕食時に、彼から髪は素洗いするだけで良いと言うのを聞いた。

 

あの五木寛之が全く髪を洗わないというのも知っていたから、下山した夜はさすがに石鹸で洗ったがその後は素洗いだけ。

 

それから2週間たって今回の山が終わっても頭は痒くならないしフケなど皆無。

驚くと同時になんて無駄な金を使っちまったんだと腹が立ってしまった。  

金を出して地肌を虐めていたんだから笑いたくなるよな。

こんな事は色々あると思うぞ。

 

シャンプーとリンス、どれだけ金を使ったのやら。

まあ、今からでも無駄金を使わなくて済むからちょっとは節約できるな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

突然の右足首の腫れと痛み

2020年06月26日 | 温泉/健康

サポーターで随分と楽になるのが凄い

内側の踝が赤く腫れ上がり触ると痛みが走るが生まれて初の経験

 

4月の左足甲の負傷に続いての足の故障にガックリ。

別に打ったりはしてないから不思議だが、骨折やヒビも無いのは救いではある。

女医が痛風かもしれないので採血しようと言ったが、10日程前に甲状腺の採血結果があるからと拒否。

明日持参する事になったが、尿酸値なんて一度も異常な数値にはなった事が無い。

赤く腫れ上がってはいるが痛風の可能性は殆ど無かろうよ。

 

3日前から微かな痛みがあったが一昨日昨日と別段支障なく仕事した。

ところが昨日の夜から痛みが激しくなり、夜中起きた時には痛みで歩けない。

カミさんを起こして山用のストックを持ってきて貰う有様。

チーフに朝イチで電話して当分就業できない旨伝えたが、幸い昨日雑草の刈払いは済ませて片付けだったから良かった。

恒例の公園の雑草除去作業で、小雨の中泥まみれで頑張った甲斐はあった。

 

それにしても肝心な時に足を痛めるというのがなあ。

カミさんに言わせると重い荷物の持ち過ぎとかだが、極力体に負荷をかけないようにしないと駄目だな。

夏の仕事は水や氷で荷が重くなるからカートを買う事にする。

チーフは「1週間位で回復するんじゃないの」と言ってたが当たればバンザイなんだが。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

足の甲、2ヶ月なるのに完治せず

2020年06月20日 | 温泉/健康

想定外の事態で参ったな。

意外と長引いているがどうしようもない。

救いはハイカット靴で歩けば痛みが出ない事だが完治がベスト。

カミさんが持ってた古い「低周波治療器」を使ってるがどうなるか。

 

赤い帯状の箇所は仕事中での打撲跡?みたいだが痛み無し

ピンポイントなんだがこれが厄介なんだよな。

ここに僅かながらも痛みがあるだけで安心して歩けない。

それでも丹沢表尾根を歩き通せて少し安堵したが。

 

大雪歩きでは白雲の小屋のテント場で寝てノンビリ歩くのが正解かもな。

一泊なら食料も少なくて済むし。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の病院はガラガラ

2020年06月17日 | 温泉/健康

初夏らしさ全開の景色だ

信じられない人の少なさだ

日陰は何とか凌げるが日向はとんでもない

盛りを過ぎた感じだが豪雨が心配

 

 

 

先日の喘息の病院と打って変わって今日は全く混んでない。

採血コーナーでは待ちが20人ほどだったから混んでると思ってたが、診察コーナーは空きがあって意外だったがよく解らんな。

 

俺みたいな年寄り達が通院を先送りしているのだろう。

この俺でさえ1ヶ月延ばしたくらいだから。

 

19日で県境を跨いだ移動が解除されるみたいだが、そうなるとまた混雑しだすんだろう。

 

それにしても最近の暑さは半端無いな。

病院の欅があまりの日差しに萎れていたし、マンションの紫陽花がもう萎れ出してるんだから呆れる。

まだ梅雨入りの時節だろうに、温帯から亜熱帯になってしまったとしか思えない。

 

夕方は3ヶ月振りの周のお迎えだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病院も密状態になっちまった

2020年06月12日 | 温泉/健康

先月とは打って変わった人の数だった。

先ず駐車場が車だらけだったがどうにか停められた。

玄関を入ればコロナ騒動の頃の閑散振りとは真逆の大盛況。

 

前回好酸球退治に皮下注射をやるか検討すると告げた医者に、嗅覚が戻ったのでやらずに経過をみると告げた。

どうやら風邪気味で鼻詰まりしていたらしく数日して臭いが戻ったんだ。

毎月打ち続けても完璧に嗅覚が戻る補償は無いし、何より僅かでも戻ってるからなあ。

 

担当のI女史はなかなか患者思いの医者で好感持てるが、60歳以上の喘息患者のリスク調査のアンケートに応じてくれないかとの事。

 

断る理由も無いから参加する事にしたが、体力はまだまだ十分あるが脳の方は順調に老化中だな。

 

握力なんて超久し振りに計ったが、右40左38で歳にしてはまあまあな数字らしい。

筋力はどんどん落ちて行く一方なんだから、年寄こそ筋トレしないと駄目だよな。

 

30分ほどのテストで謝礼に3000円のクオカードを貰ったのにはビックリ。

1000円で十分だろうに太っ腹だなあと思ったが、被験者が集まらないのかもだな。

最後に採血があったが事前に知らされていたら断っただろうな。

 

それにしても解除後の人出や車の増え具合には呆れるなあ。

東京では20人以上が2日連続したし第2波来るだろうな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好酸球退治の注射やろう

2020年05月15日 | 温泉/健康

2ヶ月振りに喘息の定期通院に行ったら色々嬉しい事があった。

 

まずメチャクチャ多かった患者がガタ減りしててビックリ。 

お陰でいつも空きを探すのに苦労する駐車場も楽勝で玄関近くの

場所に入れられた。

コロナのお陰だろうが何でもスムーズで超楽になった。

このままコロナ騒ぎが続くと良いのにと思うほど。

その上支払い精算も機械が改良されていて驚いた。

確か去年導入された筈だが、診察券を入れずに紙の小片のバーコードを読み取らせる方法になっていた。

帰りに駐車券をオジンに見せてから支払いだったのが無人になっていた。

これが普通なんだが何故かオジンを置いてたんだよな。

 

それより何よりも俺にとっての朗報は、好酸球退治の薬剤が保険対象になった事だった。

この3月かららしいが、俺にピッタリで早速次回からやる事にした。

注射で薬を入れるのだが、2週間に一度自分で打つんだと。

何だか薬中そのものだが、自分で注射というのがなあ。

まあ慣れの問題だから頑張ってみよう。

難点は高額な点で1本66,365円。

これが保険で13,271円だから2本で26,542円/月。

初回は2本打つから最初の月は3本で39,813円だ。

これに診療費もかかるから結構支払うな。

精々植木仕事で稼ぐ事にするが、死ぬ迄打ち続けるんだからシンドイな。

2ヶ月で効くかどうか分かるだろうから勝負は早い。

効かなかったら打つのを止めて数年後に又手術すれば良い。

術後1ヶ月で臭いがしなくなってガックリだったから希望が見えて良かった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

術後の経過良好!

2020年04月14日 | 温泉/健康

先月の13日の退院から1ヶ月経過した昨日近くの耳鼻科に行った。

手術した病院が地元の医院に紹介状を書いてくれていたが、その方が病院の方も助かるし俺も楽だ。

3月24日の手術日を3日に早めたのが大正解だったな。

コロナの騒ぎが本格化する前に退院できたから。

 

足の負傷もあったし色々有り過ぎだが、コロナ騒動で身動きできないから結果オーライか。  

 

9年振りに訪ねた医院だったがさすがに医者も老けてたが俺も同様だな。 

お互い白髪が増えたし少し萎んだ感じになってた。

 

傷は順調に回復していて、今後は毎月一回の通院と半年に一度手術した病院へ行く事になった。

好酸球が絡んでるからどうせまたポリープができるだろうが、どうにか遅らせたいから鼻の洗浄と点鼻薬を忘れ無い様にしよう。 

 

甲状腺異常と喘息に慢性副鼻腔炎と三病苦だが命取りにはならないのが救いだな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

血中酸素濃度3ポイント改善!

2020年03月21日 | 温泉/健康

手術した甲斐があったなあ。

 

術前はこの数値が95しかなかったんだ。

何とこれが99の時もあるんだから驚く。右上は心拍数。

 

この数値はどんな物かと言うと、血中の赤血球100個に何個酸素が付いているかという数値。

 

95からたった3ポイント良化しただけなんだが、とんでもない影響があるんだ。

逆に3ポイント悪化して92だと坂は休み休みでないと無理。

平地を歩くのでも歩きを意識しないと辛いくらい。

平常値は96以上で95はたった1ポイント足らないだけだが、それでも坂では追い抜かれるばかり。

 

98の今はとにかく足が軽くて自分でも驚く。

こんな状態は随分大昔のバリバリの頃以来だと思う。

明日にでも秦野から弘法山を踏んで鶴巻温泉のリハビリルートを歩いてみよう。

 

これだけ歩きが楽になったという事は、相当なハンデを背負って歩いていた訳で、それはそれで良く歩いてたもんだと自分に感心する。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと退院した

2020年03月13日 | 温泉/健康

どうにか予定通りに帰宅できたぞ。

 

昨夜も時々ウトウトしたが、あの最強の鼾が発動したが少しは馴れたらしい。

しかし、その鼾は昨日と違って時々ハッハッハッと明らかに無呼吸と思われる音が出てた。

消灯後にパリパリ食べてるし力士並の腹周りなんだから長生きできまい。

 

金曜日は退院が多くて予定より30分遅れで会計を済ませたが、概算11万だったが実際は98360円だった。

保険組合は約105万支払うんだが組合員は助かるな。

それにしても俺がいたフロアだけで10人近くが退院したが、直ぐに補充されるんだろうから医療費が嵩む訳だ。

 

13日間の入院生活で分かった事はこの病院が信頼できるレベルだった事。

それと俺の場合は術後のケア必要でこの入院期間の長さには納得した。

どうせまた手術が必要になるだろうがこの病院に入らせて貰う。

 

 

2週間近い病院暮らしだったが役立ち情報を少々書いて見る。

 

1. 500円で洗濯乾燥ができるから衣類は少なくてOK。

2. 空調が効き過ぎる位だから軽装で良い。

  パジャマは一回使っただけで後はTシャツとステテコ。

3. 大部屋にはトイレあるが俺は殆ど外の共同トイレを使った。

  夜は絶対に外にしたが電気が点くし流す音が煩くて他の

  3人に迷惑かけるから。

  それと少しでも歩きたかったからな。

  エレベーターを使わず階段歩きもお勧め。

4. 現金は小銭だけで十分。

  おそらくカード決済OKだから5000もあれば十分。

今まで書いている事も参考にして快適な入院生活を送られたし。

 

長いベッド生活も色々と楽しめたが3冊を読了する目標は失敗した。

「古事記」が手付かずで終わってしまったが、早いとこ中巻までは何とか読み通したい。

 

軽い歩きから始めて島で本格登山へ向けての足慣らしだな。

 

   

 

 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

入院日記11 猛鼾の爆撃で敢え無く撃沈

2020年03月12日 | 温泉/健康

 

 

今朝も昨日同様に素晴らしい天気だ。

大山から塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳とズラーッと勢揃いだ。

 

 

同じ耳鼻科の患者だけにするとかやるなあと思ったらこれだよ。

裏があったんだなあ、世の中甘くなかったな。

10時頃から朝の5時まで途切れ無く続いたんだから死ぬはなあ。

山小屋と同じで運が悪かったと諦めてるが、それにしても物凄い鼾だったな。

 

ゴーグァッ、ゴーグァッと聞こえて来るが斜め前のベッドからだ。

位置的には一番遠い俺だが他の2人は平気なんだろうかと案じたのも甘かった。

 

隣からも途中から聞こえて来たし、前は今盛大にガーッフーとかやってらあ。

ボリュームは数段落ちるが二人共立派な鼾かきという事は3人全員だよ。

 

まあ、今晩でお別れなら部屋替わる事もないしなあ。 

耳鼻科患者4人にした意図だけは確かめてみよう。

まあ、まともには返事する訳無いだろうが。

 

鼾対策用でもあるウォークマンを出動させたが、ボリュームを絞らないと駄目だしそれ以上の鼾では効果無しだった。

 

今夜は睡眠導入剤でも貰ってみるかな、そんな物くれるかどうか分からないが。

 

昼間頑張って寝ないで昨日は軽い頭痛でサボった階段ピストンで疲れようか。

奴が出動する前に寝てしまえばこっちの物だ、といっても途中トイレで起きたら二の舞なのかよ!

それならやっぱり昼間に寝る一手だな。

精々昼間の睡眠を稼ぎ、消灯前に寝れば2時間は爆睡できるからまだマシだ。

 

この日記もこれで終わりにして帰ってから今度の入院の纏めをアップする。

 

朝飯をパン食にしてみたが案外とバランス良さげ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院日記10 皆居なくなっちまった

2020年03月11日 | 温泉/健康

昨日まで一緒だった二人が今朝退院して行った。  

 

寝ぼけ騒動の御仁は通院治療になるが、青年は4月から日本製鉄に就職するんだと。

ベイスターズファンで君津か名古屋の事業所への配属がベストらしい。

単純に球場に近いからという理由。

彼は扁桃腺の切除だったんだが、先々週に退院したんだが出血で即再入院。

俺が大部屋に戻った夜にまた出血して退院が延びたんだ。

こんな事は2百人に1人の確率なんだそうだが案外とあるもんだな。

 

とうとう俺1人かよと思ったら何の事はない、耳鼻科の患者3人が入って来たよ。 

耳鼻科患者を集めたらしいがその方良かろう。

しかし、その3人が全て扁桃腺切除なんだから驚いた。

扁桃腺切除する人間が多いのと、俺みたいな病気の患者が少ないというのが意外だった。

慢性副鼻腔炎の手術も3泊4日みたいな短期入院が多いらしい。

しかし、俺みたいな重度の場合はここのようにじっくりケアするのが良いと納得した。

粘膜をほぼ全域に亘って切るからダメージがデカ過ぎて、短期ではとてもケアできないからなあ。

次回やるとしたら文句無しに又ここに入院する。

 

 

しかし、今朝看護師から昨日だけで3人が逝ったと聞いて唖然とした。

高齢者ばかりだったみたいだが、一昨日の夜から待合室に詰めてた家族がいたもんなあ。

 

さて夕方丹沢の上に面白い雲がかかってたから載せてみよう。

 

 

階段ピストン

3/10 20+10 計30(累計116)

 

今日の夕食

メイン 豚カツ

茹でキャベツ キンピラゴボウ しろ菜くるみ和え ブドウゼリー

 

何か足らないなあと思ったら汁物が無い!

さすがにこれが無いと苦労する。

ゼリーなんか不要なのに理由がよく解らん。

昼出たラーメンで塩分過多なのかと思ったらもっと多い日があった。

昨日の朝の温泉玉子が主菜だったのと合わせて首を傾げる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院日記9 昨夜はてんやわんや

2020年03月10日 | 温泉/健康

先ずは隣室のジジイの拘束騒ぎだよ。

 

消灯の9時前にトイレに行こうと部屋から出たら何だか騒がしい。

隣室のジジイが喚いてて看護師がベッドを取り巻いてる。

俺と入れ替わりに出てった田舎が同じじゃないかと書いた爺さま。

 

そのままトイレに向かってたら突然のアナウンス。

「コード○○○○発動、至急4階へ」と言ったが、アッと言う間にエレベーターから看護師が殺到して来た。 

 

暴れる爺さまを拘束したんだが、何だか嫌になっちまうよな。

こんな迷惑かけまくりの患者を入れる部屋を用意しとくべきじゃないか?

もう一人俺が追い出したジジイも居るし同室の残る2人は大迷惑だよな。

 

これで終わらず今度は俺の部屋で事件発生。

抗がん剤治療中のオジンが寝ぼけて大騒ぎ。

俺が12時前にトイレから戻ったと同時に「おい おい おい」とデカい声が飛んだ。

あれ、俺かよと思ったらその後も女性の名前やらなんやら叫んでたが、突然ベッド降りた気配して、対面の青年が「大丈夫ですか、ここは病院ですよ」と大慌て。

青年のベッドに向かったらしくてそりゃあ慌てるわなあ。

慌てて俺も相手して落ち着かせたが、それで終わらず夜中に2回喚いてまともに寝られなかった。 

今朝青年と話したらマジビビったらしいが、声はデカいし真に迫ってたからなあ。

1週間程度なのにトラブル有り過ぎだろうと言うか俺がトラブル呼んでるのか?

この2人は明日退院なんだが寂しくなるなあ。

今日入って来た爺さまがまともであって欲しいがさっき鼾かいてたな。

今晩と二夜なんだから静かであって欲しいがどうなるかな。

 

階段ピストン

 (誤)3/9 25(ワンピッチのみ) 計25(累計116)

 (正)    10+10+5

 夜1回だけなのをワンピッチと書いてしまった。

 +は当然休みをとった印

 

朝昼夜と分散しても意味が無いから人が少ない夜やる事にした。

スタートが8時過ぎで消灯が迫ってしまい中途半端で終わった。

 


今日の夕食

メイン 鶏肉の梅味噌焼

さつま芋のサラダ オクラのかか和え 味噌汁

 

 

今朝の食事は驚く内容だった。

何と主菜が「温泉玉子」で「小松菜とシメジの浸し」それにふりかけ一袋と味噌汁

幾ら何でも酷過ぎるだろうと寝ぼけ騒動の御仁と盛り上がった。

8日前もそうだったから定期的に出てるらしい。

これは酷過ぎるから御意見箱に入れておこう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院日記8 ガーゼ除去終了だ!

2020年03月09日 | 温泉/健康

朝8時半からの診察時に予定通りに抜いた。

両方とも2枚と1枚が入っていたが意外と少ない感じがした。

前回までの経験で嫌な感じがしてたが案外と楽だった。

自分が持つ受け皿にあるのを見たらグロその物だが、抜く時の不快感は一瞬だし、この先再度やらねば駄目だろうが気は楽になったな。

 

シャワーもだが何より嬉しいのは普通に鼻呼吸ができる事だ。

ガーゼが入っているから口呼吸なので、食べる時も息を吸いながらだから苦労する。

昨日売店まで降りて液体石鹸の携帯ボトルを買ってたが髭もカミソリで剃れる。

今朝まで切れ味悪い電気カミソリを使ってたがこれで綺麗に剃れる。

鼻下は剃れずに残してたんだが、久し振りに髭を蓄えてみよう。

手入れが結構煩わしいんだが気分転換になるし。

孫達が変な顔するかもだが、せっかく?髭らしくなってるからもうちょっと続けてみる。

しかし、改めて見てみると白いのが増えたなあ。

最初に髭にしてみた23年前とはえらい違いだ。

そりゃあ体力も無くなる筈だよな。

 

階段ピストン

3/8 7+13+18 計38(累計91)

 

今日の夕食

メイン 豚肉マスタード焼(初めて食べたが美味かった)

カリフラワーのサラダ 青梗菜の炒め物 すまし汁

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

入院日記7 隣のジジイ出て行った

2020年03月08日 | 温泉/健康

昨日の怒鳴り事件の前にウザいから別の部屋に移りたいと言ってたんだが、事件発生したので出る気無くなった。

 

良く良く考えたら俺が動く道理が無いだろう。

俺は馴染みの客で奴は一見さんじゃないか。

それより何よりおかしいのは奴の方なんだからなあ。

 

そのジジイの迷言など

1. 来る人間毎にスポーツジムに20年通ってると言い続ける

2. 戻る看護師を呼び返し背中を掻いてくれ(当然拒否)

3. 看護師に1Fの何とかさんに伝言お願い(当然拒否)

4. LINEを開いてくれと毎日何度も頼む

5. 今朝、娘に電話してくれと頼みLINEでメールしてくれと返される。

  利き手が動くんだから看護師も早くそう言えば良かったんだ。   

  患者の頼みを受け入れ過ぎ。

6.  何度も駄目と言われてるのに懲りずにトイレに行くと言う 

その他つまらぬ事で看護師を呼ぶ事数知れず

 

看護師達が何で困ってるか分からなかったが、俺は動く気は無くなったしジジイが残るなら又怒鳴る事になるぞと言った。

そんな事は嫌で奴を動かす事にしたみたいだが、病院側も良く考えるべきだろう。

 

85のジジイでフィットネスクラブに20年も通ってると自慢してるんだから金は持ってるはずじゃないか?

何で個室に誘導しなかったのか解らない。

個室で稼いで少しでも赤字を減らすべきだろうに甘いよな。

そんな訳で3日振りに静かな部屋が戻って来た。

ウザい上に鼾はかくしでホトホトウンザリだったからハッピーハッピー。

移動した隣の連中が苦労するだろうな。

 

昨日までの階段ピストン

3/5 2+3+5+5 計15

3/6 7+4+5   計16

3/7 5+7+10  計22

今日はあと1回残しているが7+13だから30は超える。 

1日60も案外と早いかも。

 

 

今日の夕食

メインは 鱈のチリソース

さつま芋甘煮 菜の花浸し 中華風スープ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加