コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、経営やコンサルティングに関し、毎日複数のブログでお役立ち

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本で最初にできた「経営士」資格付与と育成の経営コンサルタント団体

■【今日は何の日】 8月15日 ■ 終戦記念日 昭和の代表的な出来事 ■ 東京富岡八幡祭 江戸っ子の粋

2021-08-15 00:03:00 | 【今日は何の日08月】

【今日は何の日】 8月15日 ■ 終戦記念日 昭和の代表的な出来事 ■ 東京富岡八幡祭 江戸っ子の粋

 一年365日、毎日が何かの日です。

  季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。

  これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

  独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック

今日は何の日インデックス】  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

■ 終戦記念日 昭和の代表的な出来事


 8月15日は「終戦記念日」です。「敗戦記念日」という人もいるそうですが、あまり良い響きではないですね。

 1945年8月14日に日本政府はポツダム宣言を受諾しました。8月15日の正午に、よく知られている玉音放送が流されました。年配者の中にはそれをお聴きになった経験者も多いと思います。私は、まだ乳飲み子で何の記憶もありません。

 1982年4月の閣議決定により「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」となりました。


 日本がアメリカと戦争したことがあることを知らない人がいるという、平和ぼけをしている今日ですが、戦死者は約212万人、空襲などによる民間人の死者も数十万人に及んだほどの犠牲を払ったのです。

 その記憶を思い出したくないと言うことで、君が代(8月12日のブログ)や日の丸を毛嫌いする人もいるほどです。

 


■ 東京富岡八幡祭 江戸っ子の粋


 東京の富岡八幡宮の例祭は8月15日を中心に行われます。

 公式サイトを基にご紹介します。

 俗に「深川八幡祭り」とも呼ばれ、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つに数えられています。

 3年に一度、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれ、53基の町神輿が勢揃いして連合渡御する様は「深川八幡祭り」ならではのものです。

また、富岡八幡宮には元禄時代に豪商として名を馳せた紀伊国屋文左衛門が奉納したとされる総金張りの宮神輿が3基ありました。

しかし関東大震災で惜しくも焼失してしまいましたが、平成3年に、日本―といわれる黄金大神輿が奉納され宮神輿が復活しました。

 しかしながら、その大きさゆえに毎年担ぐことがかなわない為、新たに宮神輿を製作し、二の宮として平成9年の例大祭で華麗に渡御しました。

 深川のお祭りは「ワッショイ、ワッシヨイ」の江戸の伝統的な掛け声と「水掛け祭」の別名通り、沿道の観衆から担ぎ手に清めの水が浴びせられます。

 担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がるのが特徴で、江戸の粋を今に伝えるお祭りとして、多くの人々によって大切に受け継がれています。

 


■ 【今日は何の日】その他

◇ 月遅れ盆

◇ 全国戦没者追悼式

◇ 栃木雲厳寺施餓鬼

◇ 東京富岡八幡祭

◇ 三島大祭

◇ 興善寺施餓鬼会

◇ 奈良春日大社万灯籠

◇ 山鹿燈籠祭

◇ 鳥取しゃんしゃん祭

◇ 円明国師寂

◇ 瑩山(えいざん)寂

(ドアノブ)

趣味・旅行のブログ

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ◆【経営コンサルタントの独り... | トップ | ◆【話材】 昨日08/14のつぶ... »
最新の画像もっと見る