うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 









オフィシャルサイト


シャーリーズ・セロン主演のスパイ、アクション映画。
モンスター」、「スタンドアップ」で、強烈な女性を演じた彼女は、最近でも「ヤング≒アダルト」での嫌な女、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の坊主、「ワイルド・スピード ICE BREAK」の悪役と、相変わらず役者としての幅を広げている。
共演は、「スプリット」でその演技力の高さをあらためて見せたくれたジェームズ・マカヴォイ。
10 クローバーフィールド・レーン」での監禁犯役のおじさんが怖かった、ジョン・グッドマン。
ハリウッドで、何とか神父とか、なんとか博士役が一番似合うトビー・ジョーンズ。
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」のアマネットがよかったソフィア・ブテラ。

舞台は1989年、壁が崩壊される直前のベルリン。
イギリス秘密情報部MI6の諜報部員のジェームス・ギャスコインがKGMに殺され、彼の持っていたソ連に潜入しているイギリスのスパイのリストが盗まれる。
数日後、MI16で一番の諜報員ロレイン・ブロートンがMI16の上司と、CIA捜査官のエメット・カズフィールドに呼ばれ、ベルリンで奪われたリストの奪還とサッチェルとコードネームで呼ばれるMI16とKGMの二重スパイの暗殺を指令される。
ベルリン空港に到着すると、現地のMI16局長ディビッド・パーシバルから指示を受けたと近寄って来た2人の男の車に乗せられる。
彼らはKGBのエージェントだった。早速、サッチェルがKGB側に情報を流していた。 

シャーリーズ・セロンの切れ切れの格闘シーンが最高。
結構長回しのシーンがあり、かなりトレーニングを積んだと思われる。
「ジョン・ウィック」の共同監督デヴィッド・リーチの作品であるので、キアヌ・リーブスのジョンの女性版と言われるが、ハイヒールやキッチンの小物等、近くにあるものをなんでも武器にしての格闘は、どちらかと言うとジェイソン・ボーンを彷彿させる。
ジェームズ・マカヴォイの役は、KGBの殺し屋、フランスのスパイ、本部から派遣されてきた同僚をも騙しながら、したたかにスパイ世界を生きる汚い男。これが「X-MEN」のプロフェッサーXと同一人物とは思えない、汚れた男をいつもの様に上手く演じていた。彼の演技は「ラストキング・オブ・スコットランド」以来、進化し続けてるようだ。
予告編を見るところアクション作品が前面に出されているが、根本はスパイ映画。
最後には、「こう来たか」と観客を唸らせる捻りが用意されている。
シャーリーズ・セロン作品に外れなし。 



75%



相変わらずきれいなシャーリーズ・セロン、これで42歳


ジェームズ・マカヴォイはいつものように存在感を出して汚れ役を熱演


この人は存在が怖い、ジョン・グッドマン


ハリウッドのミスター博士、教授のトビー・ジョーンズ


エキゾチックなソフィア・ブテラは、アルジェリア系フランス人のダンサーだそうだ


ベルリンで殺されたMI16のエージェントは、ロレインの元恋人




これで胸を殴打されたら痛い


狭い車の中でも大暴れ


格闘シーンは結構な長回し






終盤の格闘後はボロボロ


映画のはじまりは、事件から数日経ったのシーンから


流れるような銃撃シーン







トリビア
シャーリーズ・セロンは、撮影中、歯を二本砕いた

シャーリーズ・セロンには、8人のトレーナーが付いて、アクションのトレーニングをした。また、「ジョン・ウィック:チャプター2」でトレーニング中だったキアヌ・リーヴスとも、一緒にトレーニングをした。


シャーリーズ・セロンのトレーニングシーン


撮影風景


シャーリーズ・セロンの、Tonight Showインタビュー



ブログ王ランキングへ   にほんブログ村へ   ブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










オフィシャルサイト


4億5千万円と超低制作費ながら、アメリカだけでも175億円の興収を上げたスリラー作品。
監督は、コメディアンのジョーダン・ピール。彼の初監督がホラー作品とは。
主演のダニエル・カルーヤは、「最後の追跡」、「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」に出ていたが、ほとんど無名の役者。相手役のアリソン・ウィリアムズは、「ガールズ」というHBOのコメディに出ていたらしいが、僕にははじめましての女優さん。

写真家のクリスは、ガールフレンドのローズと、彼女の両親のところに週末旅行に出かけた。
クリスが、ローズの両親と会うのは初めてで、黒人の自分を見てどう反応されるか多少心配していたが、両親は快く二人を迎えた。
彼女の両親は、父親が脳神経外科医で、母親が精神科医という裕福な医者の家庭だった。
この家では家政婦と庭師に黒人の男女を住み込みで雇っているが、その二人の言動が多少奇妙で、気になったが、ローズの両親は彼をもてなしてくれた。
その夜、ローズが寝た後で、そっとタバコを吸いに外に出たクリスは、庭師のウォルターを見つける。
ウォルターは、クリスに向かって全速力で走って来て、ぶつかる寸前で曲がって走り去っていった。
また、家政婦のジョージナは、二階からクリスを凝視している。
気味が悪くなり、慌てて家に入ると、母親のミッシーと会ってしまう。
彼女と話すうちに、クリスはいつの間にか催眠にかけられ、意識を失っていた。
翌日、クリスは悪夢を見て目覚めの悪い朝を迎えるが、ミッシーにかけられた催眠のせいでタバコを吸いたいと思わなくなっていた。
その日クリスは、留守を頼んでいるロッドという友人に、この家の黒人使用人の様子や、催眠にかけられた事を話した。
ロッドは、インターネットで調べた、その辺りで何人かの黒人が行方不明なっていると話をして来たが、クリスは全く取り合わなかった。
そして、お昼頃からローズの両親が定期的に開いている大きなパーティーがはじまり、大勢のお客が集まって来た。
お客の全てが白人だった。
そして、お客たちは、黒人のクリスに少し異常ともとれる興味を示した。
しばらくしてクリスは、一人ローガンという黒人を見つけたが、やはり彼も様子がおかしい。
ロッドに、ローガンの写真を送ろうと携帯で隠し撮りした時に、うっかりフラッシュを使ってしまった。
そのフラッシュのせいで、ローガンは鼻血を流しながら、「出ていけ」とクリスに迫って来た。
クリスは、気を落ち着ける為、ローズを誘い、人のいない近くの湖に行き、今夜街に帰ると伝える。
同じ時、クリスの両親は、パーティーの客たちにクリスの写真を見せながら、彼を買い取るオークションを行っていた。 

バージニア州シャーロッツビルの事件以降、全米が無知で身勝手な白人優位主義者対それ以外のまともな人達の論争が続く今のアメリカでは、まさにタイムリーな人種差別を主題にした映画。
但し、これはアメリカの奥深くに根付くテーマ。黒人と白人の恋人や妻、ラテン系アメリカ人と白人、カソリックとプロテスタント、アジア系と白人。
こんなに多様化した人種の国アメリカでも、色、人種、宗教の壁はとても大きい。
昔、会社の同僚に親として、子供にこんな子と友達になっちゃダメ、と言うのは間違っていると言ったことがある。
すると、同僚は(白人)、でも黒人と結婚すると、二人だけの問題だけでなく、黒人の家族、親戚が後ろについてくる、と言っていた。

この作品に話しを戻す。とってもよかった。
前半は、必死で黒人差別を取り繕うとする白人たちと、その中に暮らすとても不気味な黒人たちの様子が描かれる。
そして、その白人たちの目的が分かった中盤からは、一気にホラー。
催眠にかけられたクリスが、味わう恐怖。
そして終盤でパトカーの、助けが来たのか、敵が来たのかのドキドキ感。
最初から最後まで、観客を飽きさせないストーリーだった。
主人公のダニエル・カルーヤの演技も最高によかった。上手い役者だ。
イギリス人なのに、全くイギリスのアクセントがなく、アメリカの黒人になり切っている。
そして、彼の目の表情。
前半までは、白人ばかりの中で戸惑う表情。
後半は、催眠と恐怖の表情。特に椅子に縛られ目を見開いて涙を流すシーンは強烈。
アリソン・ウイリアムズの、優しく愛らしい彼女役がハマっているなと思って観ていたら、思わぬ役柄転換があって楽しめた。
知らなかったが、彼女は、アメリカでも有名なジャーナリスト、ブライアン・ウィリアムズの娘だった。
そして、周りを固めた、お父さん役のブラッドリー・ウィットフォード、お母さん役のブラッドリー・ウィットフォードのベテラン陣と、友人のロッドを演じたリル・レル・ハウリーのはじけた演技もよかった。 



99%



表情がとってもチャーミングなダニエル・カルーヤ


上品だけれど差別を嫌う芯の強い彼女だったのだけれど


不気味なほど品のある夫婦




この二人も不気味




口は悪いが友人思いのロッド


クリスは、ローズ家族に歓迎される


母親のミッシーがクリスを催眠療法にかける




パーティーに来ていた唯一の黒人ローガンもロボットのような表情


フラッシュで鼻血を流す


ロットが調べた行方不明記事


クリスを商品にしたオークション


後半は一気にホラー










クリスを助けてくれるのか



アリソン・ウイリアムズのLate Night Showインタビュー


ロッテントマトインタビュー



ブログ王ランキングへ   にほんブログ村へ   ブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )