大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

丹沢表尾根縦走

2018年04月09日 | 丹沢
昨日超久し振りに大倉からヤビツ峠へ抜けた。

ヤビツ峠の最終が17:40になったから
どうにかなると思ったが甘かった。
なんと発車3分前に飛び込んだんだから、
前回の蓑毛からの時と全く同じ。
三の塔で食事したのが余分だったな。

やっと山らしい山をやった。
全行程9時間20分。
脚もパンパンで太股もしっかり張った。
後二回も日帰りをやればほぼ出来上がりで、
泊りを二回で完成だろう。

それにしても時間が掛かり過ぎる。
ザックの重さが10キロだったがこれ以下には出来ないぞ。

大倉から塔まで4時間50分も掛かったが、
コースタイムの2割増し+食事・休憩ならまあまあか。

それにしても表尾根の変わりようには驚いた。
塔から木の又小屋の間で崩壊していて迂回路ができてた。




際に近付けないからそうでもなく見えるが
物凄い崩壊で岩盤が剥き出しだ。

その他にも数年で崩壊しそうな所が数ヶ所あるし、
その内表尾根は歩けなくなるな。


これは元の開策小屋先のだが早晩崩壊するな。



歩いてる最中にも色々あった。

先ずジジイで阿呆な奴がいて頭に来た。

塔への最後の木の階段で何と俺にどけろと抜かす糞。
当然「何言ってんだ!」と言って返したが、
まだこんな奴がいるのに呆れた。
このジジイだけでなく平気でクロスするのが多い。
ちょっと脇に寄って登らせれば済むのに。

それとストックの先にキャップを付けないのは
相変わらずなんだが大分減った感じはするな。

ダブルストックがメチャ増えてると感じたが
山道具屋がそう勧めてるから当然だな。
俺みたいなシングルかストック無しは珍しいくらい。


次はユーシンロッジに寝ての臼ヶ岳南稜だな。



コメント

昨日は大山でプチ鍛練

2018年04月07日 | 丹沢

渋沢駅からの雲だらけの丹沢表尾根


勇んで出たのは良いが通勤客の数が減った愛甲石田で
大山を見たら雲で真っ黒。

天気も下り坂だが日中は曇りマークだったから出たが、
どうやら駄目そうだな。

しかしいつもの丹沢Bキップを買っちまったし、
ヤビツ峠まではバスで上がろう。

雨が降ってたらそのままバスで戻れば良いし、
もしそうでなかったら歩いて蓑毛へ降りよう。

せっかくザックも遠征用に8キロ程度の重さにしたし、
すこしでも山力を付けないと大変。

マジでこれから20日間が勝負だからな。


と考えてヤビツ峠まで上がったが、案の定天気は危なげかつ風が強い。
これじゃあ稜線は酷い風だし、バランスを崩すと滑落の畏れまである。

結局峠から同じバスで戻り、渋沢から大倉に入り蕎麦屋で天ざるの昼にした。
この蕎麦屋の隣のラーメン屋も数年前に閉店したらしい。

どんぐりハウスの後に今月から新しい店が入ると
あるブログにあったがガセだった。
まだ何も決まっていないらしい。

やはり土日は結構客が入るが平日がサッパリらしい。
まあ呑んでバスに乗らないといけないのがかったるいか。
渋沢駅の近くの飲み屋でが多いんだろう。

昼食の後は伊勢原から大山ケーブル駅までバス移動して、
男坂から女坂の周遊でちょっと鍛練。

さすがに金曜日では遭うのも少なかったし、
土産物屋も開いてるのはポツポツ。

久し振りに重いザックを背負って登ったがまあまあだった。

近い内に避難小屋かテントでの泊りをやらないとだな。

今日は丹沢Bキップで全て回ったから大儲けだった。
コメント

大倉高原山の家も閉鎖されてた!

2018年03月27日 | 丹沢

昨日長靴歩きを試しに大倉尾根を少し歩いた。

大倉バス停の「どんぐりハウス」はやっぱり廃業していた。
4月からは新しい店が入るとネットにあったが本当かな?

さすがに長靴は窯の先で履いたが結構歩き易い。
中敷きを入れたらまあまあの履き心地で足裏も痛くない。

暫く歩いて大倉高原手前の分岐に下のがあってビックリ。




暑い時の歩きでは途中に寄って頭から水を浴びてたんだ。

昔テントを張ってノンビリした事もあったんだ。

テント場はそのままで使って良いみたいだが、トイレの管理はどうするんだろうか?





偶々元の管理人が片付けてたから色々話した。
その後でテントを張ってた爺さまと話したのから推測すると市が閉鎖を決めたらしい。

色々ゴタゴタしたみたいだが、とにかく水場が使えないのが辛い。

秋から冬にしか歩かなければどうって事ないが。

俺が通い始めてから24年ほど経ったが、小屋も結構な数が消えて寂しくなったなあ。
コメント

弘法山で花見

2018年03月27日 | 丹沢
一昨日の弘法山の桜

馬場道


三の塔の奥に塔の岳


大山



馬鹿尾根の泥んこ歩きを長靴でやるつもりだったがポカで中止。

丹沢Bキップを買う予定を何故かSuicaでタッチしてしまった。

仕方無いから秦野で降りて弘法山経由鶴巻温泉へ。

浅間山の登りでいやに人が多いなあと思ったら、
桜が開花して初の日曜だったんだ。

登り着いたら花見客でベンチは満席。
富士の見える所に座り軽く食べたが、
昼過ぎたのに何とか写真でも認識できた。
花粉があまり飛んでなかったのかな?



丹沢表尾根や大山もまあまあ見えたし、桜も三分から四分咲きでまあまあ。

最後の下りの18年ほど前に植えられた桜が結構デカくなっていた。

足も呼吸器も快調で珍しく結構追い抜いたから、八丈富士も大丈夫そう。
コメント

ヤビツ峠へ急げ!

2018年03月02日 | 丹沢
さすがに昨日は刃物研ぎをやってのんびりしたが、
今日は明日の山友達との山に備えて歩きに出た。

山と言っても高尾山の尾根歩きなんだが、
1月にやったきりで2月は雨で中止。

俺は1ヶ月半振りの山だから慣らし歩き。

蓑毛から登り鶴巻温泉か下社へ抜けようと思ってたが、
歩く途中で大事な事に気付いた。

丹沢フリーパスBを買って乗ったんだった。

両方ともバスが安くて得するどころか赤字になりそう。

馬鹿らしいから大山山頂へ目指す事にしたが、
大山分岐の先で軽く食べて歩き出しが13:30。


途中出てきたがあの廃仏毀釈で首を切られたみたいだ。

ヤビツ峠のバスが15:51で山頂は微妙。
このバスなら秦野駅まで470円だから1発で得になるから
絶対に逃せないんだ。
しかしヤビツ分岐に15:00では山頂はパス。
目的はバスに乗る事なんだから何の躊躇いもない。


ヤビツ分岐先からの富士と塔の岳他の山々

降りる途中登ってくる初老の夫婦がいて
声かけしたらダイアモンド冨士を撮るんだと。

別に興味ないからサッサと降りたが、
途中夫婦の話を聞いて引き返すオジンがいた。

降りながらどうも間に合うか微妙で時々走った。
しかし所々雪は残ってるしで滑り易くて危ない。

最後は雪も無くしっかり走って発車2分前に飛び込んだ。

どうにか間に合い汗をかいたTシャツと長袖シャツを入れ換えた。
食事の時に入れ換えてたから元に戻ったわけだ。

下着の替えを持って行かなかったのは拙かったな。

それにしても山力の無さには呆れるが、何とか頑張って歩いてみよう。
コメント

弘法山から東海大学前駅まで

2017年01月30日 | 丹沢
昨日リハビリの定番に行って来たがまあまあかな。

最初の登りを15分でこなして意外だったが
まだまだ完調ではないな。
脚の疲労感は若干あるし歩いていて時々
足が左右にブレそうになるのが困る。
トラバースでバランスを崩せばジ・エンド。
まだまだ本格の山は無理だな。

家を出たのが13時前では鶴巻温泉までは無理で
途中の弘法山から降りて東海大学前までにした。
まだ歩いた事のないルートだったが、
案外と自然林が残っていて雰囲気が良い。


途中でトラツグミとコゲラを見たが結構鳥が多い。
下山途中で道を訊いた女性が一昨年?熊が出たらしい。
定点観測のカメラに写っていたから本当らしいが
大山から善波峠経由で降りてきたとしか考えられない。
道の両サイドに猪対策のライトが設置されていたが
こっちの方は全国的に増えているなあ。

山道が終わった所に河津桜が咲いていたが
その内ソメイヨシノ並みに見られるようになるかもだな。
 
コメント

とうとう6月だよ

2016年06月01日 | 丹沢
急ピッチで山仕様の体にしないと間に合わない。

土日で歩くしかないが、午前中は翌週の仕事の現場視察があるし
午後出発だから行き先が限定される。

とりあえず今度の土日は西丹沢へ出かける。

新松田14:25のバスに乗れば15:36自然教室着だ。

犬越路避難小屋に寝て翌朝檜洞へ上がり、
下山は石棚山稜から箒沢橋へ降りよう。

とっくにシロヤシオは終わっているが、
ひょっとするとミツバツツジが残っているかもしれない。

俺はこのピンクのミツバツツジの方が好きなんだ。
白は大人しいからなあ、派手なミツバの方が気に入っている。

頂上に結構大きなのがあって咲いていればボリューム満点なんだが。
ちと遅い可能性が高いかな、それでも石棚山稜のブナの新緑がある。

途中のカツラの古木にも会えるし楽しい歩きだが
急下降が待っているから注意しないとだな。

後は奥多摩と中央線沿線の歩きにしよう。

今月末にニペソツで来月鳥海だから一頑張りしないとな。
コメント

大杉谷の練習になった

2016年05月03日 | 丹沢
寄からのユーシンロッジへの道は練習に持って来いだった。
殆どが沢沿いや涸れた沢の歩きなんだから当然だ。

大昔は道標も少なくて迷い易かったが今は良く整備されている。
登山口から直ぐに渡渉しなければいけないがちょっと分かり難い。
枯れ枝が1本立っているのが目印だ。

高巻く道に鎖がある所があってそこが一番嫌らしかったな。
ザレているし足を置く所が外傾しているしで厄介。

雨山峠からのユーシンへの下りは道が細いし枯葉の上とかで
滑り易いから十分注意が必要だ。

基本は右岸(上流からみて右)を歩くのを押さえておけば良い。
小さいが滑滝もあるし鳥も多いし新緑は綺麗だしと結構楽しい。
イワタバコが多くて初夏の花の季節に歩いても良いな。
紫の星型の可愛い花だが久しく見てないからなあ。

コースは沢の中を歩くのが多くて落石のリスクが大きいから
あまり歩きたいとは思わないが雰囲気は頗る良い。
人が少ないというのが一番で一昨日も10人程度しか遭遇しなかった。
雨山峠からユーシンの下りでは全く遭わなかった。

昨日の雨山峠から鍋割山への道は痩せ尾根や鎖場があり
ちょっと山慣れしていないと厳しいだろう。

コメント

シロヤシオがもう咲いていた!

2016年05月02日 | 丹沢
雨山峠から少し歩いたら咲いていてビックリ。

その後30分くらいでブナの大木の新緑が瑞々しかった。
なかなか出会えないから超ラッキーだったな。


 

棚沢の頭と鍋割峠の間に出て来た鎖場は
昔はそんなに苦労しなかったと思うが今回は手こずった。
直線状で足を置く所がザレているし掴む木も少ないしで
結構鎖に頼ってしまった。
登りでこの体たらくでは下りはとんでもないな。

他にも二箇所鎖場があったがこれよりも易しいから
ハイライトはここだな。

新緑の中の歩きで気分良く歩いたが、
鍋割山頂上からの後沢乗越ルートが抜群の歩き易さで感動。
昔に比べたら段違いの道になっていたが、
この歩き易さは丹沢のみならず今まで歩いた道でも
トップクラスのレベルだと思う。

鍋割山荘の鍋焼きうどんは相変わらずの人気で、
登って来るのに訊いたら8割はこれを食べに来てた。

俺は幾ら美味くても千円を使う気にはならない。
玉子とネギでも持ちスーパーの鍋焼きうどんセットを
上で食べたら相当な味になるに決まってる。

その頂上近くに咲いていた豆桜と後沢乗越下の新緑を載せておく。


  
コメント (2)

ユーシンロッジ水が出ない

2016年05月02日 | 丹沢
昨日寄から入ったが水が出ずガックリ。

引き水しているらしくて途中でパイプが破損しているみたいだ。

室内の水もトイレの水も出ないからホトホト参った。

まあ、飲み水は家から持って行った1.5リットッルで何とかなったが、
トイレを使えないのが痛かった。

そのトイレは持ち帰れと書いてあるのにペーパーを山の如く使い、
後日処理する関係者の苦労が偲ばれる。

俺はとても使う気にならずに今朝は雨山峠から鍋割山に廻って
トイレを使おうと思ったが結局使わなかった。

またも臼ヶ岳の南尾根で遊べなかったが、この水問題が解決するまでお預け。

取り合えずユーシンロッジ利用を計画している人は注意しないとなあ。
コメント

やっと初山とは

2016年02月19日 | 丹沢
低山も良いとこだがまあ初山は初山か。

2ヶ月も山から遠ざかったのでは妥当選択かも。

まあ普通のペースで歩けたから仕事で
体を動かしているのが良いのかも知れない。

それにしても秦野駅から浅間山・権現山・弘法山・
吾妻山・鶴巻温泉駅の道は俺みたいな年寄りの格好の
散歩道だな。

行き会ったり追い抜いた老人の多い事、若いのはトレランの
若者四人だけだった。

この道は危険箇所が全く無い上にアップダウンも少なく、
すこぶる歩き易いというのと、相模湾・富士・丹沢の眺めが
良いので人気あり過ぎ。

金曜日だったから20人程度で済んだが土日は大変。

肉眼ではまあまあの富士もカメラでは全く駄目で
微かに見えていた大島と合わせて写真無し。

代わりに弘法山の大銀杏とタブの大木を載せておく。


秋にはギンナンを落とす大銀杏


少し降りた処にあるタブの大木・姿が素晴らしい(遠近2枚)
 

途中熊注意の看板があったが随分昔の話だったと思う。
幾らなんでもこんな賑やかな道は熊さんだって嫌だろう。



コメント

丹沢も雪化粧

2016年01月20日 | 丹沢
今朝の寒さは久し振りの厳しさだった。

地下足袋の下は五本指の靴下だが、冬場は冷たくて
耐えられずに二本指の防寒靴下を履いている。

それでも今朝は昼まで足が冷たくて辛かった。
驚くのは他の先輩達が靴下だけだという事、
俺より年上なのに凄いなあと感服。
もっと良い防寒靴下がないかと思ってる俺とは違い過ぎる。

朝歩いてる途中で見えた大山から丹沢三峰まで薄っすらと雪が付いていた。
去年の暮れに綺麗に真っ白になった事があったが直ぐに融けてしまった。
今回はしっかりした寒波だから山の雪は結構残りそうだ。



左は大山でその右のアンテナと重なってるのが塔の岳・その右手の大きな丸みが丹沢山・
その奥右手の白い山頂が蛭ヶ岳だがちょっと分かり難いか。
蛭の手前の丹沢山からの稜線が丹沢三峰。

コメント

丹沢・表尾根は結構厳しい

2015年12月05日 | 丹沢

若い頃には何の苦も無く歩いていたのに、
この年になるとアップダウンがやたら目立ってしまう。
二ノ塔・三ノ塔・烏尾山・行者岳・新大日・塔ノ岳と
主なピークだけで6ツあるからなあ。

1ヶ月半も歩いてなかったのを差し引いても
何ともスローな歩きでヤビツ峠から9時に歩き出し、
15時に小屋だったから6時間の所要。
正味5時間程度の歩きだったが、若い頃の1.5倍は
掛かったみたいだ。

久し振りに全コース歩いたが、道の崩壊が進んで付け替えたり
木道があちこち増えて様変わりも良いとこだった。

特に三ノ塔を降りる時に出てきた新しい木道は段差が小さく、
上からでは階段に見えずに危なっかしい。
段差がないと楽だろうと思う役人が阿呆なんだが、
税金の無駄使いも良いとこだ。

それと風が強くて痩せ尾根(キレット)の歩きはロープや
鎖などで補助してても怖かった。

行者の鎖場も何か印象が随分と違っていて道を
付け替えたんじゃないかと思ったくらいだ。

尊仏山荘のヒゲさんは俺よりも7歳も若かったが、
俺共々相応に老けていた。

この頃は山ブームで丹沢の小屋も結構潤っているらしいが、
鍋割山荘が名物の「鍋焼きうどん」で大忙しなんだと。


尊仏山荘も昨日は7人だけの泊まりだったが、
今日は何と70人で満員札止めの由。
昔は定員超過してもドンドン入れたらしいが、
ヒゲさんになって70人-80人で電話での予約は
断っていると、

目的の一つのカレーとおでんは予想と違って
前者は野菜のみだったが結構美味かった。
おでんは普通だったが丼に入っていて
味噌汁も兼ねていた。



星はバックの空が薄暗くてイマイチだった。

夜景は良かったが写真ではサッパリ。
ただ昼間は分かり辛い海が黒くはっきり分かった。


都心方面の夜景


昨日は風が強すぎて展望はサッパリだったが、
今朝は素晴らしい眺望で大満足。
南アルプスはスッキリとは見えなかったがまあまあ。
写真ではあまりハッキリしないが肉眼ではバッチリだった。
日のでは大山の右側江ノ島との間から出た。

  
愛鷹連山がシャープで格好良い。
南アルプスがハッキリしないのが惜しい。
日の出はあまり見たいとは思わないが見たらまあまあ嬉しい。

下山は鍋割へ廻るつもりだったが、朝早いし大倉尾根の
変貌振りを確認したくてそっちで降りた。
ところが登りが来るは来るは、堀山の家までに
何と150人とウンザリで、さっさと二俣へエスケープ。

降りついて勘七の沢と小草平の沢のF1の滝を久し振りに見た。
前者は昔はそんなに難しいとは思わなかったのに、
今日見たらやたら高いし難しいと感じた。

直前に遭った沢屋の単独オジンがF5直前から沢に入ると
言っていたのはその所為かも。
水に濡れたくないのが一番だろうが。
それと丹沢山までというオジンの二人に遭っただけの
超静かな道だったが、誰も来ないだろうと思ってたから
意外だった。


木で見え難いが落差10m近い感じがした。
ひょとすると二段三段なのか?

後者の滝は昔と違わず右にホールドがあり
簡単そうだったが、第一歩がちょっと難しいか。


落差5mほどでこれは楽勝。




コメント (2)

明日はヤビツ峠から塔ノ岳

2015年12月03日 | 丹沢

丹沢の小屋には食事付で泊まったのは一回だけ。
山仲間のI夫妻と10年以上昔に、
葛葉川から表尾根に上がり木の又小屋に泊まった。
なかなか美味い食事だった記憶があるが、
他の小屋には尊仏山荘に素泊まりで二度泊まった。

まあ、一度位はここのカレーとおでんを
食べてみようと計画した訳だ。
暖かい小屋なら泊まる価値はあるし、髭さんとも
随分と会ってないからなあ。
念の為電話してみたら居るみたいだし、
久し振りに旧交を温めてみよう。

秦野駅発8:18のヤビツ峠行きだから、
どうせ植木仕事で6時前後には目が覚めるし
弁当を作る余裕もある。
久し振りに塩鮭・玉子焼き・魚肉ソーセージの定番山弁だな。
仕事で使ってる保温弁当入れで持って行こう。

ガスセットなどは持ちたくないし、せっかくの小屋泊まりだから
荷を軽くしないと意味がない。

帰りは大丸・小丸・鍋割山を経由して大倉だな。
草野さんにも随分と会ってないから顔をみてから
降りる事にしよう。
先方は覚えている訳も無いから鍋焼きうどんを食べる
だけにしておこう。

二俣先からの林道歩きがかったるいが、
滑落の恐れは無いしウォークマンでも聞きながら歩くとしよう。

この後はKy氏との千葉の鋸山や「山と酒の会」など、
久し振りの山歩きが続く。

コメント

塔の岳の尊仏山荘に泊まるか

2015年12月01日 | 丹沢

明日が振り替え就業になり木曜から4連休になった。

明後日が雨の確率が高くて明日とチェンジだが、
金に仕事が入ってないから4連休。

実質金曜日からの3連休だが、泊まりもこの寒さでは
避難小屋なんてもっての外。

4年前に山岳氏と鷹ノ巣避難小屋に寝た時は
室温がマイナス4度だった気がする。
外はマイナス8度でさすがに寒かった。

もうそんな事をする元気は無いからストーブのある
営業小屋で寝るに限るな。

この小屋には大昔紅葉の時期に仲間と泊まったが、
物凄い客の数で布団部屋に寝て滅茶苦茶に暑かった。
但しその時は自炊して、小屋の夕食のカレーと
朝食のおでんを食べなかった。

どんなもんか食べてみようか。
こんな小屋食はもう滅多に経験できないだろうから。

あの髭さんにも随分と会ってないからなあ。

一泊二食で6,500円みたいで、北アルプスに比べたら
随分と安いが食事内容が違うからなあ。
あっちはヘリで材料を揚げるし、料理の手間も掛けてるからなあ。

東京や横浜の夜景と朝夕の富士・南アルプス、それと星が
楽しみだが、天気は良さそうだし月も新月近くでラッキー。

丹沢Bキップでヤビツ峠から表尾根を歩き、
下山は大丸・小丸経由で鍋割・後沢乗越から大倉かな。
金曜日なら静かな歩きができるだろうし小屋も空いてるだろう。

コメント