うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 



今日のネットで拾った面白写真 - レトロなマックだ




予告通り 予定通り、この日はノースショアに行った。
ワイキキから約40分のドライブで、ハレイワの街に着き、そこから5分くらいでノースショアのビーチがはじまる。
最初は、波が穏やかで、シャワーやトイレのある、ワイメア・ベイに行こうと思ったが、小さい駐車場がいっぱいで、仕方なくパパイロア、ラニアケア・ビーチと思われる(標識がないので、確かではない)、とてもローカルなビーチに行く。
絵に描いたような、きれいな砂と、海と、空と、少し沖に見えるサーフィンの出来る大きな波のコントラストがすばらしいビーチだ。

     
     ワイメア・ビーチ

     
     まるで絵葉書のようなパパイロア、ラニアケア・ビーチ

このビーチには、駐車場はない。
ビーチの脇を走る道路を渡った向かいの空き地に駐車するだけだ。
止まっている車は、約10台くらい。このくらいしか人がいない、静かなビーチなのだ。
そこに、サーフボードを5-6枚乗せたバンが、止まっている。

     
     こうしてビーチの反対側に無造作に駐車する


その運手席の人に声をかけて、もしかしてサーフィンを教えているのかを聞いてみた。返事は、そのもしか、だった。
アリゾナのしげさんには、是非ロングボードでサーフィンに挑戦するように、言われていたが、その手続きが面倒で、半分諦めていた。
即決で、レッスンを受ける事にする、それも2時間のプリベートだ。
料金も驚くほど安い。

簡単な乗り方を砂浜で教わり、すぐに海にでて、レッスン開始。
先生は、チュニジアから、16歳でサーフィンの為に移住してきたアッシュ。

      
     これがアッシュのレッスンの様子。途中から逆立ちしたり、ボードをまわしたりしてるのがアッシュ。

最初は、小さな波で挑戦、アッシュが波が来るタイミングでボードを押してくれるので、自分はボートに立つことと、その後バランスをとることに専念すればいい。
一本目、立つことは出来たが、途中でバランスを崩して転倒。
二本目、また立てた、そしてヨタヨタしながら、最後まで何とか波にのっていれた。
その後、たっぷり2時間30本くらいの波乗りを楽しんだ。
初サーフィンがノースショアという、サーフィンをやっている人からみれば、かなりふざけたデビューになった。

その後、波打ち際で愛海と珠理と遊ぶが、肩、腰、背中、胸の上半身が全部筋肉痛で、ロボットみたいな動きの父親と元気のいい2人の子供が遊んでいる姿が、ノースショアにみられたはずだ。


熱い砂浜歩いてくる愛海



あのサーフィンのメッカ、ノースショアで浮き輪で遊ぶ愛海と珠理



ハワイのウェブアルバム その6 (写真をクリック)
2008年 ハワイ その6



今日の一言 
知らないのは恥でない、知ろうとしないのが恥である。
(沢柳 政太郎)

管理人: いつまでも好奇心は、持っていたい。


クリックお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  テクノラティプロフィール

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - ダイブ




クヒオ、アラモアナ・ビーチと攻めた(ただ海岸に行っただけだが)後は、東海岸に挑戦する。
波の荒さで評判のサンディー(Sandy 砂だらけのという意味、日曜日という意味ではない)・ビーチと言いたいところだが、前回行った時に美卯が波にのまれて、立てに360度回転するという、大荒業を披露した海岸なので、今回はパスをする。
ちなみにこのサンディー・ビーチは、ハワイで一番救急車を呼ぶ回数の高いビーチだそうだ。

結局その先のワイマナロ・ビーチというビーチを攻めるで水遊びする。
この海岸は、砂も水もきれいなのだが、波打ち際が一番波が荒いという、愛海と珠理にとってはハードルの高いビーチだった。
ただ最後の頃には、2人とも波にもまれながら結構楽しんでいたので、訓練の場にはなったようだ。
また、一部のかなり浮いている人達を除いて、日本人も少ないローカルなビーチなので、その点でもよかった。
この時、なかなかボディー・ボードと愛海、珠理の水遊びを一緒に出来る海岸がないのに気がつく。
子供達をとるか、自分をとるかの選択に迫られる。

昼食はこのビーチのすぐ近くの食堂、日本語で食堂という表現がぴったりの店で、カルビ、エビフライ、フライドチキンにマカロニサラダとご飯という、嘘みたいだが、これでも典型的なハワイアン・ランチを食べる。
カレーライスが売り切れなのが、とても残念。

先ほど触れた浮いている人達というのが、このビーチで結婚の記念写真を撮っている新郎・新婦にカメラマンとアシスタントらしき4名の日本人。
結構異様な光景だった。

今度は、ノース・ショアを攻めるぞ。


東海岸の入り口の見晴台の自然の石畳を降りてみる



見晴台を降りる愛海



石畳を登るのは大変だった



風が強くて砂がバチバチ当たってくる



2008年 ハワイ その5



今日の一言 
時には常識や知識から解放され、思いつきというものを大切にしてみてはどうだろうか。
(松下 幸之助)

管理人: 自分はどちらかというと、思いつきだけの気がする。


クリックお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  テクノラティプロフィール

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - こういうバスの旅はいやだ




ハワイに来てから、最初の1週間はバスで移動をしている。
このバスが、慣れるまで結構複雑で戸惑う。
先ず行き先を示す路線番号に全く規則性がない。
4番、8番、20番、40番、42番を結構よく使ったが、この番号と行き先は、ただ覚えるしかない。
ワイキキのクヒオ通りを行き来している限り、どれも同じバス停に止まるので路線番号は関係ないが、ワイキキを離れるバスに乗る時は、果たして正しい路線に乗っているのかドキドキものだ。

次に、やはりバスは距離で換算すると、直接レンタカーで移動する場合の3-4倍位時間がかかる。
Hawaiian Water Adventure parkという普通なら車で30-40分の所にバスで行ったところ、1時間半もかかって遊ぶ時間が大いに削られた。その上、ついた時にはみんなグッタリしている。
おかげで2度行くことにする。

また、アロハ・スタジアムのスワップ・マーケットに行った時も、普通なら20分くらいで行けるのに1時間もかかった。
これも大誤算でついた時には、みんな腹ペコ状態だった。

車内のアナウンスや掲示板もいたって不親切で、なかなか何処で降りていいのか分からない。

このようにバスはお手頃で、便利だが、時間は覚悟しなくてはならない。
今回は、ゆったりのスケジュールなので、それなりに楽しんだが。
ハワイで、バスを地図や案内書無しで乗りこなせたら、本当のロコだ。


今日の一言 
おそば屋さんにいって、天ぷらソバが食べたいと心のなかで思ってても、「鍋焼きうどん、ください」っていったら、鍋焼きうどんが出てくるよね。       
口に出したことが、現実に起きてくるんだよ。
(斎藤 一人)

管理人: 学校の勉強と同じだな、ものにするには音読で自分の耳に聞かせること。


クリックお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  テクノラティプロフィール

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - こんなビーチはいやだ



この日は、クヒオ・ビーチを離れて、アラモアナ・ショッピング・センターの目の前にあるアラモアナ・ビーチに行く。

それにしても、このアラモアナ・ショッピング・センターというのは、もう「これでもか」というほど、日本人を対象にしたショッピング・センターだ。
よくもまあ、これだけの高級ブランド、人気のファッション直営店とアメリカの大手デパートを集めたものだ。
客は8割方が日本人。特にここのところのドル安で買う気満々のお客さんばかりのようだ。
それでもワイキキのDFSよりは、ちょっと品がいい。DFSは、売っている商品も、買っている客も、成金日本人の縮図をみるようで、あまり好きではない。

閑話休題 (最近、話がよく逸れる)

さて、アラモアナ・ビーチの話。その日は、週末であっちこっちでバーベキューをやっていた。
ビーチ入り口の公園で、大きな団体が何かやっている。
2人3脚のレースだ。そう、運動会をやっていた。
でも日本人学校とかではなさそうだ。あまり日本語か聞こえない。
よく見ると、垂れ幕が下がっていて「Yomitan」と書いてある。
沖縄移民の団体だ。さすがに世界ウチナーンチュ大会が開かれるほど、絆の強い沖縄の移民たちだ。

またビーチの話に戻す。
このビーチは、波がほとんどなく、きれいな砂浜で子供を遊ばせるには最適なビーチ。
真後ろがショッピングセンターなので、そこのフードコートでいろいろなランチを選べるのもいい。

愛海と珠理は、少し水につかって遊ぶと、すぐに砂遊びを始める。
前回にこのビーチに来た時も、その当時、今の愛海と珠理と同い年の美卯と紗南が、やはりずっと砂で遊んでいた。
その紗南はいま、ひたすら甲羅干しで、砂でも遊ばないし、水にもつからない。
焼け具合と、髪の様子と、化粧が気になるようだ。

思う存分波打ち際と浜辺で遊んでバスでコンドーミニアムに戻る。
夜は、またラーメン屋さんで夕食をとる。


わざわざ砂遊びをするために、ビニール袋まで持って来た愛海。波うち際には魚も見える。



ビーチの突端のマジックアイランドから、ダウンタウンとワイキキの繁華街を360度見渡してみる。



浜辺に石を並べて、部屋の間取りを作り、そのキッチンでおにぎりを作り始める愛海と珠理。まるで10年前の美卯と紗南を見ているよう。



芝生で濡れた体を温める愛海と珠理



ハワイのウェブアルバム その3 (写真をクリック)
2008年 ハワイ その3



ハワイのウェブアルバム その4 (写真をクリック)
2008年 ハワイ その4



今日の一言 
13日の金曜日? 我々東洋人には 13日のフライデーは関係ないです。

“泣いた体験”よりも“喜んで笑った体験”を積み重ねれば、それが知らず知らずのうちに、いつか体そのものに備わってくる。
(長嶋 茂雄)

管理人: 大好きな長嶋さんの二言。この人のポジティブ感は日本人のものではないような気がする。そしてそれを支える、人に見せない努力が、チャンスに強い、記憶に残るプレーを見せたのだろう。


クリックお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  テクノラティプロフィール

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - 団体旅行




クヒオ・ビーチで1-2日楽しんだ後は、ワイキキの街に出てみる。
初日は家族みんなで、2日目は愛海以外全員ダウンなので愛海と2人でワイキキの繁華街を歩く。

大道芸をやっている人が目に付く。
何も全身銀色に塗って何もしないで立っているパントマイムの人、手品師、オイルペイントのアーティスト等々。

先ず、愛海の大好きな手品を見る。
縄抜けのマジックで、目の前で見ていた20人近くの観客は誰もタネが分からなかった。


縄抜けマジックの前フリ



縄抜けマジックの本番 これには驚いた



次に、オイルペイントのパーフォーマンス。
他のパーフォーマンスと違い、仰々しいセットが用意されていて、愛海と2人で一番前で見る。
始まった途端に、「失敗した」と思った。
出鱈目にペイントを撒き散らしているだけだ。
愛海もパーフォーマンスが始まると、すぐに「これ終わったらラーメン食べに行こう」言い出す。
様子が変わったのは、キャンパス全面が訳の分からない色に塗りつくされてからだ。
アーティストの動きがちょっと繊細になってくる。
ここまで見たのだから最後まで見たかったが、途中で雨も降って来た。
でも愛海と2人で我慢した。

30分後、最初のグチャグチャな落書きからは、まるで想像出来ないすばらしい絵が2枚同時に出来上がっていた。
これはすごい、パーフォーマンスだった。

この後、愛海と2人でラーメンを食べに行った。


Art In Motion (アート・イン・モーション) その1 
これを見て待って失敗したと思った。パーフォーマンス開始早々、愛海のラーメン屋さんに行こうの言葉が入っている。



Art In Motion (アート・イン・モーション) その2
この辺からやっとアートらしく繊細なスプレー使いになる。



Art In Motion (アート・イン・モーション) その3
最後の仕上げで幻想的な絵が出来上がる。この時雨も降ってきた。



これが出来上がった2枚の絵



こっちが愛海が好きだった絵



ハワイのウェブアルバム その2 (写真をクリック)
2008年 ハワイ その2



今日の一言 
恋愛で第一に大事なことは何かと聞かれたら、私は、好機をとらえることと答えるだろう。       
第二も同じ、第三もやはりそれだ。
(モンテーニュ)

管理人: 自分もつい最近、「結婚は勢い」だとか「はずみ」だとか言った記憶がある。好機も勢いも同じ様なものだろう。


クリックお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  テクノラティプロフィール

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - 遭難?




ハワイ1日目、早速近くのクヒオ・ビーチに行く。
ここはワイキキの東の端で、海岸から100メートル位の場所に防波堤が設置されていた防波堤内はほとんど波がない。
一歩防波堤の外に出ると、そこはブギーボードのメッカになっている。

紗南は、泳ぐ気は全くなく、浜辺で寝っころがり、日焼けはほどほどで、それでも焼きたいという、ミディアム・レアのステーキ状態。

愛海と珠理は、波のない海と砂浜で遊びまくり。

自分は珠理の面倒をみつつも、コンドーミニアムにおいてあった、ブギーボードで波乗りに挑戦。
なかなか波に乗れない。
さすがにブギーボードで有名なポイントだけあって、上手い人達が多い。
上手い人は、サーフィンのようにブギーボード立ってのっている。
回転もしている人がいる。
そこに初心者が混じって必死になっている絵だ。

ここは初心者の場所じゃなかったようだ。
よーし、明日から毎日来てやる。


おおはしゃぎの珠理



突然冷静になる珠理



ハワイのウェブアルバム その1 (写真をクリック)
2008年 ハワイ その1



今日の一言 
失敗を2倍の速度で経験することだ。          
成功は失敗の向こう側にあるのだから。
(トーマス・J・ワトソン・シニア)

管理人: 失敗は怖いからしたくないんだよ、普通は。


クリックお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  テクノラティプロフィール

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - くるじぃ~




9週間の休みは、ニューヨークで始まり、1週アリゾナでのんびり映画三昧で、今週はハワイに来た。
紗南は11年振りで、愛海と珠理は初めてのハワイだ。
前回来た時は、紗南が珠理くらいの歳で、美卯が愛海くらいだった。(ちょっとややっこしい我が家の名前)

ハワイ到着は午後8時、インターネットで見つけた2ベットルームのコンドーミニアムに直行。
旅行会社等を使わず、直接オーナーと契約したので、値段の割にはとても広いいい部屋だった。

夜も遅かったので遠出は避けて、先ずはワイキキビーチに向かいKalakaua Aveで、特大のハンバーガーを食べる。

さて明日(6月18日)から、2週間のワイキキ生活が始まる。


これがレンタルしたコンドーミニアム



ワイキキにある特大ハンバーガーのお店



今日の一言 
志は野心とは違います。
志は世のため、人のためという思いであり、野心は私利私欲です。野心でなした事柄は一代ではかなく消えてしまいますが、志は必ずそれを受け継いでくれる同志が現れます。
(北尾 吉孝)

管理人: 志、士の心。


クリックお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  テクノラティプロフィール

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - よく見ると車に人が乗っている




ニューヨークからアリゾナに帰る当日、朝起きるとお腹が痛い、背中が続々する、頭もうっすら痛い気配、寒気がひどい。

風邪だ

アリゾナに来てから10年、その前の日本での10年くらいも含めて、ここ20年位、ここまで自覚出来る風邪なんて2-3度しかひいた事がないのに。
この東海岸の果てから西海岸(の近く)にアメリカ大陸を移動するこの日に限って、なんで?

理由は簡単。
夜、短パンだけで寝たから。寝冷えからくる風邪だった。

とりあえず、起きて出発の支度をして、家族の準備が出来るまで、またベットでうずくまる。
この時、紗南なんかは、自分を笑いものにしている。

タクシーで何とかラ・ガーディア空港に着くと親切なユナイテッド航空の受付の人が、「1時間早い便に間に合うからそれにしたほうが、乗り継ぎのデンバーでゆっくり出来るよ」というので、1時間早い便に乗る。

空港で薬を買い、飛行機に乗り込むと、すぐに寝る。とにかく体力を回復しないと。
いったんはゲートを離れた、飛行機がなかなか離陸しない。
20-30分も待った頃か、機長からアナウンスがあり「エアコンの故障でゲートに引き返します」と告げる。

熱にうなされながら「げっ」と言った記憶がある。
最悪の事態の機種の交換まではいかなかったが、結局修理をして再出発するのに2時間近く掛かり、オリジナルの便の方が早く出発している。
「アホ、ユナイテッド」とののしる。

出発したのはいいが、デンバーに着くまで機内が異常に寒い。
普通の寒さではない。
ニューヨークを出るときには華氏95度位になっていたので、当然厚着なんかしていない。
Tシャツにパーカーを念の為に持っていたくらいだ。
その寒さたるや、パーカーではまったくしのげない。
他のお客で冬用のジャケットを着てる人もチラホラ見える。
行き先がデンバーなんでそういう人もいるだろう。
風邪を引いて、極寒の飛行機の中の約3時間。
「ユナイテッドのバカヤロー」

この機内のアテンダンスは、全く客の世話をしなかった。
赤の他人の客が、他の客の荷物を上げるのを手伝っているのに、コーヒーを飲んで世間話をしている。
それ以降、仕事をしているよりのおしゃべりの時間の方が全然長い。

この会社といくつかの米系の航空会社(アメリカ・ウエスト、USエアーウェイ、ノース・ウエスト等)は、客へのサービス、サービスの質と言うことを全く分かっていないか、とことん無視してる。
潰れたり統合されたりしているが、仕方がないことだな。

さて、デンバー空港で毛布を買い、フェニックス行きに無事間に合い、フェニックスについた頃には、ほとんど風邪は治っていた。
いったいなんだったんだ。


今日の一言 
成功した人間になろうとするな。 むしろ、価値のある人間になろうとせよ。
(アルバート・アインシュタイン)

管理人: お金や地位じゃないんだよな、価値は。


クリックお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  テクノラティプロフィール

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回は、エリート会計士と弁護士が、騙し合う「Deception





ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


大手企業の会計監査員のジョナサン・マックアリーは、ある日やはり大手企業の弁護士ワイアット・ボーズに会い意気投合する。
ワイアットが海外に出張前に会った時に、ジョナサンとの携帯を取り違い、彼が出張中にワイアットの携帯を使わなければならない事態になる。
ある日、見知らぬ女性からその携帯に電話が掛かってくる。
その日以来、「List」と呼ばれる謎の秘密クラブ会員の女性達から、次々に電話が掛かってくるようになる。
そんな女性達の中に、ジョナサンが心を引かれる「S」と名乗る女性と、ルール違反の密会をするが、自分は何者かに襲われ「S」は行方不明になってしまう...

主演はヒュー・ジャックマンとユアン・マクレガー。
それにアカデミーにもノミネートされたミシェル・ウィリアムズと「ミッション:インポッシブル3」や「Live Free or Die Hard」にも出演してアジア系の女優ではハリウッドで一番勢いのあるマギーQまで出演していて、何でこんなにおもしろくないの?

大したサスペンスもないし、謎に一切のひねりはないし、盛り上がりのまったくない作品。
監督は新人らしいが、脚本はやはり「Live Free or Die Hard」を描いたマーク・ボンバックという人が書いているようだし、ここまで面白くなくなる要素は見当たらないんだけど。

久々に観て損したと思った作品。
こういうのを創るのって結構難しいかも。


トリビア
7週間で撮影した。 (これだ!面白くない原因は)

コメント ( 8 ) | Trackback ( 17 )




今日のネットで拾った面白写真 - 極楽




とうとう一週間に7本のロードショウ鑑賞達成。

You Don't Mess With the Zohan
Kung Fu Panda
Baby Mama
The Strangers
The Incredible Hulk
The Happening
What Happens in Vegas

頭の中がゴチャゴチャになっている。


今日の一言 
いばる男の人って、要するにまだ、一流でないってことなのよ
(オードリー・ヘップバーン)

管理人: 彼女が言うと重みがあるな。


クリックお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 子育てブログへ  テクノラティプロフィール

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ