うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 



体重計に乗るのが怖い


飛行機の味噌ラーメン
From ありぞな 食べログ


日本に着いたら先ず立ち食い蕎麦
From ありぞな 食べログ


日本一美味しい担々麺のお店の、カレー担々麺 (まるで僕のためのメニュー)
From ありぞな 食べログ


おつまみセット
From ありぞな 食べログ


黄金コンビ
From ありぞな 食べログ


これも黄金コンビ
From ありぞな 食べログ


初めて入っためんたい煮込みつけ麺の店
From ありぞな 食べログ


めんたいつけ汁
From ありぞな 食べログ


何となく格式高いめんたいつけ麺
From ありぞな 食べログ


カレーは飲み物のお店のクロカレー
From ありぞな 食べログ


かき揚げに蕎麦 
From ありぞな 食べログ



ブログ王ランキングへ   にほんブログ村へ   ブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










オフィシャルサイト


ダニエル・クレイグの、「カジノ・ロワイヤル」、「慰めの報酬」、「スカイフォール」から続く4作目のボンド作品。
シリーズ一番の強面ボンドだけれど、恋人を亡くして思いっきり落ち込んだり、一番尊敬し愛する”М”を亡くして、また途方にくれたりと、クールだけれど一番人間らしいボンドが過去三作続いた。
そして今回は、前作「スカイフォール」で触れられたジェームス・ボンドの生い立ちが明らかになる。
殆どのМI6のメンバーは前作と変わらず、新Mにはレイフ・ファインズ、新Qにはベン・ウィショー、ボンドのサポートーにナオミ・ハリス。
今回の悪役、スペクターの大ボスに、「イングロリアス・バスターズ」以来、ハリウッドで引っ張りだこのクリストフ・ヴァルツ。

「スカイフォール」で命を落とした旧Mが、密かにボンドだけに残したビデオを元に、新たな悪の組織を一人で追いかけるボンド。
彼はメキシコで、その組織が関わるテロの情報の入手し、犯人一味を殺害して事前にテロを阻止するが、その被害の大きさから、新Mに謹慎を命じられる。
大人しく謹慎するはずもなく、テロ実行犯から奪った指輪を元に、彼が所属する巨大犯罪組織「スペクター」の集会に忍び込む。
そこには、ボンドの養父と共に死んだと思われていた、養父の実の息子のオーバーハウザーが支配する組織だった。
オーバーハウザーは、ボンドの潜入を事前に察知し、彼に殺し屋を仕向ける。
カーチェイスの末、何とか殺し屋を巻いたボンドは、以前「スペクター」の上級幹部だったミスター・ホワイトが隠れるオーストリアに向かう。
ホワイトは、毒物ですでに死期を迎えていて、彼の娘の命を組織から守るように事を遺言にして、ボンドの銃で自殺する。
ボンドが、ホワイトの娘のスワンが務める病院に着いた時には、ボンドを追って来たオーバーハウザーの殺し屋が、彼女を連れ去るところだった。

2時間半は長いかなっと思ったけれど、練られたストーリーと、お約束の次々と出てくるアクションで飽きることなく見れた。
やっぱりクリストフ・ヴァルツがいい。
そして、逆三角形の体型でスーツのよく似合う、ダニエル・クレイグもよかった。
ボンドガールは、何となくイマイチだったけど。

ここ最近の日本の邦題が気になったので、過去の作品についてちょっと調べてみた。
原題では、007とついた題名は一つもない。
邦題でも、「女王陛下の007」以外では、最初の二作に副題に007がついたのみ。
それなのに、何故か、ダニエル・クレイグの作品になってから邦題の頭に「007」がつくようになった。ちょっと邪魔。
そして、もう一つ面白かったのが、ボンド役の報酬と作品予算の関係。
作品一の恥ボンドのジョージ・レーゼンビーを除くと、他の5人は最後の作品は最低でも12%。大体15%前後が最終報酬になっている。
今回のダニエル・クレイグの破格のギャラが一部で話題になっているが、製作費もシリーズ史上最高の2億45百万ドルなので、%だとそんなに歴代ボンド達とかけ離れていない。
これが最後の作品になるとの噂もあるけれど、逆に「Bond 25」というのもアナウンスされているので、もう一作くらい彼のボンドが見れるかもしれない。



これだけ長いシリーズでも、マンネリ化もなく毎作おすすめの安定作。



65%



ダニエル・クレイグ トゥデイ・ショーのインタビュー



ブログ王ランキングへ   にほんブログ村へ   ブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )










オフィシャルサイト


オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「LOOPER/ルーパー」で、とても印象に残る演技を見せてくれたエミリー・ブラント、顔が大きい演技派のジョシュ・ブローリン、そしてハリウッド一の濃い顔のベニチオ・デル・トロが共演。

舞台は僕が住むアリゾナ。それも映画の出だしは会社のあるチャンドラー市。
チャンドラー市外れの麻薬の売人のアジトに、ケイト(エミリー・ブラント)を含むFBIのチームが襲撃をかける。
作戦は成功したが、そこで見つかったのは壁の中に隠された、40体を超える死体だった。
現場での実践能力をかわれたケイトは、CIAのマット(ジョシュ・ブローリン)率いる今回の大虐殺の黒幕を捜査するチームにスカウトされる。
そのチームには、FBIやCIAとは全く毛色の違った危険な雰囲気を醸し出す、アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)という男がコンサルタントとして参加していた。
その後三人は、屈強な中東帰りの兵士たちとメキシコ国境の街で合流する。
ケイトは、何がどうなっているのかわからないまま車に乗せられ男たちとメキシコに向かった。
ケイトが見たのは、首や体を切り刻まれた死体が吊るされて野放しにされている、警察も手を出せないシンジケートが牛耳る街だった。
そして到着したのは、アリゾナの麻薬アジトの黒幕のディアスの大幹部ギエルモが拘留されている留置場だった。
今回のミッションは、この男をアメリカに連れてきて麻薬シンジケートについて取り調べることだった。
ギエルモを車に乗せ、アメリカに戻る。
しかしアメリカの国境線手前の渋滞で、ギエルモを取り戻そうとするメキシコギャングたちが、マットのチームへの襲撃を計画していた。
そんなギャングたちを、周りの一般人の危険も顧みず、何の躊躇もなく射殺するアレハンドロたち。
ケイトは今までのFBIでの常識が通じない男たちと行動を共にしてるのを痛感する。
そしてアメリカに到着すると、アレハンドロはギエルモを尋問という建前の拷問で、メキシコとアメリカにある地下通路の存在を聞き出す。
実は、アレハンドロはディアスに妻の首を切り落とされ、娘を惨殺され、ただディアスを殺すことだけを生きている糧にしている男だった。

いやぁ、ヘビーなストーリーだった。
しかもその舞台が自分の住むアリゾナで、ジョギングでも行けるチャンドラー市。
ツーソン市とか、日本人も買い物に行く国境のノガレスとか、そしていつも目にするアリゾナの光景。
いつもの自分の行動範囲が舞台で、この麻薬シンジケートのストーリーって、ちょっとゾッとする。
芸達者な三人の役者の中でも、ベニチオ・デル・トロは凄かった。鬼気迫る怖さ。あの濃厚なクドイ顔があまり気にならないほど、彼の演技にはまった。
ジョシュ・ブローリンもエミリー・ブラントも、いつも通り印象に残る演技を見せてくれたが、今回のベニチオ・デル・トロには及ばなかった。 


 



93%



ここは家からジョギングで行けるチャンドラー市


麻薬売人のアジトをFBIが襲撃する


中には壁に隠された大量の死体が


麻薬シンジケート撲滅のためには手段を選ばない非情なCIA指揮官を演じたジョシュ・ブローリン


自分が信じていた正義とは真逆の捜査に翻弄されるエミリー・ブラント


セリフの量が極端に少ないベニチオ・デル・トロの目力の演技が、この作品を支えた


メキシコで逮捕された麻薬シンジケート幹部を、尋問するため極秘でアメリカに連行する


アメリカに入国するための入国審査の渋滞。僕も最初は陸続きの国境に不思議な感覚を覚えたのを覚えている。


案の定、アメリカに入る前に逮捕された幹部と取り戻そうと襲撃をかける麻薬組織


シンジケートの情報を引きだすのは尋問ではなく、拷問


メキシコの警官も麻薬の運び屋


やっと見つけた国境のトンネルでメキシコに奇襲をかける



ベニチオ・デル・トロのインタビュー すごく穏やかだけど、彼の容姿に触れるきわどい質問



エミリー・ブラントのインタビュー 化粧っ気のない映画の中の彼女の方がいいな



ベニチオ・デル・トロとジョシュ・ブローリンのインタビュー



ブログ王ランキングへ   にほんブログ村へ   ブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )




ジムから出てみたら真っ赤な空が


From ありぞな Sky



From ありぞな Sky



ブログ王ランキングへ   にほんブログ村へ   ブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ジムから出てみたら真っ赤な空が


From ありぞな Sky



ブログ王ランキングへ   にほんブログ村へ   ブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )