うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 



ハロウィーンの「Trick or Treat?」の散歩(?)に行く前に、ジョギングをする。
いつもは、肌寒いハロウィーンなのだが、今年は、とても暖かく(まだ30度の日が続く)半袖でもムシムシするくらい。
ジョギングの途中、アリゾナの広い空を撮した。


From Arizona Sky



  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ゲームは以前からあったはずなのに、最近急にWiiのダンスゲームにハマりだした珠理。
でも、まだぎこちない踊り。





  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




愛海が高校に入って、初めてのホームカミングパーティーに参加する。
アメリカ人が、正装とパーティーに慣れているのは、こんな歳から鍛えられているから。

足は人より長い愛海だが、姿勢は悪い。
それにしても寒くなくてよかった。
まだ30度のアリゾナだから、こんなドレスでも外を歩ける。


愛海のホームカミング



  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


主演は、「スパイダーマン」、「127時間」のジェームズ・フランコ。僕は「127時間」は痛そうなので、パスしたのだが。
彼のアルツハイマーの父親役に、名脇役のジョン・リスゴー。
他にも「スラムドッグ$ミリオネア」で一気に有名になったフリーダ・ピントー、あまり当人の姿を見ない役が多いアンディ・サーキス(シーザー)。

Gen-Sysという薬品会社に勤める科学者のウィル・ロッドマン(ジェームス・フランコ)は、父親のアルツハイマーを治療したいという個人的な目的もあって、チンパンジーを使い新薬の開発をしてる。
試薬と投与していくうちに、チンパンジーの知能が人間に近いほど上がっているのに気がつく。
一番知能が高くなったメスのチンパンジーを使った研究発表の場で、そのチンパンジーが突然暴れだし、撃ち殺される。
彼女は、自分の赤ん坊を守ろうとしたのだ。



シーザー役のアンディ・サーキスっていっても全く当人が分からない


「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピントー(懐かしい)とジェームズ・フランコ


弱いくせに弱いものイジメが好きなバカ息子。日本にイジメの構造とも似てるな


ウイルは、そのチンパンジーを引き取りシーザーと名付けて育て始める。
5年間後、ウィルは試薬を父親(ジョン・リスゴー)に試すが、一旦は状況が向上するものの、すぐに元に戻ってしまう。
また、その5年間でシーザーは、メキメキとその知能を高めている。
そんなシーザーは、ウィルの父親が隣人に殴られそうになるのを助けるため、人間を傷つけてしまう。
そして、シーザーは霊長類保護施設に送られる。
そこは、所長のドラ息子、ドッジ・ランドン(トム・フェルトン)という残忍な男によって運営され、動物たちは常に虐待を受けていた。

ある日、ドッジの友人が保護施設に遊びに来たときに、シーザーが隙をみて彼のナイフを盗み、自分の収容されているカゴの鍵を開け脱出する。
そしてそこに収容されていた、ゴリラや他のチンパンジーたちも解放する。

その頃、ウィルは今までより効果の高い試薬を完成させていたが、その中のヴィールスは人間を死に至らす副作用を持っていた。
ウィルは、その危険を警告するが、彼の上司のジェィコブスは聞く耳を持たなかった。

ウィルは、霊長類保護施設に行き、シーザーに自分のところに戻ってくるように説得するが、シーザーはそれを断り、他の仲間達と施設から逃げ出し、最新の試薬をウィルの家から盗んで仲間に与える。

薬によって知恵を得た、何百匹という猿が街や、Gen-Sysの研究所を襲撃する。
こうして猿たちの人間に対する復讐がはじまった。



だんだん顔が凛々しくなってくる


優しい表情


薬みーつけた


イジメられてた弱者が、既存の力に対して立ち上がるって、まさに現実世界で今起きていること。
エジプト、リビアでは、独裁者に対して国民が立ち上がった。
ギリシャでは、国をメチャクチャにした政治家たちに、アメリカでは、資本主義のお金の権力者たちに、デモが行われている。
アメリカで、本当のシーザーが出てくるか、ウォール街の金の亡者たちを退治出来るのか、人間が試される時かも。
但し、砂漠で砂に埋まった自由の女神だけは見たくない。

猿の惑星と言えば、旧シリーズの5作に加えて、2001年にティム・バートン監督の「猿の惑星 Planet of The Apes」とリメイクがあるのだが、この作品はあまりにも評判が悪く、ほとんどなかったものになっているようだ。

猿の惑星 Planet of the Apes (1968)
続・猿の惑星 Beneath the Planet of the Apes (1970)
新・猿の惑星 Escape from the Planet of the Apes (1971)
猿の惑星・征服 Conquest of the Planet of the Apes (1972)
最後の猿の惑星 Battle for the Planet of the Apes (1973)

今作は、身につまされるストーリーと、見事な猿のCG表情と、大迫力のアクションシーンで、星/5 



権力者への復讐


クライマックスのベイブリッジシーン

トリビア
アンディ・サーキスは、2005年の「キング・コング」でもゴリラの役を演じている。

猿の惑星シリーズでは、チャールトン・ヘストンかロディ・マクドウェル(オリジナルのコーネリアス役)が出演していない初めての作品


メーキング


コメント ( 1 ) | Trackback ( 3 )










ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


主演は、若手の中では演技力の評価が高いジェイク・ギレンホール。
彼の作品は、「デイ・アフター・トゥモロー」、「ゾディアック」、「マイ・ブラザー」と観たが、特に「マイ・ブラザー」で、以前から似ていると有名だったトビー・マグワイアとガチの演技合戦が印象に残っている。
共演は「ミッション・インポッシブル III」、「イーグル・アイ」のミッシェル・モナハン、「ディパーテッド」、「マイレージ・マイライフ」のヴェラ・ファーミガ、そして「007」シリーズ等で、なにか印象に残る脇役ジェフリー・ライト。
監督のダンカン・ジョーンズは、デヴィッド・ボウイの息子。

コルター・スティーヴンスは、アメリカ陸軍のヘリコプターのパイロットでアフガニスタンで任務に付いていた。
彼が目を覚ますと、電車にクリスティーナという女性(ミッシェル・モナハン)と向かい合わせに座っていた。彼女にショーンと呼びかけられている。
突然戦場とは、全く違う場所に出くわし戸惑うスティーヴンス大尉。
訳がわからず、車両をでて洗面所にいくと、そこには自分とは違う男が鏡に写っていた。
そして、状況を理解できないまま列車は大爆発を起こす。
もう一度目を覚ますと、彼はどこか狭い操縦室のような場所にいた。
通信機を通じて、ベェラ・ファーミガ演じるグッドウィン大尉と、ジェフリー・ライト演じるラトレッジ博士が、彼の任務について説明をしてくる。



安定した演技力のジェイク・ギレンホール


印象に残らない美人


大人の色気を制服で抑えて


この人の印象は強いよな


今朝、シカゴの通勤列車で爆破テロがあり、同じ犯人が予定している次の犯行を防ぐ為、軍の開発したコンピュータプログラムを使い、乗客の1人の意識の中に入り、犯人を見つけること。
それがスティーヴンス大尉に与えられた任務。
時間は、脳が死ぬ前の記憶を維持できる8分間だけ。
そして、すぐに同じ時間、同じ席にいるショーンという男の意識の中に送られる。

映画のオチに関しては、あまり感のよくない僕だが、この作品に関しては、最初のジェイク・ギレンホールとヴァラ・ファーミガのやり取りのシーンで(というか最初に見た彼の姿勢で)、彼がどういう状態にあるのかが分かってしまった。
そういう意味では、最後のサプライズはなかったが、この作品の面白さは変わらなかった。

スティーヴンス大尉は、また先ほどと同じ時間の同じ席に戻る。
今度は少し落ち着いて、まわりの状況を理解し、人間観察も出来るようになる。
但し、8分経つと列車は爆発し、また狭い操縦室に意識が戻ってグッドウィン大尉と連絡をとる。
こうして彼は、何度も列車の中に戻り、何度も吹き飛ばされて、現在に戻ってくる。



序盤のこのシーンで彼の状況が分かってしまった


この人達だけが現実にいる


犯人は何処にいる?


犯人みーつけた


犯人探しを繰り返しているうちに、クリスティーナに密かな思いを抱きはじめる。
そして、罪もなく死んでいく人たちへも感情移入してくる。
また、現実の世界では、自分がどういう状況になっているのかを知ってしまう。
仮想の中で、犯人の次の犯行を防げても、事件に巻き込まれて死んでいくクリスティーナや、他の乗客を救えない葛藤。
彼自身は仮想の中でしか生きられなく、関係がギクシャクしていた父親に謝ることももう二度と出来ない。
そんな彼は、最後のミッションで未来だけではなく、過去も変えてしまうことを試みる。そして、最後に父親に謝ることも...

スティーヴンス大尉の状況が、序盤で分かっても、終盤にくると過去と現在、未来の時間の変化とそれぞれの依存度がが複雑になってきて、混乱してくる。
でも、それはいい混乱で、たぶん作り手も意図していると思う。
この作品の評価の中に、何故か量子力学的にありえないとか、言っている方があるが、なんと野暮は事を言っているのか。
そんな物理学の観点から映画を観ていたら、面白くも何ともないでしょう。

何度も同じ場所に戻り、同じ時間を繰り返すというのは、ビル・マーレイ「恋はデジャ・ブ」と、アシュトン・カッチャーの「バタフライ・エフェクト」いう作品が思い浮かんだが、圧倒的に「バタフライ・エフェクト」よりは、よかった、「恋はデジャ・ブ」にはちょっとかなわなかったかな。

でもジェイク・ギレンホールはじめ、出演者の演技も素晴らしく、凝った脚本で、星は☆☆☆☆★ 



クライマックス


お父さんにはあまり似てないかな


恋はデ・ジャブ


バタフライ・エフェクト


コメント ( 0 ) | Trackback ( 16 )










ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


インディー・ジョーンズのハリソン・フォードと、007のダニエル・クレイグ共演。
それぞれの看板作品をそのまま足して2で割って、エイリアンを混ぜた作品。
監督のジョン・ファヴローは、コメディの脇役としてよく見かける、顔の大きな人としか知らなかったが、「アイアンマン」では2作とも監督をしていた。
それに総指揮スティーブン・スピルバーグ、プロデューサーにロン・ハワード。
キャストも制作側もオールスター作品。

場所は1873年アリゾナ。 僕が今住んでいる州が舞台になっている。
ダニエル・クレイグ演じる男が、荒野で目を覚ます。
男は過去の記憶がない。手には不思議な金属のブレスレットをはめている。
通りかかった3人の追い剥ぎ(って言葉、結構古い)を叩きのめし、近くの街に辿り着く。
その街では、親の権力を傘にパーシーというバカが、やりたい放題をしていた。
男は、因縁をつけてきたパーシーも叩きのめす。
それを見ていた保安官が、その男が賞金の付いたお尋ね者のジェイク・ロネガンだと気づき、謎の女エラ(オリヴィア・ワイルド)の助けもあって彼を逮捕する。

パーシーの父親のコローネル・ウッドロウ(ハリソン・フォード)が街に来て、パーシーを釈放させ、以前自分の金貨を横取りしたジェイクを引き渡すように保安官に詰め寄る。
そのイザコザの最中、突然宇宙船が街を襲い、何人もの人を拐っていく。
ジェイクは、腕に付いていた武器で宇宙船の一隻を撃ち落とす。

ここ一年くらい、「スカイライン-征服-」や「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のように、宇宙船がやってきて人間を拐っていくと作品がよく出てくるのだがなんでだろう。



汚い衣装でも、渋さいっぱいのダニエル・クレイグ


ちょっと緩むと優しさが出てしまうハリソン・フォード


謎のエラ、僕は、あまりよく知らない女優オリヴィア・ワイルド


典型的な西部劇のセットに飛来する円盤、アニメの世界に近いシチュエーション。
ダニエル・クレイグは、007そのまま。渋くて言葉少なく、それでいていつも薄笑いをしているような口元。カウボーイハットにベスト姿もよく似合ってる。
余談だが、日本でよく使われるテンガロンハットは、その帽子に水を入れると10ガロン(44リットル)入る、少しノッポなあまりカッコの良くない帽子だ。
西部劇でよく見る帽子は、キャトルマンというそうだ。

ハリソン・フォードは、何か一生懸命悪役をしている感じだ。
表現も必要以上に大げさに見えた。
最近の、「恋とニュースのつくり方」(こういう邦題、大嫌い)とか、「小さな命が呼ぶとき」でも、ちょっとオーバー目で頑固オヤジ役を演じていたが、そうしないと、人のいいハリソン・フォードが出てきてしまうのか。

コローネル・ウッドロウと子分達、そして街で家族を拐われた有志に、保安官、エラが加わり、さらわれた人達を救うために宇宙船を追跡する。
一方、ジェイクは廃屋になった元の自分の家に行き、妻のアリスと自分に何が起きたか、ボンヤリながらもフラッシュバックする。
ジェイクは、エイリアンが自分とアリスに何をしたのかを知るために、一行に同行する。
エイリアンは、一行が泊まった小屋を襲い、その時保安官が子供をかばって殺される。
翌日、ジェイクがリーダーだった昔の盗賊グループと遭遇するが、彼が金貨を独り占めした事を恨んでいる男たちの復讐に合う。
その時に、またエイリアンが攻撃してくる。
エラが拐われそうになり、ジェイクが必死で飛行船に飛び乗って助けようとするが、結局、エラは命を落とす。



アリゾナの荒野で目覚める


カウボーイ達をエイリアンが襲う


こいつがドラ息子。この序盤はSF無しの西部劇


この辺で、何故エイリアンが地球にいて、人間をさらって何をしていて、ジェイクと彼の妻に何があって、何故彼は金属のブレスレットしていて、謎の女エラが誰なのかが、一気に解き明かされる。
そして、一行は拐われた人を救うため、エイリアンの巨大な要塞に忍び込んでいく。

エラが亡くなるシーンから、終盤のキーになるアメリカン・インディアンが出てくるが、エイリアン対人間、白人対アメリカン・インディアンが、対比されてる。
白人は、アメリカ本土を西へ、西へと開拓して、アメリカン・インディアンから土地を奪い、何年にもわたって絶滅に近い大虐殺をしてきた。
白人は、アメリカン・インディアンにとっては、エイリアンそのものだ。

ちょっとマンガ的なプロットに(後から知ったが、やはり原作はコミックだった)、新旧の二大アクション俳優の共演と、彼らの体を張った演技が観れて、星☆☆☆★★ 



歳を感じさせないハリソン・フォードのアクション


何度も予告で見るシーン


練習シーン 隣で演技指導するのが顔の大きなコメディ俳優で監督のジョン・ファヴロー


トリビア
ロバート・ダウニーJrがジェイク・ロネガンにキャストされていたが、スケジュールの関係で変更された。

最終的にダニエル・クレイグが選ばれたのは、スティーブ・マックイーンに似ていたから。

ジョン・ファヴローは、この作品を3Dでという要求を受けたが、ウエスタンムービーはフィルムとこだわった。

最後のシーンで、「サウスランド・アイス・カンパニー」というアイスクリームを売るバンが出てくるが、「サウスランド・アイス・カンパニー」は「セブン・イレブン」の前身。


もう一つの予告編


コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )


BBQ  


久々のBBQ
初めての店だったけど、評判どうり美味しかった。



Famous Dave's


  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


  


天気雨の後、虹が出た。


From Arizona Sky



From Arizona Sky



From Arizona Sky



  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久々に珠理の空手着姿を見る。
紫の帯テストに挑戦してるそうだ。


From 珠理の空手着姿



From 珠理の空手着姿



  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は曇りがち
その合間から朝日がのぞいてる


From Arizona Sky



From Arizona Sky




  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ