怪食一家 支店

食い散らかして経験値を上げていきます。
トライアスロン・マラソンを通じた肉の引き締めも同時並行します。

河口湖マラソン ピクチャー編

2006-11-30 07:15:51 | Un dou kai

今回はレース関係やそれ前後でいろいろと写真がとれたりしたんで、いくつか解説なんかを。





スタートから5kmに向かうあたりでは、ちょうど富士山に向かって走るのようなだらだらとした登りのコース取り。朝焼けの赤富士、とはいきませんでしたが、そびえ立つ富士がこれからのやってくる難関をうしろから見守ってくれている、そうゆう感じ。河口湖ならではという景色ではないでしょうか。前述の通り、寒さは尋常ないんでしょうけど。





応援キャラ、ということでメロン記念日の方々がスタートや沿道て声援を送ってられてました。握手を求める輩もいれば、「ああ、モー娘。ですか」などと失礼なことを口走る人もいたようないなかったような話を聞きます。

話が少しずれますが、この大会、残りキロ表示のところで色々メッセージが書いてあります。うろ覚えで恐縮ですが、

「ライオンに追われるウサギは肉離れを起こしますか?」(フル残り10km?かな)
「自分に負けたらそこでレースは終わる」(残り5kmだっけ)
「あとちょっと3km。ちょっとちょっと。」

最後のはともかく、として読んで気分転換が図れるもの、でしたが、残り1kmでは、

「来年も河口湖で会いましょう。This is 運命!!

思わず歌ってしまおうかと思いましたよ。3・2・1・カモーンあーいしてーまーすかーとか。って腹痛くてそれどころではなかったのですが。でも、このフレーズが沿道にいたメロン記念日の歌の名前だって知ってた人はどれだけいたのかは、、、何も言わないでおこうっと。おれもこの歌しか知らなかったし。





お決まりのゴール後のとん汁。ほっとするひと時、ですね。篠山のときはしし汁がレース中に出てしまうという展開でしたそういや。味濃い目ですが汗かきまくりのレース後にはもってこいでな一品。


***

というところで、ゴール後のお楽しみ編へと移ります。
コメント (3)

河口湖マラソン レース編

2006-11-28 07:11:24 | Un dou kai

五時半起床はよくある話ですが、、、寒い。ダウンジャケット必須ですねこれは。ふにゃ。いったい何℃なのかはわかりませんが、吐く息の白さだけはガチだ。

六時にチェックアウトと同時に河口湖駅までバス送迎。ありがたいなぁ。会場まで徒歩10分。歩を進めるごとに夜が白くなっていく感じ。ドーンですね、ドーン。しかし、六時過ぎとは思えないくらい車多いなぁ。当日参加なら、、、四時起きかぁ。何とかしないといけない視力矯正の絡みもあるんで、暗い中の進軍はやっぱねぇ。。。眼鏡くらいとっととかけとけって話ですが。

会場入りしてぼぉぉっとしてるうちに、徐々に人の数とウォーミングアップして走る方々が増えてきます。そして感化されて、ダウンジャケットとジーンズを脱いで、臨戦体制に!!!って寒い。いつ雪舞い始めてもおかしくないよこの寒さ。プルプル震えながらも、心拍数だけは100上回るようには心がけてとにかく体だけは小刻みにでも動かすとして、。





で、スタート近いんで列になって並べという指示が。

並んだところちょうどお隣に、オルカのワンピースを着た男性が。こんなところでトライアスロンスーツ着てるって、、、もちろんそのスジのひとだ。スタートまでしばし談笑。今年伊良湖抽選で落選したんだとか。出ててもあの酷暑だったのですが。もっと詳しく話とかしたい人でしたが、ゴール後の再会は人多いんで実際ムリ、ってのが非常にざんねん。今年珠洲行った話とか聞きたかったなぁ。

やっとヨーイドンでスタート、実際のとこゲート通過まで7分か。参加者一万人で、フル→一周→ファンランの順に同時スタートなわけでして、まあ進みませんよね。フルの具合わからないってこともありましたが、五千人いってない篠山のほうがコミコミだった気が、、、。
そのゲート右斜め前少し行ったとこに仮設トイレが10棟。運営GJ!!!と叫びたくなる感じ。いやだって、いくら事前に用を足し終わったところで、あんな寒風の中10分も15分も座ってれば尿意もすぐ復活するよ。ただでさえ前日から水分は多目にとってるんだしね。


0-5km 28'31 HR/AVR155

出だしで寄り道とかしてたりしてましたが、のんびりなスタート、というかそうせざるを得ないくらいの混雑。フルなら大いにアリ、ハーフならちょっと待てな今回はいささかどっちつかずな状況。すぐそばに招待選手の武田幸三さんとか併走してましたが、さすがは格闘家というべき上半身の肉付き。カミソリみたいな視線でしたよ。ってゆっくり走られたんで置いていっちまいましたが。


5-10km 26'58 HR/AVR165

まだまだペースは上がらないというか、人捌けないあるよ。この辺でフルマラソン五時間ペースランナーを抜きましたが、さすがに距離とか違うなかではこのペースではまかないきれないわけで、、、。フルマラソンペースで走るのももたいがいにしないとね。ペースアップペースアップ。


10-15km 27'27 HR/AVR169

河口湖大橋を越えてそろそろフルスロットル、なとこで、、、あぁきちゃったよ。下痢気味の腹痛さんが。なにが悪いかって、前の晩のディナーでこともあろうに、本場四川麻婆豆腐とかハフハフいいながら激辛麻婆食ってたのがかなり裏目にでちまったみたい。ばかだなぁ。苦しい。


15-20km 28'04 HR/AVR170

腹痛に加えて左の大腿筋が騒ぎだしました。このペースでこの筋肉痛具合では話になんないのにさぁ。少しずつ忍耐ともに歩を進めていく展開のはじまりだぎゃぁ。しかし、左手を見ると河口湖越えの富士山麓が、、、美しいね。レース環境のよさは評判通りですね。


20-25km 29'03 HR/AVR170

堪えて耐えてという展開。この心拍数でキロ6分間際って状況が、、、ねぇ。フルマラソンほどではないんでしょうけど、人間力をかなり試されている気がしてなりません。いや、大変なんですよ。下のほう我慢して走るのって。


25-27km 11'54 HR/AVR170

というわけで最終ラップ。なんだかさぁ、結局がまん大会みたいなことになっていってて、きついね正直。まぁ、沿道の皆さまからの声援で幾ばくかは元気になれた気がしましたよ。しかし、なんつーか最後まで気合入れることがないままゴールか。うーん。


ラン27km 2:31'56 HR/AVR164 2167kcal

というわけでゴールです。二時間半超えちゃったけどさ。とりあえず、歩くことなくフィニッシュできたことはいいのかな。時間は朝10時。スタートが早いぶんこんなフィナーレもありなんだろうな。





で、こういう感じで完走証なんて頂きましたが、

順位はまあいいのですが、氷点下リーチな気温ですか。。。そりゃあ寒いよ。ほんとに。激寒期なんて走らないからなぁ。走り出すとどうでもよくなるんですけどね。実際のところは。

コメント (3)

河口湖マラソン 前日観光編

2006-11-27 07:20:38 | Un dou kai

そもそもすごく好きでも得意でもないマラソンとかで前泊はしたくはなかったのですが、7時過ぎまでに受付完了とか道よく知らないとかあったんで、電車+前泊なんぞで行くことにしました。電車は八王子から大月まで中央線でそこから富士急。途中の富士急ハイランドで「ええじゃないか」が目に入りましたが、、、あれは正直ありえないですな。そういうのに耐性強めのkeihさんでも無理ですあんなの。





こんなかんじで河口湖駅。昔の電車とかあって、まにあの皆様にはうれしい仕様。

せっかく前泊なんではように行かねばと思いましたが、行ったところであんまりやることありませんでしたので、メイン会場そばにロープウェイなぞありましたので、煙と何とかは高いところがお好きとの格言通り登ってまいりました。





天上山というそうですが、いやいやすごい絶景。河口湖の向こうのほうまでよく見えます。といいながら、高いとこから真下に向かったピクチャーですが。





そして、後ろを向くと富士の霊峰。今ひとつ中途半端にいい天気だったんであれですが、富士山の壮大さを肌で感じ取れしばらく口ぽかんと眺めてましたよ。寒かったけどさ。





どうやら、カチカチ山となんか関連があるらしく、くだんの童話のあらすじが書いてありましたが、、、いやね、線引いたところですぜアニキ。みましたか、ばばあ汁。なんっすかばばあ汁って。。。しかも、知らずにじじいがばばあ汁食ったとかいって。まあ、イソップに限らず、昔話ってやつは意外に残酷なお話が多かったりしますが、いやー、これ日教組とかPTAさんとかに騒いでほしい題材だなぁ。「なんて冷酷ざますかこれはキィー」とかいって。とはいえ、このうさぎさんのリベンジも

薪に火をつける放火魔ぷれい → 傷口に偽薬を塗って症状悪化させる薬事法違反 → 泥船に乗せて溺れころすあるいみ過失致死

というこれまた残虐超人っぷり。ブロッケンマンをキャメルクラッチ葬してラーメンにして食ったラーメンマン並みだねこれは。

しかし、このボードの周りも、帰りのロープウェイでも話題はまさにばばあ汁一色。いや、みなさん衝撃だったのか、この類の残酷人間が揃いに揃っていたかはわかりかねますけど。

といういつの間にか残虐ブログになっちまったよ。いつしかカニバリズム(wikiにリンク。心臓弱い方はクリックしないようにねはあと。おれも気持ちわるくなったがな)とか肯定しかねないなこの勢いだと。というわけで、





さわやかに、うさぎさんとたぬきさんと仲良くしてしまった30歳の図。

レース前の緊張感なぞ微塵もないね。いいんですけどさ。





いちおうこんな感じで補給種準備完了で、五時半に目覚ましをセットします。まあ全部は使わないんでしょうけど。。。
コメント   トラックバック (1)

河口湖一周の旅 およそ二時間半

2006-11-25 08:54:17 | Un dou kai

とうとう、関東上陸後初めてとなる大会参加、が明日に迫りましたよオロオロ。何故オロオロなのかって言うと、、直近二週間で、


11/19 スイム1200m+水中歩行20min

11/23 ラン5km 27'52 HR/AVR158 361kcal



だけしか体動かしていない状況、です。仕事がどうこうなことや休日もやることだらけだとかもありますが、エネルギーというか意思の弱さとかも起因してたりしています。だめだね。

ただ、救いがあるとしたら、先の11月5日のオリエンテーリングのときに、意思と意識さえあればまだそれなりに体は動くことは動く、という体内貯金がまだ幾ばくか残ってることがわかったことくらい。要は、些細な貯蓄とアドレナリンの分泌に頼る27km、つーことか。それもありかなもう。

今回のレースに臨むにあたって、ベンチマークが4月の芦屋ファンラン(21km)での1時間46分。それが27kmに延長ということで、キロ5分×6kmで生タイムだと2時間16分ですが、、、残スタミナとか考慮しても、あのときの状態ペースを踏襲したとしても実走タイムで2時間20分が精一杯、、、かな。そもそもバテバテだったし芦屋、って考えると、落としどころとしては2時間30分内なら何とか、というところ。現状維持すらちょっとな状況だけに、ね。

作戦があるとするなら、最初の5kmをキロ5.5kmでスタート。残りをキロ5kmペース目標ながら、20キロ通過までは心拍数を175未満心がけて、という多分当日は非常に相反したことになるだろうプランニング。

まあうじうじしてもどうしょうもないので、がんばってきますよ。当日のスタート時平均気温4.7℃、、、orzとからしいのですが。。。
コメント

ラフロイグというモビルスーツもいそうですが、

2006-11-24 07:11:30 | food

別にガンダムの話ではありませんよ。ウィスキーの話です。この辺で、シングルモルト制覇の道なんかやってましたが、その途上で出会った、アイラモルトの代表種であるラフロイグを買ってきました。ちょうど恵比寿に用事があって、帰りの成城石井で出会ったんですかさず購入しちまいました。

以下、wikiを図々しくもコピペ。


全モルト中、最も個性的と呼ばれるモルトである。「消毒薬のようだ」と揶揄されるほどに強烈なスモーキーなピート香は好悪の分かれるところとなる。ラフロイグ蒸溜所がピートを切り出している場所は大量の苔を含んでおり、これが独特の風味を生むと言われている。 (※ピート:泥炭)


まあ非常にストロングなモルトだったりするのですが。ちょっと前ほど、電車移動中にmixi日記にて感想文書いたのですが、


その筋では有名らしいアイラモルト。じつは初体験だったのですが、まぁスメルが尋常じゃない状況。一口、ありえねぇ。こっそり流しに捨てたくなる感じ。なんつっても強い正露丸みたいなケミカル臭。台湾でもすごい臭いの酒飲みましたが、あんな感じで口内から鼻孔に突き抜けるラッパのマークのスメルが堪らなくしんどい。ただ、ふと目を閉じると北海のケルプまみれの海風と空気の匂いが脳裏をよぎり、あたかも荒涼としたスコッティコーストにショートトリップしたような気分に、、、

おっさんしかいない立ち飲み屋ではそんなもんなるわけなく、単にスメルと戦っていただけだよちきしょう




まあそんな感じ。

ボトルで3000円くらいなんで、値段的にありっちゃありなのかな。

早速栓を開けて飲みにいきましょう。





ああ、あの時とおんなじケミカライズされたとしか言いようのない味わい。今日は立ち飲みではなく、おうち飲みなんでゆっくりといけます。確かに、ガブガブ飲める類のものではありませんが、ゆっくりと一口一口飲む分には、、、いやいけますよこれは。慣れたら、、、ヤミツキになる皆様がいらっしゃるのもわかる気がします。えーと、真冬の湘南海岸でサーファーを見ながらボーっとラッパで飲んでみると違う何かが、、、見つからないとは思いますが、なにか望郷の念が浮かびそうな、そんな味わい。

なかなか人間力を要されるドリンクですが、ぜひ一度おためしくだされ。


コメント

イカす烏賊のチョコあたりで一杯

2006-11-23 10:30:15 | food

よそさまのブログで何度か目にしてきた、「いかチョコ」。頂いたからにはやはりトライしてみるしかない、ということで早速ホッピー片手にチャレンジしてみました。





新しいおいしさ、、、か。どう考えてもマッチングしそうにないぞ。さきいかなんぞチョコでコーティングしても。





原材料を見ますが、、、やはりどう見てもいかとチョコだ。何かの間違いだということをいくばくか期待をしてしまいましたが、だめですね。うん。なんか、5袋入りとか書いてありますが、、、。





ほんとだ。まあ、小分けになってるんで、

興味本位で購入
→ちょっと食べてみてだめだこりゃ
→たくさん残っているにもかかわらず破棄処分

という悪のコンボではなく、最後のが、「会社のおねえさま方に配布」とかわるだけですので、まあまあアリかと。

開封だ開封。とっとと食おうぜ。





ああ、チョコといかの匂いが混ざってるよ。。。大丈夫かよ。。。それでも、口に運ぶ以外の選択肢はkeihさんにはそもそもありようがありません。

さきいかの塩っ気が小波のように舌に乗っかってくる、その奥からチョコの甘みが大波となって塩っ気を巻き込むような味。なんでしょう、チョコ自体が少しばかり安っぽい味となっているのが少しばかり残念。いや別に誰もゴディバでコーティングしろとは言いませんが。

って、一生懸命味を評しようなどと思ったりしてますが、、、かたぎのかたにはきっと困難なアイテムではないでしょうか。ええ。けっこうチャレンジングな味ですぞ、これは。まずいとは言いませんが。

コメント (4)

関内ひょうたん お代わり編

2006-11-21 07:16:53 | food

こないだブログに書いたばっかの「関内 ひょうたん」ですがさっそく再訪してしまいました。やっぱ、ここぞと決めたら肉であろうと異性であろうと兎に角連続アタックざますよ。後者のほうはここ7年くらい記憶にありませんが、ってそういうことはおいといて。





カルビ(と白モツ)。昔ながらの焼肉屋っていう味わいのカルビ。そこにテクニカルさはなくても、ビールが止まらない止まらない。クリックしてみると、、、いやへんなページに飛んだりブログランキングに一票、なんて小細工はありませんよ。まあ空腹時とか夜遅くにはクリックしないことをお勧めします。





そして、ハラミ。高けりゃいいってもんじゃないという持論を曲げたくないのがこのハラミ。西中島南方朋苑のハラミにはかなわない、、、かもしれませんが、かなり及第点、というと失礼な物言いですが、この値段でこれなら大満足の出来。いつもながら罪作りな肉だ。





で、なぜかジンギスカンなんかも頼んでしまいました。こんなのもあるんですね。まあマトン臭がする初心者にはいささかきびしめ。台湾とか行って再認識しましたが、羊はかなりありだと思うんですが。。。いっこマウス押してみると焼かれた絵が出てきますが、まあまあこれでは判別は困難ですね。





そして、トリはなんといってもソーセージ。スパッとたて半分包丁ですよ。





これが焼かれて脂がタラタラ流れ出して、、、





稲葉さん見参!!!な流れになってしまいました。いやーなんという反り返りでしょう。でもでもいやなんの何の、ワタシのソー(以下自主規制)。。。

(汗。。。)えーと、炭火の上で焼くソーセージには確実に外れがないですね。こんど魚肉ソーセージで試してみよう。うん。というか、さくら水産さん、試しといてくれませんかねぇ。。。


***

ということで、非常にチャーミングなお店です。若干おやじ臭漂いはしますが、コスト的にも大いにありです。ぜひ関内の駅前へ「芋」片手に荒川さん並みに反らせに行ってみてくらさい。


コメント

カップヌードルって食べたの何年ぶりか

2006-11-20 07:20:43 | food

このへんでいただいたアイテム類のうちさっそく、カップラーメン用アラートなどというアイテムがありましたので、さっそく試してみました。

ああ、正式にはインスタントヌードルタイマーって言うんですね。このためにカップヌードルとか買ってきてしまいましたが、みそ味なんてあるんですね。知りませんでしたよ。個人的にはカレーとか好きなんだよな。

効果とかしくみとかはこのへんとかこのあたりより。とりあえず取り出してみましょう。





まんまコンロだ。コンロの上にお湯を入れたカップめんを置いてみると、3or4分たってみると笛つきやかんみたいにピィィーーーってなるんだとさ。ある一定以上の重さをコンロの上で感じるとカウントダウンが始まり、しかもコンロの火の部分で炎のようにメラメラとしるのだって。なにげにガスボンベ入れるところが電池ってところはニヤリなところ。





ほんとだ、赤いよ赤い。真っ赤だ。程よく待つと、、、、

ピィィーーー

ほんとだ。ふたをはがしてみると、、、





いい具合に完成だ。この大事なところでよりによって手ぶれかいなばか野郎。本番に弱い男、keihさんの本領がまたこんなところで変わらず発揮ぷれい。まぬけだなぁもう。まあ撮りなおすもなにもも一気にヌードルに箸が伸びてしまったのは皆様のご想像の通り、なんですが。

久々のヌードルもいいですが、やはりノーマルかカレーがいいな。うん。昔はチリトマトなんて好きだったりもしましたが。

で、このコンロ。ギャグアイテムとしては心の琴線にギリギリで触れそうで触れなさそうなボーダーラインのところでしたが、、、中に入ってた取扱説明書がかなりツボ、でした。裏面が英語でバイリンバル説明書だったわけですが、そもそも英語表記ということは、輸出を念頭に入れていらっしゃったのかもしれませんが、なんとまあ注目すべきは効果音ですぜ、効果音。アニキ。





。。。。。。まあそういうことで。楽しませていただきましたよ。
コメント (3)

ハバネロで加工品なんかを

2006-11-19 11:13:50 | food

いや、ハバネロ使った料理で、、、とネット検索してたらニンニクのしょうゆ漬けとかピクルスに入れてみれば、というレシピを見つけてしまったんで、ついついまねっこして作ってみました。

まず、ニンニクから。





こんな調子でニンニクの皮むいてハバネロを醤油と一緒に、、、





煮沸消毒した瓶に放り込むだけ。だけだけ。まあレシピも何にもありませんがな。ということで、さっそくもういっこのほうへ。あっさりしすぎ?いや、この状態で三ヶ月とかおいとかないといけないんだって。まあ待つしかありませんね。


そして、ピクルスのほうですが、

・酢:水=2:1
・砂糖と塩
・バジル

これを煮立てたものを、切った胡瓜とニンジンが入る煮沸済み瓶の中に投入。簡単ですね。これでうまく行くのかな。。。





というわけで、冷蔵庫の中で鎮座いたしました。

ピクルスのほうは、翌日から食べられるということでさっそく試食ぷれいしてみました。どきどき。





ああ、砂糖とかはいってるのとバジルとかで甘くいい風味、、、と思ってしまったのが一瞬で世界ががらりと一変。いつものように暴君大暴れ。やりやがったよ。。。唇ヒリヒリ。ああ、きたか、って感じ。

しかしながらも、甘い風味を醸し出したのは間違いなくハバネロであるのもまた事実。初めてで非常に適当に作ったにもかかわらず持参しまくり、じゃなかった自賛の嵐なくらいよくできました。しばらくビールのお供にはことかかねーな。うん。



***

というところで、このハバネロを提供いただいた「れしぴ」さんがとうとう更新停止。。。ということになりました。初めて相互リンクいただいた先ということもあり、非常に思い入れあるブログだっただけに非常にざんねんなところです。こういうところで、いただいたものを調理・紹介することですこしだけでも恩返しできたかな、、、などと勝手ながら思い込んでます。

更新の気力が、、、とブログにありましたが、どこかで気力とかがまた生み出されることを陰ながら祈っています。
コメント (4)

ひょっこりと、ひょうたんへ

2006-11-16 07:26:05 | food

スメルがする店、というか関内界隈をうろちょろしてたらずっと気になってたお店に、ついこないだようやく突撃してまいりました。パートナーは馬車道在住の会社の同期のひと。彼とはこれまで三回飲みにいって、

焼肉
焼き鳥
ジンギスカン

と肉々しい限り。すばらしい。人様とお食事はやっぱこれでないとさ。さて、なんでそのお店がなぜに気になってたかというと、看板にホルモン焼きと書いてあり、かつ炭火かなんかで焼いてるのか、モウモウとした煙があたり一面充満している光景を目にした日には行かないわけにはいきませんがな。





お店の外観というか、電光看板はこんなふうでお名前はひょうたん。時流に乗せてひょこたんとかに名前変えて、、、いや何でもありませぬ。店の中は、、、





U字型のカウンター周囲には20人辺り座れそうなご様子。うーん、スノッブさ皆無。イィーネッと横浜市民らしく見栄切っとこう。横浜に来てまだふた月経過しとりませんが。まったく田舎もんはこれだから。。。





まず、とりあえず白もつ。決して湯葉ではなく、内臓ですよきっと。ミノもそうでしたが、ともに豚のホルモン。これはこれでナンプラーみたいなスメルが鼻孔をチクチク突いてくるナイスな味ではあるのですが、やはり脂身たっぷりなうしくんの臓物とは、、、似て非なる食べ物かなぁ。





でも、関西と違って脂をそぎ落としてしまってて、、、うーん。一方で焼けてくるとぷくっと膨らんだりするのもまたオツなんですけど。





これは、、、ロースですね。一目ぼれしてしまいそうなピンク色。いいですねほんと。で、これは軽く焙っただけで食えとリピートするお店のおねえさん。言われなくてもkeihさんは常に肉はレア焼きざますと主張は、、、疲弊した金曜日夜にそんな元気は皆無でございますがな。





さて、焼いてみると、、、脂の量はそんなに多くはないものの、霜が振りまくりなだけあって、焼く前のどのへんが赤でどのへんが白かがこれでもまだわかる状態。いやー、ロースって基本的に厚切りがフェイバリットなんですが、こういうのもまた別途オツですね。万両とかはクラスでロースの厚さがかわっていましたよねそういや。





そのまま食べてもいいのですが、このキャベツを利用して、、、





このように仕向けてみました。マヨ乗っかってる時点でまあ邪道っちゃー邪道なんですが。ええ、飛び上がるほどおいしかったですよ。これを関内ロールなどと名づけて一人満足していましたよ。





そうそう、焼酎なんかもそれなりのがけっこうあって。芋焼酎ってまあ例の四天王に佐藤の黒あたりが有名でうんたら、みたいな時代にはもう購入が困難になりはじめたこの「国分酒造 芋」。力強い漢字一文字のインパクトに通り、甘い飲み口ながらもドライな後味はやはり私的一番星。ロック一杯600円なら大いにアリ、だ。まだの方は是非ぜひ一度お試しを。





腹も膨れてきたところでのつまみメニウは軟骨。これまた芋に合う合う。もう芋がスルスルと蒸発しまくり。いや、たまりませんねこれ。間違いなく金曜限定ぷれいだね。だってどんどんどんどんアルコール摂取のエスカレーションが止まりませんよまじでさ。このへんになってくると酩酊状態で写真ぶれまくりでまあまあ焼けた軟骨はささっとオミットして、、、。





で、シメは焼きおにぎり。いやー網のうえで焼くおにぎりはこれまたビューティフルな味。バーベキューとかでもやるアレですね。

ということで、keihさんが狙いをつけてスカウティングしてしまってた関内ひょうたん。目論見どおり、というかそれ以上だったかも。なんつっても帰る間際の隣の客がまたいい。この人焼き物の注文なく、レバ刺しと冷奴で焼酎をガンガン。変なの、とおもってたらU字席のカウンターの向こうではおやじが胸倉つかんで喧嘩してて、ママさんにつまみ出されてたよ。。。そして、ママさんと隣の席のおっさんがいわく、「昨日も今日も同じ感じで絡んでますよね」

いったいなんなんだか。。。まあしょっちゅうくることになりそうですね。

コメント (3)

あなたが私にくれたもの~

2006-11-15 07:18:26 | Weblog

いとなつかしジッタリン・ジン。脳内再生してみると、、、チープなポップが流れ始めたよ。実家に帰ったらCDあったはずなんで、今度聴いてみよう。個人的には、バイバイハニーあたりの曲なんかががフェイバリットですがってどんどんと話が遠方へかっ飛んでいってますけど。。





さて、お引越しのお祝いということで、ご友人様から頂き物を賜わりましたよ。

順次、ご紹介の予定ではこざいますが、なんつっても「いかチョコ」。これが私にはまばゆい光をはなってなりません。存在自体は人様のブログで知ってはいたものの、、、すこしばかり時流に乗り遅れてた気がしてたんでなかなかトライせずにはいたのですが、ある種福音でしょうこれは。お前食っとけという

そんなこんなで、イカすチョコレートはまた近いうちに。
コメント

一週間何やってたんだ

2006-11-14 07:27:57 | Trainning

いや、あの久々のオリエンテーリング以来、とにかく大腿筋と足首が痛くて痛くてしょうがなく、仕事が多忙なこともあいまって結果的に一週間トレと名のつくものはお休みという体たらく。何やってんだかさ。。。太腿はともかく、下りをガッーーーと下るとすごく足首にきますね。って昔やってたんだろお前ってのはともかく。

で、土曜日いささかお仕事してしまった結果、振休となった月曜に久々となるロングランをやってみました。ちなみに、通常はLSDと称してチンタラやってたのですが、今回はすこしひねりなぞ入れてみましたがそれはまた。

今日もまたいつもどおり、鶴見川を綱島から上流へとひた走るプラニング。下流に行くとケミカルスメルにやられてしまうのですが、やはり上流のほうがいいのかな。





視線の先には大綱橋。この少し先には塩ラーメンの名店がある模様ですが、これは近いうちに制覇の旅へ。





少し走ると、視界の向こうに横浜プリンスが。この頂上の「トップオブヨコハマ」いったなぁ飲みに。小洒落てようが、飲んだくれには関係ありませんでしたが。実際の横浜の頂点はランドマークタワーなんでしょうけど。





そこから少しばかり走ると、、、きたよきた。日産スタジアム。いやーでかい。もちろん長居も十分でかかったんですけど、なんというか、ワールドカップファイナルやったスタジアムという脳内フィルターがかかっているということもあるんでしょうか。うーん、早いとこサッカー見に行こう。バルサの試合行きたいけどなぁ。。。

底から少し行ったところでちょうど一時間たったんで引き返しに。IKEAの看板とか見えたよ。。。ああ、早いとこ行ってみようっと。もうIKEA渋滞とかあんまりないみたいですしね。

帰りの途中、好天の割に少し寒くなってきたんで、二週間後のレースも視野に入れてペースを上げてみましたが、、、いやー。まずい。しばらく走ったあととはいえバテバテ。どうしよう。27kmいけるかな。。。まあがんばろう。

11/13 月 ラン17km 109'22 HR/AVR139 1128kcal

しかし、ちんたら走ってたらあんまりカロリー減らないね。まあとりあえずは仕事がんばろう。そうそう、来週のバイクで太腿鍛えて事前準備の最後にしよう。
コメント

アジな鯵を味わいに

2006-11-13 10:46:12 | food

会社の近くになんか気になってたオープンカフェ風の建物がありまして、気になって訪問とかしてきましたよ。





いや、これは誰がなんと言おうとkeihさんの中ではオープンカフェ、、、ちがうな。単に戸が開きっぱなしだったらおのれはオープンカフェなぞと呼称するのか、ていうのはおいといて。ええ、すいませんお外に机や椅子なぞありませぬ。で、メニューは色々ありますが、おなかすいてたんで、フルセットをオーダー。鯵の丼に、つみれ汁とアジフライに加えてサラダ。1000円近くになっちまいますが、まあまあフルコースということで。





アジフライは、、揚げ置き。お昼一時過ぎという時間帯のせいかな。あんまりアジの特徴はしない味。でも、これが時間が夜とかでビール片手の時間帯で揚げたてのが出てきたら、、、それはそれですごくナイスなんでしょうけどさ。





つみれ汁は、、、フライとうってかわって鯵味しまくり。いや、これを揚げてフライにしてほしいくらい。ビールにナイスフレンド間違いないところですね。





そしてメインディッシュにチャレンジ。

醤油をかけて食えとな。さっそくレッツトライしてみましょう。

あれ、、、変とはいわないけどなんか鯵がかわった味だ。。。どうやらバターかマヨかその類のタレが鯵に絡まってでてきているご様子。脂たっぷりの鯵に生姜、という味付けを大いに期待してたんですが、そういう意味ではまあ期待外れ。しかしこれはこれでけっこうおいしくいただけるテイスト、ですね。

よくよく考えてみたら、そんな新鮮な鯵一本で年中レギュラーでやれってのもそりゃ無理かな。うん。ちなみにカフェうんたらと表現したのは、お値段が少し高いのと、やけに器がでかいのをあわせてカフェごはんみたいだ、と感じただけでして、、、。まあそういうのはkeihさんとは縁遠いものかな。。。





ちなみにこんな風にもでかい鯵の絵が。うまいのはうまいとは思いますが、、、ここまでリアルに書かなくてもいいのにさ。

コメント (2)

いまむらさん、お元気?

2006-11-10 07:21:07 | food

オリエンテーリング明けでいくら食っても空腹が止まってくれない月曜の夜。たまには夜でも炭水化物を、、、と思い、行ったのが「いまむら」というラーメン屋さん。わたくしからしたらただ会社の近くにあるラーメン屋という位置付けになってしまいますが、世間一般ではそうではないご様子。どう、そうじゃないのかは識者方々に今度聞くとして、。





今日もまた最近お気に入りとなった、野菜つけ麺の中盛りを注文することに。でも1000円超えちゃうんだよね。。。





とか言いながらも、ホッピーなんか参上させてるし。あーあ。にしても、この透明業務用ホッピーは嬉しいね。氷も、、、個人的にはありなぷれいですが、ジュース向けの小さい氷はちょっと、、、ねえ。しかしうまい。心が洗われますねこれは。





やってきましたよ野菜さん。けっこうベジィですねこれも。因みに新技術を駆使してみま、、、ってこれくらいでガタガタ言う必要なぞないんですけどさ。いちおうね。





麺の上にはロースのチャーシューに焦がしネギ。煮玉子入れたいところですが、、、ってホッピー頼むくらいなら煮玉子のいっこやにこくらいケチるなって話ですが。





麺とつけ汁と野菜のコラボレーション発動!ですね。口に残る魚系のスープ、、、かなにかはどうでもよくなってきたや。太麺がするすると食道に向かって一直線。

がっつり食える、こういう食の原点を堪能できるっていいですよね。それなりにオイリーではありますが、後に残るこってりでもないので、すごく劇的に推奨です。おいしいですよ。

ああ、つけ麺ってたら早いとこ新宿の満来に行ってチャーざる食べないと。

コメント (2)

かるく雑感におしらせ

2006-11-07 08:14:52 | mo-blog

リーさんのブログで記述がありましたが、この三連休ってそういや淀川マラソンあったんですね。四年続けて出場していた大会だけあって愛着もありましたが、知らない間に終わってたとは。。。こういう事象いっこで大阪から離れたんだなと実感。うーん。


ところで、

人様のブログで一つの記事に12もエロトラックバック貼られてて大変だなと横目で見ててトレ記録うぷしたら、、、来たよ10分で5個のえろTB。承認制にしてもうっとうしいんで、とりあえずTB受け取りなし設定にしちまいました。

いずれちゃんと戻すかと思います。とはいえ、真面目にTB貼られて来られる方には恐縮ですが、暫くは何卒宜しくです。
コメント (2)