うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 



今回は、代理出産を描いたコメディー「Baby Mama





ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


キャリアウーマンのケイトは今年37歳。旦那も彼氏もいないけど、年齢を考慮して子作り計画をスタートする。しかし、自分が稀な子宮障害のため妊娠は不可能と診断されて、いきなり子作り計画が頓挫。それでも諦めきれないケイトは、代理母のプランに変更。紹介された女性アンジーを代理母に決めて子供を迎える準備をし始めた矢先、アンジーがケイトの元に転がり込んできて...(映画生活より)

     
     もうすぐ40歳には見えないティナ・フェイ

正直言ってあまり期待しないで観に行った作品。
一週間映画館に通っている間に、観るものがなくなって来たので、数合わせの的な理由もあった。

     
     この2人のレッドネック振りがよかった

その期待していない期待を見事に裏切って、とっても面白い作品だった。
先ず、予告編では全く登場していない、スティーヴ・マーティングレッグ・キニア、それにシガーニー・ウィーヴァーという芸達者が脇を固めている。
自分は、映画を観る前は、先入観を避けるためにほとんど作品について調べないので、知っている事といったら映画館で流れる予告編程度なので、これは嬉しい驚きだった。

     
     これは反則の役だ。面白すぎる。

     
     いつもの芸達者振りをみせてくれた

グレッグ・キニアの役柄は、ラブコメに欠かせない、いかにも普通の素敵なお相手だが、スティーヴ・マーティンの役はもう反則に近い。
それでも彼の持ち味がとてもでいて、クスクス笑えるが。
そしてシガーニー・ウィーヴァーは、どうしてこんな役受けるのかというほどの老け役だ。本当に老けてるのか、メークなのか、どちらかというと地に近い気がするが。

     
     化粧もきっちりしてあれだけ老けてみせたのは、特殊メイクか?

主演の清楚で少しお堅いティナ・フェイと南部の田舎娘のエイミー・ポーラーも、いいコントラストだった。

前半は、育ちのいいエリートウーマンの主人公と、南部の田舎娘のドタバタ、中盤で、スティーヴ・マーティン、グレッグ・キニアが絡みだしてラブコメ路線、そして終盤でちょっとだけホロッとさせる。
ほのぼのコメディーの王道を感じさせた。
日本でも是非上映して欲しい作品だ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« まさ君 初公開 1ヵ月振り »
 
コメント
 
 
 
ぜひ日本へ (wakana)
2008-08-28 12:06:21
面白そうです。ぜひ見たいです。
こういう映画、日本で成功しにくいように思いますが、この記事読んだら行きたくなるひとがほかにもいると思います。
 
 
 
wakanaさん、 (かめ)
2008-09-08 21:34:38
コメントありがとうございます。
よかったですよ。日本でも是非公開して欲しいです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。