うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 









ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


主演は、「ソーシャル・ネットワーク」のジャスティン・ティンバーレイク。
共演は、「マンマ・ミーア」のアマンダ・セイフライド、「ダークナイト」のキリアン・マーフィ。
ジャスティン・ティンバーレイクは、頭を丸めて「ソーシャル・ネットワーク」のチャラチャラしたキャラからは、全く違う雰囲気。
アマンダ・セイフライドの大作りな顔立ちと、キリアン・マーフィの能面のような表情のキャラは、いつのもまんま。


今回は坊主頭になったジャスティン・ティンバーレイク


25歳で、人生の残りが表示される


近未来の世界、バイオテクノロジーの発達で25歳以上、歳をとらない事が可能になった。
そのため、人口増加をコントロールする目的で、25歳になると全ての人間の腕にカウンターが現れ、余命1年の時間が刻まれる。
それ以降の時間は、自分で働いてカウンターに貯めていかなければならない。
生活の全ては、お金に代わって時間で営まわれる。
その時間は、人から人に譲渡も出来れば、盗もことも出来る。

富は時間で決められ、時間を持った者が世の中の支配層になり、多くの者はその日の時間を稼ぐために働いている。
そして人口増加を防ぐために、世の中は急激なインフレになって、人にどんどん時間を消費させる貧民世界が出来上がっていた。

その貧困層に住む、ウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は酒場で助けた男から100年もの時間をもらう。
彼は、伝説の大時間持ちで、生きることに疲れたと自ら命を絶った。
そんなウィルも、あと数秒で時間が切れた母親を助けることが出来なかった。
前の日に、彼女から何時間かもらったばかりに。

ウィルは、時間持ちが住む富裕ゾーンに入り、ギャンブルで、さらに時間を増やす。
そして、カジノで知り合ったウェイズ家のパーティで、タイムキーパー捜査官のレオン(キリアン・マーフィ)に時間窃盗の罪で逮捕される。
捜査官の隙を見つけ、その家の娘のシルビア(アマンダ・セイフライド)を拐って、また貧困街に逃げ込む。



これからのスチールはみんな同じに見えるんだけど。その1


その2


その3


前半は、その特殊な設定でかなり引き込まれる。
時間とお金が変わっただけだが、お金と違い、死がデジタルでやってくるので、時間を失う時の恐怖は大きい。

貧困街に戻った途端、シルビアが持っていた膨大な時間も悪党に盗まれ、2人はそれこそ時間との戦いをはじめる。
2人を執拗に追いかけるレオンに、ウィルが撃たれそうになった時、シルビアが発砲して無事逃げ延びる。

2人が逃げてる時に、逆に本部に戻るまでの時間が足りなくなったレオンに時間を与えるシーンがある。
ウィルが、どうしてここまでするのかの動機が希薄。
本来、母親を殺した時間の制度と、その上にあぐらを書いている富裕層、制度をコントロールするタイムキーパーを憎んでいいはずなのに、何故彼が他人に優しくなれるのか、その辺が上手く描ききれていない。
ウィルが逃げるシーンで、時間を持っている人間は走らないと言うのが笑った。
時間があるから急がないわけだ。



ロボットのようで傲慢なシルビアのお父さん


相変わらず表情のないキリアン・マーフィ


シルビアの父親は、娘を助けるために時間を使うことを断った。
それによって、シルビアは完全にウィルの味方になり、父親の時間銀行を次々に襲撃しはじめ、ついに父親の隠し金庫の時間まで盗む計画を立てる。

最初の勢いは、中盤以降続かず、終盤にかけてちょっとダレ気味。
アイデアだけの勢いでは、ダメだったかな。
もっと、ウィルを中心に描いたらよかったのに。
母親を時間に殺されたウィルを丁寧に描けば、もっともっと面白くなったと思うけど。
彼の父親の事も出てくるけど、何か付け足しのようで。
いっぱい詰め込みすぎて、収拾がつかなくなったみたい。

それでも、プロットは面白く、日本ではそれなりに受けると思う。
まあ、観て損はないSF作品で、星は /5

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


今年「ポール」で、「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ」級の笑いを見せてくれたサイモン・ペッグと、「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナー、美しい黒人女優のポーラ・パットンが今回のIMFメンバー。
サイモン・ペッグの露出が多くなった分、ユーモラスなシーンも多くなった気がする。
核兵器でアメリカを狙っている悪役にはミカエル・ニクヴィスト。この人は、何度も見たような悪役顔なのだが、彼の過去の作品は一作も見てなかった。
時代劇で言う、悪代官顔の人だ。



今回の髪型はちょっと...


イーサンとの新しいコンビは、ジェレミー・レナーのウィリアム・ブラント


トム・クルーズより体格のよさそうなポーラ・パットン


「007」でも使えそうな女殺し屋


この人は、いるだけで笑わせる


悪代官


今回も、大迫力のアクションいっぱい。
クレムリンの大爆発、BMWでの大カーチェイスの後、飛んでくる車を避け、ドバイの世界一高いビルを素手でよじ登り、数十メートルしたの大型ファンに向かって飛び降りてファンで粉々になる前の寸止め等々。
但し、どのアクションも過去のシリーズで見たようなシーンばかりで、あんまり目新しさはない。
観ていて、もうアクションを終わりかな?と思ったら、その後にまだまだ出て来るほどで、そのアクションの量と質はすごい。

目新しいと言えば、イーサン・ハントとベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)がクレムリンで行う、大仕掛けな「だるまさんが転んだ」。
それに、ドバイのホテルで敵に仕掛けたトリックは、オリジナルのTVシリーズ「スパイ大作戦」のテイストが出ていてよかった。



シリーズの定番、高層ビルアクション


駐車場も上手くアクションの場に


中盤から出てくる、前作で結婚したイーサン・ハントの奥さんの事件もちょっとした謎ときになっている。
ジェレミー・レナー扮するウィリアム・ブラント諜報員の最後の任務で、助けることの出来なかったイーサンの奥さんの謎が。

トム・クルーズをはじめとした登場人物のキャラ、大掛かりなアクション、そしてストーリーと、期待を裏切らない作品で、星/5 



この人、もしかして「スラムドッグ・ミリオネア」に出ていたみのもんた?


赤がつくと...


トリビア
ウィリアム・ブラントのキャラクターは、トム・クルーズのイーサン・ハントが、将来降板した時のために作られた。

クリス・ペイン、トム・ハーディ、アンソニー・マッキーもブラント役の候補だった。

当初は、JJ エイブラムス監督で2011年5月公開の予定だった。
脚本と、撮影準備が遅れたために、「スーパー8」に取り掛かっていたエイブラムスとのスケジュールが合わなくなり、ブラッド・バードが監督することになった。

トムとヴィング・レイムスだけが、4作通じて登場している俳優。


メイキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




橋下市長、労組に庁舎退去要求…ヤミ専従調査も(読売新聞) - goo ニュース


こういう税金でいい目をみながら、理不尽な要求をしている労組は、どんどん糾弾して欲しい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




桑田、4年ぶり年末ライブ絶“口”調発進!(サンケイスポーツ) - goo ニュース


やっぱりこの人は、年越しライブだね。
アメリカに来ないかな。小さなライブハウスでもいいから。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ロシア各地で「反プーチン」の大規模デモ(読売新聞) - goo ニュース


中東、アメリカ、そしてロシア。
工業先進国日本、政治、世論、国民の自立では、かなりの後進国の日本。
記者クラブ制度は、どちらかというと北朝鮮に近い。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いよいよクリスマスイブ
2011年もカウントダウンに入った。

クリップアートを作ってみた。(絵は借り物だけど)





  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「継続まだ信用できぬ」 八ツ場ダム 歓迎も残るわだかまり(産経新聞) - goo ニュース


もう、民主党の存在意義が全くゼロになったようだ。
何の約束も守られてない。
官僚のいうままに政治が動いてる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




クリスマスまで、あと3日。
街全体がホリデイ気分。
会社に、人が少ない。
いても、仕事をしているようには見えない。
こういう時が、一番仕事のはかどる時。


今日の空は、昼から重い雲が流れて太陽が顔を出しはじめた。
2-3時間の間に、いろいろな空模様を見せてくれた。


From Arizona Sky



From Arizona Sky



From Arizona Sky



  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




数は力…松井知事デビュー戦、維新「単独可決」(読売新聞) - goo ニュース


こうして読んでみると、橋下さんはゴリ押しもやむを得ないとするリーダーシップと、人の意見を真摯に聞くという事のバランスをとっていたようだ。
が、この新しい人は、自分のリーダーシップの実力を試す前に数の力を全面に出している。
ちょっと、危ないかな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ダル交渉権はレンジャーズ…日ハムが入札額受諾(読売新聞) - goo ニュース


レンジャースだと、カクタスリーグで見る機会が出来た。
大リーグで活躍してほしいな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ