大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

紅白酷過ぎだろう

2012年12月31日 | その他
参ったね。

昔から見る気も起きなかったが、学芸会以下じゃないか。

こんなのは年寄りは見ないし、若いのは民放を見るか
カラオケ?だろうし、やる意味が無かろう。

スポーツ特集でもやった方がましじゃなかろうか。

とにかく若い団体の歌は全く面白くないし、
下手に歌以外の物を入れるからますますつまらない。

幸い愛器のウォークマンがあるから、
好きなコルトレーンなどを聞いた後は、
European Jazz Trio の静かな曲を聴いている。

NHKもいい加減こんな番組は止めたが良かろう。
コメント

2012年も終わり

2012年12月31日 | 島暮らし・街暮らし
もう今日で今年も終わりだが、短いようで長い感じもする変な気持ちだ。

2月早々に親父が逝ってからはもう随分と経った感じがするが、
まだ一年も経っていないんだ。

この事に限らず、去年の山歩きが二三年前みたいな感じがするし、
今年の遊びも去年みたいな感じがするのは何故なんだろう。

時間が倍の速度で飛んで行ってるという事なのか?
こっちに帰って来てまだ十日だが、随分いるみたいに感じる。

島と自宅の行き来をしているのも関係しているかも知れないなあ。
海と山を遊び尽くそうと貪欲になるからか。

山遊びは大雪を縦走したのが楽しかったが、
何と言ってもあの大崩で遊んだのが良かった。

九州にあんな山があるなんて想像できなかったからなあ。
これからもあの山域にはちょこちょこ遊びに行こう。

島では下五島で遊び、釣りに嵌まって楽しんだが、
ミズイカ釣りを来年に残したのは良かったかも。

年末に体調を崩したのは拙かったが、
何とか回復基調になって良かった。
体だけは充分気をつけてこんな失敗をしないようにしよう。

来年も大きな災害が起きないよう祈るだけだな。
コメント

最悪の上湯!

2012年12月30日 | 温泉/健康

靴多過ぎ!



小田原では空いてたが


車は結構多くて


湯本は混んでいた


大昔にユニクロで買ったザック。カバーが付いていて頗る便利



雨だし客も少なくのんびりできると思っていたらとんでもなかった。

何と毎年12月の最終日曜日に、二階の休憩室を借りて
忘年会をやる団体がいるとかで、下駄箱は 靴だらけ。

風呂はといえばいつもと違って薄汚れたお湯でがっくり。
若い奴が四回目とか言っていたから、団体が入れ替わり立ち替わり入ってるらしい。

そりゃあ、お湯も汚れる筈だわ。

せっかく交通費までかけて来たというのに、僅か一時間もいないで引き揚げた。

3時近くに歩いた時は車だらけで大変だったが、4時過ぎるとガラガラだった。

上湯は大晦日はガラガラらしいから、来年からは大晦日に来よう。

正月は元旦と4日が休みだが、2日と3日は箱根駅伝で混み混みだろう。
5日に湯坂路と合わせて初湯と洒落ても良いが。
コメント

箱根・塔ノ沢の上湯へ

2012年12月30日 | 温泉/健康
しっかり雨だよ。予報が当たった。

久し振りに上湯に行くことにした。
もう随分とご無沙汰だなあ。

今年の正月2日に箱根駅伝見物がてら行ったのは覚えているが、
その後行ったかどうかよく覚えていない。
今年は全く行ってない筈だから、約一年振りにはなるだろう。
2月末に行っていた。どうしようもない頭だぜ。

やってるかどうか電話したら今日は夜7時までだと、
懐かしいだみ声のおばさんだった。

掛け流しの源泉で加温だが泉質は良いのに、
なかなか客が増えずに辛いらしい。
カーブの近くで車を停めにくいのも原因かも知れない。

俺は湯本から歩いて運動にもなるし重宝してるが。
昼を軽く食べてから出かけよう。
「スコット」や「木のぴーHouse」で食べる必要も無かろう。
「木のぴーHouse」は禁煙なので良いのだが。
「スコット」は随分と行ってないから禁煙にしたかどうか不明。
コメント

来年の干支にちなんだ山はあるのか?

2012年12月29日 | 山その他
今年は龍だったから色々とあっただろうが、
来年は巳だからなあ、あまり無さそう。

直ぐに頭に浮かんだのは「蛇抜山」とかいう山だったが
一体何処の山だったっけ。南アルプスの塩見と熊の平の間に
あったような気がする。「新蛇抜山」だった。
位置は記憶が合っていたが。

近場には蛇やら巳やらの付いた山など知らないから
あまり無かろうなあ。

その代り2013という標高の山に「ニペソツ山」があると、
山渓の新年号が紹介していたが、正月登るのは難しかろう。

まさか夏山にそんな事でこの山を選ぶ物好きはいないと思うが、
少しはいつもより多いかも知れないなあ。

レンタカーで入山口で寝るか、ちょっと上がったとこでの
幕営しか無いが、車で寝るのが本命だな。

来年は何とかやってしまいたいのだがどうなるかな。
コメント

大分戻ってきたぞ

2012年12月29日 | 山計画
今日は坂道でも息切れしないし、脚も重たくならなくなった。

それでもまだ呼吸を意識しないでも良い状態では無いから、
完全復活にはまだまだだな。

坂道を歌いながら登り切る様になり、疲れを感じなくなれば
ほぼ完全復活だろうが、それにはほど遠い。

まあ、目標の三が日には大丈夫そうだから、天気が良ければ
4日に初山をやり、7日に第二弾で田舎へ出発だろう。

初山は軽めの渋沢丘陵から国府津辺りにして、
第二弾は大鹿峠辺りが分相応かな。

笹子雁ヶ腹は次回の帰宅時にやる事にしよう。

しかし、夏山のハードさに備えての4-6月が
ミズイカ釣りで殆ど田舎だからなあ。
あっちでの鍛え方をよっぽど考えないと登れないぜ。

磯歩きと三角点巡りしか無さそうだが、
高度差があまり無いのが玉に瑕だなあ。



コメント

肺気腫との付き合い方

2012年12月29日 | 温泉/健康
タバコを吸わない人はあまり関係無かろうが、
吸ってるか吸った人間は殆ど肺気腫だろう。

当然個人差はあり、ヘビー・スモーカーでも
あまり症状の出ない者もいる一方で、俺みたいに
1日10本程度かつ半分も吸わなくても
しっかり肺気腫状態とかある訳だ。

その肺気腫とは肺胞が潰れてしまってガス交換ができず、
体内への酸素の取り込み能力がダウンする状態の事で、
酷くなると酸素ボンベ無しでは日常生活もままならなくなってしまう。

一度壊れた肺胞は再生できないから
進行を止めてレベルを維持する事しかできない。

残った肺胞を使ってガス交換能力を高める為に、
腹式呼吸で横隔膜を鍛えるしか無いらしい。

喫煙者はなるべく禁煙か減煙をして、腹式呼吸を心掛ける事。

山などは良いだろうが、頂上でタバコを吸っては意味が無いぜ。
コメント

斎藤隆が楽天へ!

2012年12月29日 | NPB
楽天にしては良い選手を獲得したなあ。

東北出身みたいだからやる気も出るだろうし、ファンも大歓迎だろう。

ピッチングのコツやら心構え、打者との駆け引きなどを
若手が吸収できるというのが大きいのだ。

田中にとっては大リーグ行きの為の最高のコーチの登場だ。

打撃技術と違って、投球技術は教わり易い。
リリース・ポイント、腕の振り、下半身の使い方など
自分自身の動きだけで良いからなあ。

打撃の場合はそうは行かない。
向かって来るボールを叩かなくちゃならない。
最初から相手次第だからハンデが大きい。

おまけに打撃技術を言葉で伝え難いときてる。
長嶋さんなら「ドーンとくるのをパッと打て!」なんて教える?かな。
とても参考にならないだろう。

要するにごく基本的な事しか教える事ができず、
後の肝心の打撃のフィーリングは自分自身が掴まなくちゃならない。

その創意工夫に何らかのアドバイスをできる人間が名打撃コーチと呼ばれる訳だ。

そう言う点では広島の前田などの職人と呼ばれる人間はコーチには不向き。

大分斎藤からはズレてしまったが、楽天の投手陣は
なかなか良い選手が入るのだから、頑張って勉強すべし。

最後の職場だし、しっかり伝授してくれるだろう。
コメント

阪神大丈夫かよ?

2012年12月28日 | NPB
何で大リーグで駄目になったのを大金はたいて買うかねえ。

まあ西岡は良いとしても福留は余分だったのじゃないか?

若い選手が一人出られなくなるというのは、
結構なマイナスなんだというのが解らないらしい。

来年と再来年起用したら10年は大丈夫という素材が
必ずいる筈なんだがなあ。

外野手でそういう選手がいないとしたら、
スカウティングに問題があるのだろう。

何とも言いようの無いオーナーやGMだが、
監督の和田が欲しがっているのだろうか?

藤川の抜けた後釜は本当に久保にするんだろうか?

球の力が足りないと思うんだがなあ。
技巧派はクローザーには向いていないだろう。

最終回の三人は力でねじ伏せないと
相手にショックを与えられないだろう。

技巧派に抑えられてもダメージが少ないんだよ。

下手するとまた広島とBクラスのトップ争いだぜ。
コメント (2)

松井秀喜の引退

2012年12月28日 | MLB
日本でプレーしないでアメリカで引退というのが格好良い。

大抵の人間は日本でプレーして赤っ恥を掻いてから辞めるのだが、
さすがにプライドが許さなかったらしい。

夏にレイズを首になった時に辞めていれば最高だったろうが。

外野がどうこう言う事でないが、本人は何かやり残した感じだったのだろう。

二十年間お疲れ様と言っておこう。

松井で思い出すのは高校三年夏の甲子園での五連続四球だな。

明徳義塾の奇策で一度もバットを振ること無く負けてしまったが、
社会問題に迄なってしまったんだった。

当時どんな感想を持ったか思い出せないが、今なら明徳義塾の監督の作戦も容認できる。
当事者以外がとやかく言う事では無いからなあ。

プロ入りが巨人だったから大して関心無かったし、ヤンキースへ行ってからも同様だったが、
さすがにワールド・シリーズでのMVPには驚いた。

そのヤンキースにイチローが入り、二年契約で残留したというのが皮肉ではある。
一発屋は去ってしまったが、単打と脚と守備の職人はまだ表舞台から
降りなくて済んでるというのがイチローの偉大さ?なのかな。
コメント

喘息だけだった!

2012年12月28日 | 温泉/健康
調子の悪さが尋常でなく、近くの医者に紹介状を貰い呼吸器内科で検査した。

心臓は異常無く、肺は32年間の喫煙で肺気腫だったが、軽いので今回には無関係。

レントゲンで見ると気管支が肥大しており、血液検査でも好酸球の値が高くアレルギー症状。

結局、症状と検査結果から喘息の発作だろうとの事で一安心。

前夜にエアコンを消して暫くしたら咳と痰が出なくなったので、
ひょっとしたらハウス・ダストだったかと思ったのが当たった。

よくよく考えたら、寒くなってから咳と痰が出始めたが、部屋を締め切っていた。

戻ってからは寒さでエアコンをガンガンかけていたから、
ハウスダストが舞い上がっていたんだ。

昨晩はエアコンを止めたら寒く、寝られなかったが、
6時にたまらずあのNASAの断熱シートを掛けたら温かくて寝られた。

今日からはエアコン無しでやるが、湯たんぽとシートで充分凌げるだろう。

おそらく咳と痰も治まる筈だ。

ハウスダストを忘れるとはトホホな喘息オヤジだった。

肺気腫や心臓疾患だったら山も駄目だなあとガックリだったから万々歳だ。

三が日迄には調子を戻して、帰る迄には初山にしたいもんだ。
コメント

山渓が百名山特集

2012年12月26日 | 山その他
散歩のついでに図書館に寄って山渓の新年号を見てみた。

特集は“新しい「百名山」の登り方”とかで、来年は少しは静かな山歩きができそう。

体調が戻ったらの話だが、来年の予定の山は「槍ヶ岳」「聖岳」が百名山だ。

それ以外の「カムエク」「大崩」共に百名山でないのが嬉しいよなあ。

新年号の付録の「山の便利帳」は「Data Book」になっていたが、
主要な北とか南の山域の行程が見開きで載せてあった。

しかし、字が小さくて、俺みたいな爺にはちと使い辛い。


俺が持っているのは07年版だから、もうボロボロなんだが、
ネットで調べるから別に買う必要もない。

俺みたいなのが多いだろうから本が売れない筈だ。

ただ、巻頭のカラーページ特集が「固有種の花」で
「利尻岳」「北岳」などが載っていたのが余分だった。
コメント

生牡蠣はアウト!

2012年12月26日 | 温泉/健康
昨夜女房が長崎の妹と電話で話した時に、
弟と姪が嘔吐と下痢で酷いと聞いた。

妹は仕事を休む訳にはいかないので、天気が荒れそうなこの三連休に行けず、
代わりに退職して時間のある姪が行ったんだ。

妹の身代わりになりに行った様なもんだが、
今朝病院に行ったらノロウィルスらしい。

牡蠣は生をポンズで食べるのが一番なんだがとても喰えないなあ。

フライかソテーでないと駄目か、チャンポンや鍋に入れるのもありだが。

昔から生牡蠣にあたったというのはよく聞いていたが、
あれもノロウィルスだったんだろう。

美味いのに残念な事だ。

しかし、田舎と違って体調が悪くて山遊びできないと困る。
釣りができないから残りは囲碁位なんだが、わざわざ
電車に乗って出かけるのがなあ。
それと、相手が俺より年上のジイさんばかりなのが嫌なんだ。
若い人となら面白いんだが。


箱根・塔ノ沢の上湯と循環器系のチェックと
人生初の胃カメラと前立腺の検査もやってしまおう。

この二年、健康診断をやってないから良い機会だ。

コメント

日影沢から城山

2012年12月25日 | 中央線沿線

眺望抜群の林道と城山の電波塔




出がけに駅から見た大山 



頂上の立派なトイレ 



相模湖に架かる橋を見下ろす 



橋を渡ったらテント暮らし?してる人がいた



高尾駅北口に集まったがM氏を除いた5人が集合。

増発したバスで日影沢まで入り、少し歩いて小さな橋を渡って直ぐに
飛び石伝いに渡渉して登りだす。

自然林の気持ちの良い歩きだが、やっぱり脚が上がらず苦しい歩き。

不調の俺がトップで超スローなペースで、直ぐに7―8人組みの中年グループに抜かれた。

道々高尾山ガイドのK氏が草木の解説をしてくれるが、なかなか覚えられない。

最後の方で道を外れて左に入り林道へ。
左側を伐採して見晴らしが良く、スカイツリーも見えている。

城山には立派なトイレがあったし、人だらけだが高尾山はとんでも無かったろう。

ビールとワインを軽く飲み下山開始したが、結局バスを逃し、店まで歩き通した。

相模湖にかかる吊り橋を渡っての登りが堪えたし、その後の車道歩きも楽じゃなかった。

高尾近くにも静かで歩き易い道があるが、頂上の喧騒は我慢するしか無いなあ。

体調が戻ったら春の新緑の頃にでも女房と歩いてみるか。
コメント (2)

安倍が日銀へ丸投げ?!

2012年12月24日 | 政治・経済・社会
五年で学んだのがこれかよ!

ストレスがかからないように丸投げか。

物価上昇2%と雇用の拡大を日銀にやらせるつもりらしい。

こんな無責任な総理大臣は日本初だろう。

そもそも日銀がやる事でないのだから、白川は毅然として
「そんな事はあなたの仕事でしょう」と拒否すべきだろうよ。
歴代の日銀総裁が泣いてるぜ。

しかし、よくもまあこんな事を考え付くもんだし、「安倍ちゃん、そりゃ無いよ」と
意見する奴もいない自民党とは呆れる。

原発についても専門家に丸投げだし、その内「尖閣問題」もどこかへ丸投げするつもりなんだろう。

よくもまあ、こんな無責任野郎を選んだもんだ。

民主はやろうとしてやれなかったがだ、こいつはやろうともしないんだから凄過ぎる。

選挙公約を就任前から反古にするのを見た事無いし、自分の仕事を他人に丸投げするのも前代未聞。

選挙前の中韓への強気はどこへやら、「竹島の日」の政府式典は取りやめた上に
朴へお祝い特使の派遣や中国への特使派遣とは一体何なんだ?

「拉致問題は自民党しか解決できない!」とも叫んでいたよなあ。
しっかり解決してくれよ、自分の手で。


コメント