怪食一家 支店

食い散らかして経験値を上げていきます。
トライアスロン・マラソンを通じた肉の引き締めも同時並行します。

ドリドリどりおさん

2006-06-30 00:12:37 | food

大会前というのに、くだらないことに血眼になってしまう悪癖が止まらない今日この頃です。こないだのドライパイナップルに味をシメ、やっぱ乾きモノだなとかってにジャンルを決定して、、、成城石井を徘徊してみると即発見。

DURIAN CHIPS "DORIO"

えーと、改めて書くまでもないかと思いますが、ドリアンチップス、です。ええ、あの果物の王様と名高いドリアン。あれのチップスでございます。ドリアンの業の深さはいまここでいうまでもないのは皆さんご存知かと思いますので、省略するとして、。とかいっても、ドリアンもって地下鉄乗っちゃだめって法律で決まってるっていうのもすごいよね。いくらくさやがスメるっていってもそんなのないしさ。





で、今回は塩味と甘い味とある中で、甘いほうでチャレンジしてみることにしました。ここで、いったいどんなことが起こってしまうのでしょうか。。。

原材料:ドリアン、パーム油、砂糖

裏の原材料を見てみると、まさに完璧にドリアンの塊。保存料とかはいらないのでしょうか。逆に心配になってしまいそうですよこれは。それくらいキングな食べ物なんだと言うことでしょうか。





封を開けます。いささか緊張します。必要なく身構えてしまいますよこれは。





カシューナッツとさつまいもチップスを混ぜたような味、と言えばいいんでしょうか。会社のおねえさんは、「しけたカシューナッツやんこれー」や「主婦が気まぐれで作ってみたポテトチップスでしょー」やらといい得たようないいえてないような表現をされてましたが。。。まあ、フルーツらしい味は全くしないというか、ドリアンというイメージからくる先入観からしたらけっこうな拍子抜けと言うか、、、。ぜんぜんスメルしないしね。まあドリアン自体99年の卒業旅行に行ったタイで食って以来なもんなんで、そもそもの味も忘れてしまいましたけどねorz。。。

ちなみに、タイのドン・ムアン空港(ようはバンコク空港)に、「ドリアン羊羹」なるものが売られてます。2000年にタイに行ったときに買って、大事に大事に取ってて気づいたら賞味期限半年過ぎてたという悲しい思い出があるんですけど、、、。誰か食べてみてください。いえ、買ってきてください。責任もって食べきります。あ、ドリアン飴でもいいっすよ。

コメント (2)

走るの忘れてったぽい

2006-06-27 23:25:05 | Trainning

6/26 月 はこりずに今橋ホルモンでミノサンドとか焼いてもらってました。さあ英気養うぞ英気養うぞ養うぞ、と連呼に次ぐ連呼でマインドコントロール。ミノがほとんど見当たらない脂まみれのミノサンド。いいねぇもう。ビールが水のようだ。


6/27 火 ラン6km 35'33 HR/AVR152 415kcal

かなり久々のラン。トレノート見ると6/9に走って以来で、今日時点の月間累計走行距離が26km。。。まあ間近に迫ったオープンウォータースイムに向けて泳ぐのは今月重点的にやってましたし、これまでランの距離かせいでた休日は最優先課題のバイクメインということで、どうしてもランの優先順位が低かったとはいえ、、、。この傾向はしばらく続くのかな、やっぱ。総運動時間からしたら致し方ないか。今日みたいに帰宅が10時とかそんな泳げないときにちょこちょこ、、、現状維持かなぁ。かなしいけど。

で、6kmという中途半端な距離でしたが、実は左膝が痛かったんでやめてしまいました。ふと原因を思い返したりしてみましたが、先週の土曜日に一気にペダル回してなんか筋肉が変に疲れちゃったからかな。

筋疲労 → そこをかばう → 違うところに負担が

みたいなスパイラルでしょうか。まあそういうのは長風呂入って汗かいてビール飲んで寝るに限るでしょう。それか肉焼いてみるとか。

というように、ポジティブシンキングで、、、。ええ、よく言われますよ、「ノー天気」とか「おめでたいやつ」とか「悩みとかないだろお前」とか。。。



いいじゃんべつにさ。
コメント

おぼろげながら大会像をイメージ

2006-06-26 22:24:04 | Un dou kai

今度の日曜の和歌山片男波OWSの要項が送ってこないと思いきや、そんなもんはないんだと。まあ登録証は水曜までにやってくるということでしたが。今日もろくに仕事せずに日本を泳ごう委員会のページなぞ読んでたら、先の週末にかなり更新されたみたいですね>和歌山情報。

えーと、レースコースは、、、


●3200m個人男女
スタートゲート前に召集し、水中スタートとなります。コースは1周400mの三角点(トライアングル)方式となります。
スタート~第1ブイまで 500m第1ブイ~第2ブイまで 500m
第2ブイからゴールまで 600m の1周1600mコースを2周する合計3200m。コース。

但し、これらのコース概要は当日の天候や安全状況によってコースが変わる場合がありますのでその旨ご理解を賜わります。
■コースの距離・ブイ間の距離・周り方(時計回りか反対周りかは当日の風の状況によって競技前に発表いたします)



一周1600mのトライアングル二倍、ね。HPコピペしてみたんですが、まあ細かい間違いはともかく正直ほっとしましたよ。1600m沖まで力泳して帰ってくるとかいうパワースイムを要求されなかったんで。正直そのコースだったら恐怖感バリバリだったんですが、この周回コースなら、「コースへの恐怖感」はいささか薄れるというか。まあサークルコースのほうが、いざというときの救助なんかいいんでしょうし。しかも、私的には左右どっち回りがこられても構わないんで、少し無駄に自信がわいてきた気がします。進むのたいして速くないけど両側呼吸は完璧なんで、、ね。

あと今週は、、目を閉じて泳いでみたり軽い調整でいいかな。がんばっても疲れるだけだしさ。リラックスリラックス。
コメント

今年第二戦目まであと一週間

2006-06-26 07:45:07 | Trainning

を控えた週末。ケイバでいうと一週前追い切りみたいなもんでしょうか。ああ、ゲイバーじゃないですよ念のため。ホースレーシングのほうです。週中はいろいろあって火曜日のスイム2300mのみでしたが、まあその分まとめて週末がんばりましたよ。


6/24 土 バイク24km 46'55 HR/AVR146 531kcal

天気もよく絶好調なペダルの回しっぷりというか、やはり最初の5kmは抑える癖を作らないと後々脚にきてしまいます。本番ではバイクやったあとにランというわけなんで、少しづつ回転数を上げて上げてのイメージをもてるようなトレをやろう、うん。で、一周28kmループが終わり見えかけたところで事件が。

パンク、、、。

去年の8月の学習効果もあってたかがかパンクだろと、へへっとした表情のままバイクを降りると、、、

備え付けてるはずの空気入れが、、、ない。

そうだ、家の中に転がってるんだった。これじゃいくらそれ以外の道具があってもどうしょうもありませんがな。ということでここでトレは終了。ほんとにばかだなもう。で、、、仕方なく靴を脱いで(バイクシューズは底がカーボンな為、まともに歩けない)靴下のままとぼとぼとバイクを押していきます。何台もローディーに追い抜かれますが、誰も声かけてくれやしねぇってまあ道具持ってないほうが悪いんだから仕方ない。

で、結局一時間くらいかけて帰宅。足の裏ボロボロなんでランあきらめましたよ。そりゃ薄っぺらい靴下一枚でアスファルト歩いたらしんどいですよもう。

まあ、実際は空気圧不足とかいうケアレスミスが原因なんでしょうけど、なんかそうじゃない気もしまして、、、





チャリ屋に直行して即タイヤ交換しました。いや、いいんですけど、たかだか2000kmとか走ってるだけでこんなにゴムが劣化して中身が見えてくるもんでしょうか。それとも、80kg超の重量に耐え切れなくなったか。。。どっちにしてもレース中とかロングライド中じゃなくてよかったと思わないと。


6/24 土 スイム2300m

バイク終了後の夜スイム。300m+200mのあとコースが空いたので、100mを2分インターバル(スイム1'35+レスト'25)を15本。このペースでこのレストなら15本は普通に持ったかな、な印象。最後2本くらいは腕がお疲れ気味だったのが来週に向けての心配事。。。ほんらいならもう少しペース上げるべきなんでしょうけど、、、炎天下に二時間いた後だとこの辺で勘弁してなのが本音。弱いなぁもう。いちおう最後の300mでは目を閉じてまっすぐ進むかとか無駄なこととかやったりしてみました。大丈夫なんだか。


6/25 日 雨中バイク27km 54'50 HR/AVR144 611kcal

おばかなkeihさんは、雨降ってんのに新しいタイヤがうれしいのか何かで、トレーニングしてしまったそうです。いやほんとにおめでたい奴ですね。っていつか雨のレースもやってくるでしょうから、そのときに備えて走ってみただけです。「ぶっつけ本番」がうまく出来るとも思ってないという基本的に小心者なところに起因するんですけどね。なんで、あえて急ブレーキしてみたり減速加速を組み入れたりとまあ気分転換ですね。コーナーリングはしなかったなぁ。。。

ロードバイクって泥除けなんかついてないんですけど、買って5回目くらいに着るユニクロのコンプレッションTシャツ(白)の背中が泥まみれ。そうそう、ことしのコンプレは汗を相当吸うみたいなんでいいらしいですよ。

話しかわりますが、あんまり大声では言いませんが某リンク先の方はこんな雨降ってんのにバーベキューなんてやってたそうです。踊る何とかに見る何とかっていうのか、肉焼くんなら事前に呼んでくれというのか、、、


6/25 日 スイム2100m

さすがに膝が痛いんで、おとなしくいきましたよ。100m+400m+1000m+500m+100mなところでしたが、1000mはきついかった。レース前に気合入れて泳げるのは実質今日が最後だったわけですが、まあスポーツクラブのプールだけにいろいろと妨害が、、、仕方ないですね。いちおう最後はクールダウンするふりして個人メドレーとか1'35かかって鬱だとか言ってましたよ。。。ええ、適度に楽しんでますよ。


といういつもながらの色気皆無な週末でした。来週末はとうとう海水泳3200mのレース。。。こんなとぼけたブログやったりしながらもやはり少しづつ緊張してますよそりゃ。いつもレース前は緊張しますが、、、やっぱねぇ未踏な距離だしさ。いまだ参加要綱が届かないとかそういう野暮なことは抜きにしても、気持ちの盛り上がりと張りが交互に九十九折。。。このワクワク感こそがたまらないんですよ。特に今月はここまで18.6km/8 と久々に距離もやっているだけに、壁が高い分気持ちの準備も体の準備もそれなりにやってこれた気がしてるんで。。。

あと一週間、ゆっくりとがんばりますよ。
コメント (2)

ときおりたまにはハイカーボ

2006-06-25 17:05:08 | food

痩せたがっているかなんだか知りませんが、先週は二回も肉焼きに行ってしまった愚か者ですはい。二軒ともすでに何回もこのブログで書いているとこなんで、、まあ省略ということで、、、。で、このラーメン行ったのはいつだっけな、、、DSで脳トレなぞやっても何にも活性化がされとりませんがな。まあプリンみたいな脳みそなんでいいか。





気を取り直して、、、

雨降る木曜に行ったのは、江坂内環沿いにある「一品香」という九州ラーメンのお店です。ダレですか、「ひとしなスメル」なんて読んでいるのは。勝手にニックネームつけちゃだめですからねもう。扉を開けると、、、一面漂う豚骨スープのスメル。こんなに大胆にというか、鼻を押さえたくなるようなくらい過剰なまでに豚骨臭いのは大阪でもないなきっと。好き嫌いが大きく分かれるお店だと思いますが、もちろん長崎の片田舎出身のkeihさんにはグッドスメル。





さっそく癒しにかかりますよ。チャーシューのタレはいささか辛いかな。それでも瓶のビールにはネギまみれのチャーシューはナイスマッチングではないでしょうか。麦酒がもう水ですな、水。





やってきたのは高菜ライス。ええ、白米の上に高菜が乗ってくると思いきやここはなんと炊き込み。これは地元で出会ったことはないなぁ。。。胡麻油とかすかな辛さとあいまって非常においしくいただけるというか、この店に来てこれを頼まないのはもったいないお化けが出てしまいそうですよ。





そして豚骨ラーメンの参上、、というか紅生姜は自分でのせたものですよ。いや、やっぱこれくらい豚骨臭があふれる店のラーメンにはあふれるくらいの紅生姜がないとね。色や味が変わるので、紅生姜を載せることに拒絶感がある方々もきっとおありかと存じますが、そもそも九州というか長崎の人間なんて、「カツオでだし取った餡かけがのった皿うどんにウスターソースと酢をドバドバかけて食う人種」なんで、、、ねぇ。ご容赦ください。





ああ、しまった。またも「堅めにゆでてください」って言うの忘れてたよしくしく。少しやわらかい。。。といっても、これもまたこのお店の特長みたいなもんでしょう。ほそーい麺ですが、極端にのびるのが速いというわけではないのでいいかと。相変わらずの味。うん。おいしいですよ。やっぱこれですね。


***

スメルやら麺の固さとかのせいでしょうか、決してラーメン好きな皆さんに好評を博しているお店ではありませんが、何一つ凝ってない飾ってないでも、実家周りのラーメン屋(正確にはちゃんぽん屋といいますが)の雰囲気に近い味が楽しめるんで、個人的にはフェイバリットなお店です。

それにしても炭水化物取りすぎじゃなもう。なにがダイエッターだ。
コメント (2)

ひさびさにほめられたね

2006-06-24 11:39:55 | mo-blog

まだまだ引っ張るよ、ソニプラグッズ。といっても今日が最後だけどさ。





最近、「おいしい」食べ物を見つけるというかスメルをかぎ分ける能力の減退を、三十路の接近とともに強く感じる今日この頃ですが、こないだのソニプラで、弱りきった鼻の力を振り絞って買ってきたのが、「ドライパイナップル」です。背面写真はこんな感じ。ドライマンゴーとかドライプルーンはたまに目にする気がしますが、意外に目にしない気がするというかわざわざ手に徒労とはしないなぁさすがにこのドライパイナップルは。

もう封あけて半分くらい食い散らかした写真で恐縮ですが、まんまトロピカ~ル変して~るな感じです。あややの歌とは漢字がいささか違う気がしますが、そこは気せず温かく見守ってください。

で、味のほうですが、、、いや、期待をいい意味で大きく裏切ってくれました。こんなうまいとは。。見た目としてあの「ざぼん漬」みたいな砂糖まみれで糖尿病にさせたいのか、といういやな予感も脳裏をよぎりましたが、そんなこともなく甘くありませんですよ。えーと、メリットというかよかったなということを箇条書きにでもしてみます。

・繊維質が残ってて適度な食べ応えのよさ
・砂糖の甘さも含むとはいえ、パイナップルの甘さと香りもかなり残留
・よってドライフルーツの中でも「フルーティさ」は相当なレベル
・ついでに、食べてるときに手がベトベトしない





手の上サイズがこんな様子。いや、まともにすごくナイスな味でわれながら小躍りなくらい嬉しくなりました。ときどき表現微妙に違えながらおんなじことばっか書いてる気がしますが、「期待とか予想を超えてやってくるいいリターン」に対しては、ものすごく嬉しさも倍増なわけで。。。

ということで、会社で配ってみましたが、、、めずらしく皆様より喜びと感謝の声をたくさん頂きました。「こんなまともなんもらったのはじめてやー」などと言われてしまいましたけど、よく考えたら二週間くらい前に「東ハト オールパイン」を配ったときおいしいとかいってただろてめぇ、、、なんて心の叫びは封印して、。

まあジンギスカンキャラメルとか塩ラーメンキャラメルとかを嬉々とした表情で配布してたのがよほどツボだったのか。たまには善行もありなのかもしれませんね。
コメント (2)

フレーバー炭酸対けつ

2006-06-22 07:57:36 | food

さきの青ドンパッチと一緒にソニプラで購入したのが、「ブラックチェリーバニラコーラ」です。「ブラックチェリー」で「バニラ」なコカコーラ。実は何よりも好きなジュースってのがチェリーコーラなkeihさんだったりしますが、ソニプラくらいでしか変えないのがちとさびしい。で、今回はチェリーが黒くてバニラ入り。。。どんな味なんでしょう。





コップに移して飲みにかかります。まずはマイフェイバリットなチェリーコーラの味がしますが、、、後から追っかけてくるあのバニラの甘みと香り。ああ、液体でバニラエッセンススメルが入ったものを摂取するのは、どうにも困難が伴う行為。アイスなら普通にオッケーなのにさ。せっかくのチェリーコークなのに。バニラスメルが追っかけてきやがる。なんとかしてくれ。

そう、あれは三年前の夏でしょうか、日本でもバニラコカコーラが発売されて、、、大惨敗したのは。バニラフレーバーってアメリカではいい感じなんでしょうけど、いかんせん日本では、、、フレーバー入ったコーラが成功したのってせいぜいペプシツイストくらいではないんでしょうか。シトラも正直微妙ですしね。

そして、もう一個買ったのが、「チェリーバニラドクターペッパー」になります。またチェリー、またバニラ、なわけです。しかもドクターペッパー。よくもまあってのが一般的な人々の所感ではないでしょうか。





こっちのほうですが、、、バニラ臭が薄い、ですね。チェリードクペですねまんま。しかもチェリーフレーバーの影響で、ドクペ独特の味わいも弱めになってて、ドクターペッパーながらバニラフレーバーながら意外にいただける味わいになってしまってますぜこれは。

当初予想では、コーラのほうがいいかと思いましたが、思いのほかドクペがよろしかったです。また買っていいかも。

コメント   トラックバック (1)

ドンパッチリバイブ

2006-06-20 20:25:30 | food

とあるきっかけで京橋のソニプラに立ち寄ることになった火曜日。ミント系の何かでも探そうかと物色してたら目に入ったのが、、、。





青ドンパッチ!!!

まあ弾けるキャンディってやつですね。POPROCKって名前ですが、まあこの性質の物品はすべからくドンパッチてな呼称にしてしまいがちです。でも、冷静に考えると、「ドンパチ」ってネーミングも、、、ねえ。で、いっこ180円とかいって輸入モノとはいえドンパッチの倍のお値段。まあ青さに惹かれての購入、、、ってことはないはずですよ。きっと。「TASTE THE EXPLOSION」とか書いてありますんで、相当なパチパチっぷりなんでしょうね。ちなみに裏側はこんな感じですよ。さっそくあけましょう。





でも青い。すごいスカイブルーですよこれはと、ウキウキモードでひとつかみを舌の上へ。。。

唾液とともにバチバチ、、、しますがあのドンパッチのように暴力的なまでのはじけっぷりではなくいささかマイルド。それなりには暴れられていますが、あくまでそれなり。会社の机でひとりドンパッチごっこ。なんだか。

とはいうものの、まあまあ楽しめました。マンネリな残業のお供にいいかもしれませんよ。
コメント (2)

シーズン開幕の足音がこつこつと

2006-06-19 07:50:38 | Trainning

土曜に神戸から帰るころには降雨も本格化。バイクで走るつもりだったのに、、、とプールに行って泳ぎだしたら左肩に痛みを感じるわ、じゃあ水中歩行だと方向転換しようものなら右膝が痛み出すとまさに踏んだり蹴ったり。仕方なく家帰ってこの日買ったDSのマリオカートなんかをやってましたよ。SFCマリオサーキットで54'4くらい、、、もうゲームはだめだね年齢的に。

そんなだったのに日曜日は一転好天へ。クール便待ってたらトレ開始1時回っちゃったよ。。。まあ炎天下トレって考えればこれも効果あるんでしょうね。


6/18 バイク52km 106'37 HR/AVR142 1128kcal(28km 56'56 + 24km 49'40)

風も思ったほど強くなかったこともあり、平均30km/hをわずか下回るペースでペダルを回せてきました。もう少し出来そうなところを所用があり途中でやめてしまいましたが、この距離この時間で、そんなに脚に疲れが残ってないことはかすかな自信になりそうなところ、です。しかし、少し追い風なところでケイデンス95の33-34km/hあたりでさらっと走ってましたが、なにを思ったか颯爽と緑色一色のロードのお兄さんにまたも抜かれてしまいましたよ。。。なんなんだよ40km/hって。いちど少しづつギア上げてって40までもっていってみましたが、もう脚的にもバイク的にも無理、でしたね。

さて、この週末にかけて郵便物がどっさり。今年トラ初レースの七尾湾岸から参加お手紙がきたのと、今年断念の日和佐うみがめトライアスロン。そして、9月の伊良湖の参加決定通知書とよりどりみどり。伊良湖は、、、負担心電図結果がいるって。。。しかも月末までに。いや、普通の12誘導の心電図とかなら会社に道具あるし取るだけ取ってお知り合いのお医者さんに持っていくのもできるんですけどね。。。目標レースなんでなんとかしますけどさぁ。


それはともかく、実は心配事としては、オープンウォータースイム片男波3200mまであと二週間しかないのに、左腕がクロールできる状態でないことと、今週は火曜日くらいしか水泳ができそうにないという非常に心の余裕を奪ってしまう状況、ってことでしょうか。技量的に、、、というよりかはなによりもメンタル的なところがすこし気になるなぁ。。。
コメント (2)

豚まん食って以来の神戸へ

2006-06-18 13:00:44 | food

あんまり大きい声で言うのもなんなんですが、会社の褒賞かなにかしりませんが、神戸のほうにつれてかれてなにやらイベントがあったみたいです。どんな形であれお褒めいただくことはありがたいことなんですが、泊まりで神戸ねぇ。。。もう少し遠いところがよかったとか言うと贅沢ですね、ええ。そういや、年末に来て以来でしたよ神戸。ぶたまんおいしかったなあんときゃ。





ホテルから見えるのは、、観覧車ですか。酔っ払うと桜木町あたりと間違えてしまいそうですねこれは。なお、今回またSO902iなんかで撮っているんで、普段ご覧になっている写真とは少し違いがあるかもしれません。まあ一緒といえば一緒なんですけど。

いろんな式典やらなんやら終わってホテルを出たのはすでに10時を回ってしまってて、、、うーん三宮とか東門とかはっきり言ってなにもわかりません。同行してるのが福岡のやつなんでこっちが下調べを、、、ええなんにもしてませんでした。





いろんな店があって興味深々だったんですが、うろうろしているとあっちゅうまに過ぎてしまう時間。そもそも飯も十分食ってたということもあって、ビールと餃子のお店に突入しました。メニューなんかみても餃子のみ。男らしさ満点。

ビールでも飲みながら今日の情報交換のまとめなど。とりあえず、関東方面転勤の壁がどこにあるのかが判明しただけでも、この日の大きな収穫といえるかな。どうやらこれまでアピールすべき人を見誤ってたみたいだがそれはいいや。早く餃子来ないかな。





まず先にやってきたのが、水餃子二人前。つるつるもちもちな皮がうどんのように喉を通っていきますよ。これくらいの食感がナイスだね。ついつい餃子って焼きのほうを食べる機会が非常に多いんですけど、水餃子も油がいささか少なめという贖罪に、、、はならんな。まあうまいからいいじゃん。





焼きのほうもやってまいりました。なんか水玉模様みたいな焼き色なのはなんかのテクでしょうか。程よくニンニクが利いてていいですよこれも。ただ、焼き方が、、、これは好みもありますし、ねぇ。少しだけ心持水が多かったかも。





神戸に来たんで、味噌ダレにつけて食べてみました。決して豆板醤に直づけではありませんのでそのあたりはご理解の程を。まあ味噌ダレも味が薄めで餃子の味を殺さない程度のものだったんですが、同伴者も私もあんまりこの食べ方は好みではなかったんで、彼は酢醤油でワタクシはそのまま食べてしまってました。

そしてホテル帰って翌日へ。また朝食バイキングでしぬほど食ってたとかは、、、いいや。それにしてもホテルのバイキングってついつい食べ過ぎてしまいますねorz...
コメント

脂摂取の旅へいくべし

2006-06-17 15:47:02 | food

これは木曜日の件。

午後十時を回ってまだ珍しく仕事というかくだらぬデスクワークしていたkeihさんでしたが、とうとう耐え切れなくなってしまい、会長さんと一緒に会社の近くにある、「今橋ホルモン」へと突入してきました。まあ、10時くらいほんとはなんてことないんでしょうけど、おんなじ報告事項を三つも四つも種類かえてやってそれで時間くうのがいやなだけでして、、、。

前回は、メニューを上から下まで全てなんて注文しちまいましたが、今回はおとなしくレバーのたたきからスタートとなってしてしまいました。





こんな感じ、といいながらこれでも画像補正したんですけど。。。暗めで雰囲気のいいお店なんでどうしてもこんななっちまいます。おっさん二人で行くのに雰囲気もくそもありませんが。そうそう、このレバタタキなんですが、もともとレバ刺しに使うものをこうして炙ってたたきにしているものなんで、うまくないわけがありません。もうビール二杯目だよ。





やはりミノサンドがないとだめですね。前回同様脂の塊。どうせすごい雨だしトレはしかたないやと脂身の摂取にはげみ続けます。いや、ビールとこれ三本とかでかるく飲んで帰るのもありでしょうずばり。アブラミばんざい。





前回注文し損ねた心臓、ハツですね。食べ終わってから看板にハツのイルミがあると気づいてしまったんでねぇあのときは。ふだん肉焼くときはハツってほとんど頼まないんですけど、、、みなおしましたよこれは。ナイスですねほんとに。





あとで思い出したかのように、ユッケなんて頼んでしまいました。カウンタ越しにマスターが肉の塊を短冊調に丁寧に切っていく様子を見守る我々二人。この塊のピンクっぷりはなにげに心に残りました。それもそのはずで、なんと肉の調子によってはユッケやらない日とかもあるくらい、このメニューにはこだわりを持っていらっしゃる様子。ええ、当然ビールが止まらない出来でございましたよ。。


最後は前回同様、ホルモン茶漬けにて終了。いやあ、最初にミノサンド摂取しとけばそんなにたくさん食べなくても満腹感は出てくるのがまたいいですよね。この日営業中に革靴の底がが破れてしまってて右足水びだしだった悪夢がどこかへ飛んでいってしまいました。気軽に行ける名店っていいですよね、ほんと。実はまだまだこの店周知が薄いみたいでけっこう空いててラッキーだったりしてマスター一人でもいいんですけど、有名になったら、なってしまって気軽に行けなくなるのも、、、これまた寂しいしなぁ。。。いいお店なんで知名度は上がってほしいけど。。

コメント (4)

肥後橋南蛮亭で辛くないカレーを

2006-06-16 00:23:47 | food

大阪屈指の辛いカレーを出す店、南蛮亭。土佐堀あたりでお昼前にお仕事終ったんで、噂の週替わりカレーなんかをいただきに行ってきました。店自体は既に二度もブログに書いているので(そのいちそのに)あれですが、まあ唐辛子たくさん入ってて暴力的な辛さのカレーを昼に出す店、です。夜の焼き鳥もなかなかの水準だったりするんですけどね。





今回は、この「ラムカレー 中辛」を注文しました。隣に写っているばくだんおにぎりあたりも果てしなくおいしそうに感じてしまいますがな。あと、鶏丼とかも、、、いつも迷うんだよねこの店。





注文して速攻やってきますよラムカレー。通常の南蛮亭のカレーとは違ったスメル
が。草っぽいと言うか、いろいろと香草使ってますし、レンズ豆?が入ってたりといつものカレーとは全く違う感じですよ。玉ねぎいっぱい使ってそうな感じはいつも通り。そして、ラム肉、、、というよりかは煮込んでこれだけ肉の匂いが残っているんで一瞬マトンかと思ったよ。個人的にはマトンのほうが好きなんで一向に構いませんが。





温泉卵なんかトピでつけちゃいました。

あ、そうそう、肝心の辛さですが、食べ終わるくらいにうっすら汗かいちゃうくらいで外に出てから咽喉部に辛さの残留物をかすかに感じる程度、でして一般的には大辛なんでしょうけど。まあ、南蛮亭のカレーとしては全く辛くない、といってもさしつかえないレベル。ただ、辛さの後遺症が少なく、また胃にもたれないのと合わせて、日常的においしく食べられる類のカレー、ですね。

週代わりなだけあって、、、来週も再来週もいってみようかな。。。なんかカレクックだなおれ。。。
コメント (2)

走れるところまで走ってしまえ

2006-06-14 22:59:22 | Trainning

6/9 金 ラン8km 41'07 HR/AVR156 518kcal (21'24 + 19'42)

夜明けすぐに東京行くんで、かるく走っとこうといつものコースをスタートするとさっそく一人オーバーテイク。足音が止まらない、、、ちぎるか、というわけで急遽ペース走に。久々に走りながらハアハアと息が切れるペースで走っちゃったよもうばてばて。調整のつもりだったのに。こんな心拍数だとまた尿酸値とか増えそうでやだな。翌日休みならなんだっていいけど、六時半起きだったからな。。。まあ飛行機にも間に合ったからよかったんだけどさ。


6/12 月 バイク28km 61'50 HR/AVR122 509kcal

心拍数の数字通り、心肺強度はゆるゆる。週末飲んだくれてフラフラで帰ってきてのバイクなんで、とにかくペダル回すことそのものが目的、なエクササイズ。これくらいでも筋肉痛が翌日にキャリーオーバーするのが、、、。終わった直後ランやりたいのはヤマヤマでしたが、さすがにそれは無理目な感じ。週末晴れてくれたらバイク→ランと続けてやろう。って雨かちきしょう。。。


6/13 火 アウトバックで咀嚼筋トレ たぶん2000kcalくらい

肉焼いてた、じゃなくて焼いた肉食ってました。噛みすぎて嚼みすぎてもう最後のほうは意識がいささか朦朧としてしまいました。ということで休養日でしたよ。さすがに340gのステーキは重いね。


6/14 水 スイム3300m

アップ200m+3000m+ダウン100m。ええ、水泳再開2年超ではじめて3000mぶっ続けで泳ぎました。といっても所詮100mあたり1'45~50という緩めのペースでしかも25mプールなんで、まあ本番3200m海水泳の厳しさに比べると全然でしょう。まあ3000m続けて泳いだ、ということが主目的なところで、本番までにもう二回、、、今日みたいにプールが空いている事がそうあるとは思えないんで、少なくとも一回はこの3000mぶっ続けは行いたいところですね。しかしながら、このペースでも2800mあたりで右腕がいっぱいいっぱい。腕のスタミナ、という意味ではまだまだ不安かな。



六月はここまで9/14とホノルル前の去年三月以来のハイペース、、、ってことはないか。身体の疲労はともかく、夜一人で落ちついて考えるような行為を全くやってないな。部屋も散らかり放題だし。ここんとこ自炊増えて台所の手入れはやるようになったけど。。。まああしたもがんばろう。
コメント (3)

大岡山へまた辛い麺を求めて

2006-06-13 22:47:13 | food

この週末また東京方面に行ってまいりました。サークルの同期の女の子の結婚式に出るため、です。二次会だけなんですけどね。まあ、こういうのに出るためにはやはりマイレージ貯めとく行為はいいですよね。それにしても、いっこしたの代の女の子7人が全員結婚してたのには少しばかり驚きました。まあもう28・9ですから不思議ではないんですけど、うーん。こういうイベントのたびの上京は、、、いい加減東京に返してください。

で、土曜日に行ってきたのは、大岡山にある四川屋台。一年ほど前にブログにも書いてるみたいなんでよかったらどうぞ。ほんとにいろんなラーメン屋が東京にはあって悩ましい限りですが、やはり足が向かうのは心のふるさとへ。様子変わらない店内見ると来てよかったな感が。





注文したのはパイコーメン中辛。この豚肉唐揚げがうまいんだよね。大辛に何故しないんだと問い詰められそうですが、最近辛さに弱いんでねぇもう。日和ったかな。ちなみに大辛二倍なんて殺人メニューもあるみたいですが、平和に生きたいワタシは聞かなかったことにしときます。誰か行って是非火を吐いてくださいな。そして、となりの東工大生の真似をして、チーマージャン多めにしてみました。胡麻の味がさらに強くなるんだとか。無料トピは嬉しいな。





お昼に行くとセットでライスと角煮(orアンニン豆腐)がつくんですね。ちょっと前までは餃子だったんですけど。うーん、この角煮も八角利きまくりでいいな。ただの担々麺屋ってのはやっぱもったいないよ。





やってきましたよパイコー野郎。これですよこれ。味のほうは例によって妥協なき大陸テイスト。蒸す日にはやはりこういう香辛料バリバリの暴力的に辛い麺を、、、ね。ダラダラ流れる汗と、鼻孔を貫くパクチースメル。旨味調味料に頼らない味付けは何回来てもまた足運んじゃいますね。大岡山住んでたときにもっと行っときゃあよかったよ。。今と違って、大岡山から三田も日吉も直通じゃない時代にこんな他大学の麓に住むのもいかがなきもしますが。

食後に大岡山ぐるっと回って昔住んでた部屋とかまで歩いたりしてみましたが、当時と比べて確実に活気大幅アップな駅前商店街にかるく嫉妬したり。あの時は古き良きというか、やや廃れかかり気味な通りだったのにね。駅前に東工大あるのに駅上にあるTSUTAYAが閉店なのはなんかあったのかなそれにしても。

大辛はともかく、冷やしとかつけ麺とか頼みたいメニューがたくさん。ここ以外にも行きたいお店たくさんなのに悩ましいな。。。大岡山の駅改札でて左側というか、東工大の校門のそばなんで近所にお住まいの方は是非どうぞ。
コメント

赤色に染まってみよう

2006-06-09 21:22:22 | food

二年位前に、発売されるや否や一部のマニアを魅力しまくってそしてつむじ風のように駆け抜けていったポイズンドリンク、ペプシブルー。その後継があるらしいときいて早速コンビニへ行きましたよ。また会社でこいつとか言わないでね。いや家って赤色灯なんで色ヘンになっちゃうんで。。。ということで、例によって会社で激写。ペプシレッドなんだって。ブルーの後はレッドということで、ペプシのトレードマークの色使ってんだね。じゃあ次は間にある白、、、ええ、タブクリアの再来を心から楽しみにしてますよ。みんな忘れてるんだろうな、あの白いコーラ。





すくなくとも節食しているかなんかな人間が飲む飲み物ではないですよね、ええ。味は、、、コーラとかケミカルなものにそういうことを評するのはあれですが、まあ軽くフレーバーが入ったコーラ、みたいな。若干後味もスパイシー。えーと、ドクターペッパーとかチェリーコークが好きな人間には決して悪くない味ですよ。色的にはチェリオとかでありがちなやつだったりしますが、やはり二年前の青色バリバリには到底及びませんね。ああ、写真がないのが至極ざんねんだもう。

ついつい話を振ってしまうペプシブルーなんですが、むかし会社で飲んでたとき異様に注目を浴びた記憶がありますよええ。飲み終わった後の舌への青色の移り具合はかなりガチでしたよもう。あの青さをだすには、、、ああ、いいアイテムがありましたよ。。。気が向いたら作ってみますよ、えせペプシブルー。なんせ使い道が全くないんですよあの青いやつ。

乞うお楽しみに、、、ってだれも楽しみにしてなさそうなんでやめとこう。
コメント (3)