大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

アラカブ大漁!

2013年05月30日 | 釣り・海遊び
結構な数だ



アラカブの小山?

梅雨らしい小雨模様の中、昨日一晩泊まりで長崎へ出て朝一で帰った従兄と釣りに出た。

とにかくアラカブを釣りまくらないと皆に送られない。

一投目で根掛かりして仕掛けを無くす体たらくでどうなる事かと案じたが、 意に反してどんどん釣れてビックリ!

従兄はミズイカの小2と中1の三杯。

俺はアラカブ23匹とベラ5匹と今までで最高の釣果。

大型は一匹のみだったが煮付け・味噌汁には大丈夫だったからまあまあ。

イカが無いのが玉に傷なのだが、カサゴを裁いて送るので勘弁してもらおう。

あと30匹は必要だから明日からも一踏ん張りだな。

しかし、暑くない梅雨の方が海釣りには都合が良い。

山と違って小雨ならカッパを着れば平気だから有り難い位だ。
コメント

船底を清掃!

2013年05月27日 | 釣り・海遊び

引っ張り上げてみたら



まるで草原


へらで削ぎ落とし


ペンキを塗って出来上がり


昨日船を上げて船底の清掃。

とんでもない海藻の付き具合で皆仰天!

これじゃあ走らなかった訳だ。おまけに燃料も無駄にしたし、こまめに清掃しないと拙い。

陸に引っ張り上げるのが難儀だったが、海藻の除去・ペンキ塗りはそんなでも無い。

夜やった長年使ってこびり付いた中華鍋裏の油を削ぎ落とす方が数倍面倒。あと二回はかかるだろう。

コメント

友、遠方より来る

2013年05月27日 | 島暮らし・街暮らし
舳先に陣取る遠来の友



先週水木の一泊二日で、二年前の夏の美瑛岳で知り合ったayuさんが遊びに来た。

ポンピ沢支流の雪渓で滑落した女性で、自力で這い上がって来るのを手伝ったのだ。

その後メールの遣り取りを忘れない程度に続けていたが、五島から博多・大山と遊ぶ途中に寄るとブログに書いてきた。

まあ、半日・半日の滞在だから山王山にも登られないし、教会巡りと釣りという事になった。

福江島では九州百名山の「七ツ岳」を縦走して、荒川温泉の「みやこ」という釣り宿に泊まって魚三昧だった由。

家ではミズイカの刺身とアラカブの刺身と煮付け。これに彼女が即席でサラダ二種を作ってくれた。

昼間のドライブは「矢堅目」「青砂ヶ浦教会」「マルゲリータ」「頭ヶ島教会」「龍馬の広場」と結構廻ってウニの下処理見学で終了。

翌朝の釣りではアカハタ二匹とアラカブ一匹を釣り上げて大満足?だったみたいだ。

大好物のウニを生と塩の両方鱈腹食べて、これは大満足だった。

出発前には「船崎うどん」をアゴ出汁で食べて貰ったし、まあまあの持て成しはできたかな。

山友の誰が一番乗りするかと思ってたら、意外な人が遠路遥々来島してくれた。

彼女の詳しいレポートが近々ヤマレコにアップされるから、写真などはそちらを見てくだされ。


「aymiy 九州百名山 七ツ岳」で検索すれば出てくると思う。パソコンならリンク簡単なんだが、携帯からでは無理なので。
コメント (2)

一之宮神社から山王山

2013年05月14日 | 教会巡り/島歩き
一之宮神社鳥居



見慣れた場所へ飛び出した


二之宮の新しい説明板


頂上休憩舎の説明板

朝の釣りがまったく駄目だったので、山王山の荒川地区からの参道から登ってみた。

今里ルートと高仏ルートより歩き易い。さすがに表参道だっただけの事はある。

荒川の山王宮里宮脇の道を孝行滝目指して歩くと一之宮の鳥居がある。
それをくぐり抜けて階段を上がると登山口だ。

あとは一本道だが、小さな沢の右岸(上流から見て右)から左岸へ移り、
最後は沢型も消え左手へ上がる。

その尾根を右に登ると直ぐに林道からの登り口に飛び出した。

標識が無いからここから降りられるなんて思わないだろう。

このルートから登り、高仏へ降りれば楽だ。
車を高仏に置いてバスで荒川まで移動する訳だ。

夏はこのルート脇の沢を使って登ってみよう。
今日も緑陰の道で涼しかったから、沢で登ったらもっと涼しいだろう。
コメント

座布団みたいなイカ

2013年05月11日 | 釣り・海遊び





イカ墨で舟の横が真っ黒


曇天で絶好のイカ釣り日和なんだが大潮。
それでも釣らぬ手は無いから従兄と出かけた。
弟は残って塩ウニ作りの前処理の手伝い。

イカがサッパリでアラカブに替えたがやっぱり駄目。その内従兄が取り込むのに苦労する大物を釣り上げた。

船上で捌いたから正確な重さは分からないが3キロ近くはあったろう。

俺はといえばこの大物の十分の一以下の可愛い物を一匹。

これとアラカブ六匹で終了したが、従兄は一キロ前後を三匹追加した。
コメント

遠征は浅草岳から

2013年05月10日 | 山計画
四十九日後の6月20日から7月末までが山遊びだ。

毎年行きたいと思いながら行けていない「浅草岳」から遠征を始めよう。

十年以上前に5月の残雪期にテント二泊で歩いて以来だ。

今回は大雲沢ヒュッテに泊まってネズモチ平から鬼面山へ廻ってみよう。

7月の梅雨明け後の山は南アルプス南部の縦走にする。

悪沢岳から聖岳までだがテントを背負ってノンビリも捨てがたいが、軽い荷で小屋泊まりが分相応だろう。

梅雨の合間を縫って精々山力の回復に努めないとなあ。

南の前に八ヶ岳の赤岳を東面の尾根二本を使って周遊してみよう。

9月初旬から中旬は大キレットが目標だが、これこそ体調と山力次第。

今年の遠征はこんなところか。

年々体力が落ちるのを考えると、テントを背負って歩く対象の山が少なくなるのが寂しい。
コメント

新緑に逝く

2013年05月10日 | 島暮らし・街暮らし
胆管炎で入院していた母が3日夜10時に逝った。92歳と2ヶ月。去年の父が92歳に1ヶ月足らなかったから、ほぼ同じ92年間の生涯だった。

満州で生まれ五島に戻り、台湾へ渡りフィリピンの軍でタイピストとして勤めたらしい。

戦後引き揚げてから親同士が決めた相手と結婚したが、バスガイドや喫茶店に勤め、タイピングを勉強した台湾時代が彼女の青春だった由。

施設に訪ねた女房に目を輝かせてその頃の話をしてくれたと聞いて、胸ときめかす時があって良かったなあと思う。

孝行らしい事も大してできなかったが、この一年半の間会う時間を作ったのが救いか。

初盆までは七月を除いてほぼこちらでの生活だが、その後はどうするか考えよう。

厳冬期は神奈川に居たいが、親父の命日が二月十日だからなあ。
コメント (2)