うだるありぞな
熱いアリゾナの四人姉妹サイト











 









2013年に入って、「ラスト・スタンド」、「大脱出」と本格的にハリウッドにカムバックしたアーノルド・シュワルツェネッガー主演。
共演には「アバター」で人気の出たサム・ワーシントン。彼は「ターミネーター」が本格的なデビュー作だから、シュワちゃんの後輩にもあたる。
他にも、僕の好きなテレンス・ハワードが共演してる。
女性では、ちょっと不気味なミレイユ・イーノスと、歳をとってもきれいなオリヴィア・ウィリアムズが好対照の演技を見せてる。
アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」をベースにした、謎解きも入った、アクション作品。

ブリーチャー(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、麻薬取締局(DEA)の特殊部隊を率いるベテランエージェント。
ちなみに、PhoenixのDEA見つけた。エージェント募集もしてる。ココ
彼のチームは、8人の屈強なメンバー(サム・ワーシントン、テレンス・ハワード、ミレイユ・イーノス、他)が、彼を慕い、固いの結束で結ばれていた。
麻薬組織に対して容赦のない仕事をしてきたブリーチャーは、数年前にメキシコのある組織から、彼に対する復讐として、妻と子供を誘拐され、拷問の末殺害されるという、悲惨な過去を引きずっていた。

その日も、彼のユニットは、潜入させていたリジーのリードで、麻薬組織のアジトに踏み込む。
彼らは、組織のメンバーを殺害、逮捕したあと、アジトにあった1000万ドルを盗み、下水道に隠す。
ほとぼりが冷めたあと、あらためて下水道に戻ってみると、隠した1000万ドルは消えていた。

DEAは、消えた大金について、ブリーチャーのチーム全員を尋問するが、誰も自供しなかった。
DEAは、メンバー全員を停職にし、それぞれに監視をつけて、捜査をすすめるが、結局何の手がかりも出てこなかった。
数か月後、メンバーは処分を解かれて、またチームが集まった。

誰が盗んだのか、メンバー間に微かな疑惑が芽生えながらも、取り敢えず再会を祝ってバーに繰り出す。
翌日、メンバーの一人パイローが二日酔いの目を覚ますと、彼のトレーラーハウスは、外からカギがかけられ、貨物列車の線路の上に駐車されていた。
地元警察殺人課のブレントウッド(オリヴィア・ウィリアムズ)捜査官が捜査を始めるが、すぐにもう一人ブリーチャーの部下が惨殺される。
その残忍な殺し方から、ブリーチャーは麻薬組織が1000万ドルの復讐をはじめたと考えた。
ブレントウッドとブリーチャーが、協力して捜査を続けるうちにも、メンバーが殺されていく。ただ、仲間の中の裏切者が浮かび上がってくる。
1000万ドルを盗んだ犯人は、凶器の殺人犯は...  

大きなアクションシーンはともかく、アーノルド・シュワルツェネッガーにしては珍しく残虐シーンが多い。
そして、大雑把な謎解きかなと思い込み、終盤「ああ、この人」って思ったら、「えっ」って言う落ちもあり、なかなかひねった展開を見せてくれた。
今年もすでに「マギー」というゾンビ映画と、あの「エクスパンダブル3」がポストプロダクションに入っていて、老体に鞭打つシュワルツェネッガーが見れるようだ。
ただ、次回作では髪型は何とかしてほしい。 


  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










僕の好きなジョン・キューザック主演。それにあのロバート・デ・ニーロがからむ。
そしてジョンにまとわりつく、背が高くて口の大きい女優は、ブラジル出身でまだ無名のレベッカ・ダ・コスタ。

最近、結婚まで考えていた彼女を亡くし、失意の底にある殺し屋のジャック(ジョン・キューザック)が、犯罪組織のボス、ドラグナ(ロバート・デ・ニーロ)から、仕事を依頼される。
それは、なんでもない黒いカバンをある場所から、ルイジアナ州の田舎のモーテルに運び、そこであとから来るドラグナに渡すという、いたって簡単な仕事だった。
ただ、どんなことがあっても決してカバンの中身を見てはいけないという条件がついていた。

ジャックは、カバンを受け取りに行った場所で、いきなり襲われて逆に相手を殺し、死体も鞄と一緒に運ぶ羽目になる。
モーテルに着くと、フロントで車いすの不気味な男が対応に出る。
この役を演じているのは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で父親役だったクリスピン・グローバー。
癖のある顔なのですぐわかる。
部屋に入ると、外では売春婦と、ガラの悪い片目の男、小人の子分がウロウロしてる。
隣の部屋では、これまた怪しい男たちが何かしてるし。

先ずは、カバンをベットの下に隠して、ボスを待っていると、さっきまで外にいた売春婦が転がり込んでくる。
その女を探して、片目の男がドアと叩く。
隣の怪しい男たちもゴソゴソと何かしている。
通報を受けたと現れた警官まで、威圧的で妙な雰囲気。
この全てが微妙な状況で、鞄をめぐって殺し合いがはじまる。

ジョン・キューザックの殺し屋役って初めてみたけど、意外にあってる。
それも殺すことに何の躊躇もない冷たい殺し屋が、いい感じに出ている。
ロバート・デ・ニーロが出てるのはうれしいけど、この人70歳になっても働きすぎじゃないかな。
2013年だけで7作。
それも、「アメリカン・ハッスル」と言い、この作品と言い、カメオに近い。もうアルバイト感覚。
アメリカでは、ノワール気取りの駄作だとか、なぜキューザックやデ・ニーロがこんな作品に出るのかとか、謎解きが弱いとか、結構厳しい批評を受けてるけど、僕には面白かった。
2人の演技がよかったし、笑ってしまうほどの残虐シーンも、ある意味面白かったし。
それに何よりも、カバンの中身が最後までわからなかった。
日本では受けるかな? 


  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










最近観た中で、最低(品)、最高(面白さ)のおバカムービー。
主演は、変な男の役をやらせたら、ハリウッド一のセス・ローゲン。
共演は、微妙な美人のローズ・バーンと、若手のイケメンのザック・エフロンとデイヴ・フランコ(ジェイムス・フランコの弟)。
このイケメン2人は、今後の俳優生命を左右しかねない役をよく引き受けたもんだ。

のどかな住宅街に住むマック(セス・ローゲン)とケリー(ローズ・バーン)は、最近赤ちゃんを授かり、3人で幸せな生活を送っている。
ある日隣に越して来たのは、大学のフラタニティのリーダーと会員たち。
フラタニティとは、アメリカの大学の社交クラブで、特にこのフラタニティは、酒を飲むことの伝統を重んじている、大馬鹿クラブ。
フラタニティは、毎晩酒、麻薬のパーティで大騒ぎをしはじめる。
マックとケリーは、最初の晩に親睦もかねてパーティに参加するが、翌日に再三の電話でも騒ぎをやめない彼らに対し警察を呼んでしまう。
その日から、彼らの嫌がらせがはじまる。 

たまにこんなに何も考えないで、笑うだけの映画もいいよ。
一番受けたのはやっぱりエアーバック。 


トリビア
最後のアバクロのシーンで、セスがとった行動は全くの即興。ザックも彼が何をするか全く知らなかった。

  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










「ファミリー・ツリー」で人気が出て、最近の「スペクタキュラー・ナウ」でもいい演技をしていたシェイリーン・ウッドリー主演。いま人気上昇中の若手。
「スペクタキュラー・ナウ」では主演だったマイルズ・テラーが、意地悪な役で共演している。
そして、その演技も体格も貫禄のついてきたケイト・ウィンスレットが、これまたとっても嫌な女を好演してる。

戦争によって世界が崩壊してしまった100年後のシカゴ。
馬鹿な人類の過ちを繰り返さないように、住人は16歳で受ける適性検査によって、無欲を司る「アブネゲーション」、平和を司る「アミティ」、高潔を司る「キャンダー」、博学を司る「エリュアダイト」、勇敢を司る「ドーントレス」に分けられ、必ず検査の結果の共同体に住まなければならない。
共同体からはみ出た人間は、仕事も家庭も失いホームレスとして一生を送る。
これは、人間を適性環境で生活させ、政府に逆らう反逆者をなくすための手段だった。
アブネゲーションで育ったトリス(シェイリーン・ウッドリー)は、検査の結果、どこにも属さないダイバージェントだった。
これは自由な発想で政府に逆らう危険のある適性とみなされるが、検査官の機転で、その結果を隠したまま、自らの意志でドーントレスを選択する。
ドーントレスで、戦士になるための過酷なトレーニングがはじまる。
初日に教官が、最終日までに試験に落ちたものは共同体から追放すると告げる。
その頃、他の共同体の支配を画策していたエリュアダイトのリーダー、ジャニーヌ・マシューズ(ケイト・ウィンスレット)は、初めにドーントレスを使いアブネゲーションを崩壊させる計画を実行する。 

ハイティーンをターゲットにした作品だが、まあまあ楽しめた。
見ている途中から、これは続編ありで「ハンガー・ゲーム」パターンだなと思っていたら、やはりそうだった。
ただ、「ハンガー・ゲーム」より終わりがすっきりしていて、一応一話完結に近い。
続編も見るだろうけど、くれぐれも「トワイライト」シリーズのようになりませんように。


トリビア
マイルズ・テラーは、当初フォーの役に応募したが、選ばれなかった。
その後、「スペクタキュラー・ナウ」を観たブロデューサーが、彼にフォーを脅かす教官エリック役をオファーするが、今度はその役を気に入らなかったマイルズが断る。
諦めなかったプロデューサーは、今度は癖のある新入部員のピーターの役をオファーし、シェイリーンも彼にもう一度一緒に仕事をしようとメールをして、この配役が決まった。

ケイト・ウィンスレットは、撮影中妊娠5か月で、なるべくお腹を映さないような構図をしたり、iPadやファイルを持つことでお腹を隠していた。(どうりで、堂々としていたはずだ。)



  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )