うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 









今回も実話。
僕の好きなマーク・ウォールバーグが主演。他にベン・フォスター、エリック・バナ等が共演している。
2005年に起きた、アメリカ海軍特殊部隊SEALSの「レッド・ウィング作戦」で、100人以上のタリバンに追いかけられながら一人生き残った奇跡の戦士の物語。
最初から最後まで、アメリカ兵士にとって救いようのない戦闘シーンの連続で、ずっと手を握り締めてみてた。
そして、山からの落下シーン。360度を山の上からタリバン兵士に囲まれて、どんどん山の下に落ちていく4人。
何度も何度も。
岩や木に激突し、枝が体に刺さり、「ボコッ」って鈍い激突音を伴って、痛いの一言。

何故、暗殺部隊の4人が100人以上のタリバンに追いかけられることになったかが、この映画の大きなテーマ。
作戦を実行する準備をしている4人の前に、突然地元の羊飼い達が現れる。 
彼らは羊飼いたちを捕獲し、対策を練る4人。
民間人の羊飼いを殺すか、保釈するか。4人はしばらく議論をかさね、最後はリーダーのマーフィーが決断をした。「保釈」
生き残った主人公のマーカスも釈放を主張したという。
ここで羊飼いを殺していれば、任務を遂行し、成功の成否はともかく100人のタリバンに死の追跡をされることはなかった。
但し、アメリカに戻ってから、交戦規定違反で刑務所に入れられただろう。
それよりも、彼らの兵士としての誇り、モラルの高さが、この決断をさせたのだろう。

4人は、すぐにタリバンに囲まれ、山の下に落ちていく。
360度の集中射撃で、あちこちに銃弾をうけ、山を転げ落ち、打撲、骨折でボロボロになっていく4人。
電波がないので、助けを呼ぶこともできない。
そんな中、マーフィーは、無線機を持って、電波が通じる崖の上を目指す。
仲間を助けるために、タリバンの格好の的になるのを覚悟で。そして、基地局に連絡を取った直後に打ち殺される。
連絡を受け、SEALSメンバー16人を乗せたヘリが現場に駆け付けるが、待ち伏せしていたタリバンに撃ち落とされて全員死亡。
結局、19人の仲間を亡くし、自身もボロボロで、やっとたどり着いた川で水を飲んでいるマーカスを助けたのは、なんと地元のアフガニスタン人だった。

マーカスは、今でもあの決断について毎日考えるという。
民間人を殺して、刑務所に入っても、今も仲間が生きていてくれるのがいいのか。
どこかの首相が、憲法は解釈の仕方で云々とかいう次元の低い話じゃない。

長くなったけど、もう2つの信じられないエピソード。
マーカスは、治療が終わると2006-2007年にイラクに出兵している。
マーカスを助けた、アフガニスタン人のグーラブは、その後タリバンに家を焼かれたり、親類を殺されたり、彼自身も殺されかけているので、マーカスがアメリカにへの移住を誘うが、アフガニスタンを愛する彼はその誘いを断っている。

映画が終わると、ほとんど観客が立ち上がって拍手をした。 


マーカスのインタビュー





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










大型タンカーがソマリアの海賊に襲われ、フィリップス船長が、小さい救命ボートで4人の海賊に誘拐された実話だ。
超演技派のトム・ハンクス主演、それ以外はほとんど無名の役者さん。
いつも通り、トム・ハンクスは上手い。
仕事に旅立つ空港のシーン、タンカーに乗り込み船内をチェックし乗り組み員との打ち合わせシーン、海賊に襲われた緊張のシーン、すべてが自然。
海賊を前に、こんなに落ち着いていられるかな?、と思ったけど、彼がすると納得してしまう。
圧巻は、救助されて、治療を受けながら、彼が嗚咽するところが、もうすごいの一言。
こういうケースは、人間絶対にこうなるだろうと思った。
オスカーの主演男優賞候補にノミネートされても全くおかしくなかったのに、今回は逃してしまった。

そんなトム・ハンクスを食ってしまうほどの演技を見せたのが、海賊のリーダー役のバーカッド・アブディ。
今はアメリカで役者をしているが、本当にソマリア出身だ。
とにかく表情が怖い。それでいて、不安いっぱいな表情も出ていて、虚勢とやけくそが交互に出てくる。
なんと、彼はオスカーの助演男優賞にノミネートされた。
まず、受賞は出来ないと思うが、ブラッドレイ・クーパー、マイケル・ファスベンダー、ジャレッド・レト、ジョナ・ヒル等と並んで、彼の演技が認められた。
シンデレラボーイと呼ぶにはあまりにも異相だけど。

結果は分かっているけどハラハラドキドキで、海賊に乗っ取られた前半と、海賊に誘拐された後半の、2部作のような構成になっているのも楽しめた。
それにしても、「ローン・サバイバー」でも紹介するが、アメリカ海軍の特殊部隊ってすごい。
そんな特殊部隊に負けない、フィリップス船長勇気に感激。 


トリビア
監督は、リアル感をだすために、トム・ハンクスと海賊たちを撮影の本番まで合せなかった。

最後の治療のシーンの看護師の女性は実際に陸軍の衛生兵。彼女は、陸軍のマニュアル通りに治療をするように指示が出ていたが、ハンクスとのシーンで緊張のあまりNGの連続だった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )










マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クラインの超豪華なお爺さん男優陣に、紅一点のメアリー・スティーンバージェン。
全員アカデミー賞受賞者って...
こんな大御所たちが、B級の匂いがいっぱいだけれど、余裕たっぶりの演技で、クスクス笑わせて、最後はホロっと泣かせてくれる映画。

小学校から幼馴染の4人の男たち。
今は、それぞれの人生を送っているが、60歳を迎えても、連絡を取り合う悪友たち。
マイケル・ダグラスは、仕事で成功し、この年まで独身生活を楽しんでいる。ただ、今付き合っている30歳のガールフレンドとの結婚を決意する。
モーガン・フリーマンは、数年前に心臓発作をおこし、一緒に暮らす息子夫婦に言われるまま、家で静かだが退屈な生活を送っている。
ケヴィン・クラインは、長年連れ添った奥さんと幸せな生活を送るが、この年で浮気願望いっぱいの困ったおじいさん。
ロバート・デ・ニーロは、他の4人とも同級生だったクラス一番の人気者の女性と結婚するが、彼女を亡くし抜け殻のような生活を送っている。

マイケル・ダグラスが結婚を前に、旧友達にベガスでのバチュラー・パーティを持ちかける。
これはアメリカの独身男性が、結婚の数日前に、男たちだけで独身最後のパーティをする習慣で、ベガスは一番人気の場所。
フェニックスからも、友人がよくバチュラー・パーティに出かけていく。

他の2人は快諾するが、デ・ニーロだけがごねる。
実は、彼の奥さんは、マイケル・ダグラスも好意を寄せていたが、最後にデ・ニーロが彼女を射止めた。
それを、根に持ってか、彼女の葬儀にマイケル・ダグラスは来なかった。デ・ニーロが一番来て欲しかった友人なのに。
それでも、何とか他の2人の機転で、渋るデ・ニーロを何とか連れ出す。

ベガスの初日、偶然立ち寄った閑散としたホテルのバーで、ジャズを歌うメアリー・スティーンバージェンに4人とも釘付けになる。
ここから、初老の4人が、若者に負けないハチャメチャなベガスのバチュラー・パーティを展開する。
それと同時に、だんだんとマイケル・ダグラスとデ・ニーロが一人の女性を巡っての、過去と現在の男の友情も明らかになってくる。 


トリビア
当初、ジャック・ニコルソンがキャスティングされていた。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 3 )










これといった大きな前宣伝もなく、地味で、興行的には失敗だった作品だが、役者陣がすごい。
「ファイター」、「バットマン」ののクリスチャン・ベール、本当の殺し屋の父を持ち、強面のギャング役をやらせたらハリウッド一のウッディ・ハレルソン、「プラトーン」をはじめ名脇役のウィレム・デフォー、渋いお爺さんサム・シェパード、「スタートレック」のゾーイ・サルダナ、名優フォレスト・ウィティカー。
この役者陣と「クレイジー・ハート」の監督スコット・クーパー、プロデューサーにディカプリオも入っているのに、ここまで受けなかったとは。
そんなにダメな映画でもなかったが、人間の描き方が少し薄っぺらくて、ちょっとハラハラ感が足りなかったかな。
上映の時期から言って、オスカーを意識した作品なのだが、完全にこけちゃった。
役者の使い方ももったいない、特にフォレスト・ウィティカー、ゾーイ・サルダナ夫婦の役者としての存在感と役柄のギャップが気になった。
それに比べて、すねたケイシー・アフレックの演技はよかった。

ラッセル(クリスチャン・ベール)は、アメリカの田舎町で溶接工として働く。
彼は、恋人のレナ(ゾーイ・サルダナ)と暮らし、豊かではないが幸せな生活を送っている。彼の弟ロドニー(ケイシー・アフレック)は、イラク帰還兵で定職もなくブラブラしているうえ、ギャンブルで借金を負って頭痛の種だ。
ラッセルは、ある晩酒気帯び運転で事故を起こし、相手を死なせて数年の実刑判決を受け刑務所に入る。
ラッセルが、刑期を終えて出所する頃、ロドニーは、金に困るとジョン(ウィレム・デフォー)が取り仕切る裏のファイトクラブでファイターとして戦っていた。
久々に再会した兄弟だが、兄にファイトクラブのことに触れられたロドニーは、家を飛び出してしまう。
また、恋人のレナは警察官のウェズリー(フォレスト・ウィティカー)と結婚して、お腹に赤ちゃんを宿していた。
ロドリーは、全ての借金を返すため、兄に心配をかけないため、最後のファイトとして、大金が動くファーラン(ウッディ・ハレルソン)という凶暴なギャングが仕切るファイトクラブに出向く。
ファーランの指示で、八百長試合をし、本来なら勝てる相手にボロボロになるまで殴られたが、無事報酬を手にする。
しかし、ロドリーの生意気な態度が気に入らなくて、ジョンのシマも乗っ取りたいファーランは、手下たちと二人を待ち伏せして殺害し、山に遺体を捨てる。
警察も迂闊に手が出せないファーランが取り仕切る田舎町に、ラッセルは弟の復讐に一人出かける。  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




僕が、尊敬する龍馬と同じ高知出身。
戦争に行って餓えを体験し、戦争が終わって正義が逆転するのを目のあたりにしたやなせさん。
戦争の正義は、戦争している両国にお互い必ず存在し、勝った国が正義になる。
戦争は、絶対してはいけないもの。
地球はある年齢がくると爆発し、太陽もいつか燃え尽きてしまう、人間なんて宇宙のバイキンみたいなもの。
ジタバタしてもしょうがないけど、人間はなるべく楽に生きたいと、簡単な表現で彼の哲学が語られる。

逆転しない正義は、愛と献身と言い切る。
子供の頃、親の愛情も受けず自殺まで試みる生活を送り、漫画家としても遅咲きで劣等感だらかけの青春。
そんなやなせさんは、絵本500冊、詩集50数冊、画集、エッセイ、数限りなく。

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!

偉大な、アンパンマンを世に出した遅咲きの努力の天才。
いい一冊でした。


From ありぞな読書


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ここのところ、アリゾナでは珍しい空模様が見れるが、そろそろ青空と太陽が欲しい。


From ありぞな Sky


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なにか不思議な曇り空。


From ありぞな Sky


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










実話だ。
1984年、ニューヨークでバイオリニストとして、家族と幸せな暮らしをしていたソロモン・ノーサップという黒人が、騙されてアメリカ南部に誘拐される。
ソロモンを演じているのは、名前の発音が難しいキウェテル・イジョフォー。これといった代表作は思い出せないんだけど、顔がとても印象的で、「フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い」の毛皮のお兄さん。

ソロモンは、家畜同様に奴隷商人から、農園主に売られた。
ソロモンは、誘拐されてから売られるまで、肉体的にも、精神的にも、徹底的に人間としての尊厳を踏みにじられる。
最初の主人、ウィリアム・フォードは、聖職者で知性もあり、奴隷にも聖書を聞かせたり、ソロモンにバイオリンを演奏させるなど、奴隷というより従業員として扱ってくれた。
しかし、ある事件がきっかけで、他の農園に売り渡される。
ウィリアム・フォードは、存在自体が宇宙人みたいなベネディクト・カンバーバッチ。彼は「スター・トレック イントゥ・ダークネス」で、お似合いの宇宙人を演じてた。

新しい主人は、虐待の限りを尽くす、ちょっと変態気味のエドウィン・エップスと、嫉妬深くて嫌な妻メアリーという最悪のコンビ。
エドウィンはマイケル・ファスベンダーが演じているが、「プロメテウス」で表情のないロボットに対し、この映画では感情まるだしの暴君でいい味出してる。
この農園では、奴隷たちは、死ない程度に重労働を強いられ、エドウィンが気に入らないことがあると、限りない虐待を受ける。
エドウィンは、奴隷の一人の娘を好きになるが、自分でそれを認識することなく、彼女を虐待する。
子供が、好きな女の子に意地悪するのと同じ、低次元の愛情表現。
それがあまりにもあからさまなので、彼の妻メアリーもその子を虐待する。
健気な奴隷の娘への、救いようのない虐待シーンが続く。
もちろん、ソロモンへの虐待も。
ただ、ソロモンは自由への希望、人間としての誇りを決して捨てなかった。
精神的にとっても強い人だった。
この希望を、叶えたのがバスという、エップス家に来ていた大工のバスという男。なんとブラビが演じている。
彼は、この作品のプロデューサーでもある。この映画を作った彼の勇気に拍手。
他にも、ポール・ダノ、ポール・ジアマッティといった役達者がチョイ役で出てきて、贅沢な配役。

この映画は、アメリカ歴史の恥部が描かれている。
たぶんアメリカ人が、一番触れたくないところだろう。
そんな作品が、ゴールデン・グローブ賞、ニューヨーク映画批評家協会賞等で、作品賞や、監督賞、主演男優賞、数多くの2014年の映画賞を取っている。
もちろんアカデミー賞でも大本命。
自由の国、まだアメリカが捨てたものでないのを証明した作品。 
僕は、とっても強かったソロモンが、最後に嗚咽して流す涙に大感動した。
映画の歴史で語り継がれる作品だと思う。 


トリビア
マイケル・ファスベンダーは、レイプシーンのあと、気絶した。

監督スティーブ・マックィーンの娘が、オーディションテープをみて、サラ・ポールソンを彼女のあまりの怖さにメアリー役に推薦した。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










この映画は子供向と思っていると間違い。
レゴのキャラと、パーツが飛び交う映像は、それはそれは手がこんでいる。
子供向けのシンプルなレゴが、大人のクオリティで動き回る。
そして、声優陣が豪華。
何かくどい顔のウィル・アーネット、デブだけど大人気のジョナ・ヒル、大御所モーガン・フリーマン、存在がくどいウィル・フェレル、渋いところでリーアム・ニーソン、スターウォーズシリーズからC3POのアンソニー・ダニエルズ、ビリー・ディー・ウィリアムズ、等々。

エメットは、工事現場で働く全てが平均的な若者。
ある日、現場で見知らぬ女性ワイルドガールを見つけ、後を着いて行くうちに大きな穴に落ち、訳がわからないまま、「ピース・オブ・レジスタンス」を背中に背負い込む。
その「ピース・オブ・レジスタンス」を巡って、レゴ世界をすべて自分の秩序で設計しようとするおしごと社長と、自分たちの創造力でレゴ世界を自由にしようとする、マスター・ビルダーの争いに巻き込まれていく。

エメットが背中につけた「ピース・オブ・レジスタンス」とは何なのか...


トリビア
マスター・ビルダーとは、レゴ社での正式役職の名称で、高技術のデザインのスキルを持った専門職。

制作会社とキャラクターが少し複雑な関係。
制作はワーナー映画で、その中にDCコミックのキャラがいくつか出ていて、またスターウォーズのキャラも出ている。
スターウォーズは、ディズニーの所有し、そのディズニーはMarvelコミックも所有している。
DCとMarvelコミックは、最大の競争相手。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ズルしないで、楽しないで、愚直に生きなさいと欽ちゃんが教えてくれる。


From ありぞな読書





コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )


« 前ページ