うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 









ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  


2001年にアメリカ、オハイオ州で実際に起きた機関車の事故を題材にした作品。
主演は、自分が大好きなデンゼル・ワシントン。
彼の相棒にクリス・パイン。彼は「スター・トレック」でブレークした俳優。
もう一人は「7つの贈り物」でウィル・スミス相手に好演したロザリオ・ドーソン。


ストーリー
操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。
大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。
事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)は、この日初めてコンビを組んだウィル(クリス・パイン)と共に、決死の覚悟で暴走列車に立ち向かう(シネマトゥデイ)


前作「サブウェイ123 激突」(どうでもいいけどこの邦題何とかしてくれ)と、少しかぶるところがあるこの作品。
先ず地下鉄と列車。
それと、無線を使って目に見えない相手との対話で進んでいくストーリー。
ストーリーの端々で見え隠れする妻や子供とのエピソード。
そして、デンゼル・ワシントンの作品ながら、イマイチパッとしないストーリー。

相変わらず、デンゼル・ワシントンは渋くて、いいのだがちょっとストーリーが安っぽい。
先ず、フランクとウィルと、彼らの家族のエピソードが、取ってつけたようで、ある意味邪魔。
そして、驚いたのは予告編の目玉の様になっていた小学生の団体が乗った列車と暴走列車のスリリングなシーン。
(これはほとんど詐欺に等しい)
逆に、ロザリオ・ドーソン演じるコニーがフランクと無線の会話の中から、信頼、友情を築いていく様子がとてもよかった。

列車という題材とそこで働くプロフェッショナル達、いい材料を、いい役者さんが演じているので、それなりに楽しめる作品にはなっているが、脚本次第でもっともっとよくなったはずの、ちょっと勿体無い作品。
それでもデンゼル・ワシントンが出ているのでお勧め。


列車の機関士という面白い題材だった


相変わらず渋くてカッコイイ、デンゼル・ワシントン


宇宙船から列車の車掌に転身のクリス・パイン


今回もロザリオ・ドーソンの演技が光った


お馬鹿2人


走っている列車に後ろから連結させるシーン


やっぱりこの人は、アクションをやってもらわないと


主演の3人がプレミアで




トリビア
20世紀フォックスは、当初デンゼル・ワシントンに彼の20億円(2千万ドル)のギャラを16億に値切り、なかなか撮影を開始しなかった。そのためデンゼル・ワシントンは、1度この作品から降りたが、20世紀フォックスが何らかのインセンティブをオファーして和解した。インセンティブは明らかになっていない。

デンゼル・ワシントンは高所恐怖症。
それでも彼は、時速80キロで走る7メートルの列車の上で演技をした。


事件を伝えたニュース映像。やはり映画では、かなり脚色されているようだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 28 )




毎年恒例の年末ビデオを作ってみた。
今年もいろいろありました。
でもあっという間にの一年で、ビデオをつくりながら、もっと時間を大切にしなければとつくづく考えさせられた。

とにかく、みんなが健康で過ごせたことに感謝。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - 聞き耳




今年のクリスマスプレゼントは、このトランポリン。
クリスマスより2週間も前に設置してしまった。
それ以来、珠理は風邪で全く遊べず、雨が振るたびにトランポリンが壊れてしまうと心配している。
それに対して、愛海は毎日飛び跳ねている。





今日の一言 
私は生きることが大好きだから、死を恐れない。 ただ、出来るだけ遅く死にたいだけだ。 
(ジョルジュ・シムノン)

管理人: 同感。


ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  

管理人のホームページ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - シジマールだ




来週はいよいよクリスマス。
それなのに、珠理は先週の日曜日から風邪をひき、学校も休んで、一週間ソファーで寝て暮らしている。
熱と咳の上に結膜炎にもなって、かなり苦しそう。
何とかクリスマスまでには、治って欲しいのだが。


スコッツデールにて



今日の一言 
今この瞬間にあなたが無常の喜びを感じていないとしたら、 理由は一つしかない。
自分が持っていないもののことを考えているからだ。 喜びを感じられるものは、全てあなたの手の中にあるというのに。 
(アントニー・デ・メロ)

管理人: そのとおりなんだよな。


ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  

管理人のホームページ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - 救助




いよいよ手術当日。
アメリカでは、親知らずの抜歯は普通の歯医者ではなく、インプラントや顎の関節の治療といった手術技術のある専門医で行われる。
文字通り手術だ。
子供の頃、腕の骨を折ったり、傷口を縫ったりした治療の経験はあるが、手術は生まれて初めてだ。

最初は、部分麻酔と笑気ガスの手術を選んでいたが、経験を尋ねた全ての友人が、彼らの時代にはなかった全身麻酔での手術をすすめるので、急遽前日に全身麻酔に手術メニューを変更しておいた。

手術をしてくださるのは、女医だが体格のとってもいい、元気な先生だ。
どうか、力任せの抜歯をしませんように、密かに願う。

普通の歯医者にある椅子に寝かされ、ガスをかがされ、麻酔用の点滴の注射を打たれる。
「これが今日、一番痛い治療だからね」と、不安を駆り立てるジョークを言う。
そして血圧測定器、心電やら何やらを図るシールが体のあちこちに貼られていく。
最後に、「寝てる間に、動く人がいるから」と手、足、胴体をベルトで止められる。
見ようによっては拷問の準備をしているようだろう。

その間も、鼻からガスが流れてきて、一瞬チクッとしただけの点滴の管は繋がっているようだ。
「昨日、結構よく寝たから寝られるかなとか」、「寝たフリしたら麻酔なしで、抜歯をされやしないか」とくだらない事を思いながら、準備する先生と看護師さん達の様子を見ていた。

しばらくして、名前を呼ばれているのに気づく。
本当に寝ているのか、確認しているのだろうか。
3人がいろいろ作業をしながら、自分の名前を呼んでいるようだ。

目をあけて、様子を見てみる。
口の中はガーゼが入っているようだ。
手が自由になっているので、時計を見ると9時40分、まだ30-40分しか経っていない。
キョトンとしてる自分に、「終わりましたよ」と先生。

何が何だかよくわからない。
自分には、眠くなったという記憶もないので、寝てたという意識がない。
ほんの一瞬の出来事だった。

その間、4本の歯を抜かれ、それも親知らずは普通の抜歯ではなく、いろいろ痛そうなことをされたんだと思う。
それが、一瞬で終わり、しかも痛くない。
先生の言っていた、注射が一番痛いというのはジョークではなかったんだ。

アメリカの歯科治療の技術の発展に大拍手。
友人達には、もう一度チャンスがあったら、是非最新の親知らず抜歯技術の経験を勧めよう。


今日の一言 
老いることは忙しいものには身に付ける暇のない悪い習慣だ。 
(アンドレ・モーロワ)

管理人: 何にでも興味をもち、毎日を新鮮に忙しく生きると、老いてる時間はなさそうだな。


ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - なにか違う




2本の親知らずとそのとなりの歯を一本づつ合計4本の奥歯を抜くことに決めた。
アメリ人は歯をとても大切にして、小さい頃から手入れを欠かさないので、周りの仲間に親知らずを抜いた時の体験を聞いて回った。

「あんな痛い体験はない」

「4-5日腫れがひかなかった」

「血が一晩中止まらなかった」

「ドリルやらいろいろな道具が口の中に入ってきた」

「血の匂いがきつい」

「骨を抜かれるようだ」

「3時間以上かかった」

「Good Luck」

「Too Bad」

とにかく、とてつもなく痛そうで、やる気をそがれるインプットばかり。
唯一の救いは、彼らの経験が中学、高校、20代の初めころと、その体験が10年から20年くらい前だということ。

そして1人だけ一昨年に、自分と同じように4本の抜歯をした友人からは、全身麻酔で寝てるうちにすべてが終わり、その後の腫れ、痛みは確かにあったようだが、なんとか薬でしのいだと言う事を聞いた。
彼の経験談は、励みになったが、彼以外の経験は地獄に近そうだ。

歯科治療の技術の発展を切に願ってやまなかった。

続く...


今日の一言 
金は肥料のようなものだ。 ばらまけば役に立つが、一ヶ所に積んでおくとひどい臭いがしてくる。 
(クリント・W・マーチソン)

管理人: その通り、ばらまかなきゃ。


ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - いい表情だ




中学校の頃からの付き合いの親知らずを抜くことにした。
となりの歯を長年圧迫して、根本にヒビが入り2本抜かなければならないとの事。
このままほおっておくと歯槽膿漏もひどくなるし、他の歯にも影響すると言われた。
出来れば、痛い思いをして抜きたくなかったが、一生このままにしておけないだろうとのこと。
もう一つ嫌なことがある。
親知らずは、右と左の両側にあり、なんと全部で4本抜かなければならない。
一度に4本抜くか、二度に分けて抜くか?
どうせ痛い目にあうなら一度で済ますことにする。

そして運命の日を12月2日に決める。

続く...


今日の一言 
欲しいと思うものを買うな。必要なものだけ買え。 
(カトー)

管理人: 絶対に無理です。


ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )