うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 



アリゾナからグランド・キャニオン経由でラスベガスへの旅の途中に、紗南のいるNAUのキャンバスに立ち寄る。
娘が大学に入ってから、一年近く経って初めて学校を訪れた。
森の中に大きな大学が存在していて、どこがメインの校舎か全くわからない。
目についたビルを撮ってみたが。
結局、紗南にも会えなかったが、いい雰囲気の大学だということだけはわかった。
珠理が、ここに来たいと言っていた。


紗南の大学キャンパス



  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


伝言  


紗南からの伝言がカウンターの上に。
バスタオルを洗ってくれたらしい。
一緒に暮らしているのに、手書きの伝言か、テキストかで連絡事項が伝えられる。
テキストは、「ガソリン代振り込んで」が一番多い。


From ありぞな ライフ



  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




長い紗南、珠理、愛海の夏休みがはじまった。

紗南は、大学のドミトリーを追い出され(こちらの大学は夏休みにドミトリーを閉鎖する)、フラッグスタッフの山から全ての荷物を持って下りてきた。
夏休みはここでバイトらしい。

愛海は、彼女の2番目の自宅になりつつある友人宅に入り浸り。

珠理は、「クレヨンしんちゃん」を見て、膝を叩きながら大笑いしている。
幸せな奴だ。


From 誕生会



  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




紗南が、春休みの下山期間を終えてフラッグスタッフの山に帰る前に、コリアンのブルコギを食べに行く。
帰りにチャンドラのダウンタウンの夜のフリーマーケットに立ち寄る。

この広場が、夜にこんなになってるなんて知らなかった。


チャンドラーダウンタウン



  


管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


  


フェニックスが20度に達する天候の時、紗南のいるフラッグスタッフは、雪が降っていた。
紗南から、ドミトリーから見た写真が送られてきた。





  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フェニックスのArizona State Universityで2年間学んだ紗南は、去年の10月頃から突然、フラッグスタッフのNorthern Arizona Universityに転入の準備を始める。

いろいろ理由をつけていたが、結局親元を離れたいのが一番の理由のようだ。
何もせずにほっておいたら、ASUの転出、NAUへの転入、政府の学生ローン、学生寮の手配から、学校の駐車場まで、すべての手続きを自分で済ませた。
親は、書類にサインをした記憶がないほど、すべてを紗南が処理した。
ある意味、ものすごいエネルギーだ。
この努力で、勉強してくれればいいのだが。

先週金曜日に、いよいよ引越し。
引越しの車は、Altima一台。
もちろん、引越しもすべて自分で行う。
先ず入らないだろうと、思われたブーツ5-6足を含むその荷物も、奇跡的にAltimaに入り、フェニックスを去っていった。

15年振りに、家に娘が2人になった。


この学校から


この学校に



  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


貯金  


紗南の銀行座には、今16セントしかなかった。


  

管理人のホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - つかまえた




買い物に行っている紗南から電話がかかって来た。

自分「もしもし」
紗南「あのさ、お父さん? 風邪薬欲しい?」
自分「...」

なんと答えて欲しいのやら。
「うん、ちょうど風邪薬が欲しいと思ってたところなんだ。買ってきてよ」
または
「うん、欲しい。欲しい。買ってきてね」と、でも答えたらいいのか?

なんで、風邪薬が欲しいって聞くんだよ。


今日の一言 
一生を終えてのちに残るのは、われわれが集めたものではなくて、われわれが与えたものである。
(ジェラールシャンドリ)

管理人: そうか、集めちゃだめなんだ。


ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  

管理人のホームページ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - 初乗り、幾らかな?




紗南が無事大学生になり、アリゾナの州立大学に通っている...らしい。
大学生になって車での行動範囲が広がった、というような事はあまり無いらしい。

紗南は、少しでもいつもと違う場所に行くとなると、その前日はもう大騒ぎだ。
Googleマップで入念に行く先を検討する。それも家族を巻き込んで。
「カーナビ使えばいいじゃない?」と言うと、「だって、この前カーナビ使ってもダウンタウに行けなかったんだもん
ダウンタウンて、割と行くの簡単だけど...

結構すごい方向音痴だ。

大学に行き初めの1ヶ月ほど前、大学に行こうと家を出て、着いたのはフェニックス動物園だったそうだ。

地図を見るとかなり行き過ぎているのが分かる。
多分その日は、遅刻だったんだろう。

それにしても、感心するくらいすごい。




今日の一言 
男は常に女の初恋の人でありたがる。それが男の無様な虚栄である。   
(ワイルド)

女はたとえ百人の男にだまされても、百一人目の男を愛するだろう。
(キンケル)


管理人: 今日は、男と女2つ並べてみた。


ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




今日のネットで拾った面白写真 - なんか面白い絵だ




今年の紗南の夏休みはバイト、バイトの毎日。
ヒルトンホテルのプールのライフガードとファッションモールのホリスターの店員と全く毛色の違う仕事を毎日こなしている。

これだけ仕事をしてるのに、お金が全く無い。
ガソリン代がないと会社に電話をしてくるくらい無い。

その紗南が、7月3日から一週間友達15人とサンディエゴに出かけた。
一週間ビーチハウスだか何かを借りての贅沢なバケーションだ。
出発の前、オンラインで紗南の銀行口座を見てみると35ドルしか無い。
35ドルでサンディエゴ一週間のバケーションはあまりにも惨めなので、お小遣いとして200ドルを振り込んでおいた。

今日、4日の独立記念日に電話があった。

紗南「あのさ、友達がシーワールドに行くんだけど、行ったほうがいいかな?50ドルするんだけど」



どう答えていいか、かなり難しい質問だ。

自分「みんな行くんでしょ。お金入れといたから下ろせるでしょ」

紗南「うん、でも50ドルだよ、高くない」

自分「お金はあるんでしょ?」

紗南「うん、300ドル以上あるよ」

自分「じゃあ、行けばいいじゃん。誰か留守番するの?」

紗南「紗南が行かなかったら、友達のお母さんと2人で留守番」

お前な何のために、サンディエゴに夏休みに行ってるんだ 

紗南「でも、本当は58ドルが50ドルなんだけどね」

そういう問題じゃないだろう 

楽しいサンディエゴの夏休みになりますように。


今日の一言 
我らは過去の人間から受けとつたものに我らの精神と労働とを加味して未来の人間に渡すものである。   
(武者小路 実篤)

管理人: 未来の人間に胸をはって渡せるように精進するために生まれてきたのか。


ランキングに参加してます。 クリックお願いします。
  

管理人のホームページを見てみる

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ