怪食一家 支店

食い散らかして経験値を上げていきます。
トライアスロン・マラソンを通じた肉の引き締めも同時並行します。

フラッシュバック2007 大会編

2007-12-31 09:16:25 | Un dou kai

まごまごしてたらもう年末最終日。食べ物は、、、あまり進捗というか新たな発見はなぁったなぁ。ということで、今年はレース編のまとめで締めさせていただくことに。2006年のまとめはこちらで、2005年はここより。


新宿シティハーフマラソン(2007/1/28 ラン21km 1:47'58)
レース編レース後編総括編
年初めのハーフマラソンながら、終わって振り返ると走るだけのレースでは今年一番のレースだったのかな、という思いです。テレビでやってるマラソン大会みたいに、街中を走る非常に貴重な機会だったんだなという実感。いや新宿の高島屋の隣とか走るくらいだし。

三浦国際マラソン(2007/3/4 ラン21km 1:54'57)
レース編レース後編総括編
すごくいい天気でラッキーという日。ですが、とにかくアップダウンの激しさは事前ヒアリング以上でタイムも疲労もズシンとくる展開。しかしながら丘陵地と海岸線を楽しめる景色は今まで参加してきた大会の中で屈指のロケーション、でしょうか。参加賞が大根(しかも特産の三浦大根ではなくふつうの青首)ってのも印象深いところです。がんばって調理してみたしさ。

湘南国際マラソン(2007/3/18 ラン42.195km 4:17'27)
レース前日編レース前半編レース後半編レース後編
人生二度目のフルマラソン。レースコンディション完璧、というなかでしたが、初挑戦のときと同じく後半大失速で大目標の四時間きりならず、でした。一週前追いきりとか言ってそれなりに準備をして臨めたのですが、振り返ってみると準備不足だったのかなぁ。あらためて読んでみると、あまりの打ちのめされっぷりに、今シーズンのフル挑戦は封印したほうがいいのかなと実感。いずれはリベンジしたいところですけど。

東日本国際親善マラソン(2007/4/22 ラン21km DNS)
不参加きろく
参加賞忘れに伴う不参加。ある意味寝坊より間抜けだ。なにやってんだか。。。

伊豆大島トライアスロン大会(2007/6/9 トライアスロン51.5km 3:06'57)
スタートまで編スイム編バイク編ラン編レース後編総括編
関東圏はじめてのトライアスロン大会参加。全般的に低調といいますか腰とふくらはぎのあまりの痛さに心が折れたレース、でしょうか。サンセットのランはすごくいい景色だっただけに、力出し切りたかったなぁ、という感想。たぶん2008年も参加するでしょうから、是非三時間切ってしまいたいですね。って、、、来年はバイクが伊豆大島一周レースとかになるんだっけな。それならぜひ出ないと。大島自体も結構気に入ったし。

大井川港トライアスロン大会(2007/7/29 トライアスロン51.5km 2:49'12)
レース前編スイム編バイク編ラン編総括編
大荒れの天候でのずぶぬれ泥まみれレースでした。そんな悪天候でも力を出し切れたという思いと、偶然高回転ペダリングを取得できたことが、レースの好リザルトともあいまって非常に充実感が高いレース、でした。次回はいい天候で自己新更新にチャレンジしたいですね。

銚子マリーナトライアスロン大会(2007/9/30 トライアスロン51.5km 3:09'43)
前日編1レース前編スイム編バイク編ラン編総括編
レース前日に深酒してはいけない絶好の教訓を生み出してしまいましたよばか。それ以外にも仕事が停滞気味だったことや台風一歩手前の荒天に、ハードなバイクコースなどがミクスチャーされ全くといっていいほどいい思い出がないことに。お魚の美味しさは素晴らしいものがありましたけどさ。

日産スタジアムサイクルパークフェスティバル(2007/10/6 バイクエンデューロ二時間)
レース前編レース編
初体験の自転車のみの大会。場慣れしてないところで緊張したのか、レース中に腹下しなんかしてしまいました。一週前の銚子の惨劇から中五日とかでしたが、あきらめず最後までペダルを回し続けることができました。基本的には抜かれまくり、でしたがいろんな形態の自転車と競り合ったりするレースはすごく新鮮でしたよ。

横浜マラソン(2007/11/11 ラン21km 1:50'32)
レース前編レース編レース後編総括編
07-08シーズンの嚆矢となるレースでしたが、自己ベストより4分以上も遅い結果に。序盤無駄に力んでしまったことで後半失速したことや、ピットインできないコース設定に加えて、栄養補給のお店で地雷を踏んだことなどなどで、あまりいい思い出がないレースでした。他の人のブログとかでは自己新連発だったことを考えると、相当劣化しちまっていたのかなぁ。うーん。

河口湖マラソン(2007/11/25 ラン27km 2:35'11)
前日編レース編レース後編総括編
横浜で感じた体の劣化をまざまざと思い知らされたレース。前年比+4分だからなぁ。。。たしかに、人さばくのがとても難しく、15kmあたりからどんどん人抜き始め、、、ながら20km過ぎの勝負ところあたりからまたも失速。レースコンディションは良かったのにね。あの人の多さから逆算して、あえて来年はフルに出てみる手も。。。でもそれなら筑波でも良いんだよね。悩ましい。

検見川クロスカントリー大会(2007/12/16 クロカン10km 58'57)
レース前編レース編
昨年も一度参加したクロスカントリー大会。芝生でのランは馬力が要されるところでしたが、天気も空気も最高でアットホームな雰囲気で、10kmと思えないほどの疲労はあったものの、レースを非常にエンジョイできましたよ。レース後は日付変わるまで飲み続けて翌
日ひどい状態となってしまいましたが。


***

という2007年でした。記録面での進捗がない寂しい年でしたが、三浦とか大井川港や検見川とかあたりはすごく満足度が高く、やってよかったなというレースでした。一方、、、まあ参加証は忘れないようにしよう。明けた2008年は、

1月 千葉マリンハーフ
2月 カーフマンジャパン
3月 三浦国際マラソン
4月 (東日本国際親善マラソン)

と年明けからレースが続きますが、それぞれ楽しい記憶が構築できるよう、心身ともにいい状態でスタートラインに並ぶことを心がけていきたいな、と思っています。



このentryをもって、今年最終更新となります。2007年は家族が増えたことで人生ガラッとかわった一年となりました。一方それ以外にけっこう調子悪いこともありましたが、最後にちょっといいことあったからいいや。うん。来年も適当に頑張っていこう。

皆様におきましても、2008年がいい年であることをお祈りいたします。それでは。
コメント

都立大学に都立大学はないそうな

2007-12-29 13:13:43 | food

パクチーまみれのフォーを頂き、あたりを散策して後は都立大学へ。こちらで、0930さんの双子さんお勧めのスペアリブがおいしいお店とやらに行くことに。

スペアリブといっても、食べ放題とかでのアレしか知らないだけに、非常に楽しみというか、肉類といっても、ここ最近は自分で焼く系統のしか縁がなかったなあそういや。つーか、31歳になってからは肉焼きに行ったのも2回というところの、レースでの所属チーム名を食肉同好会なんて名乗っている資格がほんとに皆無な状態がずっとなんだよなぁ。

店名がアメリカンクラブハウスか。ダイニング系か。ハンバーガーとか出てくるお店を想像していただけに、ちょっと予想はずれ。メニューもパスタはあるけどピザはないというなんとも特徴のあるセレクトショップ、な感じでしょうか。うーん。





スタートは最近飲みすぎの感があるスパークリングワインで。今月に入って多分10本は栓飛ばしてるぞきっと。まあ部屋の向こうに飛ばすようなことは最近しないけどさ。しかし、照明の関係で写真がイマイチだ。





前菜にサラダとサーモンなんか。こういうところでついつい炭酸水の消費を早めてしまいがちなkeihさんでございますが、なんというか店の雰囲気もおしゃれ系だけに、たまにはゆっくりちびちびとやってみるのもいいかな。

そしてやってきますよスペアリブが。





今回注文したのが、マスタード味としょうゆ味。他にもガーリックとか味噌とかすこし違うフレーバーもある模様、ですが、どうしてもマスタードな直感がはたらいたこの夜。





直感がストライクゾーンど真ん中に決まったねこれは。カリカリに焼かれた肉に塗られたマスタードソース。プリプリの肉にマスタードの刺激。最高にアルコールに合うねこれは。いやあ、双子のおねえさんがいなけりゃ間違いなく次の炭酸水突入な展開、などと紹介者にしつれいなことをこぼしてしまいそうなとこ。ちなみにもう一つしょうゆ味のほうは、中華風角煮みたいな感じ。焼かれたマスタードとはまた違った味わい、ですが、やはりマスタード味の完成度の高さに比べると一歩譲る感じですね。それくらいマスタードよかった、ということではあるんですが。

このあとペンネやら色々やってきたシメにはアップルパイ。チェリーパイはなかったかそいつはざんねん。確実に欧米かとかほざきそうなところだ。それはそうと、このアップルパイは注文を受けてから焼き始める本格的なものとか。ほほう。





アイス乗ってしかもチョコレートソースまでかかってるよ。甘い物好きな目の前のご姉妹にはたまらないご様子。





フォークとナイフで入刀して食べにいきます。切ったあとの断面図なんて写真にとってみましたが、こんな感じで非常にきたなくなってしまったのでご興味のあるフリークな皆様だけお楽しみください。焼きたてのパイサクサクでさすがなところでございましたが、いかんせんアルコールのほうが、、、いえなんでもございませんよ。


というところでおしまい。個人的にはスペアリブ6本勝負とかでもいけそう。カジュアル、とか書いてありますがそこまで高価でもないのがよろしゅうございます。あ、そうそう、ヴィトンのワインなんてもんがあって、ブランドもん大好きな方々は非常にひかれがちなアイテムもございます。まあおフランスってとこの趣味でしょうかねあの自己シャトー保有とかさ。うちの会社もそうですけど、贈答には結構使えるんですよねあれ。

コメント

おまえに表参道なんてにあわねぇよ

2007-12-26 07:28:51 | food

そうは言いますが、あのkeihさんの無駄に発達しちまった肩に合う服なんてそうそうないというか、あれに合わせるとなると胴長の服しか残らんよ、、というわけで、バーゲン始まったフレンチコネクションに行くために表参道を訪問した三連休初日。とかいっても、お昼を食べずに行ったこともありましたんで、エチカかなんかそんなとこで腹ごしらえを。





微妙にエクスペンシブなんでちょっと苦手なんだよなここ。いつもパンとかごまかしてますが、なんとなくピーンときたんでエビ団子入りフォーなんて頼んでみることに。ついでに、333とかいうビールも調子に乗ってオーダーですよここは。





店員さんの愛想の悪さにかるく血管切れそうになりますが、まああれは一種のツンデレってやつだろうきっと、と自己完結させてとっとと自分の席にもって帰ろうとしますが、、、フォー800円にビール600円と、工夫すれば三日分の昼飯、、、と思うと軽く鬱に。ちきしょうというわけで、カウンターにあったナンプラーと激辛チリソースと唐辛子をありったけ器の中にぶちまけます。まあおちゃれ系のお店なんで辛いと言ってもたいしたことないだろうきっとと軽く鼻で笑って、添付のパクチーも放り込みます。





赤い何かが伺えますが、、、こんなのアクセントだよね。うん。。。

と思いきや、辛い。いやー甘く見てたよ。まじで。0930さんに一口食べさせたらおもいっきし咳き込んでたよ。。。ああ、すこしやりすぎたかな、って甘いのと辛いのとで、あの東南アジアのへんの自己味付けの麺のあれだ。パクチーなんてたくさん入っているせいか妙にあの熱射線下で湿度たっぷりの情景が脳裏によぎりだすような、そんな感じ。





揚げエビ団子とかも入ってますが、そんなのいらないよね。あの辛さとパクチーがあればさ。いや、エビ団子もまたけっこうおいしいんですけど。


***

いい意味で期待を裏切られた表参道、でした。ああいう辛い麺とか食べるとまた、タイとか行きたくなってきたなぁ。あの熱射の下、ソムタムとシンハーにまみれた休暇なんてはてしなくいいなちきしょう。はぁ。

コメント

三連休だからからだをほぐそう

2007-12-25 07:40:31 | Trainning

祭りだ祭りだゴッホさん以外にもいろいろとあった三連休、ですが、とりあえずはトレーニングあたりから。

12/23 ラン14km 93'33 HR/AVR129 792kcal
12/24 ラン8km 52'29 HR/AVR140 510kcal

連休だワーイワーイといいながらも、基本はLSDでまったりとというのが本線。このちんたら走りにはiPodメタボなんかをお供させているんですが、最近のおすすめはエガちゃんラジオあたり。asxストリーミングなんでGetASFStreemとかで落としてCraving Explorerでmp4に変換してとややこしいのですが、まあその価値は十分にありかと思います。ええ。

しかしながら、まあずっとの話ですが膝があんまり調子よくないのが気がかり。そうやって走る量をセーブしているとこのレベルの距離でも筋肉痛が発生してきそうな状況だしなぁ。。。ほんとだったら体をほぐすよりこんな感じで追い込めってほうなんだし。

まあ正月帰省時にガシガシはしろう。うん。

コメント

井崎先生ありがとうございます

2007-12-24 12:36:48 | Weblog

とりあえず年が越せそうです。もう丼崎さんなんて呼びません。

詳細はこちらより。



って昨日ブログ書いとけって話ですが。
コメント

検見川クロスカントリー大会 レース編

2007-12-21 07:20:17 | Un dou kai

今回は一周2.5kmを4周するコース。その中で10mアップが3回に5mアップが1回というところで、10kmで実質140mとかの登り。オリエンテーリングで言うアップ率(アップ率=総距離/総登り)で言うと1.4%というやつでございまして、かの業界ではまっ平らというレベル。とはいっても平坦専用機のkeiさんにはこのレベルでもゼイゼイハァハァ確実なところ。

スタートに並んでストレッチしながららいち氏と談笑していると、パーンと乾いた音が響く冬空。

いちおう時計の時間を見て心の準備も多少してはいましたよ。でもね、スタート前のカウントダウンくらいしようよ。まあ聞いてなかっただけな可能性も濃厚ですけどさ。

そんなわけで、颯爽とスタートする200人とかの集団。サッカー場を左手に芝生をひた走ります。人の捌きであっさりとらいち氏に先を越されますが、どうせついて行っても登りで引き離されるのがオチだ。なんせあっちは現役オリエンティア。登りの専門家みたいなもんだ。

最初の登りに差し掛かったところで、ゼッケン408の女性にオーバーテイクされます。この方は、そう、庭田清美さん。アテネのトライアスロンの代表選手であり、2005-6年とお台場で開催のショートの日本選手権の覇者。

ようは、トライアスロンのやってる日本人の第一人者、なわけで、一瞬で抜き去られたとはいえ個人的にモチベーションが上がる瞬間。いやあ来てよかったよ。しかし、しなやかながらも馬力のある走りはさすがなものでした。

その庭田さんにぶち抜かれた最初の坂を越えたところが1kmの標識。時計を見ると、、、4分ちょっと。

キロ5分の走りがせいぜいいっぱいいっぱいのkeihさんには明らかにオーバーペース。確かに周りのランナーにつられたことも否定はしませんが、心拍もこの4分で180とかまで跳ね上がり。1500m走で力を出し尽くすような呼吸の乱れもあるし、、、きつい。二つ目三つ目の登りを終わったところで8割くらい気持ちが折れかかってしまいました。心の奥底でささやく悪魔。

「このへんで終わったらいいのに。そんな望んできつい目に合うこともないじゃん。」

一方で、冷静なkeihさんが違う耳から囁いてきます。

「登りしんどいならそこだけ歩いて、平地と下りで175あたりで走ればいいのにさ」

そらそうだな。ということで、とりあえずがんばってみよう、と思ったところが2kmの標識。気になるタイムは9'50とか。いや、登る距離は増えてるけどさ、妙にペースダウンしてないかい。ねぇ。といいながらも、まずは一周走りきることが肝要だしさ。

四つ目の坂を終わって、下見したあたりの芝生を通って一周目が終了します。


1周目 13'47 HR/AVR169

昨年のアップダウン激しい宮沢湖よりもいいタイムで60分きって、あわよくばカテゴリー140人いるところで二桁着順ならいうことない。そういうところからしたらまあ悪くないスタートなのか。最後の平地でかなり息は整ってきたし、しんどいながらもこの先も走ることができそうな、そんな気持ちが心に芽生えてきたところで、、、また登り。さきほど決心したとおり、登りは全部歩いたれ、なマインドなだけにとにかく登りが終わったときのメリハリだけははっきりさせよう。ここだけは気をつけることにしてると、確かに登りは抜かれまくり、でしたが、その後の下りや平地でそれなりに追いついてたりできてたんで、まあ作戦的には悪くなかったのかな。


2周目 14'49 HR/AVR175

タイムは落ち、心拍数は上がりましたが、息苦しさとかそういうのはなくなってきて、結構キワキワの有酸素運動、というか普通のレースモードとかそういう感じ。芝生だからか、スピードがいつもほどは出ません。この頃になってくると周りを見る余裕なんか出てきましたが、まあ写真にもあるとおり透き通った空が非常に心地よい展開です。一方で、速攻リタイヤしたいリタイヤしたいとずっと思ってましたが、そんな気持ちも周りの環境よよさで克服ができます。いや、結構辛いんですよ。3周目の終わりとかになると平気で周回遅れとかにされ始めますし。


3周目 15'09 HR/AVR172

ラスト1周、となると周りの人もまばら、になってきます。正直ペースは落ちに落ちまくりますが、のこり一周だしと気持ちに気合を入れなおします。1km通過で4'50、、、やっぱおかしいだろこの通過地点は、と計算しなおす余裕も。相変わらず登りは歩きっぱなしですが、ゴールに向かって走り続けます。そうこうしているうちに今年最後のゴールが近づいてきます。

4周目 15'11 HR/AVR174

そして、

レーストータル 58'57 HR/AVR173 858kcal

という結果でした。なんとか、なんとか60分切れてよかったなというレザルト。写真はそのへんにらいち氏がウィンブレを脱ぎ捨ててたなかに入れてたデジカメでゴール間際の写真を撮ってもらった、ものです。あいかわらず表情きつそうですねははは。

コメント

検見川クロスカントリー大会 レース前編

2007-12-19 07:28:45 | Un dou kai

今年最終レースとなった検見川でのクロカン大会。参加人数が増えたとかで、受付終了が9時といささか早くなっちまいましたが、、、そんなこと言っても横浜から総武横須賀線で一時間足らずというわけで、六時起きで十分OK牧場な感じ。まあ、この先の千葉からさらに一時間半かかる銚子とかと比べるとまあ全然対したこたぁありません。

新検見川駅を出たはいいものの、方向が今ひとつわからん、、、と思ってましたが、まあそれらしきジャージ系の服装した方を探してついていくだけだそんなの。

で、その検見川のクロカン会場は東大の運動場の一部で、サッカー場5面にラグビーに野球にアメフトに、、、とすごい設備。かつて東京オリンピックが開催されたときは近代五種競技の会場だったそうな。

さすが、国立大学。どこぞのkeihさんがでた私立とは雲泥だ。





というわけで入っていきます。

更衣室でお着替えして、オリエン時代の同期のらいち氏と合流。この時点でスタート一時間半前ってのも、、、まあ滅多にできないくらいストレッチできるからいいけどさ。





やることないので、会場方面に向かいますが、まあ運営本部がこんな感じですごくアットホーム。でも、申し込みがパソコンで支払いカード番号入力で完了って。。。文明の利器はすごいねほんと。





ストレッチも10分とかで飽きに飽きたので、コースの下見なんかをしてみることに。下はほぼ前面芝生の上を走りますが、、、芝生って結構パワーいるんだね。前に進むのになんかいつもよりも少しばかり多くの筋肉の力を要するような展開。勝手なイメージですが、ゴルフ場のフェアウェイを突っ走っていくようなそんな感じですが、ここまで視界がオープンなのもなぁ。





こんな坂とか登ってみます。まだペースもゆっくりですが、瞬時に心拍数が150オーバー。しんどいな。





という感じで軽く下見を終えてると、5kmの部が今にもスタートというところ。この時点ではただの傍観者ということでへらへらモード。

彼らのスタートを見ると、次は我々の番。下見でいったん温まった体も、少し冷えてきますが、スタートまで時間が刻一刻と過ぎていく中で、気温が低い中ではありますが、日差しも出てくるという走るのにはベストなコンディションのもと、レースが始まります。
コメント

いまから今年最終レースの検見川クロスカントリーへ

2007-12-16 06:26:55 | Weblog

新宿シティマラソンから始まった2007年ですが、これからの10kmクロカンが最後となります。そうは言っても以前ほどトレができてない状況のため相変わらず前向きにレースに向けない状況が続いてますが、まあがんばってきます。まあレース前ということで一週間やってきたことを振り返ってみますが、しかし、トレ記録なんていつ以来だろう


12/10 月 スイム2000m

長崎への一泊二日ブーメラン明けとあり、終始体がだるい一日。こういう日のスイムはやはり、体をほぐすことが主目的みたいになってきます。何年かぶりに正座してたら、やっぱし予定通りにお経が終わったら立ち上がれなくなったし。

しかし、たかだか40分とかの正座の翌日でも、、、キックしたとき脚にきちゃうんだね。結局100m+400m+500m+500m+500mで一気呵成に45分あたりで終了しましたけど、最後の500とかやっぱクロールの着水のときにバチャバチャいってたなぁ。。

現状週一回の水泳になっちまってますが、これが週二回だと体調維持。三回までいければまあ減量となるんだけど、、、泳ぐだけじゃあね。


12/12 水 ラン5km 29'08

夜ラン、で0930さんも一緒。いなかったとしてもペース上がるかというとそうでもないな、というやはり調整ラン。だったらもっと回数増やさないと、、、と思いつつ実際は走り出すのが億劫になってくる季節だなぁ。

調整だとかいきがってても、実際は河口湖11km77分の0930さんに置いていかれそうになったりと散々。走りながら確認したところでは、キロ6分切るあたりで心拍数140前後、か。まあ昼間に比べて気温が妙に高くて走りやすい、と思ってたら案の定木曜にかけてすごい雨降り。走ってるときじゃなくて良かった。

しかし、一年ぶりくらいにメリノウールシャツをウィンブレ下に着て走ってみましたが、異様に痒かったよ。。。ってどこの敏感肌なんだか。


12/15 土 バイク23km 59'56 HR/AVR134 553kcal

レース前日といいながらも二日酔いでフラフラ。。。革靴変えたことからすごく靴ずれができちまったんで、走るのは、、、な日。水泳とバイクと悩みましたが、二月にカーフマンでることもあるんで久々にバイクを。風が強いのと体調面でかなり緩めなペダリングでしたが、まあレース前日だったし、なところで。


***

という一週間。基本的に強度が弱いトレとなってしまいましたが、疲れを持ってレースに臨むのは、、、ねぇというわけでしたが。

てなわけで、でぶのkeihさんにはあまり得意ではない上り下りが多いクロカンですが、精一杯楽しんでまいりますよ。ええ。

コメント

まあ長崎だったらちゃんぽん屋と呼んでたなきっと

2007-12-15 12:50:35 | food

mixiの綱島コミュでのお勧めレストランなんかで、とにかくお勧め度合いが高い中華料理のお店があるのですが、ついこないだちょっとばかし痛い目にあったとこだったりしますんで、心のリベンジを果たすべく訪問してまいりましたよ。





その名は中華ハナウエ。概観はちょっとみすぼ、、、いえ、気をつけてないとさらっと通り過ぎてしまいそうな極めて普通の中華屋さん、でございます。まあ中華といっても、日本人の皆様の口に合うようアレンジされたほうの中華料理、ですね。





すかさずやってくる野菜炒め(小)。ちゃんと強火で炒めているから炒め物の口ざわりなんかもいい感じですよこれは。作りおき温めなおしなんてものは皆無ですしねって当たり前か。こういう普通の食べ物が普通にクォリティ高いってのがいいですよね。味も濃くないし。





そして餃子。自分で作ってみたりしますがこの域には簡単にたどり着けそうにありません。はぁ。





しかし、この餃子は出てくるまでそんなに時間がかからないのがいいんですよね。よくラーメン屋とか行ってラーメンと餃子とビールなんか頼んだ日には、ラーメンが半分なくなる頃に餃子が出てきてしまうようなことがありがちなんですが。それに、やっぱりビールがうまい。サッポロじゃなくても、、、文句言いませんよ。

そして心のメインディッシュがやってまいります。





肉焼きそば。これを食べにきたんですよこれを。めんのコシのよさに、たくさんの豚バラと野菜に甘めの味付けのあんかけが太麺にベストマッチ。





何度か来店していますが、いつも注文してしまいますので、他の麺類が食べられないという非常に残念な展開が繰り返されてしまいます。坦々麺も山椒が効いててかなりのものだ、と聞いてますがなかなか検証できないでございますよガッデム。





締めに天津丼なんかを軽めに。あんかけが思いっきりかぶっていますが、こちらは酢が効いたあんかけで、さっきの肉焼きそばとはまるで違う味。ローカーボに耐えられなくなって日がたってしまってますが、いやいやこの天津丼もスプーンが止まりませんよほんと。





ほらね。だから痩せないんだよばか。

***

グルナビなんかにのってくるようなおしゃれなお店では決してありませんし、遠方からわざわざ電車に乗ってくるほど、、のお店ではなさそうですが、普通に安価でおいしくいただけるありそうでなかなかない、言ってみたら非常に優れた佳作、なお店ですね。

コメント (2)

銚子電鉄といえばぬれ煎餅ですよね常考

2007-12-13 07:23:10 | food

もう二ヵ月半も前のお話でなんですが、まあおつきあいくださいな。一年寝かせているネタもあったりしますんでなんですが。

10月アタマに行った銚子で、結局写真だけ撮って乗れずしまいとなった銚子電鉄でしたが、マイナー私鉄ながら全国的に名を轟かせたぬれせんべいの件は記憶に新しいところ。なんといっても、経営者が経営資金を横領した結果、鉄道の修繕費が払えず経営ピンチ!になったところ、濡れせんべいを売りまくってなんとか倒産回避、というお話はまあみまさまお聞きになられたこともあったかもしれません。

ということであれば、購入しないわけにはいかないわけで、お留守番をお願いしていた0930さんへのお土産はこのぬれ煎餅を買ってきて賞味、ということになりました。





お外のパッケージはこんなかんじ。





裏返した説明はこんなところ。銚子特産のしょう油を使用とありますので、ヤマサのソイソースを使っているんでしょうきっと。いいスメルだったもんなあれ。原材料面で注目はやはり製造者の銚子電鉄。誰か作ってて、売ってるのがぽっぽやさんというのではなく、そのぽっぽやさんが米炊いてこねてしょう油つけて焼いてるんだもんな。

そもそも鉄道会社がなんでせんべいなのかわかんないけどさ。まあいいや。





取り出してみるとこんな感じでただの煎餅。食べてみると、、、特有のしなっと感に塩っ気の強いしょう油の味。まあkeihさんはしょう油が甘い地域の九州出身なんで余計にそう感じるのかもしれませんが、、、塩分と同時に香ばしさも感じるんでこれはこれでおいしゅうございますが。

上のほうの写真の解説通り、パン焼くトースターで煎餅軽く焼いてみましたが、、、程よく飛んだしっとり感ととも現われるカリカリ感。焼きムラとか正直ありましたが、程度をうまく極めればものすごくビューティフルな味になりそう。というか、焼いたほうが確実に美味しい、、、ってぬれせんはそういう食いもんなんだろうか。今度買ったらもっと実験してみないとね。でも美味しかったですよ。



というところで、軽くフラッシュバックが。

大阪に行った当時、上京時のおみやげに濡れ煎餅買って行ったら、「おうこの湿気た煎餅はなんやイヤガラセかいな」とこわいお兄さん連中に凄まれてガチ涙目だったことをふと思い出したよ。ああ、こわいなぁ大阪の方は。ぬけだせてよかったよほんと。焼肉のよさだけはいまだに未練ありまくりですが。
コメント

そして次週末は今年最終レースへ

2007-12-10 07:32:12 | Weblog

この週末は法要関係で長崎のほうへ帰省というわけで、トレはなし。一泊二日のかるい強行軍ながら、雲仙の小地獄温泉なんかにさくっと行って硫黄まみれになったくらいは楽しんできましたが。まあ長崎らしい食べ物も多少購入していますので、それはまた追ってブログで。といいながら、先の正月にたいそうワンダフルな焼酎を買ってそのまま一年ほったらかし、だったりしてたりもしますが。

で、表題にある今年最終レースの検見川クロスカントリー10km。この日は以前ブログに書いたとおり、なぜか関東圏で一日に三大会のクロスカントリーが同時開催。もうすこし市場調査なんてやって日程ずらしてみたらいいのにさ。。。ってはっきりいって起伏多いのは85kgの肉には思いっきり逆風なんですが、路面が膝に優しいのとアップダウンは馬力がつきそうな実感があって、得意ではないながらも自然と触れ合えたりもして非常に楽しみ、なところです。

しかしまあかようにトレーニングができていないので結果云々はあれですが、今年最後のレースを最後まで走りきって締めくくりとすべく、また明日からちょくちょく体を動かすことにしよう。うん。
コメント

横浜トライアスロン大会2009 が開催予定だとか

2007-12-07 07:17:03 | Un dou kai

こないだの横浜マラソンに、トライアスロンブースが出展されてて、フェルトのバイクなんかありました。そこで神奈川県の協会らしき方から、かねがね噂になってた、横浜開港150周年にあわせた大会詳細を聞くことができました。まあ聞くのは聞くんでいいんでしょうけど、相変わらずブログに書くのはかようにちんたら。がぁ。個人的には横浜開港150年よりも、うちの母校の設立150周年のほうが気になってたのが本音ですが、それがトライアスロンとなっては違う話に。

日時:2009年8月末
会場:山下公園
スイム:横浜港内を750×2
バイク:会場近く(みなとみらい方面へ?)
ラン:会場近く

というとこまで立ち話で情報入手。一般的には、「氷川丸あたりを泳ぐのか」という時点で、違う意味での鉄人ですねとか勘違いされそうなところ。

開催されれば当然ふるって参加というつもりですが、都市型トライアスロン大会へはじめての参加ですごく心からwktkとか、コースがすごくフラットになりそうでラッキーとかよりも、、、制限時間二時間半とかはやめてね。出られないからさ。

ってそのときに横浜にいるのか否かは何の保証もないんだけどさ。いいけど。
コメント

河口湖マラソン2007 総括編

2007-12-06 07:14:42 | Un dou kai

いや、総括しようにも、あんまりないんですよね。。。

なんかネガティブな事象すべて、「ははぁー左様に」みたいな感じでさ。でぶとか遅いとか準備不足とか。自己新更新できず、よりもなによりも前年の轍を踏みまくりで進歩なし、というところがねぇ。

そういう後ろ向きな思想はともかく、あとひと月半くらいにある千葉マリンハーフで自己ベスト目指す、、、のは今のままでは思いあがりとしかいえないんだよなぁ。このままでは。いっそのこと今年みたいに実は距離短かった、みたいなミスでも起こってくれ、、、るわけありませんね。

まあ真面目に、LSDとかトレイルランニングとか、その辺をどこか合宿みたいにやることにしよう。年末は九連休だしさ。

とかいいながら、マメ何箇所もつぶしてて昨日になってようやく走れるようになったんだよな。。。マメはしょうがないけど、こういうのを言い訳にしてまた次にみたいなマインドが心を支配しているのが何よりも悪性腫瘍なんだよな。ああ。

というわけで、総括も何もとにかく前向きにさぼらずがんばろうということだけです。ハイ。
コメント

河口湖マラソン2007 レースおわったあと編

2007-12-03 07:23:27 | food

河口湖一周27kmをヘロヘロでゴール、しましたが、





keihさんがゴールするほんの数分前まで、こんな感じメロン記念日の柴田さんがゴールテープ持ってられたそうで、、、。もすこしがんばればよかったのかちきしょう。ざんねん。

その後、例によって豚汁を頂いたり、、、って会場はまだまだ寒いので、とりあえず宿に戻って、風呂に入って早々に栄養補給を図ることに。





まず最初にやってくるのが心のガソリン。お昼前からビール飲むってのも、、、まあちょっとくらい走ったからいいじゃないですか。





去年と同じく、ゴールを眼下に捕らえられるレストランに座って注文するのは、、、





去年と同じほうとう。今年はなにやら定食を注文してみました。漢字でつい放蕩なんて変換したくなりますが、どうも違う種類のもののようです。ちなみに、起源なんかはこんなものみたいです。とかなんとか言ってますが、レース後なんでうまけりゃなんだっていいんですよもう。





湯気まで撮れちまいましたが、いやいや。ビールもそうですが、胃に染み入るようですぞこれは。最高ですね。

そんなこんなで瓶ビール一本でプチ酔いとなり、河口湖までとことこと歩いて帰ってみると、、、。





あの、一日で20℃とか上昇ってなんなんでしょうか。。。もうすこし、スタート遅ければなぁ、、、ってそれは観光シーズンど真ん中なんでむりなんでしょうけどさ。
コメント