東アジア歴史文化研究会

日本人の素晴らしい伝統と文化を再発見しよう
歴史の書き換えはすでに始まっている

国連委と左派NGOの癒着(高橋史朗)

2018-10-13 | 日本をダメにする勢力
2018.10.13 8月にジュネーブ国連本部で開催された人種差別撤廃委員会において対日審査会が開催され、日本政府への最終報告書が発表された。今回の対日勧告では、慰安婦問題について、政府間合意では恒久的な問題解決にならないと批判した。 今回の対日勧告はNGO(非政府組織)の意見書を踏まえて、対日審査会を経て出されたものであるが、不当にも日本の左派のNGOと人種差別撤廃委員会の委員との予定表 . . . 本文を読む
コメント

あまりに違いすぎる日本と中国・韓国の常識(再掲載)

2018-09-16 | 日本をダメにする勢力
以下、4年前の記事である。ことあるごとに日本人は中国、韓国の常識を疑ってしまう。その国の背負ってきた歴史、伝統、文化の違いはときに非情なものである。「愛国虚言」「反日無罪」等、これらの価値観は日本に存在しないものである。日本人は嘘をつけば良心の呵責を感じる、嘘をでっち上げてまで自国を優位におこうと思わない民族である。それは日本人の誇りであり、良心である。 韓国の「慰安婦問題」「徴用工問題」もその . . . 本文を読む
コメント

『吉田茂という反省 憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』阿羅健一・杉原誠四郎対談(自由社) 加瀬英明氏の推薦の辞

2018-09-14 | 日本をダメにする勢力
現在の日本の混迷の原因をさかのぼると全て占領期の吉田茂首相の愚行、愚策に行き着きます。吉田茂とは何だったのか。それを国家として反省しなければ、憲法を改正しても、日本は何も変わらないことになるということを炳として明らかにした本が出ました。 《加瀬英明氏の推薦の辞》 この度、近現代史の研究では著名な阿羅健一氏と杉原誠四郎氏が、占領期の首相吉田茂について縦横に語り合って『吉田茂という反省−憲法を改正 . . . 本文を読む
コメント

「日本国憲法を「絶対善」とする不可思議 改憲で自由なくなるなら根拠示すべきだ」(『週刊ダイヤモンド』2018年8月25日号 櫻井よしこ)

2018-08-26 | 日本をダメにする勢力
2018.08.25 (土) 夏休みは、NHKのプロパガンダの季節か。そのように感じさせる戦争にまつわる番組を、NHKは何本も放映していた。 日本は大東亜戦争で敗北したのである。辛い体験であるのは当然だが、NHKの報じ方はあえて言えば「軍と政府が悪い」「国民が犠牲にされた」という相も変わらぬ短絡な構図だった。 そんな中、加地伸行氏の『マスコミ偽善者列伝 建て前を言いつのる人々』(飛鳥新社)が . . . 本文を読む
コメント

「日本が非難浴びる国連の慰安婦問題議論 資金力活かし道理や公正さを説くべきだ」(『週刊ダイヤモンド』2018年6月30日 櫻井よしこ) 

2018-07-01 | 日本をダメにする勢力
2018.06.30 (土) トランプ米政権が6月19日、国連人権理事会からの脱退を表明した。パレスチナ問題でイスラエルに対する偏見の度合いが過ぎているという理由だ。 「朝日新聞」は6月20日夕刊の1面トップで同件を、「また国際協調に背」という見出しで報じた。パレスチナ対イスラエルの問題に踏み込むつもりはないが、朝日流の批判だけで済む問題ではないだろう。国連人権理事会に日本も言いたいことは少な . . . 本文を読む
コメント

「朝鮮半島勢力巡る歴史的闘いが展開中も日本の野党は政治責任を果たしていない」(『週刊ダイヤモンド』2018年5月19日号 櫻井よしこ)

2018-05-20 | 日本をダメにする勢力
2018.05.19 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の動きが派手派手しい。5月7日から8日、妹の与正氏と共に中国の大連を訪れた。習近平国家主席と共におさまった幾葉もの写真を北朝鮮の「労働新聞」に掲載し、米国に対して「僕には中国がついているぞ」と訴えるのに懸命である。 懐の窮鳥を庇うように、中国共産党を代弁する国営通信社の新華社は「関係国が敵視政策と安全への脅威をなくしさえすれば核を持つ必要はな . . . 本文を読む
コメント

「野党とメディアが日本を滅ぼす」(『週刊新潮』2018年4月26日号 櫻井よしこ)

2018-05-01 | 日本をダメにする勢力
2018.04.26 米英仏は4月13日午後9時(日本時間14日午前10時)からシリアの化学兵器関連施設3か所に、105発のミサイル攻撃を加えた。 1年前、トランプ大統領は米国単独でミサイル攻撃を加えた。今回、米国がどう動くのかは米国が自由世界のリーダーとしての責任を引き受け続けるのか否か、という意味で注目された。それは、異形の価値観を掲げるロシアや中国に国際社会の主導権を取らせるのか、という . . . 本文を読む
コメント

「安倍内閣退陣」を訴え過激化する国会前集会、「市民」大半は共産系団体だった

2018-04-23 | 日本をダメにする勢力
「安倍内閣退陣」を訴える集会の参加者ら=14日午後、東京・永田町の国会議事堂前 「森友・加計」やイラク日報などの問題を追及し、内閣総辞職を求める集会が14日午後、東京・永田町の国会前で開かれた。そこに現れたのは、かつての反安保法制デモを主導した若者のグループ「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動、シールズ)」の中核メンバーたちだった。集会に参加したのは日本共産党直系団体の構成員や左派 . . . 本文を読む
コメント

「世界は大激変、もう森友ではない」(『週刊新潮』2018年4月19日 櫻井よしこ)

2018-04-21 | 日本をダメにする勢力
2018.04.19 (木) 日本のメディアはまだ「森友」問題や財務省文書書き換え問題などに熱中しているが、その間に世界情勢が不気味な展開を見せている。米国の孤立主義、或いは後退に乗じて、世界各地域にこれまでとは異なる排他的な勢力が誕生しつつある。 トランプ政権発足から1年3か月、余りにも多くの劇的な展開があったが、その足跡は米国への信頼に不安を抱かせるものだった。直近の具体例としてシリアを見 . . . 本文を読む
コメント

石平著『なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか 「脱中華」の日本思想史』を読む(国際派日本人養成講座)

2018-04-20 | 日本をダメにする勢力
我が先人たちは、いかにして独立した平和な国を築いてきたのか? ■1.先祖返りする中華人民共和国 3月11日の中国・人民代表大会で、国家主席の任期制限を撤廃する憲法改正案が可決された。しかも賛成2958票に対して、反対2票、棄権3票という、通常の民主主義国家ではありえない投票結果だ。任期制限はなく、選挙も茶番であれば、国家主席は皇帝と変わらない。 中国は長い歴史を通じて、数百年ごとに王朝が衰退 . . . 本文を読む
コメント

「今、憲法改正を潰すメディアの無責任」(『週刊新潮』2018年4月5日号 櫻井よしこ)

2018-04-07 | 日本をダメにする勢力
3月25日の自民党大会で安倍晋三総裁(首相)は「憲法にしっかりと自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打つ」よう呼びかけた。 党大会の前、メディアは自民党内の不協和音を強調し、地方幹部から抗議の声やヤジが飛べば安倍首相は危機に陥ると報道した。しかし、実際には財務省の文書書き換え問題などをめぐって首相の責任を問う声はほとんどなく、首相演説に賛同の声が上がった。森友問題をダシにして安倍首相攻撃が目的であ . . . 本文を読む
コメント

それでも安倍3選しか選択肢はない自民、野党は“魔女狩り”で展望は開けぬ 焦点極東外交に移行(杉浦正章ブログ)

2018-03-28 | 日本をダメにする勢力
まさに国会で魔女狩りが始まったかのようである。野党が、希代の詐欺師籠池泰典に勝手に名前を使われた被害者で首相夫人の安倍昭恵や首相秘書官今井尚哉を国会の証人喚問に引き出そうとしているのだ。 26日も民進党の増子輝彦は昭恵の証人喚問を要求した。しかし、首相夫人といえども民間人だ。民間人の証人喚問は過去にもあったが、事は人権問題が絡む。極めて慎重でなければなるまい。 今の野党のやり口は、ことごとく安 . . . 本文を読む
コメント

「自民党は9条改正案を纏めきれるか」(『週刊新潮』2018年3月15日号 櫻井よしこ)

2018-03-16 | 日本をダメにする勢力
2月末日、自民党本部の大講堂で開かれた憲法改正推進本部全体会合には約150人の議員が集った。普段、ギリギリに行っても部会には座る席があるが、この日は約30分も前から席取りをしたと、参議院議員の青山繁晴氏は語った。 150人中120人があらかじめ憲法改正私案を提出しており、事務局が論点整理をした。120の案は大別して3案、安倍晋三総裁提出の9条1,2項を残して自衛隊を書き加える案、同じ条件で自衛隊 . . . 本文を読む
コメント

『朝日リスク』(産経新聞出版)桜井よしこ、花田紀凱共著 影響力はなきに等しいまでに凋落した朝日新聞の権威

2018-03-08 | 日本をダメにする勢力
「アカが書き、やくざが売って、バカが読む」。最近は『朝日を読むとバカになる』という標語が国民の間に浸透してきた。それほど朝日はバカの集まりになった。 元『週刊朝日』の編集長だった川村二郎氏も『学があっても、バカはバカ』(ワック)を上梓されたが、朝日新聞記者の救いようがない体質について糾弾している。ほかにも永栄潔氏、長谷川熙氏ら朝日OBが。。。。。 書店へ行くと朝日批判が目白押し、韓国批判本と並ぶ . . . 本文を読む
コメント

平壌でも謝罪を計画していた吉田清治(『週刊新潮』櫻井よしこ)

2018-03-03 | 日本をダメにする勢力
2月5日、元自衛官の奥茂治氏に会った。氏は、慰安婦問題で嘘をつき、現在の日韓関係のこじれの原因を作った吉田清治氏の、まさにその子息の依頼で、清治氏が1983年暮れに韓国忠清南道天安市の「望郷の丘」に建てた「謝罪の碑」を損傷した人物だ。 奥氏は自分の行為を韓国当局に自ら報告し、召喚に応じて韓国に赴き、身柄を拘束され、出国禁止措置、起訴、裁判を経て、今年1月11日、懲役 6か月、執行猶予2年の判決を . . . 本文を読む
コメント